飯島 毅彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 14:49
 
アバター
研究者氏名
飯島 毅彦
 
イイジマ タケヒコ
eメール
iijimadent.showa-u.ac.jp
所属
昭和大学
部署
歯学部全身管理歯科学講座歯科麻酔科学部門
職名
教授
学位
博士(歯学)(東京医科歯科大学), 博士(医学)(杏林大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
昭和大学歯科病院 副病院長
 
2011年4月
 - 
現在
昭和大学歯学部 全身管理歯科学講座歯科麻酔科学部門 教授
 
2006年5月
 - 
2011年4月
杏林大学医学部 麻酔科学講座 准教授
 
2004年4月
 - 
2006年3月
杏林大学医学部 麻酔科学講座 助教授
 
1996年4月
 - 
2004年3月
杏林大学医学部 麻酔科学講座 講師
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1987年3月
東京医科歯科大学 歯学研究科 歯科麻酔学
 
1977年4月
 - 
1983年3月
東京医科歯科大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
2017年1月
 - 
現在
Anesthesia Progress  編集委員
 
2013年10月
 - 
現在
日本歯科麻酔学会  雑誌編集委員長
 
2013年10月
 - 
現在
日本歯科麻酔学会  専門医試験委員
 
2011年
 - 
現在
日本歯科麻酔学会  理事
 
2011年
 - 
現在
日本歯科麻酔学会  社会保険委員
 
2013年1月
 - 
現在
体液代謝管理研究会  理事
 
2001年
 - 
現在
日本神経麻酔・集中治療学会  評議員
 
2013年
 - 
2017年
体液代謝管理研究会  事務局長
 
2011年
 - 
2013年
日本歯科麻酔学会  倫理審査委委員長
 
 
   
 
日本歯科麻酔学会雑誌編集委員
 
2005年10月
 - 
現在
日本歯科麻酔学会  学術委員
 
1995年
   
 
日本歯科麻酔学会  評議員
 
1999年
   
 
日本臨床モニター学会  評議員
 

受賞

 
1987年
松田学術奨励賞(日本歯科麻酔学会)
 
1998年
全国私立大学医学部麻酔科教授会優秀論文賞
 
1999年
日本臨床モニター学会 奥秋賞
 
2003年
Best Abstract Award. American Society of Anesthesiologist, Society of Technology in Anesthesia
 

論文

 
Asari Yuki, Ikeda Yumiko, Tateno Amane, Okubo Yoshiro, Iijima Takehiko, Suzuki Hidenori
PSYCHOPHARMACOLOGY   235(9) 2631-2642   2018年9月   [査読有り]
幸塚 裕也, 磯野 史朗, 飯島 毅彦
日本歯科麻酔学会雑誌   46(3) 121-126   2018年7月
閉塞性睡眠時無呼吸症候群(Obstructive sleep apnea syndrome、以下OSAS)に対する口腔内装置(Oral appliance、以下OA)治療は、下顎を前方移動することで咽頭気道を開通させる。したがって咽頭気道幅径が大きいほうがOAの治療効果も高いと考えられる。咽頭気道はその周囲にある軟組織と骨組織によって規定されるので、歯列弓幅径の計測が咽頭気幅径の評価に効果的であると考え、歯列弓の長径および幅径とOA治療効果が関係しているかを後ろ向きに検討した。昭和大学藤が...
Mikiko Ikehata, Mikiko Ikehata, Atsushi Yamada, Koji Fujita, Yuko Yoshida, Yuko Yoshida, Tadashi Kato, Tadashi Kato, Akiko Sakashita, Hiroaki Ogata, Takehiko Iijima, Masahiko Kuroda, Daichi Chikazu, Ryutaro Kamijo
Biochemical and Biophysical Research Communications   500 525-529   2018年6月
© 2018 Elsevier Inc. Rac1 and Cdc42, Rho family low molecular weight G proteins, are intracellular signaling factors that transmit various information from outside to inside cells. Primarily, they are known to control various biological activities...
Tadashi Kato, Tadashi Kato, Atsushi Yamada, Mikiko Ikehata, Mikiko Ikehata, Yuko Yoshida, Yuko Yoshida, Kiyohito Sasa, Naoko Morimura, Akiko Sakashita, Takehiko Iijima, Daichi Chikazu, Hiroaki Ogata, Ryutaro Kamijo
FEBS Open Bio   8 836-842   2018年5月
© 2018 The Authors. Published by FEBS Press and John Wiley & Sons Ltd. Nephronectin (Npnt), an extracellular matrix protein, is a ligand for integrin α8β1 and is involved in the development of various organs, such as the kidneys, bones, liver, a...
R. Masuda, T. Iijima, R. Kondo, Y. Itoda, M. Matsuhashi, S. Hashimoto, T. Kohira, N. Kobayashi, H. Okazaki
Vox Sanguinis      2018年1月   [査読有り]
島津 玲奈, 西村 晶子, 篠原 茜, 加藤 紫, 河内 亜希, 飯島 毅彦
日本歯科麻酔学会雑誌   46(1) 1-5   2018年1月
スガマデクスはγ-シクロデキストリンの異性体で、ロクロニウム臭化物による筋弛緩からのすみやかな回復が得られることから頻用されている薬剤であるが、アナフィラキシーなどの過敏反応の報告も多い。今回、スガマデクス投与後に薬物アレルギーを認めた3例を、昭和大学歯科病院における最近1年間のスガマデクス投与症例および近年の症例報告と比較して報告する。3例とも抜管前にスガマデクス(2.0〜3.6mg/kg)を投与し投与後4分以内にアレルギー反応が生じた。重症例では収縮期血圧60mmHg以下の低血圧と顔面...
Yuka Iezumi, Atsushi Yamada, Erika Minami, Mikiko Ikehata, Mikiko Ikehata, Yuko Yoshida, Yuko Yoshida, Tadashi Kato, Tadashi Kato, Naoko Morimura, Hiroaki Ogata, Akiko Sakashita, Takehiko Iijima, Daichi Chikazu, Ryutaro Kamijo
Biochemical and Biophysical Research Communications   493 773-775   2017年11月
© 2017 Elsevier Inc. Nephronectin (Npnt), an extracellular matrix protein, is considered to play critical roles in development of various tissues and their functions. In basic science experiments, we found that interleukin-1β (IL-1β), well known t...
Hanae Kataoka, Akira Ushiyama, Yoshihiro Akimoto, Sachie Matsubara, Hayato Kawakami, Takehiko Iijima
Anesthesia and Analgesia   125(3) 874-883   2017年9月   [査読有り]
Copyright © 2017 International Anesthesia Research Society. BACKGROUND: The endothelial surface layer (ESL) regulates vascular permeability to maintain fluid homeostasis. The glycocalyx (GCX), which has a complex and fragile ultrastructure, is an ...
Keishi Matsuda, Keishi Matsuda, Shiro Nakamura, Mutsumi Nonaka, Ayako Mochizuki, Kiyomi Nakayama, Takehiko Iijima, Atsuro Yokoyama, Makoto Funahashi, Tomio Inoue
Journal of Oral Biosciences   59 96-103   2017年5月
© 2017 Japanese Association for Oral Biology Objectives We previously reported that masseter motoneurons (MMNs) and digastric motoneurons (DMNs) in postnatal day (P) 1–5 rats receive convergent inputs from the lateral (l-) and medial (m-) supratri...
Rikuo Masuda, Mutsumi Nonaka, Akiko Nishimura, Kinuko Gotoh, Shuichirou Oka, Shuichirou Oka, Takehiko Iijima
PLoS ONE   12    2017年2月
© 2017 Masuda et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are ...

Misc

 
飯島 毅彦
ICUとCCU   42(1) 25-33   2018年1月
血管内皮表層を覆う微小な構造物であるグリコカリックス(GCX)は血管内環境の恒常性を保っているが、ひとたびこの構造物が障害を受けると血管内皮表層のレセプターが次々と活性化され、その作用を発揮する。そのなかで重要な役割である血管透過性の制御では、GCXは単に血管壁をシールしているだけではなく、血管外へは水の流れを起こし、血管内への水の流れを制限している。これは、これまで考えられてきたStarlingの法則を見直すきっかけとなった。これはすなわち、投与された晶質液は、いずれは血管外に出ていくと...
Intravital Observation of Primed and Activated Leukocytes in the Microcirculation of a TRALI (Transfusion-Related Acute Lung Injury) Mouse Model
Ochi Hideyuki, Ushiyama Akira, Iijima Takehiko
ANESTHESIA AND ANALGESIA   124 80   2017年5月   [査読有り]
Akiko Nishimura, Yuko Sugihara, Reina Kuwasako, Yuki Gomi, Takehiko Iijima
Journal of Japanese Dental Society of Anesthesiology   43 36-38   2015年1月
A 31-year-old man was admitted to the Showa University Dental Hospital for a mandibular fracture that had occurred 4 days earlier after a collision during a soccer game. A clinical examination revealed a painful swelling at the right mandible. Ext...
Yuki Gomi, Asuka Taguchi, Sahoko Matsunari, Taisuke Iwamoto, Yui Kawamoto, Satoshi Tachikawa, Rikuo Masuda, Kinuko Gotoh, Takehiko Iijima
Anesthesia Progress   64 102-103   2017年6月
© 2017 by the American Dental Society of Anesthesiology. Congenital bronchial atresia is a relatively rare malformation that causes a segmental obstruction of the bronchus during the fetal period. The peripheral lung distal from the obstructed bro...
飯島毅彦
臨床麻酔(真興交易)   42(2) 173‐180   2018年2月
金村茉紗子, 樋口慧, 岡安理司, 島津玲奈, 加藤紫, 竹本真理子, 飯島毅彦, 桑迫勇登
神奈川医学会雑誌   45(2) 245   2018年7月
Rieko Yamamoto, Asuka Taguchi, Kinuko Goto, Shuichiro Oka, Takehiko Iijima
Journal of Japanese Dental Society of Anesthesiology   42 305-306   2014年1月
Takehiko Iijima
Japanese Journal of Anesthesiology   62 1304-1312   2013年11月
Chronic kidney disease (CKD) often accompanies cardiovascular complications, causing postoperative morbidity and even mortality. Since fluid and electrolyte homeostasis is deregulated in CKD patients, fluid therapy itself may cause postoperative m...
Keiko Mimaru, Kinuko Gotoh, Kou Fujiwara, Anri Nakamura, Akiko Nishimura, Takehiko Iijima
Journal of Japanese Dental Society of Anesthesiology   41 199-200   2013年5月

書籍等出版物

 
リトルICUブック
飯島 毅彦 (担当:共訳, 範囲:晶質液と膠質液、貧血と赤血球輸血、血小板と血漿)
2018年5月   
麻酔科で使う薬の疑問
飯島 毅彦 (担当:分担執筆, 範囲:輸液製剤)
文光堂   2018年5月   
最新口腔外科学
飯島 毅彦 (担当:分担執筆, 範囲:精神鎮静法、全身麻酔法)
医歯薬出版株式会社   2017年9月   
周術期の呼吸管理
飯島 毅彦 (担当:分担執筆, 範囲:歯科鎮静、頭頚部腫瘍)
羊土社   2017年3月   
飯島 毅彦
克誠堂出版   2017年   ISBN:9784771904903
吉田 和市, 飯島 毅彦, 今村 佳樹, 大井 良之, 大野 由夏
学建書院   2016年   ISBN:9784762416798
Urman Richard D., Kaye Alan D., 飯島 毅彦, 上農 喜朗
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2014年   ISBN:9784895927772
麻酔科研修ノート
飯島 毅彦 (担当:分担執筆, 範囲:細胞外液輸液剤と投与量、アルブミン製剤)
診断と治療社   2013年2月   
歯科麻酔学
飯島 毅彦 (担当:分担執筆, 範囲:モニタリング)
医歯薬出版   2011年8月   
飯島 毅彦
克誠堂出版   2008年   ISBN:9784771903425
横山 武志, 飯島 毅彦, 諏訪 邦夫, 山下 幸一 (担当:共著)
ベクトル・コア   2014年4月   ISBN:9784906714131
周術期輸液の最前線
飯島 毅彦 (担当:分担執筆, 範囲:指示薬希釈法による循環血液量測定)
真興交易   2004年7月   
9.テント上手術 10.てんかん手術および定位手術の麻酔
脳神経外科と麻酔ハンドブック 医学書院MYW   1997年   
心身障害者の歯科治療における全身麻酔
発達障害医学の進歩   1999年   
心臓血管麻酔におけるDDGの役割 心臓血管麻酔の進歩
真興交易   2005年   
麻酔のHow to 診断編
克誠堂出版   2001年   

講演・口頭発表等

 
血管内皮グリコカリックスー研究の現状と今後の展望
飯島 毅彦
日本臨床麻酔学会第38回大会   2018年11月2日   
血管透過性亢進とグリコカリックス [招待有り]
飯島 毅彦
第29回日本急性血液浄化学会   2018年10月20日   
五島衣子, 二川美弥, 飯島毅彦
障害者歯科   2018年9月30日   
福井 梨恵, 鈴木 大, 上條 竜太郎, 飯島 毅彦
Journal of Oral Biosciences Supplement   2018年9月   
飯島 毅彦
Cardiovascular Anesthesia   2018年9月16日   
これから求められる周術期の輸液療法
飯島 毅彦
2018年7月7日   
侵襲に対する体液管理―glycocalyx等の最近の考え方
飯島 毅彦
日本集中治療学会リフレッシャーコース   2018年2月20日   
西村晶子, 篠原茜, 河内亜希, 北村安里, 二川美弥, 飯島毅彦
日本麻酔科学会学術集会(Web)   2018年   
酸素マスクと一体になったメインストリーム方式フロースルーカプノメータの二酸化炭素分圧の臨床的有用性
堀江 恵, 上嶋 浩順, 飯島 毅彦, 大嶽 浩司
日本臨床麻酔学会誌   2017年10月   
急性リンパ性白血病の寛解期に全身麻酔下でう蝕治療を行った1例
松島 瞳, 杉山 智美, 大川 真純, 新田 雅一, 浅川 剛吉, 飯島 毅彦, 島田 幸恵
障害者歯科   2017年9月   
「出血量の3倍」からグリコカリックスまで
飯島 毅彦
急性輸液研究会   2017年8月5日   
全身麻酔後に舌の知覚障害・味覚障害を訴えた1症例
島津 玲奈, 松成 紗帆子, 岡安 理司, 竹本 真理子, 樋口 慧, 小幡 輝之, 桑迫 勇登, 飯島 毅彦
神奈川医学会雑誌   2017年7月   
Glycocalyxの基礎と臨床
飯島 毅彦
日本集中治療学会   2017年3月11日   
Non-cardiac surgeryの術前評価と周術期管理
飯島 毅彦
第64回日本心臓病学会学術集会   2016年9月   
周術期の輸血 適応と合併症
飯島 毅彦
日本麻酔科学会第63回学術集会   2016年5月   
TACO/TRALIの診断基準とリスク因子 容量負荷と循環系の反応
飯島 毅彦
第63回日本輸血・細胞治療学会総会   2015年5月   
立川 哲史, 中山 希世美, 望月 文子, 中村 史朗, 清本 聖文, 飯島 毅彦, 井上 富雄
日本顎口腔機能学会雑誌   2015年   
飯島 毅彦
蘇生: 日本蘇生学会雑誌   2015年   
PDFファイルをご覧ください。
田中 健介, 飯島 毅彦, 北原 友輔, 光田 将憲, 金子 伸一, 厳 康秀
杏林医学会雑誌   2003年   

担当経験のある科目

 
 
  • 歯科麻酔科学 (昭和大学歯学部、九州大学歯学部、岡山大学歯学部、徳島大学歯学部)
  • 麻酔科学 (杏林大学医学部、昭和大学医学部)

Works

 
輸血関連急性肺障害に対する対策
2006年 - 2008年
新鮮凍結血漿の適正使用に関する調査
2005年
循環血液量標準値調査
2002年
マレ-シア、サラワク州救急医療援助プロジェクト
1994年

競争的資金等の研究課題

 
血管内皮層を覆うグリコカリックスの機能分析と周術期管理への応用
基盤研究(C): 
研究期間: 2016年       代表者: 飯島 毅彦 昭和大学, 歯学部, 教授 (10193129)
生体内で微小循環系は重要な役割を果たしている。その中で、肺の微小循環はわずかな状態変化によりガス交換機能が破綻するなど生命維持に大いに関わっており、麻酔科領域にとっても重要な研究対象である。これまで肺微小循環観察は種々な手法が報告されているが、確立された方法はない。本研究では先行研究を改良し、より詳細な生体内で肺微小循環を観察する方法の開発を試みた。
BALB/c系統マウス(12週齢)を用いて、術中は吸入麻酔(sevoflurane、酒石酸ブトルファノール、キシラジン)で維持した。そして、...
輸血療法における重篤な副作用であるTRALI・TACOに対する早期診断・治療のためのガイドライン策定に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 田崎哲典
脳組織の恒常性に対する麻酔薬の障害作用に関する細胞生物学的研究
基盤研究(C): 
研究期間: 2013年       代表者: 飯島 毅彦 昭和大学, 歯学部, 教授 (10193129)
麻酔薬は発達期の脳においては発育に影響を与えると考えられている。本研究当初は麻酔薬自身の脳組織に対する影響を検討するものであったが、炎症にともなう血管透過性の亢進もその障害作用のメカニズムに重要な影響を与えることがわかってきた。そのため、本研究では血管透過性の亢進のメカニズムを内皮細胞表面にあるグリコカリックス層を中心に形態学的及び機能的に検討することとした。その結果、生体内でのグリコカリックス層の描出に成功し、さらにLPS(Lipopolysaccharide)によりこれらの構造物が崩壊...
航空安全教育を用いる全身管理トレーニングシステムの開発
挑戦的萌芽研究: 
研究期間: 2012年       代表者: 吉川 文広 東京医科歯科大学, 歯学部附属病院, 助教 (50313234)
本研究は,航空業界で安全で効率的な運航を達成するために教育されているCrew Resource Management (CRM)に着想し,医療の安全性を向上させ,患者と社会に貢献することを目的に,CRMを歯科医療に応用する可能性を検討した.その結果,CRMは歯科医療に応用することが可能であり,歯科医療の安全性を向上させる手段の一つになりえることを明らかにした.その後,CRMを参考に歯科医療のリスクマネージメントを教育するシステムを試作し,ワークショップを実施したところ,すべての調査項目で中...
輸血副作用把握体制の確立ー特に免疫学的副作用の実態把握とその対応
厚生労働科学研究費補助金: 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 高本 滋
輸血関連急性肺障害
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2010年
ミトコンドリアによる細胞死調節機構を応用した脳保護法の開発
基盤研究(C): 
研究期間: 2010年       代表者: 飯島 毅彦 昭和大学, 歯学部, 教授 (10193129)
脳障害にはapoptosisが関連している。apoptosisはその関連タンパクが徐々に切断されるが、このカスケードの発生をとらえることが脳障害の発生機序を解明するために重要なツールとなる。初代神経培養細胞においてapotosisの発生をとらえるためにFRET(蛍光共鳴エネルギー移動)を応用し、apotosis関連タンパクの切断の画像化を試みた。その結果、初代培養細胞においてFRETの変化をとらえることに成功し、その定量的な解析方法を考案した。
ミトコンドリアによる細胞内カルシウム緩衝作用と脳保護
基盤研究(C): 
研究期間: 2007年       代表者: 飯島 毅彦 杏林大学, 医学部, 准教授 (10193129)
本研究では神経細胞において虚血耐性はいかに獲得されるかをミトコンドリアにおけるカルシウム緩衝能に注目して検討してきた。その結果、虚血耐性を獲得した神経細胞では、ミトコンドリアによるカルシウム緩衝能力が亢進していることが確認された。ミトコンドリアはfusion(融合)とfussion(分裂)を起こしながら、細胞死を調節していることが近年注目されており、次にミトコンドリアの形態学に注目し、超微構造の特徴を検討した。その結果、虚血耐性を示すものではミトコンドリアの内容物が増加し、管状のものが円形...
手動および自動行動解析システムを用いた、神経因性疼痛ラットの行動観察
若手研究(B): 
研究期間: 2007年       代表者: 森山 久美 杏林大学, 医学部, 助教 (80306802)
ラット坐骨神経結紮モデルを用い、神経因性疼痛下における疼痛関連行動を観察した。疼痛関連行動の手動解析では、活動性の低下や起立後の後肢保護行動という、疼痛関連行動の新たな指標を見出した。続いて自動解析装置を用いて疼痛関連の行動解析を試みたが、環境設定に難渋し、正確な解析はできなかった。
医療機関における血液製剤の適正使用の推進に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 清水 勝