TAMAI Yasufumi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 2, 2019 at 02:50
 
Avatar
Name
TAMAI Yasufumi
E-mail
tamai.yasufuminihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Engineering, Department of Chemical Biology and Applied Chemistry
Job title
Professor
Research funding number
90171884

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jan 1984
 - 
Mar 1987
Research Associate, Institute of the Chemistry of Non-aqueous Solution, Tohoku University
 
Apr 1987
 - 
Nov 1992
Research Associate, Faculty of Engineering, Tohoku University
 
Dec 1992
 - 
Mar 1996
Associate Professor, Faculty of Engineering, Tohoku University
 
Apr 1996
 - 
Mar 2002
Associate Professor, College of Engineering, Nihon University
 
Apr 2002
   
 
Professor, College of Engineering, Nihon University
 

Education

 
 
 - 
1978
Applied Chemistry, Faculty of Engineering, Tohoku University
 
 
 - 
1983
Applied Chemistry, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 

Published Papers

 
Highly enantioselective Michael addition of 2-alkoxyphenyl esters ofalpha-substituted beta-keto acids to non-prochiral alpha,beta-unsaturated carbonyl compounds catalyzed by sodium 2'-[2-(2-methoxyethoxy)ethoxy]-1,1'-binaphthalen-2-oxide
Toyohiro Otani, Wataru Namatame, Yasufumi Tamai
Tetrahedron Letters   55(50) 6943-6945   Dec 2014   [Refereed]
Asymmetric Michael addition of 2-alkoxyphenyl a-substitutednitroacetates to non-prochiral a,b-unsaturated carbonyl compounds catalyzed by podand-type alkali metal 2'-substituted 1,1'-binaphthalen-2-oxides
Toyohiro Otani, Akifumi Sugawara, Yasufumi Tamai
Tetrahedron Letters   55(35) 4923-4926   Aug 2014   [Refereed]
Pseudo-macrocyclic chelation control in remote asymmetric induction. Highly efficient 1,7-asymmetric inductive hydride reduction and Grignard reaction of γ-keto esters of 1,1'-binaphthalen-2-ols bearing an appropriate oligoether group as the 2'-substituen
Yasufumi Tamai, Tetsutaro Hattori, Masamitsu Date, Shinji Koike, Yoshinori Kamikubo, Masahiro Akiyama, Kazuhiro Seino, Hideki Takayama, Tomohito Oyama, Sotaro Miyano
Journal of the Chemical Society, Perkin Transactions 1   1685-1694   1999   [Refereed]
Efficient 1,8- and 1,9-asymmetric inductions in the Grignard reaction of δ-and ε-keto esters of 1,1'-binaphthalen-2-ols with an oligoether tether as the 2'-substituent: application to the synthesis of (-)-malyngolide
Masamitsu Date, Yasufumi Tamai, Tetsutaro Hattori, Hideki Takayama, Yoshinori Kamikubo, Sotaro Miyano
Journal of the Chemical Society, Perkin Transactions 1   645-653   2001   [Refereed]
New Entry to Chiral Base Catalyst. Asymmetric Michael Addition of α-Substituted β-Keto Esters to Methyl Vinyl Ketone Catalyzed by Podand-type Alkali Metal 2'-Substituted 1, 1'-Binaphthalene-2-oxides
Yasufumi Tamai, Atsushi Kamifuku, Eiji Koshiishi, Sotaro Miyano
Chemistry Letters   (10) 957   1995   [Refereed]

Books etc

 
有機資源化学
多賀谷英幸・進藤隆世志・大塚康夫・玉井康文・門川淳一 (Part:Joint Work, 第四章)
朝倉書店   Apr 2002   

Conference Activities & Talks

 
新奇光学活性第一級アミンの合成とアルドール反応に対する不斉触媒能
内藤 康成、玉井 康文
平成30年度化学系学協会東北大会   15 Sep 2018   日本化学会東北支部
1.我々は両鏡像体が市販されている光学活性1,2-ジフェニルエタン-1,2-ジアミン(DPEDAと略記する)と種々のカルボン酸から1段階の反応で得られるモノアミドを第一級アミン型不斉有機触媒として用いる不斉反応について検討している。本発表では、本触媒系を用いる不斉アルドール反応について、さらに検討した結果を報告した。
第一級アミン型不斉有機触媒を用いるWieland-Miescher ケトン類縁体の不斉合成
渡邊 健人、阿蘇 敦、玉井 康文
平成29年度化学系学協会東北大会   17 Sep 2017   日本化学会東北支部
Wieland-Miescher ケトンは生理活性化合物合成の出発原料として有用な合成中間体の1つであり、アミン型有機触媒を用いたトリケトン前駆体の分子内不斉アルドール縮合による触媒的不斉合成の研究が盛んに行われている。我々は、両鏡像体が市販されている1,2-ジフェニルエタン-1,2-ジアミン(DPEDA)から得られる種々のモノアミドを第一級アミン型不斉有機触媒に用いてWMK不斉合成反応を検討してきた。本研究では、本触媒系の基質構造に関する適用範囲の検討を目的に、WMKの核間位メチル基をア...
新奇光学活性テトラアリールメタン誘導体の合成と不斉有機触媒への応用
宮堂 誉生、善林 拓示、玉井 康文
平成29年度化学系学協会東北大会   16 Sep 2017   日本化学会東北支部
我々は、高い不斉識別能力や不斉誘導能力を持つ新奇な機能性不斉分子の創製を目標に、新奇な不斉テトラアリールメタン(TAM)誘導体の合成について検討している。本研究では、様々な光学活性TAM誘導体の構造機能相間研究の一環として、カルボン酸誘導体の合成法を検討した。さらに、得られたカルボン酸誘導体と (1S, 2S)-1,2-ジフェニルエタン-1,2-ジアミン(DPEDA)とのモノアミドを合成し、光学活性第一級アミン型不斉有機触媒としての性質を分子内不斉アルドール縮合を利用したWieland-M...
種々のβ-ケト酸2-シクロアルコキシフェニルの合成と触媒的不斉マイケル反応
池田 紀太、内藤 康成、池澤 佑汰郎、根司 遼平、玉井 康文
平成29年度化学系学協会東北大会   16 Sep 2017   日本化学会東北支部
我々は、入手容易なポーダンド型BINOL誘導体のナトリウムフェノキシドを不斉触媒に用いる2-オキソシクロヘキサンカルボン酸2-アルコキシフェニルとメチルビニルケトン(MVK)とのマイケル反応では、最高97 %eeのエナンチオ選択性で付加体が得られることを報告している。本研究では、基質構造に関する適用範囲をさらに検討する目的で、5,5-エチレンジオキシ-2-オキソシクロヘキサンカルボン酸2-シクロアルコキシフェニルとMVKとのマイケル反応について検討した。結果、付加体が92 %ee以上の高い...
1,2-ジフェニルエタン-1,2-ジアミンのモノアミドを不斉有機触媒に用いるWieland-Miescherケトンおよび類縁体の不斉合成
渡邉 健人・善林 拓示・玉井 康文
日本化学会第97春季年会   18 Mar 2017   日本化学会
Wieland-Miescher ケトンは生理活性化合物合成の出発原料として有用な合成中間体の1つであり、アミン型有機触媒を用いたトリケトン前駆体 の分子内不斉アルドール縮合による触媒的不斉合成の研究が盛んに行われている。本研究では、両鏡像体が市販されている1,2-ジフェニルエタン-1,2-ジアミンから1段階の反応で得られた種々のモノアミドを不斉有機触媒に用いてトリケトンの分子内不斉アルドール縮合を検討した。その結果、ピバルアミド(10 mol%)を安息香酸(5 mol%)存在下トルエン中...

Patents

 
5035960 : ポリスルホンアミド誘導体とその使用
玉井康文