PAREEK Sanjay

J-GLOBAL         Last updated: Oct 2, 2019 at 02:50
 
Avatar
Name
PAREEK Sanjay
Alternative names
PAREEK Sanjay
E-mail
pareekarch.ce.nihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Engineering, Department of Architecture
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Engineering(Nihon University)
Research funding number
20287593

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jan 2012
 - 
Jan 2013
Visiting Professor, Department of Civil Engineering, Delft University of Technology
 
Aug 2013
 - 
Nov 2013
Visiting Researcher, Department of Civil and Environmental Engineering, Massachusetts Institute of Technology
 

Education

 
 
 - 
Jun 1986
Faculty of Science, University of Rajasthan
 
Apr 1988
 - 
Mar 1990
Department of Architecture, Graduate School of Engineering, Nihon University Graduate School
 
 
 - 
Mar 1993
Department of Architecture,, Graduate School of Engineering, Nihon University Graduate School
 

Awards & Honors

 
Oct 2014
インドのコンクリート製品へ自己修復技術の応用, インド技術者協会功労賞受賞, インド技術者協会
 
Jul 2012
FEASIBILITY OF SELF-REPAIR NETWORK SYSTEM IN CONCRETE BEAMS WITH Cu-Al-Mn SUPERELASTIC ALLOY BARS, 第34回コンクリート工学講演会年次論文奨励賞
 
May 2012
AN EXPERIMENTAL STUDY ON THE APPLICATION OF SELF-REPAIRINGSYSTEM TO RC STRUCTURES USING SELECTIVE HEATING, BEST PAPER AWARD 2012, Japan Concrete Institute (JCI), Tohoku Chapter
 

Published Papers

 
Engineering Structures   Vol. 175 765-775   Nov 2018   [Refereed]
Adhesion Characteristics of Geopolymer Mortar to Concrete and Rebars
Sanjay PAREEK, Hiroo Kashima, Ippei Maruyama and Yoshikazu Araki
The 4th International Conference on Sustainable Civil Engineering Structures and Construction Materials   01-08   Sep 2018   [Refereed]
Effect of coefficient of thermal expansion of reinforcing steel bars on steel-concrete interface in reinforced concrete under cyclic thermal loading
KUMAR AVADH
   Jul 2018   [Refereed]
MICROSTRUCTURE AND ELEMENT COMPOSITION OF AMORPHOUS IN FA-BASED ALKALI ACTIVATED MATERIAL AND GEOPOLYMER
松田明, 丸山一平, Sanjay PAREEK, 荒木慶一
コンクリート工学年次論文集   Vol. 40(No.1) 1857-1862   Jul 2018   [Refereed]
各種異なる母材及び鉄筋に対するジオポリマーモルタルの付着特性に関する基礎的研究
Sanjay PAREEK, 鹿島大雄, 丸山一平, 荒木慶一
コンクリート工学年次論文集   Vol. 40(No.1) 1839-1844   Jul 2018   [Refereed]

Misc

 
長寿命建築を目指し実用化が目前バクテリアなどを仕込み生命体に
日経アーキテクチュア   44-47   Jun 2018   [Invited]
自己修復コンクリート「04mmのひびも自動的に修復可能」
日経アーキテクチュア   66-67   Jan 2018
フライアッシュおよび電気炉酸化スラグを使用したジオポリマーモルタルにおける高濃度塩酸溶液に対する抵抗性
五十嵐祐太, Sanjay PAREEK
「建設分野におけるジオポリマー技術の現状と課題」に関するシンポジウム   Vol. 1(No. 1) 81-86   Jun 2016   [Refereed][Invited]
Reaction to Fire Performance of Sandwich Panels with Hole and Slit as Defects
Sanjay PAREEK, Ryuichi SEKINE, Hideki YOSHIOKA, Tetsuya HAYAKAWA, Takafumi NOGUCHI, Kyoichi KOBAYASHI, Tatsuo ANDO and Yoshihiro HASE
10th Asia-Oceania Symposium on Fire Science and Technology      Oct 2015
Sanjay PAREEK
1st International conference on Ageing of Materials and Structures (AMS’14)   1-8   Jun 2014   [Refereed][Invited]
In this research work, high-density concrete (μ=4.71 g/cm3) using steel balls as aggregates and a normal concrete using recycled aggregates from the debris of the demolished concrete building of the earthquake affected region have been evaluated f...

Books etc

 
100 Key Words for Future Cities and Architecture
Nikkei Business Publications   Apr 2018   ISBN:978-4-8222-5716-3
超弾性材料の現状と展望
日本建築学会 近畿支部 構造力学部会   Mar 2015   
放射性物質の吸着・除染および耐放射線技術における材料・施工・測定の新技術
技術情報協会   Nov 2014   
第6節 放射線遮蔽高密度コンクリート容器の開発と最適遮蔽設計に向けた展開   ・高密度コンクリートの骨材として使用した鉄粒粉   ・コンクリート遮蔽容器形状   ・実験用線源(放射能汚染土)サンプリング   ・γ線遮蔽性能実験方法   ・線源体系が異なることによる放射線透過率の検討
セメント系材料の自己治癒シンポジウム論文集
日本コンクリート工学協会   Jun 2011   

Conference Activities & Talks

 
サンドイッチパネル内装試験体に関する区画型火災試験 JIS A 1320 及び ISO 13784-1
田村政道, 吉岡英樹, 野口貴文, 小林恭一, 兼松 学, 安藤達夫, 棚池 裕, 西尾悠平, 早川哲哉, Sanjay Pareek, 成瀬友宏
日本建築学会大会学術講演梗概集   Sep 2018   
塑性ヒンジ領域に銅系超弾性合金を用いた自己復元型 RC 梁の構造性能評価に関する実験 その 2 実験結果
鈴木裕介, 古川敦士, 喜瀬純男, Sanjay PAREEK, 荒木慶一
日本建築学会大会学術講演梗概集   Sep 2018   
塑性ヒンジ領域に銅系超弾性合金を用いた自己復元型 RC 梁の構造性能評価に関する実験 その 1 実験概要
鈴木裕介, 古川敦士, 喜瀬純男, Sanjay PAREEK, 荒木慶一
日本建築学会大会学術講演梗概集   Sep 2018   
銅系超弾性合金を用いた自己復元型 RC 梁の構造性能改善に関する実験研究
古川敦士, 鈴木裕介, 喜瀬純男, Sanjay PAREEK, 荒木慶一
日本建築学会近畿支部研究報告集   Jun 2018   
Eco-Friendly Geopolymer Mortars as Repair Materials for RC Structures in Severe Environments
Sanjay PAREEK
KISTEC International Conference 2017 (KOREA)   Sep 2017   KISTEC、KOREA

Research Grants & Projects

 
低環境負荷型被覆材料を用いた高耐震・高耐火木質部材及び接合法の開発
基盤研究(C)17K06651
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): Taniguchi Yoshiya
2015年ネパール・ゴルカ地震で被災した学校建物の復旧技術に関する調査研究
基盤研究(B)(海外学術調査)17H04592
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): Yoshikazu Araki
シラン系塗布含浸材のコンクリート内部へ高圧注入によるコンクリート構造物の長寿命化
基盤研究(C)16K06590
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): Sanjay PAREEK
無機新材料の利用を核とするコンクリート系複合材料・部材・補修補強技術の開拓と展開
基盤研究(A)16H02376
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 荒木慶一
銅スラグ混入セメントレス硬化体の開発とγ線遮蔽容器への適用
一般財団法人 日本鉱業振興会: 
Project Year: Oct 2015 - Sep 2016    Investigator(s): Sanjay PAREEK

Patents

 
パリーク サンジェイ
埋め殺し状態で用いる型枠パネルにおいて、比較的簡単な手法で型枠パネルとコンクリート躯体との接合強度を高め、コンクリート構造物の面内剛性を向上することを目的とする。 コンクリート構造物の形成時に型枠として機能し、形成後に埋め殺し状態で用いられる金属薄板から成る型枠パネル1であって、その長さ方向に伸びる複数の凸条11がその幅方向に互いに平行に並設され、この凸条11の上面18には、その上面18に対して垂直に立設する複数の押上げ片14が設けられていることを特徴とする。
Sanjay PAREEK
http://jstore.jst.go.jp/nationalPatentDetail.html?pat_id=30624
Sanjay PAREEK
A method for detecting a repaired cracked portion of a concrete structure comprises: the repair agent injection step of injecting a repair agent containing a fluorescent material into the opening of a hollow passage preformed in a concrete structu...
特願2016-102400 : コンクリート構造物の施工方法及びコンクリート構造物
Sanjay PAREEK
鉄筋が内部に配設されたコンクリート構造物は、発生したひび割れ等から侵入する水分や塩化物が鉄筋と接触することにより、鉄筋に錆が発生する。これを防ぐために、コンクリート構造物の外壁面に、撥水剤が塗布されることがある。例えば、特許文献1におけるコンクリート構造物は、外壁面に塗布されたシラン系撥水剤により、外壁面に撥水層が形成されている。

Others

 
2006
インド国内での未利用資源を有効利用した無焼成レンガ製造事業/CDM/JI事業調査
2005
Seismic Risk Evaluation of Maharaja's Palace and Masonry Structures in Jodhpur, India
2001
2001年インド西部グジャラート地震被害調査/Survey of the 26 January 2001 Earthquake(Mw 7.7) in the State of Gujarat, India