原田 早苗

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/14 03:08
 
アバター
研究者氏名
原田 早苗
 
ハラダ サナエ
所属
上智大学
部署
外国語学部フランス語学科
職名
教授
学位
文学士(上智大学), 文学修士(上智大学), D.E.A(博士論文提出資格)(パリ第Ⅲ大学), 博士(言語文化教育)(パリ第Ⅲ大学)
科研費研究者番号
30286752

研究分野

 
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1993年3月
上智大学 外国語学研究科 言語学専攻
 

論文

 
「フランス語学習者の語用論的知識:「断り」行為をめぐって」
『複言語・多言語教育研究』   5 53-68   2017年
La pragmatique dans les manuels de FLE japonais : entre neutralité et stéréotypes
Sanae HARADA
Le français dans le monde. Recherches et applications   (54) 170-179   2013年7月   [査読有り]
ヨーロッパ共通参照枠(CEFR)からみた上智大学外国語学部学生の複言語能力自己評価
渡部良典、木村護郎クリストフ、原田早苗、西村君代、市之瀬敦、安達裕子、Lisa Fairbrotherとの共著
上智大学外国語学部紀要   (47) 211-234   2013年2月
La transmission du savoir pragmatique dans l'enseignement du français langue étrangère en contexte japonais
HARADA SANAE
Thèse de doctorat, Université Sorbonne Nouvelle-Paris 3      2012年3月
Pour une discussion métapragmatique en classe de FLE
HARADA SANAE
Revue japonaise de didactique du français   2(1) 53-70   2007年

Misc

 
「フランス語学科における「基礎フランス語I,II」の評価方法について」
『上智版 多言語運用能力測定法、共通指標、および評価基準の開発』(2011年度教育イノベーション・プログラム報告書)   15-18   2012年3月
「フランス語によるコミュニケーション -学習のプロセスを考える-」
『新・地域研究のすすめ』   30-39   2004年
「受講者に応じたヒントや教材を提示する個別学習教材の開発」
『日本教育工学会研究報告集』   109-114   2001年
誤用訂正におけるヒントの出し方
原田早苗
Etudes Didactiques du FLE au Japon   (9) 30-38   2000年

書籍等出版物

 
『コミュニカティブな英語教育を考える – 日本の教育現場に役立つ理論と実践』、「コミュニケーション・ストラテジー」(担当章)
原田 早苗
アルク選書   2014年   ISBN:4757424426
『上智大学CALL教材開発プロジェクト 1997:2004 : 学習環境構築とコンテンツ設計』「『フランス研究I』マルチメディア教材の研究 ―文化・社会情報の資料データベースFrancosympa ―」
原田 早苗
創英社 : 三省堂書店   2004年3月   ISBN:4881422472
『謎が解けるフランス語文法』
原田 早苗 (担当:共訳)
第三書房   2000年11月   ISBN:4808602016
『書く』(コレクションフランス語, 7)
原田 早苗 (担当:共著)
白水社   1996年6月   ISBN:4560002282

講演・口頭発表等

 
「教え始めた頃のこと、覚えてる? ―「フランス語科教科教育法」の授業から ―」
第22回フランス語教授法研究会   2008年12月7日   
「D’où vient la différence ? 学習を助ける要因と阻む要因を探る」
第21回フランス語教授法研究会   2007年11月4日   
「生きたフランス語と教育的なフランス語のはざまで」
第20回フランス語教授法研究会   2006年11月5日   
「CALL教材開発とフランス語学習支援の試み」
上智大学国際言語情報研究所創立25周年記念大会   2003年7月27日   
「フランス語初級文法教材Marché Opusの開発と試用」
2003年度日本フランス語教育学会春季大会   2003年5月30日