栖原 学

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/12 10:40
 
アバター
研究者氏名
栖原 学
 
スハラ マナブ
eメール
suhara.manabunihon-u.ac.jp
学位
博士(学術)(北海道大学), 経済学修士
科研費研究者番号
50139078

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1971年
東京大学 経済学部 経済学科
 
 
 - 
1978年
東京大学 大学院 経済学研究科 理論経済学
 

委員歴

 
1989年
   
 
比較経済体制学会  幹事
 

論文

 
Russian Agricultural Statistics
(67) 1-48   2017年3月
Russian Industrial Statistics
(66) 1-46   2017年3月
ロシア経済の現状と天然資源依存
栖原学
日本大学経済学部経済科学研究所ワーキング・ペイパー・シリーズ   (15-02) 1-23   2015年2月
近代経済成長の挫折:ソ連工業の興隆と低迷
栖原 学
比較経済研究   51(1) 17-28   2014年1月   [査読有り][招待有り]
長期にわたるロシア・ソ連経済の西欧経済へのキャッチアップの過程は,サイモン・クズネッツのいう「近代経済成長」の一例である。しかし1960年頃から発展の主要推進力としての「上からの圧力」を失い,その「近代経済成長」は挫折した。
新しいソ連工業生産指数
経済集志(日本大学経済学部)   81(4) 79-108   2012年1月

書籍等出版物

 
社会人のための現代ロシア講義
東京大学出版会   2016年5月   ISBN:978-4-13-033073-2
ソ連工業の研究―長期生産指数推計の試み
御茶の水書房   2013年3月   ISBN:978-4-275-01028-5
ソ連工業の1913-1990年における実質生産指数を推計し,ソ連工業の生産量の動態を計測した。
大転換:市場社会の形成と崩壊
野口建彦 (担当:共著, 範囲:i-lviii, 1-549)
東洋経済新報社   2009年7月   
グローバリゼーションの危機管理論
青木一能 (担当:共著, 範囲:377-406)
芦書房   2006年6月   
ロシアを知る事典
川端香男里,佐藤経明,中村喜和,和田春樹,塩川伸明,沼野充義 (担当:共著, 範囲:919-928)
平凡社   2004年1月   

講演・口頭発表等

 
ソ連工業生産指数の推計とその含意
栖原学
第53回比較経済体制学会全国大会   2013年6月1日   比較経済体制学会
報告者が最近推計したソ連工業および帝政ロシア工業の長期生産指数について,その作成方法,結果および含意について報告した。
帝政ロシアの工業統計
栖原学
文部科学省21世紀COE「社会科学の統計分析拠点形成」研究会   2006年3月14日   

その他

 
日本大学 経済学部経済学部 教授
2018年1月
書評「コルナイ・ヤーノシュ『資本主義の本質についてーイノベーションと余剰経済』」(『比較経済研究』第55巻第1号,66-70ページ)
2010年6月
書評「S. Ichimura, T. Sato, and W. James, eds., Transition from Socialist to Market Economies: Comparison of European and Asian Experiences (Palgrave Macmillan, 2009)」(『比較経済研究』第47巻第2号,2010年6月,66-70ページ)