MATSUDA Shinya

J-GLOBAL         Last updated: Oct 18, 2018 at 14:55
 
Avatar
Name
MATSUDA Shinya
Affiliation
University of Occupational and Environmental Health, Japan
Section
School of Medicine, Department of Preventive Medicine and Community Health
Job title
Professor
Degree
Doctor of Medical science(Kyoto University)
Research funding number
50181730
ORCID ID
0000-0002-8472-8909

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1992
Ecole Nationale de Sante Publique
 
 
 - 
1985
Faculty of Medicine, University of Occupational and Environmental Health, Japan
 

Published Papers

 
Nagata T, Mori K, Ohtani M, Nagata M, Kajiki S, Fujino Y, Matsuda S, Loeppke R
Journal of occupational and environmental medicine   60(5) 273-280   Feb 2018   [Refereed]
Kurogi R, Kada A, Nishimura K, Kamitani S, Nishimura A, Sayama T, Nakagawara J, Toyoda K, Ogasawara K, Ono J, Shiokawa Y, Aruga T, Miyachi S, Nagata I, Matsuda S, Yoshimura S, Okuchi K, Suzuki A, Nakamura F, Onozuka D, Hagihara A, Iihara K, J-ASPECT Study Collaborators.
Journal of neurosurgery   128(5) 1318-1326   May 2018   [Refereed]
Muramatsu K, Fujino Y, Kubo T, Otani M, Fushimi K, Matsuda S
Journal of epidemiology   28(1) 54-58   Jan 2018   [Refereed]
Kobori S, Kubo T, Otani M, Muramatsu K, Fujino Y, Adachi H, Horiguchi H, Fushimi K, Matsuda S
Journal of epidemiology   27(7) 311-316   Mar 2017   [Refereed]
Mizobuchi Y, Ohtani M, Satomi J, Fushimi K, Matsuda S, Nagahiro S
Neurologia medico-chirurgica   58(1) 10-16   Jan 2018   [Refereed]
Oda K, Yatera K, Fujino Y, Kido T, Hanaka T, Sennari K, Fushimi K, Matsuda S, Mukae H
Respiratory investigation   56(1) 64-71   Jan 2018   [Refereed]
Kada A, Nishimura K, Nakagawara J, Ogasawara K, Ono J, Shiokawa Y, Aruga T, Miyachi S, Nagata I, Toyoda K, Matsuda S, Suzuki A, Kataoka H, Nakamura F, Kamitani S, Iihara K, J-ASPECT Study Collaborators.
BMC neurology   17(1) 46   Feb 2017   [Refereed]
Kido T, Muramatsu K, Yatera K, Asakawa T, Otsubo H, Kubo T, Fujino Y, Matsuda S, Mayumi T, Mukae H
Respirology (Carlton, Vic.)   22(4) 708-713   May 2017   [Refereed]
Makishima M, Fujino Y, Kubo T, Izumi H, Uehara M, Oyama I, Matsuda S
Journal of Occupational Health   60(2) 156-162   2018   [Refereed]
Mizobuchi Y, Muramatsu K, Ohtani M, Satomi J, Fushimi K, Matsuda S, Nagahiro S
Neurologia medico-chirurgica   57(4) 184-190   Apr 2017   [Refereed]
Nakahara Y, Yasunaga H, Inokuchi H, Ogata N, Horiguchi H, Matsuda S, Fushimi K, Haga N
Respiratory care   61(11) 1497-1504   Nov 2016   [Refereed]
Toi H, Kinoshita K, Hirai S, Takai H, Hara K, Matsushita N, Matsubara S, Otani M, Muramatsu K, Matsuda S, Fushimi K, Uno M
Journal of neurosurgery   128(1) 1-7   Feb 2017   [Refereed]
Nakamura T, Oyama I, Fujino Y, Kubo T, Kadowaki K, Kunimoto M, Odoi H, Tabata H, Matsuda S
Industrial Health   54(4) 354-360   Aug 2016   [Refereed]
Hori M, Ikeda S, Okumura K, Matsuda S, Koretsune Y, Montouchet C, Watanabe-Fujinuma E, Evers T, Rossi B, Ruff L, Briere JB
Journal of medical economics   19(9) 889-899   Sep 2016   [Refereed]
Nagata T, Mori K, Aratake Y, Ide H, Nobori J, Kojima R, Odagami K, Kato A, Hiraoka M, Shiota N, Kobayashi Y, Ito M, Tsutsumi A, Matsuda S
Journal of Occupational Health   58(4) 323-332   Jul 2016   [Refereed]
Fujino Y, Shazuki S, Izumi H, Uehara M, Muramatsu K, Kubo T, Oyama I, Matsuda S
Journal of occupational and environmental medicine   58(7) e264-7   Jul 2016   [Refereed]
Murata A, Mayumi T, Okamoto K, Ohtani M, Matsuda S
Pancreas   45(4) 516-521   Apr 2016   [Refereed]
Oda K, Yatera K, Fujino Y, Ishimoto H, Nakao H, Hanaka T, Ogoshi T, Kido T, Fushimi K, Matsuda S, Mukae H
BMC pulmonary medicine   16(1) 91   Jun 2016   [Refereed]
Murata A, Okamoto K, Mayumi T, Muramatsu K, Matsuda S
Clinical and applied thrombosis/hemostasis : official journal of the International Academy of Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis   22(1) 21-27   Jan 2016   [Refereed]
Matsuda Y, Kubo T, Fujino Y, Matsuda S, Wada F, Sugita A
Journal of epidemiology   26(1) 30-35   2016   [Refereed]
Maeda T, Babazono A, Nishi T, Matsuda S, Fushimi K, Fujimori K
British journal of haematology   168(4) 501-506   Feb 2015   [Refereed]
Murata A, Okamoto K, Mayumi T, Muramatsu K, Matsuda S
International journal of clinical pharmacy   37(1) 139-147   Feb 2015   [Refereed]
Onozuka D, Hagihara A, Nishimura K, Kada A, Nakagawara J, Ogasawara K, Ono J, Shiokawa Y, Aruga T, Miyachi S, Nagata I, Toyoda K, Matsuda S, Suzuki A, Kataoka H, Nakamura F, Kamitani S, Nishimura A, Kurogi R, Sayama T, Iihara K, J-ASPECT Study Collaborators.
BMJ open   6(3) e009942   Mar 2016   [Refereed]
Shoda N, Yasunaga H, Horiguchi H, Fushimi K, Matsuda S, Kadono Y, Tanaka S
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   25(4) 625-629   Jul 2015   [Refereed]
Murata A, Muramatsu K, Ichimiya Y, Kubo T, Fujino Y, Matsuda S
Asian journal of surgery / Asian Surgical Association   38(1) 33-39   Jan 2015   [Refereed]
Murata A, Matsuda S
World journal of gastrointestinal endoscopy   7(2) 121-127   Feb 2015   [Refereed]
Murata A, Mayumi T, Muramatsu K, Ohtani M, Matsuda S
Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract   19(5) 897-904   May 2015   [Refereed]
Murata A, Mayumi T, Muramatsu K, Ohtani M, Matsuda S
Aging clinical and experimental research   27(5) 717-725   Oct 2015   [Refereed]
Murata A, Okamoto K, Mayumi T, Muramatsu K, Matsuda S
Journal of thrombosis and thrombolysis   38(3) 364-371   Oct 2014   [Refereed]
Murata A, Ohtani M, Muramatsu K, Matsuda S
Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   15(5) 491-496   Sep 2015   [Refereed]
Kamitani S, Nishimura K, Nakamura F, Kada A, Nakagawara J, Toyoda K, Ogasawara K, Ono J, Shiokawa Y, Aruga T, Miyachi S, Nagata I, Matsuda S, Miyamoto Y, Iwata M, Suzuki A, Ishikawa KB, Kataoka H, Morita K, Kobayashi Y, Iihara K
Journal of the American Heart Association   3(5) e001059   Oct 2014   [Refereed]
Murata A, Ohtani M, Muramatsu K, Matsuda S
Hepatobiliary & pancreatic diseases international : HBPD INT   14(4) 422-428   Aug 2015   [Refereed]
Yasunaga H, Matsui H, Horiguchi H, Fushimi K, Matsuda S
Journal of UOEH   36(3) 191-197   Sep 2014   [Refereed]
Sumitani M, Yasunaga H, Uchida K, Horiguchi H, Nakamura M, Ohe K, Fushimi K, Matsuda S, Yamada Y
Rheumatology (Oxford, England)   53(7) 1186-1193   Jul 2014   [Refereed]
Taguchi M, Kubo T, Yamamoto M, Muramatsu K, Yasunaga H, Horiguchi H, Fujimori K, Matsuda S, Fushimi K, Harada M
Pancreas   43(6) 863-866   Aug 2014   [Refereed]
Maeda T, Babazono A, Nishi T, Matsuda S, Fushimi K, Fujimori K
BMC health services research   14 337   Aug 2014   [Refereed]
Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Matsuda S, Fushimi K, Kattan MW, Homma Y
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   21(6) 566-570   Jun 2014   [Refereed]
Fujino Y, Kubo T, Muramatsu K, Murata A, Hayashida K, Tomioka S, Fushimi K, Matsuda S
Medical care   52(7) 634-640   Jul 2014   [Refereed]
Maeda T, Babazono A, Nishi T, Yasui M, Matsuda S, Fushimi K, Fujimori K
PloS one   10(8) e0135042   2015   [Refereed]
Iihara K, Nishimura K, Kada A, Nakagawara J, Toyoda K, Ogasawara K, Ono J, Shiokawa Y, Aruga T, Miyachi S, Nagata I, Matsuda S, Ishikawa KB, Suzuki A, Mori H, Nakamura F, J-ASPECT Study Collaborators
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   23(5) 1001-1018   May 2014   [Refereed]
Fujino Y, Uehara M, Izumi H, Nagata T, Muramatsu K, Kubo T, Oyama I, Matsuda S
Journal of occupational health   57(6) 521-531   2015   [Refereed]
Murata A, Okamoto K, Muramatsu K, Matsuda S
Surgical endoscopy   28(4) 1298-1306   Apr 2014   [Refereed]
Kuriyama S, Saitoh M, Furuuchi T, Muramatsu K, Sakai H, Kubo T, Matsuda S
Journal of UOEH   36(1) 49-60   Mar 2014   [Refereed]
Murata A, Muramatsu K, Ichimiya Y, Kubo T, Fujino Y, Matsuda S
Journal of digestive diseases   15(2) 62-70   Feb 2014   [Refereed]
Hamada T, Yasunaga H, Nakai Y, Isayama H, Horiguchi H, Matsuda S, Fushimi K, Koike K
Gut and liver   8(2) 215-218   Mar 2014   [Refereed]
Murata A, Okamoto K, Muramatsu K, Kubo T, Fujino Y, Matsuda S
The Journal of surgical research   186(1) 157-163   Jan 2014   [Refereed]
Nagata T, Mori K, Aratake Y, Ide H, Ishida H, Nobori J, Kojima R, Odagami K, Kato A, Tsutsumi A, Matsuda S
Journal of occupational health   56(3) 215-224   2014   [Refereed]
Murata A, Okamoto K, Mayumi T, Maramatsu K, Matsuda S
The Tohoku journal of experimental medicine   233(1) 9-15   May 2014   [Refereed]
Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Tsuru N, Fujimura T, Nishimatsu H, Kume H, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K, Homma Y
International journal of clinical oncology   18(6) 1070-1077   Dec 2013   [Refereed]
Hamada T, Yasunaga H, Nakai Y, Isayama H, Horiguchi H, Matsuda S, Fushimi K, Koike K
Critical care (London, England)   17(5) R214   Oct 2013   [Refereed]
Nishimura K, Nakamura F, Takegami M, Fukuhara S, Nakagawara J, Ogasawara K, Ono J, Shiokawa Y, Miyachi S, Nagata I, Toyoda K, Matsuda S, Kataoka H, Miyamoto Y, Kitaoka K, Kada A, Iihara K, J-ASPECT Study Group.
Circulation. Cardiovascular quality and outcomes   7(3) 414-422   May 2014   [Refereed]
Iihara K, Nishimura K, Kada A, Nakagawara J, Ogasawara K, Ono J, Shiokawa Y, Aruga T, Miyachi S, Nagata I, Toyoda K, Matsuda S, Miyamoto Y, Suzuki A, Ishikawa KB, Kataoka H, Nakamura F, Kamitani S
PloS one   9(5) e96819   2014   [Refereed]
Kubo T, Fujino Y, Nakamura T, Kunimoto M, Tabata H, Tsuchiya T, Kadowaki K, Odoi H, Oyama I, Matsuda S
Journal of occupational and environmental medicine / American College of Occupational and Environmental Medicine   55(9) 1041-1045   Sep 2013   [Refereed]
Murata A, Okamoto K, Matsuda S, Kuwabara K, Ichimiya Y, Matsuda Y, Kubo T, Fujino Y
The Keio journal of medicine   62(3) 83-94   Aug 2013   [Refereed]
Murata A, Matsuda S
Journal of public health management and practice : JPHMP   19(5) E23-8   Sep 2013   [Refereed]
Nakamura M, Yasunaga H, Shimada T, Horiguchi H, Matsuda S, Fushimi K
Eating and weight disorders : EWD   18(4) 437-439   Aug 2013   [Refereed]
Murata A, Matsuda S, Kuwabara K, Ichimiya Y, Matsuda Y, Kubo T, Fujino Y, Fujimori K, Horiguchi H
Geriatrics & gerontology international   13(3) 731-740   Jul 2013   [Refereed]
Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Fujimura T, Nishimatsu H, Kume H, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K, Homma Y
BJU international   112(2) E76-81   Jul 2013   [Refereed]
Sato M, Tateishi R, Yasunaga H, Horiguchi H, Yoshida H, Matsuda S, Fushimi K, Koike K
Journal of gastroenterology   49(3) 547-554   Jun 2013   [Refereed]
Murata A, Okamoto K, Muramatsu K, Matsuda S
Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   17(2) 294-301   Jun 2013   [Refereed]
Yasunaga H, Horiguchi H, Kuwabara K, Matsuda S, Fushimi K, Hashimoto H, Ayanian JZ
Annals of surgery   257(4) 640-646   Apr 2013   [Refereed]
Hamada T, Yasunaga H, Nakai Y, Isayama H, Horiguchi H, Matsuda S, Fushimi K, Koike K
Digestive diseases and sciences   58(9) 2634-2638   May 2013   [Refereed]
Yasunaga H, Horiguchi H, Hashimoto H, Matsuda S, Fushimi K
Pancreas   42(2) 260-264   Mar 2013   [Refereed]
Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Fujimura T, Nishimatsu H, Kume H, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K, Homma Y
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   20(12) 1193-1198   Apr 2013   [Refereed]
Kuwabara K, Fushimi K, Matsuda S, Ishikawa KB, Horiguchi H, Fujimori K
Journal of neurology   260(3) 820-831   Mar 2013   [Refereed]
Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Nishimatsu H, Kume H, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K, Homma Y
BJU international   111(3) 459-466   Mar 2013   [Refereed]
Matsuda S
Journal of UOEH   35(4) 279-289   Dec 2013   [Refereed]
Fujino Y, Kubo T, Muramatsu K, Watase M, Matsuda S
Journal of UOEH   35(4) 291-297   Dec 2013   [Refereed]
Takeuchi M, Yasunaga H, Horiguchi H, Hashimoto H, Matsuda S
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   55(4) 488-491   Mar 2013   [Refereed]
Kubo T, Fujino Y, Muramatsu K, Matsuda S
Journal of UOEH   35(4) 299-303   Dec 2013   [Refereed]
Nakamura M, Yasunaga H, Haraguchi T, Ando S, Sugihara T, Horiguchi H, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K
Psychiatry research   209(3) 412-416   Mar 2013   [Refereed]
Muramatsu K, Kubo T, Fujino Y, Matsuda S
Journal of UOEH   35(4) 313-316   Dec 2013   [Refereed]
Muramatsu K, Kubo T, Fujino Y, Matsuda S
Journal of UOEH   35(4) 305-311   Dec 2013   [Refereed]
Kuwabara K, Hagiwara A, Matsuda S, Fushimi K, Ishikawa KB, Horiguchi H, Fujimori K
The American journal of emergency medicine   31(1) 206-214   Jan 2013   [Refereed]
Fujino Y, Tanaka R, Kubo T, Matsuda S
Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association   23(1) 41-46   Jan 2013   [Refereed]
Matsuda S
Journal of UOEH   35 Suppl 67-72   Oct 2013   [Refereed]
Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Fujimura T, Nishimatsu H, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K, Kattan MW, Homma Y
Urology   81(1) 74-79   Jan 2013   [Refereed]
Kubo T, Muramatsu K, Fujino Y, Hayashida K, Matsuda S
Journal of UOEH   35 Suppl 163-168   Oct 2013   [Refereed]
Fujino Y, Kubo T, Matsuda S
Journal of UOEH   35 Suppl 177-183   Oct 2013   [Refereed]
Sakai H, Muramatsu K, Matsuda S
Journal of UOEH   35(3) 225-240   Sep 2013   [Refereed]
Kuwabara K, Matsuda S, Fushimi K, Ishikawa KB, Horiguchi H, Fujimori K
Journal of intensive care medicine   28(5) 296-306   Sep 2013   [Refereed]
Okumura Y, Shimizu S, Ishikawa KB, Matsuda S, Fushimi K, Ito H
General hospital psychiatry   34(6) 681-685   Nov 2012   [Refereed]
Masuda K, Chikuda H, Yasunaga H, Hara N, Horiguchi H, Matsuda S, Takeshita K, Kawaguchi H, Nakamura K
The spine journal : official journal of the North American Spine Society   12(11) 1029-1034   Nov 2012   [Refereed]
Matsuda S, Blanco J, Shimmi O
PLoS genetics   9(3) e1003403   Mar 2013   [Refereed]
Sakamoto N, Nanri A, Kochi T, Tsuruoka H, Pham NM, Kabe I, Matsuda S, Mizoue T
Journal of UOEH   55(6) 479-486   2013   [Refereed]
Kawaguchi H, Hashimoto H, Matsuda S
BMC health services research   12 334   Sep 2012   [Refereed]
Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Nakamura M, Nishimatsu H, Kume H, Ohe K, Matsuda S, Homma Y
Journal of endourology   26(8) 1053-1058   Aug 2012   [Refereed]
Matsuda S, Shimmi O
Developmental biology   366(2) 153-162   Jun 2012   [Refereed]
Isshiki K, Matsuda S, Tsuji A, Yuasa K
Biochemical and biophysical research communications   422(2) 280-284   Jun 2012   [Refereed]
Nakamura M, Yasunaga H, Miyata H, Shimada T, Horiguchi H, Matsuda S
The Journal of clinical psychiatry   73(4) 427-430   Apr 2012   [Refereed]
Takeuchi M, Yasunaga H, Horiguchi H, Matsuda S
The Pediatric infectious disease journal   31(4) 368-372   Apr 2012   [Refereed]
Chikuda H, Yasunaga H, Horiguchi H, Takeshita K, Kawaguchi H, Matsuda S, Nakamura K
The Journal of bone and joint surgery. American volume   94(5) 433-438   Mar 2012   [Refereed]
Murata A, Matsuda S, Mayumi T, Okamoto K, Kuwabara K, Ichimiya Y, Fujino Y, Kubo T, Fujimori K, Horiguchi H
Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver   44(2) 143-148   Feb 2012   [Refereed]
Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Nakamura M, Nomiya A, Nishimatsu H, Matsuda S, Homma Y
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   19(1) 86-89   Jan 2012   [Refereed]
Contribution of the administrative database and the geographical information system to disaster preparedness and regionalization.
Kuwabara K, Matsuda S, Fushimi K, Ishikawa KB, Horiguchi H, Fujimori K
American journal of disaster medicine   7(2) 95-103   2012   [Refereed]
Kuwabara K, Matsuda S, Fushimi K, Ishikawa KB, Horiguchi H, Fujimori K
Case reports in gastroenterology   6(2) 400-409   May 2012   [Refereed]
Yasunaga H, Horiguchi H, Matsuda S, Fushimi K, Hashimoto H, Ohe K, Kokudo N
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   42(11) 1073-1080   Nov 2012   [Refereed]
Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Fujimura T, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K, Homma Y
BJU international   110(11 Pt C) E1096-100   Dec 2012   [Refereed]
Le DC, Kubo T, Fujino Y, Sokal DC, Vach TH, Pham TM, Matsuda S
Contraception   86(5) 494-499   Nov 2012   [Refereed]

Misc

 
医療・介護のビッグデータ分析 SCR公開データを活用した地域分析の方法論について リハビリテーション関連SCRの分析例
松田 晋哉, 村松 圭司, 得津 慶, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2722) 28-35   Sep 2018
ケースレポート 地域医療構想と民間病院(第24回) 台北市における病院を中心とした保健医療介護ネットワークによる地域包括ケアの推進
松田 晋哉
病院   77(8) 648-652   Aug 2018
<文献概要>はじめに 人口の高齢化とそれに伴う傷病構造の変化は,わが国のみならずアジア諸国共通の問題となっている.特に,わが国以上に急速に少子高齢化が進んでいる台湾や韓国では,わが国の医療保険制度や介護保険制度を参考に国民皆保険制度を確立し,さらにそれを発展させており,例えば医療情報のIT化やその活用体制など,現在ではわが国がこれらの国から学ぶべき点も多くなっている.本稿では,少子高齢化に対応するために,柏プロジェクトなどわが国の地域包括ケアの先進事例を参考にし,病院を中心に地域包括ケアシ...
医療・介護のビッグデータ分析 介護予防・生活総合事業の経済的効果に関する試行的検討
松田 晋哉, 藤本 賢治, 藤野 善久
社会保険旬報   (2719) 20-25   Aug 2018
医療・介護のビッグデータ分析 NDBオープンデータをいかに活用するか
松田 晋哉, 村松 圭司, 得津 慶, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2720) 18-23   Aug 2018
医療・介護のビッグデータ分析 くも膜下出血患者の予後に関する分析 正常圧水頭症との関連から
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2721) 28-31   Aug 2018
DPCデータにおける病名の組合せに関する診療行為の分析
大谷 誠, 松岡 真澄, 本野 勝己, 松田 晋哉
診療情報管理   30(2) 207-207   Aug 2018
コーディングテキストによるDPCコーディングへの影響検証
松岡 真澄, 本野 勝己, 大谷 誠, 冨岡 慎一, 松田 晋哉
診療情報管理   30(2) 247-247   Aug 2018
【060060胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍】における「癌による胆管閉塞で閉塞解除や減黄術を施行した場合」のICDコード選択について
本野 勝己, 村松 圭司, 得津 慶, 冨岡 慎一, 松岡 真澄, 大谷 誠, 松田 晋哉
診療情報管理   30(2) 253-253   Aug 2018
医療分野の公開データと院内DPCデータを用いた病院経営ケーススタディーの有用性と課題
松岡 真澄, 冨岡 慎一, 本野 勝己, 大谷 誠, 松田 晋哉
診療情報管理   30(2) 256-256   Aug 2018
生涯教育としての産業医大インテンシブコース4年間の経験と成果
冨岡 慎一, 本野 勝己, 松岡 真澄, 大谷 誠, 村松 圭司, 松田 晋哉
診療情報管理   30(2) 256-256   Aug 2018
地域の医療・介護を充実させる連携
星長 清隆, 松田 晋哉
病院   77(7) 523-528   Jul 2018
【これからの地域医療連携の形-地域医療連携推進法人とアライアンス】 地域医療連携推進法人の位置づけ 地域の複合的なニーズに応えるための新しいアライアンスの形として
松田 晋哉
病院   77(7) 542-546   Jul 2018
<文献概要>●高齢化の進行は医療・介護・福祉の総合的提供体制を要求する.●こうした要望に応えるために,種々の形のアライアンスが各地域で形成されることになる.●適切なアライアンス形成のために,地域医療構想調整会議の役割が重要になる.
医療・介護のビッグデータ分析 機能別にみた老人保健施設の特性分析
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2718) 20-25   Jul 2018
【医療と介護の報酬改定】 (PART1)介護 介護の質を科学的・客観的に評価する方法とは
松田 晋哉
医療と介護Next   4(3) 208-213   Jun 2018
ケースレポート 地域医療構想と民間病院(第23回) 医療法人真正会霞ヶ関南病院 地域との一体化を目指す病院戦略
松田 晋哉
病院   77(6) 500-504   Jun 2018
<文献概要>はじめに 医療法人真正会霞ヶ関南病院のルーツは,1972年に現理事長の斉藤正身氏の父である斉藤正男氏がその開設に努力した川越市霞ヶ関中央病院(48床)である.その後,1977年に特別養護老人ホーム真寿園が設立され,霞ヶ関中央病院も1984年には200床の病院となった.1987年に霞ヶ関南病院(100床)が開設され,以後,同病院で急性期後の医療・介護機能強化が図られる.具体的には,在宅医療開始(1990年),訪問看護ステーション「やさしい手」開設(1994年),訪問看護ステーショ...
医療・介護のビッグデータ分析 医療・介護レセプトデータを用いた胃瘻造設患者の属性分析
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2713) 16-20   Jun 2018
西日本の一自治体の2008年4月〜2016年3月の医科レセプトと介護レセプトを使用し、医療レセプトから観察期間中に胃瘻造設術を受けた患者を抽出した。平均年齢は80.3歳(男性77.9歳、女性82.6歳)で女性の方が高齢であった。介護保険利用者は全体で32.5%、男性26.0%、女性38.9%であった。4228名中2040名が死亡した。胃瘻造設術を受ける1ヵ月前の所在は、一般病床が69.3%と最も多く、その他も回復期病床が4.3%、療養病棟が8.1%、老人保健施設が6.3%、特別養護老人ホー...
医療・介護のビッグデータ分析 訪問診療の種類別にみた利用者の特性分析
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2714) 26-30   Jun 2018
訪問診療の種類別(患者居宅、特定施設等、同一建物)にみた利用者の特性分析を、西日本の一自治体の医療及び介護レセプトを用いて分析、報告した。データとして、西日本の一自治体の2015年10月の医科および歯科レセプト(国保、後期高齢者:調剤も含む)と介護レセプトを用い、両データを個人単位(13080名)で連結・匿名化したものを用いた。その結果、訪問診療の種類別では、患者居宅が7274名(55.6%)、特定施設等が1994名(15.2%)、同一建物は3812名(29.1%)であった。また、NDB(...
医療・介護のビッグデータ分析 地域保険における特定健診・特定保健指導の効果に関する検討
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2715) 26-33   Jun 2018
特定健診・特定保健指導事業の基本的運営方針は、各年度の結果を踏まえて翌年度の事業を改善していくというPDCAサイクルが想定されているが、現状ではそれがうまく回っておらず、この状況を改善するためには、IT化とそれに基づくマネジメント手法を考え直す必要がある。著者等はこうした問題意識に基づき、医療・介護レセプト・特定健診・特定保健指導関連情報を個人単位で連結して分析するシステムの開発を行ってきた。今回、このシステムで西日本の1自治体における特定健診・特定保健指導のデータを分析した結果と、分析結...
わたしのまちの地域包括ケアシステム 地域包括ケアシステムのあり方とは(2)
松田 晋哉
コミュニティケア   20(5) 28-32   May 2018
DPCデータを用いた新生児DICの分析
荒木 俊介, 菅 秀太郎, 大谷 誠, 冨岡 慎一, 楠原 浩一, 松田 晋哉, 白幡 聡
日本産婦人科・新生児血液学会誌   28(1) S-29   May 2018
医療・介護のビッグデータ分析 薬学管理料算定状況からみた「かかりつけ薬局」の在り方に関する検討
松田 晋哉, 藤本 賢治, 槙島 美佐子, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2710) 22-25   May 2018
西日本の一自治体の国民健康保険及び後期高齢者医療制度の2015年10月診療分の調剤レセプトから、調剤情報提供料及び記載加算の算定がある537863名を対象とした。約25%の患者が複数の施設から調剤を受けていた。約24%の患者は手帳有で指導を受けておらず、約19%は複数の施設にて手帳有で情報提供を受けていた。薬効でみて8種類以上の薬剤を調剤されている者は153230名、銘柄別で8以上の薬剤を処方されている者は156042名であった。重複投薬・相互作用等防止加算において、複数回加算が算定されて...
医療・介護のビッグデータ分析 がん外来化学療法の実施曜日に関する検討
松田 晋哉, 槙島 美佐子, 藤本 賢治
社会保険旬報   (2711) 12-16   May 2018
西日本の1自治体の2013年6月及び2015年6月診療分の医科レセプトから外来化学療法が実施された者を抽出した。外来化学療法が行われているレセプト件数は2013年の協会けんぽ1301件、国民健康保険・長寿医療保険(国保・長寿)合計が4734件、2015年の国保・長寿合計が4490件であった。2013年6月診療分の協会けんぽにおいて、20〜64歳の対象者における金曜日の化学療法実施率は本人・男女計18.4%、家族・男女計18.9%、本人・男17.4%、本人・女19.6%、家族・男10.5%、...
医療・介護のビッグデータ分析 誤嚥性肺炎患者の発症前の状況分析
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2712) 16-22   May 2018
西日本の1自治体の2013年3月から2014年3月迄の医科及び歯科レセプトと介護レセプトから誤嚥性肺炎に罹患した65歳以上の患者31733名を抽出した。発症1ヵ月前の医療介護サービス利用状況は、外来69.5%、一般病棟入院18.1%、回復期病棟入院1.4%、療養病棟入院4.3%、精神病棟入院2.5%、訪問診療10.7%、医療保険訪問看護4.9%、訪問介護7.7%、介護保険訪問看護4.7%、福祉機器貸与17.8%、通所介護10.5%、通所リハビリテーション4.4%、介護療養病棟入院1.2%、...
病床機能報告を用いた神奈川県における慢性期の医療提供体制の分析 病床利用、稼働病床の時系列分析
増沢 成幸, 松田 晋哉
横浜医学   69(1-2) 67-73   May 2018
今後の高齢者の増加に適切に対応する施策のあり方を考える基礎資料を作成する目的で、平成27年と平成28年の神奈川県の病床機能報告の公開データを用いて療養病床の現状と地域差について分析を行った。その結果、(1)神奈川県全体では、高齢者人口の増加により入院患者数は増加したが、療養病床の入院患者数は減少していること、(2)各医療圏でみると、療養病床入院患者数が増加した医療圏と減少した医療圏があること、(3)各医療圏の平均在院日数・病床利用率・稼働病床数の変化を説明する一定の規則性がないことが明らか...
医療・介護のビッグデータ分析 特別養護老人ホーム入所者の死亡前3ヵ月間の医療介護総給付費の検討
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2709) 18-22   Apr 2018
対談 医療の"情報爆発"にどう対応するか
堀口 裕正, 松田 晋哉
病院   77(4) 265-270   Apr 2018
松田 晋哉
病院   77(4) 284-288   Apr 2018
<文献概要>今後,わが国では人口構成の変化に伴い,医療需要の構造が大きく変化する.また,外国人労働者の増加に対応した医療提供体制の整備も必要である.上記のような環境下で医療サービスの効率性を向上させるために,インダストリー4.0的な情報改革が必要になる.
松田 晋哉
病院   77(4) 329-332   Apr 2018
<文献概要>■はじめに 平成30(2018)年度は医療と介護の同時改革の年である.診療報酬改定の基本的指針として,地域包括ケアシステムの構築と医療機能の分化・強化・連携の推進,ICTの活用,成果に応じた支払い,医療従事者の負担軽減・働き方改革の推進などが示され,それに沿った改定が行われた.7対1および10対1の一般病棟入院基本料は急性期一般入院基本料に再編され,従来の7対1と10対1の間に急性期の患者割合によって7段階の入院料が設定された.13対1および15対1の一般病棟入院基本料は地域一...
医療・介護のビッグデータ分析 訪問介護の頻度別にみた在宅要介護高齢者の特性分析
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2707) 12-15   Apr 2018
訪問介護の利用頻度別からみた在宅要介護高齢者の特性を明らかにすることを目的に、西日本の1自治体の2015年10月の医療及び歯科レセプト(国保、後期高齢者:調剤も含む)と介護レセプトを個人単位で連結・匿名化した15442名のデータを対象に、訪問介護サービスの1月当たりの利用頻度別に1〜30回(12520名)、31〜60回(1899名)、61回以上(1023名)の3群に分け、比較検討した。その結果、訪問介護の利用回数が多い者ほど平均年齢が高く、要介護度の高い者が有意に多かった。また、低頻度群で...
わたしのまちの地域包括ケアシステム 地域包括ケアシステムのあり方とは(1)
松田 晋哉
コミュニティケア   20(4) 33-37   Apr 2018
医療・介護のビッグデータ分析 薬剤師による居宅療養管理指導の現状分析
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2708) 16-22   Apr 2018
西日本の1自治体の2016年10月診療及び介護サービス提供分の医科レセプトと介護給付レセプトを用いた。在宅サービスを利用した者は21309名で平均年齢は86.9歳、女性が74.4%であった。全体では要支援1が11.0%、要支援2が14.2%、要介護1が24.5%、要介護2が22.2%、要介護3が13.5%、要介護4が8.8%、要介護5が5.9%となっていた。レセプトに記載のある傷病数の平均は11、平均処方薬剤数は9、薬剤師による居宅療養管理指導を受けている割合は2.8%であった。重複処方が...
医療データに基づく地域医療政策の今後
松田 晋哉
日本医療・病院管理学会誌   55(2) 114-114   Apr 2018
医療・介護のビッグデータ分析 レセプトデータを用いた急性上気道炎に対する抗菌剤使用の現状分析
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2716) 24-27   Jul 2018
医療・介護のビッグデータ分析 医療介護総合データベースを用いた慢性心不全のある要介護高齢者の死亡に関連する要因の分析
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2717) 36-39   Jul 2018
医療・介護のビッグデータ分析 施設系介護サービス利用の時系列分析
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2705) 16-21   Mar 2018
医療・介護のビッグデータ分析 要介護度別にみた傷病構造の分析
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2704) 22-27   Mar 2018
西日本の1地方自治体における2015年10月の医科及び歯科レセプトと介護レセプトを用いた。作成したデータベースを用いて、医科レセプトから2015年10月の傷病の罹患状況(54疾病)を、そして介護レセプトから性、年齢、要介護度、利用している介護サービスを個人単位でまとめた分析用データセットを作成した。要介護度別の有病率は、糖尿病、悪性新生物、脳梗塞、腎不全、COPDは男性、下肢関節障害、認知症、骨折は女性で多かった。下肢関節障害は要介護度の低い群で多く、特に女性でその傾向が強く、悪性新生物と...
【2018年同時改定-全詳報&シミュレーション】 (Part2)2018年同時改定を読み解く 地域包括ケア時代の医療・介護同時改定
松田 晋哉
保険診療   73(3) 27-31   Mar 2018
【職域健康関連データに基づくエビデンスの構築】 産業医科大学データサイエンスセンターの取組みと展望
藤野 善久, 大谷 誠, 藤本 賢治, 槇島 美佐子, 永田 昌子, 松田 晋哉
産業医学ジャーナル   41(2) 21-24   Mar 2018
医療政策から見た平成30年診療報酬改定の評価 平成30年の改定概要と医療政策との関係について
松田 晋哉
日本医療・病院管理学会誌   55(3) 165-165   Jul 2018
医療・介護のビッグデータ分析 訪問看護の種類別にみた利用者の特性分析
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2706) 12-16   Mar 2018
訪問看護が医療保険と介護保険の異なる枠組みで提供されているわが国の体系の合理性に対する問題意識から、訪問看護を利用している患者を医療保険の訪問看護サービスだけを受けている者(医療型)、介護保険の訪問介護サービスのみを受けている者(介護型)、両方の訪問看護サービスを受けている者(混合型)の3種類に分け、西日本の1自治体の2015年10月の医科及び歯科レセプト(国保、後期高齢者、調剤も含む)と介護レセプトの両データを個人単位で連結・匿名化したデータを用い、検討した。分析対象者は11499名で平...
DPCデータを用いた小児の裂孔原性網膜剥離の疫学的検討
奥 一真, 落合 信寿, 得津 慶, 松田 晋哉, 近藤 寛之
日本眼科学会雑誌   122(臨増) 311-311   Mar 2018
DPCデータを用いた重症市中発症肺炎患者におけるステロイド投与の有効性
立和田 隆, 野口 真吾, 城戸 貴志, 村松 圭史, 内藤 圭祐, 赤田 憲太朗, 川波 敏則, 浅川 剛, 松田 晋哉, 迎 寛, 矢寺 和博
日本呼吸器学会誌   7(増刊) 222-222   Mar 2018
DPCデータを用いたてんかん入院症例に関する解析について
永井 秀政, 秋山 恭彦, 村松 圭司, 松田 晋哉, 伏見 清秀
てんかん研究   36(1) 65-65   Jun 2018
リハビリテーション医学・医療のビッグデータ
松田 晋哉
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) S188-S188   May 2018
腹腔鏡下幽門側胃切除術は開腹術より在院死・合併症が少なく安全である DPCデータを用いたマルチレベル解析
柴尾 和徳, 藤野 善久, 城田 ふみ, 田嶋 健秀, 長尾 祐一, 佐藤 永洋, 藤本 賢治, 松田 晋哉, 平田 敬治
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 1151-1151   Apr 2018
医療・介護のビッグデータ分析 医療・介護レセプト連結データを用いた脳梗塞患者の医療介護サービス利用状況の分析
松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
社会保険旬報   (2703) 26-31   Feb 2018
西日本の一地方自治体の国民健康保険、後期高齢者医療保険、介護保険のデータを連結し、脳梗塞患者の医療介護サービス利用状況について分析した。分析に用いたデータは西日本の一自治体の2012年4月から2016年3月迄の医科レセプト(国民健康保険・長寿医療制度)と介護給付レセプトであった。2014年4月から2015年3月に脳梗塞のためにDPC対象病院に初回入院した患者3,605名の入院6ヵ月前から入院から12ヵ月後の医療及び介護サービスの利用状況を確認した。県全体でみると初回治療月に回復期病棟に17...
松田 晋哉, 藤森 研司, 伏見 清秀, 石川 ベンジャミン光一, 池田 俊也
日本ヘルスサポート学会年報   3 1-10   Feb 2018
松田 晋哉, 冨岡 慎一, 村上 玄樹
日本ヘルスサポート学会年報   3 11-18   Feb 2018
松田 晋哉
日本ヘルスサポート学会年報   3 19-26   Feb 2018
DPCから集中治療の医療コストを評価
松田 晋哉
日本集中治療医学会雑誌   25(Suppl.) [CP15-2]   Feb 2018
【地域医療と臨床研究-医療情報・ビッグデータの活用-】 DPC・レセプトを活用した臨床研究
松田 晋哉
地域医学   32(1) 41-46   Jan 2018
松田 晋哉
病院   77(1) 20-25   Jan 2018
2035年には少子高齢化の進行に対応するために,医療・介護・福祉の複合的サービスを効率的に提供する体制が必要となる.多くの病院は地域包括ケア複合体や地域のアライアンスの中核施設として機能することになる.2035年までのわが国の医療制度改革の経験に基づき,日本型地域包括ケアをアジア標準にすることが可能である.(著者抄録)
データヘルスに基づく医療計画と産業保健の未来
松田 晋哉
日本職業・災害医学会会誌   65(臨増) 別56-別56   Nov 2017
松田 晋哉
病院   76(11) 855-859   Nov 2017
病院医療スタッフの生産性向上のために「タスク・シフティング(業務の移管)/タスク・シェアリング(業務の共同化)の推進」が求められている.生産性向上のためには医療職の長い労働時間の改善も必要である.生産性向上のために病院機能の正しい理解が国民の側にも求められている.(著者抄録)
【2018年同時改定で変わる医療&介護"境界線"の歩き方】医療と介護の"構造変化"の読み解き方 2018年同時改定から2025年に向かう医療と介護の"構造変化"
松田 晋哉
保険診療   72(11) 16-18   Nov 2017
ARDS診断・治療の最前線:標準治療への挑戦 過去に否定されたARDSに対する薬物療法の再評価 DPCデータを用いた検討
城戸 貴志, 村松 圭司, 浅川 剛, 大坪 宏樹, 久保 達彦, 藤野 善久, 松田 晋哉, 迎 寛, 真弓 俊彦, 矢寺 和博
日本救急医学会雑誌   28(9) 422-422   Sep 2017
データヘルスに基づく医療計画と産業保健の未来
松田 晋哉
日本職業・災害医学会会誌   65(臨増) 別56-別56   Nov 2017
救急医療とICT:ビッグデータ臨床研究の現況と展望 DPCデータを活用した臨床研究
城戸 貴志, 村松 圭司, 浅川 剛, 内藤 圭祐, 小田 桂士, 赤田 憲太朗, 野口 真吾, 川波 敏則, 大坪 広樹, 久保 達彦, 藤野 善久, 松田 晋哉, 迎 寛, 真弓 俊彦, 矢寺 和博
日本救急医学会雑誌   28(9) 432-432   Sep 2017
地域医療構想と地域包括ケアシステム
松田 晋哉
医療福祉経営マーケティング研究   12(1) 46-46   Oct 2017
松田 晋哉
病院   76(9) 677-681   Sep 2017
超高齢社会において地域の安心を保障するために医療施設の社会化が必要になる.病院には自施設が存在する地域の「地域品質」を高めるための貢献が求められる.病院が地域包括ケアをデザインするために主体的な役割を担うことが期待される.(著者抄録)
【高齢者のための精神科医療】 (第1章)心理社会的背景 近年の人口動態と高齢者の増加
松田 晋哉
精神科治療学   32(増刊) 10-14   Oct 2017
医師の働き方を考える
松田 晋哉
大分県医師会会報   (755) 13-15   Aug 2017
人口減少・高齢社会における社会保障制度の継続を目指して 社会保障制度の持続可能性のための医療・介護情報可視化の必要性
松田 晋哉
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 97-97   Oct 2017
災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT)に期待されるハブ機能構築に向けての検討
古屋 好美, 久保 達彦, 松田 晋哉, 鶴和 美穂, 近藤 久禎, 千島 佳也子, 中瀬 克己, 松本 珠実, 池内 淳子, 久保 慶祐
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 324-324   Oct 2017
松田 晋哉
病院   76(7) 509-512   Jul 2017
第7次医療計画は地域包括ケアネットワークを構築するための重要な契機となる.各地域で,厚生労働省から提供されている資料をいかに活用できるかが鍵となる.ネットワーク構築のための合意形成の場としての地域医療構想調整会議の役割が重要となる.(著者抄録)
第7次医療計画が病院に迫る選択
今村 知明, 松田 晋哉
病院   76(7) 481-486   Jul 2017
DPCデータにおける病名の組合せに関する分析
大谷 誠, 藤本 賢治, 冨岡 慎一, 本野 勝己, 村上 玄樹, 久保 達彦, 藤野 善久, 林田 賢史, 松田 晋哉
診療情報管理   29(2) 254-254   Aug 2017
周術期感染対策の現状と医療費 当院における周術期感染対策の現状と医療費について 皮下埋没型中心静脈ポートに関して
田村 利尚, 工藤 遊山, 天池 孝夫, 井上 譲, 皆川 紀剛, 柴尾 和徳, 鈴木 克典, 藤野 善久, 松田 晋哉, 平田 敬治
日本外科感染症学会雑誌   14(5) 499-499   Oct 2017
【『働き方ビジョン検討会』が描く看護の将来像】 『働き方ビジョン検討会』が示した新たな医療と看護
松田 晋哉
看護展望   42(7) 0606-0613   Jun 2017
医療保険制度と費用対効果評価を考える 諸外国の医療保険制度、医療技術評価
松田 晋哉
日本心血管インターベンション治療学会抄録集   26回 S3-2   Jul 2017
医療介護情報からみた将来
松田 晋哉
日本老年医学会雑誌   54(Suppl.) 46-46   May 2017
レセプトデータからみたリハビリテーションの現状
松田 晋哉
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) SL12-SL12   May 2017
【地域医療構想とリハビリの意外な関係】 (PART1)医療 「住まい」「生活」の確立なくして地域医療構想は実現しない
松田 晋哉
医療と介護Next   3(2) 102-105   Apr 2017
データから読み解く少子高齢時代の在宅看護のあり方
松田 晋哉
日本在宅看護学会誌   5(2) 7-11   Mar 2017
産業医が依頼する「診療情報提供書」についての病院対応に関する実態調査
本野 勝己, 藤野 善久, 村松 圭司, 松田 晋哉, 阿南 誠
診療情報管理   28(4) 60-63   Mar 2017
病院勤務者のためのDPCデータ解析入門(最終回) 連載のまとめに代えて
松田 晋哉
病院   76(3) 235-238   Mar 2017
松田 晋哉
病院   76(2) 132-137   Feb 2017
諸外国では,傷病構造および費用構造を推計するツールとして診断群分類の一般化が進みつつある.わが国では地域医療構想における傷病別・病床機能別病床数の推計に当たって,DPCロジックの応用が行われ,その一般化の可能性が示された.現在,精神科および慢性期の傷病構造をDPCロジックを用いて記述する研究が行われている.(著者抄録)
韓国の医療制度と医療情報の活用状況について
松田 晋哉
社会保険旬報   (2667) 6-15   Feb 2017
地域医療計画における集中治療室 地域医療における集中治療室の適正配置
松田 晋哉
日本集中治療医学会雑誌   24(Suppl.) SY11-1   Feb 2017
DPCに期待すること
松田 晋哉, 冨田 栄一
病院   76(2) 81-86   Feb 2017
患者報告式アウトカム尺度の国際基準に沿ったプレゼンティーズム調査票WFunの開発
藤野 善久, 久保 達彦, 上原 正道, 小山 一郎, 泉 博之, 永田 智久, 松田 晋哉
産業医学ジャーナル   40(1) 55-60   Jan 2017
【医療・社会保障を射る"三本の矢"〜安倍政権と医療の未来〜】 (Part1)安倍政権が放つ"三本の矢"はどこへ向かうのか
川渕 孝一, 金子 勝, 寺尾 正之, 松田 晋哉, 八代 尚宏
保険診療   72(1) 7-19   Jan 2017
【超少子高齢社会における医療・介護のあり方】 ナショナルデータベースの整備と地域医療構想
松田 晋哉
社会保障研究   1(3) 552-566   Dec 2016
慢性期医療と創る未来 地域医療構想のありたい姿 地域医療構想・地域包括ケアと慢性期医療
松田 晋哉
日本慢性期医療協会誌   24(5) 18-21   Dec 2016
松田 晋哉
病院   75(12) 955-958   Dec 2016
平成28年度診療報酬改定では地域医療構想・地域医療計画との整合性が意識されている.今後,この傾向はさらに強まると考えられる.各施設は,診療報酬制度の改定内容に加えて,地域医療構想の推計基礎となっている各地域の人口構造の変化に十分留意する必要がある.(著者抄録)
韓国の医療制度と医療情報の活用状況について
松田 晋哉
社会保険旬報   (2667) 6-15   Feb 2017
これからの地域精神医療を考える
松田 晋哉
日本社会精神医学会雑誌   25(4) 331-338   Nov 2016
社会経済環境の変化により我が国の精神医療にかかわる問題の多様化・複雑化が進んでいる。こうした中、平成26年11月に出されたOECDの医療の質に関する提言書は我が国の精神科医療について質の改善と社会復帰対策が必要であるとしてさらなる改善努力を求めている。精神障害者の社会復帰を進めるためには、フランスのセクター方式のように日常生活圏域で医療、介護、予防、生活支援、住が総合的に提供される、いわゆる地域包括ケアのネットワークが必要である。特に、精神障害者が自立して生活できるための住および就業の支援...
NHOの医療データの活用 地域医療構想の考え方
松田 晋哉
国立病院総合医学会講演抄録集   70回 S21-1   Nov 2016
データから読み解く少子高齢時代の在宅看護のあり方
松田 晋哉
日本在宅看護学会誌   5(1) 40-40   Nov 2016

Books etc

 
Adaptation of new technology and its influences to occupational safety, health and environment in Vietnam.「共著」
Hanoi : NILP   1995   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2007 - 2009    Investigator(s): Tatsuhiko KUBO
The authors investigated the effect of shift work on the risk of obesity and prostate cancer in the retrospective cohort study, which was established on a health-care database from a Japanese manufacturing corporation. Kaplan-Meier survival analys...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2003 - 2005    Investigator(s): Shinya MATSUDA
In order to implement an integrated health promotion program at community level, it is necessary to construct the screening system of the target population. In this analysis we have constructed such a system with the assistance of a local governme...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2000 - 2002    Investigator(s): Shinya MATSUDA
We investigated about the investigated about the influence of the introduction of Long Term Care Insurance (LTCI) on the community health system for the aged. The research was composed of i) study on consumer satisfaction level among users of care...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 1998 - 1999    Investigator(s): Shinya MATSUDA
Based on individual data of dependent aged in Kitakyushu City and a neighboring community (133 home cases and 116 institutionalized cases ; total 249 cases), model care plans were constructed according to type of family and dependency level. By us...
Study on Health and Welfare System