野村 益寛

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/27 20:17
 
アバター
研究者氏名
野村 益寛
 
ノムラ マスヒロ
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科 言語文学専攻 西洋言語学講座
職名
教授
学位
博士 (Ph.D.)(カリフォルニア大学サンディエゴ校(アメリカ合衆国)), 文学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1996年4月
 - 
2001年3月
日本女子大学文学部英文学科 講師
 
2001年4月
 - 
2014年3月
北海道大学 大学院文学研究科・文学部 助教授/准教授
 
2014年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院文学研究科・文学部 教授
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1987年3月
東京大学 文学部 英語英米文学専修課程
 
1987年4月
 - 
1990年3月
東京大学大学院 人文科学研究科 英語英文学専攻修士課程
 
1990年4月
 - 
1994年
東京大学大学院 人文科学研究科 英語英文学専攻博士課程
 
1991年9月
 - 
1996年3月
カリフォルニア大学サンディエゴ校大学院  言語学科
 

委員歴

 
2017年7月
 - 
現在
日本英語学会  編集委員会委員
 
2016年9月
 - 
現在
日本認知言語学会  理事
 
2015年
 - 
現在
日本英文学会北海道支部  運営委員
 
2012年
 - 
現在
日本認知言語学会  学会誌編集委員
 
2011年
 - 
2014年
日本言語学会  大会運営委員
 
2004年
 - 
2012年
日本認知言語学会  理事
 
2001年
 - 
2012年
日本英文学会北海道支部  運営委員
 
1998年
 - 
2001年
日本英語学会  大会準備委員会委員
 

論文

 
Review: Language and Time: A Cognitive Linguistics Approach, By Vyvyan Evans
野村 益寛
English Linguistics   32(2) 442-453   2015年12月   [査読有り][招待有り]
野村 益寛
北海道大学文学研究科紀要   (142) 33-62   2014年
野村 益寛
言語研究 = Journal of the Linguistic Society of Japan   (143) 1-28   2013年3月   [査読有り]
認知文法における主観性構図の検討
野村 益寛
Conference Handbook, 日本英語学会   29 229-234   2011年
野村 益寛
Journal of the Graduate School of Letters   5 41-63   2010年3月
Cognitive phonology, as proposed by Lakoff (1988, 1993) and Goldsmith (1989, 1990, 1991, 1993b), is a phonological theory that questions the foundational assumptions of generative phonology, doing away with the notions of "derivations" and "extrin...
事件は現場で起きている—使用依拠モデルからみた<意味>と<言語習得>
野村益寛
『日本認知言語学会論文集』   9 524-534   2009年
認知文法のアルケオロジー
野村益寛
Proceedings of the Thirty-Second Annual Meeting of Kansai Linguistic Society   28 360-370   2008年
認知言語学から見た日本語アスペクト
野村益寛
『日本語学』   26(3) 6-12   2007年
命名の認知プロセス
野村益寛
『言語』   34(3) 30-36   2005年
時間の概念化に関する覚え書き
野村益寛
『英語青年』   151(9) 526-529   2005年
意味論研究史管見—認知言語学の視点から
野村益寛
『日本の言語学』(『言語』30周年記念別冊)   31(6) 118-129   2002年
認知言語学の展開:理論的統合の動きを中心に
野村益寛
『北海道大学文学研究科紀要』   105 51-70   2001年
相対性名詞再考:主要部内在型関係節の観点から
野村益寛
『日本認知言語学会論文集』   1 121-131   2001年
参照点構文としての主要部内在型関係節構文
野村益寛
『認知言語学論考』   1 229-255   2001年
The Internally-Headed Relative Clause Construction in Japanese: A Cognitive Grammar Approach
NOMURA Masuhiro
Department of Linguistics, University of California, San Diego      2000年   [査読有り]
Toward a Better Understanding of “Relative Clauses”: with Special Reference to “Internally-Headed Relative Clauses
野村 益寛
English Linguistics   17(1) 193-219   2000年   [査読有り]
「主要部」を欠く主要部内在型関係節
野村益寛
『日本女子大学文学部紀要』   47 39-49   1998年
認知言語学におけるメタファー研究の展開
野村益寛
『英語青年』   142(12) 7-9   1997年
On the Relevancy Condition of the Japanese Internally-headed Relative Clause Construction
野村益寛
『日本女子大学文学部紀要』   46 91-113   1997年
The Ubiquity of the Fluid Metaphor in Japanese: A Case Study
野村益寛
POETICA   46 41-75   1996年   [招待有り]
A Descriptive Note on Malagasy Verbal Complementation and the Binding Hierarchy: with special reference to the occurrence of the complementizer fa.
野村益寛
Kansas Working Papers in Linguistics   20 101-115   1995年   [査読有り]
LANGUAGE AS FLUID: A Description of the Conduit Metaphor in Japanese.
野村益寛
Kansas Working Papers in Linguistics   18 75-90   1993年   [査読有り]
The Semantics of the Content Clause Construction in English
野村益寛
English Linguistics   10 184-210   1993年   [査読有り]
Problem Solving as a Means of Creating Coherence in Narrative Reading
野村益寛
Linguistic Research: Working Papers in English Linguistics   6 93-107   1988年

Misc

 
辻幸夫編 『新編 認知言語学キーワード事典』、研究社(43項目 を執筆)
野村 益寛
   2013年   [依頼有り]
藤永保監修 『最新 心理学事典』、平凡社(1項目執筆)
野村 益寛
   2013年   [依頼有り]
加藤 重広, 長谷川 信子, 野村 益寛
日本語文法   10(1) 138-144   2010年3月   [依頼有り]
野村 益寛
英文學研究   86 137-141   2009年11月   [依頼有り]
書評空間:土屋俊『言語哲学コレクション①真の包括的 な言語の科学』
野村 益寛
『言語』   38(5) 100   2009年   [依頼有り]
BOOK REVIEWS:ジョン・テイラー,瀬戸賢一『認知文 法のエッセンス』
野村 益寛
『英語教育』   57(10) 92   2008年   [依頼有り]
書評空間:レイモンド・W.ギブズ Jr.『比喩と認知—心 とことばの認知科学』
野村 益寛
『言語』   37(11) 116   2008年   [依頼有り]
池上嘉彦『日本語と日本語論』、ちくま学芸文庫(「解説」を執筆)
野村 益寛
   2007年   [依頼有り]
BOOK REVIEWS:織田稔『英語表現構造の基礎—冠詞と 名詞・動詞と文表現・文型と文構造
野村 益寛
『英語教育』   56(10) 93   2007年   [依頼有り]
言語学名著再読9:プラトン『メノン』
野村 益寛
『言語』   35(9) 92-97   2006年9月   [依頼有り]
山中桂一,原口庄輔,今西典子編『英語学文献解題:意味論』、研 究社(3文献解題)
野村 益寛
   2005年   [依頼有り]
可算名詞と不可算名詞の考え方
野村 益寛
『英語教育』   54(7) 13-15   2005年   [依頼有り]
日本語教育学会編 『新編 日本語教育事典』、大修館書店(1項目 執筆)
野村 益寛
   2005年   [依頼有り]
書評空間:本多啓『アフォーダンスの認知意味論』
野村 益寛
『言語』   34(7) 118   2005年   [依頼有り]
書評空間:中村芳久編『認知文法論II』
野村 益寛
『言語』   33(10) 116   2004年   [依頼有り]
書評空間:早瀬尚子著『英語構文のカテゴリー形成』
野村 益寛
『言語』   32(4) 124   2003年   [依頼有り]
新刊書架:寺澤芳雄編『英語学要語辞典』
野村 益寛
『英語青 年』   149(2) 124-125   2003年   [依頼有り]
書評:Gilles Fauconnier and Mark Turner, The Way We Think
野村 益寛
『英文学研究』   80(2) 139-143   2003年   [依頼有り]
認知言語学の基礎
野村 益寛
『言語』   31(5) 70-73   2002年5月   [依頼有り]
辻幸夫編『認知言語学キーワード事典』研究社(44項目執筆)
野村 益寛
   2002年   [依頼有り]
重要文献解題(5文献解題)
野村 益寛
『言語』(30周年記念別 冊:日本の言語学)   31(6) 199-255   2002年   [依頼有り]
認知文法の開拓者 ラネカー
野村 益寛
『言語』(別冊:言語の20世紀101人)   30(3) 206-207   2001年   [依頼有り]
言語学の基礎
辻幸夫,野村益寛
辻幸夫編『ことばの認知科学事典』   85-97   2001年   [依頼有り]
認知言語学
野村 益寛
辻幸夫編『ことばの認知科学事典』   (132) 146   2001年   [依頼有り]
新刊書架:唐須教光編『英語学文献解題第2巻:言語学 II』
野村 益寛
『英語青年』   146(11) 64-65   2001年   [依頼有り]
言語圏α:ジル・フォコニエ著『思考と言語におけるマ ッピング
野村 益寛
『言語』   30(1) 138-139   2001年   [依頼有り]
認知言語学入門6:「文法」の認知的基盤
野村 益寛
『言語』   29(12) 84-89   2000年12月   [依頼有り]
認知言語学入門5:「文法」の意味
野村 益寛
『言語』   29(11) 106-111   2000年11月   [依頼有り]
認知言語学入門4:「意味」の拡がり
野村 益寛
『言語』   29(10) 106-111   2000年10月   [依頼有り]
認知言語学入門3:「意味」のありか
野村 益寛
『言語』   29(9) 108-113   2000年9月   [依頼有り]
認知言語学入門2:「恣意性」から「動機づけ」へ」,
野村 益寛
『言語』   29(8) 98-103   2000年8月   [依頼有り]
認知言語学入門1:「恣意性」の検証
野村 益寛
『言語』   29(7) 104-109   2000年7月   [依頼有り]
海外新潮 英語学:構文文法の動向
野村 益寛
『英語青年』   144(10) 41   1999年1月   [依頼有り]
<小事典>認知言語学を知るためのキーワード(3項目)
野村 益寛
『言語』   27(11) 71-87   1998年11月   [依頼有り]
海外新潮 英語学:最近のメタファー論から
野村 益寛
『英語青年』   144(7) 53   1998年10月   [依頼有り]
海外新潮 英語学:文法遺伝子論争
野村 益寛
『英語青年』   144(4) 33   1998年7月   [依頼有り]
海外新潮 英語学:文法の認知的基盤を求めて
野村 益寛
『英語青年』   144(1) 44   1998年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
高見健一ほか編『<不思議>に満ちたことばの世界(下)』
野村 益寛 (担当:分担執筆, 範囲:「おかしな関係節の話」)
開拓社   2017年3月   
中村芳久・上原聡編『ラネカーの(間)主観性とその展開』
野村 益寛 (担当:分担執筆, 範囲:第6章「ナラトロジーからみた認知文法の主観性構図ー「焦点化」をめぐってー」)
開拓社   2016年11月   
藤田耕司・西村義樹編『日英対照 文法と語彙への統合的アプローチ』
野村 益寛 (担当:分担執筆, 範囲:第13章「事象統合からみた主要部内在型関係節ー「関連性条件」再考ー」、第26章「語彙化・文法化・語形成ー小柳論文の「内容語生産と機能語生産の見取図」をめぐってー」)
開拓社   2016年5月   
田山忠行編著『時を編む人間:人文科学の時間論』
野村 益寛 (担当:分担執筆, 範囲:「比喩表現からみた<時間>」)
北海道大学出版会   2015年8月   
野村 益寛
ひつじ書房   2014年5月   ISBN:9784894766082
中島平三編『言語学の領域 (I)』(シリーズ 朝倉<言語学の可能性>第1巻)
野村 益寛 (担当:分担執筆, 範囲:「認知文法」)
朝倉書店   2009年3月   
ことばをつくる- 言語習得の認知言語学的アプローチ
マイケル・トマセロ (担当:共訳, 範囲:第2章,7章,訳者あとがき)
慶応義塾大学出版会   2008年   
Masatomo Ukaji et al. eds., Current Issues in English Linguistics
野村 益寛 (担当:分担執筆, 範囲:Conceptual Overlap in Complex Sentence Constructions: A Cognitive Grammar Account)
開拓社   2003年9月   
辻幸夫編『シリーズ 認知言語学入門第1巻:認知言語学への招待』
野村 益寛 (担当:分担執筆, 範囲:「認知言語学の史的・理論的背景」)
大修館書店   2003年7月   
大堀壽夫編『認知言語学II:カテゴリー化』
野村 益寛 (担当:分担執筆, 範囲:「<液体>としての言葉:日本語におけるコミュニケーシ ョンのメタファー化をめぐって」)
東京大学出版会   2002年   
認知言語学入門
F.ウンゲラー/H.-J.シュミット (担当:共訳, 範囲:第3章)
大修館書店   1998年   

競争的資金等の研究課題

 
日英語の複文の認知言語学的研究
研究期間: 2000年