澤井 淳

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 18:35
 
アバター
研究者氏名
澤井 淳
 
サワイ ジュン
URL
http://www.kanagawa-it.ac.jp
所属
神奈川工科大学
部署
応用バイオ科学部 神奈川工科大学応用バイオ科学部
職名
教授
学位
博士(工学)(東京農工大学), 修士(工学)(東京農工大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京農工大学 工学研究科 工学
 
 
 - 
1991年
東京農工大学 工学部 化学工学
 

受賞

 
1999年
第11回日本MRS学術シンポジウム奨励賞
 
2005年
第12回環境化学論文賞
 
2008年
平成19年度日本防菌防黴学会研究奨励賞
 

Misc

 
Sawai, J, Nakai, T. and Shimizu, M.
Food Science and Technology International   15(1) 89-95   2009年
Sawai, J., Matsumoto, K., Saito, T., Isomura
International Biodeterioration & Biodegradation   63(2) 196-200   2009年
金属酸化物の抗菌活性とその応用に関する研究
澤井淳
防菌防黴   37(7) 501-509   2009年
Yamamoto, O., T. Ohira, Didda Jagan Mohan, M. Fukuda, B. Özkal, J. Sawai and Z. Nakagawa
炭素TANSO   (232) 77-81   2008年
Takahashi, T., M. Imai, I. Suzuki and J. Sawai
Biochemical Engineering Journal   40(3) 485-491   2008年
天然無機系抗菌剤の現状と課題
澤井淳
防菌防黴   36(11) 757-764   2008年
焼成カルシウムの抗菌活性と食品への利用
澤井淳
食品加工技術   28(3) 14-19   2008年
Sawai, J., O. Yamamoto, B. Özkal and Z. Nakagawa
Biocontrol Science   12(1) 15-20   2007年
酸化カルシウムを主成分とする焼成ホタテ貝殻粉末の細菌芽胞に対する抗菌特性
澤井淳
New Food Industry   49(2) 41-48   2007年
Sawai, J., H. Isomura, T. Honma, H. Kenmochi
Biocontrol Science   11(2) 85-90   2006年
ドロマイトから得られた酸化物の微生物制御への利用
澤井淳
無機マテリアル学会誌   13 261-267   2006年
Sawai, J., N. Ito, T. Minami and M. Kikuchi: Separation of low volatile organic compounds, phenol and aniline derivatives, from aqueous solution using silicone rubber membrane
Journal of Membrane Science   252 (1-2), 1-7    2005年
Sawai, J., K. Himizu and O. Yamamoto: Kinetics of bacterial death by heated dolomite powder slurry
Soil Biology and Biochemistry   37 (8), 1484-1489    2005年
Yamamoto, O., M. Komatsu, J. Sawai and Z. Nakagawa: Effect of lattice constant of zinc oxide on antibacterial characteristics
Journal of Material Science: Materials in Medicine   15(8) 847-851   2004年
Sawai, J., T. Nakai, A. Hashimoto and M. Shimizu: A comparison of the hydrolysis of sweet potato starch with β-amylase and infrared radiation allows prediction of reducing sugar production
International Journal of Food Science & Technology,   39, 967-974    2004年
澤井 淳, 五十嵐 英夫, 菊地 幹夫
日本食品微生物学雑誌   20(1) 1-7   2003年
Letters in Applied Microbiology   37(1) 40   2003年
Sawai, J., H. Miyoshi and H. Kojima: Sporicidal kinetics of Bacillus subtilis spores by heated scallop shell powder.
Journal of Food Protection   66(8) 1482-1485   2003年
SAWAI J, SAGARA K, HASHIMOTO A, IGARASHI H, SHIMIZU M
International Jouenal of Food Science and Technology   38(6) 661-667   2003年
無機系抗菌剤の抗菌活性評価と天然無機物の微生物制御への応用
Foods & Food Ingredients Journal of Japan(食品・食品添加物研究誌)   203,47-58    2002年
抗菌素材の開発とその応用
平成13年度科学研究費基盤(C)(1)「食品加工における洗浄と殺菌の科学と工学」   122-131    2002年
Material transactions   43(5),1069-1072    2002年
Journal of Material Science:Materials in Medicine   13,789-792    2002年
Journal of Industrial Microbiology   29(5),296-298    2002年
微生物制御における無機系抗菌剤
Materials Integration   14(2) 29-34   2001年
日本セラミックス協会学術雑誌   108 156-160   2000年
遠赤外線の殺菌効果に関する調査研究
「平成11年度 遠赤外線の電磁波としての高次機能の利用等に関する調査研究報告書」   43-79   2000年
遠赤外線による殺菌とその応用
遠赤外線協会会報(JIRA Report)   11(6) 1-8   2000年
「遠赤外線の生体への作用効果に関する調査研究」
平成10年度 遠赤外線の将来的主要分野に関する調査研究/by社団法人日本機械工業連合会   49   1999年
遠赤外線の殺菌特性
食品工業   42 25-31   1999年
遠赤外線の生体への作用効果に関する調査研究
「平成10年度 遠赤外線の将来的主用利用分野に関する調査研究報告書」   49-78   1999年
小島 博光, 澤井 淳, 竹田 勝之, 篠崎 和信
化学工学論文集   24(1) 149-151   1998年
遠赤外線・セラミックスによる殺菌の微生制御における期待
化学装置   40((3)) 65-69   1998年
加熱処理された酸化亜鉛粉末特性の影響
日本化学会誌   1998(9) 633   1998年   [査読有り]
日本セラミックス協会学術雑誌   106(10) 1007   1998年
抗菌活性に及ぼすZnO粉末とMgO粉末の混合比の影響
材料科学   35(5) 258   1998年
酸化亜鉛粉末スラリーによる大腸菌の損傷
化学工学シンポジウムシリーズ:食品工学5   36-40   1997年
遠赤外線照射およびセラミックスによる殺菌
遠赤外線協会会報   8(1) 3-8   1997年
無機系抗菌剤
無機マテリアル   4(4) 156-162   1997年
微生物制御におけるセラミックスの利用〜遠赤外線照射殺菌とセラミックスによる殺菌
39(4) 10-16   1997年
遠赤外線殺菌システムの現状
'97殺菌技術フォーラム論文集   37-51   1997年
澤井淳, 相楽好治, 橋本篤, 五十嵐英夫, 清水賢
日本細菌学会雑誌   51(2) 589-599   1996年
遠赤外線照射による殺菌
食品工業   39(10) 39-44   1996年
日本食品微生物学雑誌   12(2) 79-85   1995年
遠赤外線照射により生じた損傷細菌の評価
化学工学シンポジウムシリ-ズ,食品工学4   28-35    1995年
セラミックス粉末による細菌の増殖抑制
食品工業   38(4) 50-54   1995年
セラミックス粉末の抗菌性(細菌増殖抑制効果)と食品加工におけるこれからの展開
ジャパンフ-ドサイエンス   34(4) 69-72   1995年
セラミックスの生物化学的機能としての細菌増殖抑制効果
17(5) 402-405   1994年
粉粒体の赤外線乾燥
ケミカルエンジニアリング   39(7) 52-56   1994年
遠赤外線による殺菌効果とその特性
「平成11年度 食に関する助成研究調査報告書」財団法人すかいらーくフードサイエンス研究所   

書籍等出版物

 
セラミックスの細菌増殖抑制作用 「遠赤外線セラミックスの高度利用」
アイピ-シ-   1996年   
赤外線加熱殺菌システム
熱殺菌のテクノロジー サイエンスフォーラム   1997年   
Sawai, J. Applications of heat-treated scallop shell powder in controlling microbes.
RESEARCH ADVANCES IN FOOD SCIENCE(R.M. Mohan ed.)   2005年   
焼成カルシウムによるフレッシュ殺菌. 「フレッシュ食品の高品質殺菌技術」
サイエンスフォーラム   2008年   ISBN:ISBN978-4-916164-93-
貝殻焼成カルシウムによるカット野菜の殺菌.「カット野菜品質・衛生管理ハンドブック」
サイエンスフォーラム   2009年   

Works

 
抗菌剤(無機系)の開発
2000年 - 2001年
常圧における湿り空気を利用した除菌装置
1999年

競争的資金等の研究課題

 
遠赤外線照射殺菌に関する研究
研究期間: 1990年 - 2001年
抗菌性セラミックスに関する研究
研究期間: 1991年   
電気伝導度測定による微生物の評価
研究期間: 1998年   
微生物による環境汚染物質の生分解
研究期間: 2002年   
非多孔質膜を用いた環境汚染物質および有用物質の膜分離法の開発
官民連帯共同研究
研究期間: 2002年