永石 匡司

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/03 02:57
 
アバター
研究者氏名
永石 匡司
 
ナガイシ マサジ
所属
日本大学
部署
医学部医学科
職名
准教授(研究所)
学位
博士(医学)(日本大学)
科研費研究者番号
70297810

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1987年
日本大学 医学部 医学科(産婦人科)
 
 
 - 
1991年
日本大学 大学院 医学研究科 外科系産婦人科
 

論文

 
Chromosome Abnormalities Identified in 347 Spontaneous Abortions Collected in Japan
Nagaishi M, Yamamoto T, Iinuma K, Shimomura K, Sue Ann Berend, Judith Knops
The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   30(3) 234-241   2004年   [査読有り]
Expression of functional chemokine receptors of human placental cells.
Ishii M, Hayakawa S, Suzuki MK, Yoshino N, Honda M, Nishinarita S, Chishima F, Nagaishi M, Satoh K
Am J Reprod Immunol   44 365-373   2000年   [査読有り]
Transplacental effects of alloprinol on suppression of oxygen free radical production in chronically instrumented fetal lamb brains during intermittent umbilical cord occlusion.
Masaoka N,Nakajima Y, Hayakawa Y,Ohgame S, Hamano S,Nagaishi M,Yamamoto T
J Matern Fetal Neonatal Med   18 1-7   2005年   [査読有り]
The production of hydroxyl radicals in the fetal lamb brain resulting from occlusion of the umbilical circulation and the placental effect of MCI-186 to inhibit hydroxyl radical production.
Nakajima Y,Masaoka N,Hayakawa Y,Watanabe M,Nagaishi M,Sakata H,Yamamoto T
Pediatr Res.   59 216-220   2006年   [査読有り]
MCI-186 administered to the maternal circulation inhibits fetal brain injury resulting from total umbilical cord occlusion in the chronically instrumented fetal lamb.
Masaoka N, Nakajima Y, Watanabe M, Hayakawa Y, Nagaishi M, Yamamoto T, Honma T, Oinuma T, Nemoto N
J Matern Fetal Neonatal Med.   19 625-631   2006年   [査読有り]

Misc

 
前置胎盤の出血-内診 するべからず 周産期診療べからず集
永石匡司,山本樹生
周産期医学   45(増刊) 196-201   2015年   [依頼有り]
【特集 管理はどうかわったか? 温故知新 産科編】 妊婦と栄養
永石匡司、山本樹生
周産期医学   44 299-307   2014年   [依頼有り]
【妊婦の悩みに応えられる助産師になろう ビジュアルで学ぶマイナートラブル解決法】 浮腫(むくみ)
永石匡司、山本樹生
ペリネイタルケア   1141-1144   2013年   [依頼有り]
性感染症と母子感染-最新の診断と管理【母子感染】最新の管理法 肝炎ウイルス
永石匡司、山本樹生
臨床婦人科産科増大号   67 128-134   2013年   [依頼有り]
医療機器・体外診断薬リレー連載,産婦人科領域で使用される止血材と臨床ニーズ
永石匡司、山本樹生
月刊ファームステージPHARMSTAGE   12(4)    2012年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
体内埋め込み医療材料の開発とその理想的な性能・デザインの要件
永石匡司、山本樹生 (担当:共著, 範囲:第1章第10節止血材[1]臨床における感染症の発生リスク)
技術情報協会   2013年   
産科婦人科疾患最新の治療
永石匡司、山本樹生 (担当:共著, 範囲:子宮復古不全)
南江堂   2013年   
産科合併症 改訂第2版
永石匡司、吉永陽樹、山本樹生 (担当:共著, 範囲:分娩時における特殊手技)
メディカ出版   2013年   
新体系看護学全書 母性看護学②マタニティサイクルにおける母子の健康と看護 第4版
山本樹生、永石匡司 (担当:共著, 範囲:妊娠期の身体のしくみと患者の理解 Ⅲ妊娠と胎児にみられる異常)
メヂカルフレンド社   2012年   
新体系看護学全書 第33巻 母性看護学2 第3版
永石匡司、山本樹生 (担当:共著, 範囲:妊婦・産婦・褥婦・新生児の看護,第2編 第2章 妊婦の異常と看護 1妊婦と胎児にみられる異常)
メジカルフレンド社   2009年   

講演・口頭発表等

 
間歇的臍帯血流遮断時における羊胎仔脳神経障害へのアポトーシスの関与
基調講演「子宮筋腫核出術後の妊娠における諸問題」
永石匡司
第40回城北産婦人科研究会「子宮筋腫核出術の妊娠に関連する諸問題」   2007年11月8日   
Retrospective evaluation concerning the causes of intrauterine growth restriction (preterm vs term delivery).
Masaji Nagaishi, Masao Watanabe, Yoshiyuki Nakajima, Naoki Masaoka, Tatsuo Yamamoto
The XXth Asian and Oceanic Congress of Obstetrics & Gynecology, Tokyo, Japan   2007年9月24日   
Pregnancy outcome in primiparae of advanced maternal age.
Masaji Nagaishi, Masao Watanabe, Yoshiyuki Nakajima, Naoki Masaoka, Tatsuo Yamamoto
World Congress of Perinatal Medicine, Florence, Italy   2007年9月9日   
「やせ女性の栄養代謝学的問題点とその管理」2妊娠、産褥期
永石匡司、正岡直樹、山本樹生
日本産科婦人科栄養代謝研究会ワークショップ2   2007年8月