田沼 靖一

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/11 04:16
 
アバター
研究者氏名
田沼 靖一
 
タヌマ セイイチ
eメール
tanumars.noda.tus.ac.jp
URL
http://www.rs.tus.ac.jp/tanumalabhp/
所属
東京理科大学
学位
博士(薬学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1992年
東京工業大学生命理工学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
東京理科大学 薬学部 薬学
 
 
 - 
1980年
東京大学 薬学系研究科 生命薬学
 

委員歴

 
2015年6月
 - 
2018年6月
日本がん分子標的治療学会  評議員
 
2010年7月
 - 
2014年6月
一般社団法人薬学教育協議会  学会理事等
 
2010年7月
 - 
2012年6月
全国薬科大学長・薬学部長会議  学会理事等
 
2009年8月
 - 
2012年8月
日本アポトーシス学会  学会理事等
 
2009年6月
 - 
2015年6月
日本がん分子標的治療学会  評議員
 

受賞

 
1990年
日本生化学会奨励賞
 
1988年
日本薬学会佐藤記念国内賞
 

論文

 
Ohsaki A, Miyano Y, Tanaka R, Tanuma SI, Kojima S, Tsukimoto M.
BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN      2018年3月   [査読有り]
Ogino Y., Sato A., Uchiumi F., Tanuma S.
Oncotarget   9(23) 16451-16461   2018年3月   [査読有り]
El-Far A.H.A.M., Munesue S., Harashima A., Sato A., Shindo M., Nakajima S., Inada M., Tanaka M., Takeuchi A., Tsuchiya H., Yamamoto H., Shaheen H.M.E., EL-SAYED Y.S., Kawano S., Tanuma S., Yamamoto Y.
Oncology Letters   15 4627-4634   2018年1月   [査読有り]
Shimada N, Takasawa R, Tanuma S.
ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS   638 1-7   2018年1月   [査読有り]
Yoshimori A, Tanuma S.
Regulation of Signal Transduction in Human Cell Research   199-218   2017年11月   [査読有り]

Misc

 
NAD+-ポリ(ADP-リボース)代謝を標的とした新規制がん戦略
田沼 靖一
医薬品相互作用研究   42(3) 9-22   2018年8月
システム創薬の展開
田沼靖一
国際医薬品情報   813 25-29   2006年3月
ゲノム創薬が動き出す −ゲノム創薬研究センターの展開−
田沼靖一
科学フォーラム   (2月号) 28-30   2006年2月
新しいIn silico創薬方法論
田沼靖一
国際医薬品情報   815 18-23   2006年

書籍等出版物

 
Chapter 5, A new insight into the development of novel anti-cancer drugs that improve the expression of mitochondrial function-associated genes, in "Mitochondrial Diseases" (Eds. Eylem Taskin, Celal Guven, and Yusuf Sevgiler)
Fumiaki Uchiumi, Jun Arakawa, Yutaka Takihara, Motohiro Akui, Hiroshi Hamada, Sei-ichi Tanuma (担当:共著)
IntechOPEN Limited (London)   2018年8月   ISBN:978-1-78923-675-0
Short Communication “Nicotinamide adenine dinucleotide (NAD+) and cell aging” in New Research on Cell Aging and Death
Yutaka Takihara, Daisuke Sudo, Jun Arakawa, Mayu Takahashi, Akira Sato, Sei-ichi Tanuma, Fumiaki Uchiumi (担当:共著)
Nova Science Publishers, Inc., Hauppauge, NY   2018年4月   ISBN:978-1-53613-627-2
 Chapter 1 “Possible roles of a duplicated GGAA motif as a driver cis-element for cancer-associated genes” in “Understand Cancer - Research and Treatment”
Fumiaki Uchiumi,Steven D.Larsen,Sei-ichi Tanuma (担当:共著)
iConcept Press Ltd., Hong Kong   2016年3月   
Chapter 5 “Transcriptional regulation of the human genes that encode DNA repair- and mitochondrial function-associated proteins” in "Advances in DNA Repair"
Fumiaki Uchiumi, Steven Larsen, Sei-ichi Tanuma (担当:共著)
 InTech-Open Access Publisher   2015年11月   
ニュートン別冊 ゲノム進化論 分子レベルでせまる進化のメカニズム
犬塚則久、岡田典弘、小原嘉明、河田雅圭、河村正二、倉本 圭、五條堀 孝、小寺春人、斎藤成也、杉本直己、高畑尚之、田中源吾、田沼靖一、中込弥男、中山潤一、馬場悠男、馬渡駿介、三浦恭子、宮田隆、Neil Shubin,Richard Dawkins (担当:共著)
株式会社 ニュートンプレス   2015年7月   

講演・口頭発表等

 
in silico 創薬手法とドラッグリポジショニングを用いた、HMGB1/RAGE相互作用を標的とする神経膠芽腫の新規制がん戦略
稲田 愛, 佐藤 聡, 新藤 実香, 市村 幸一, 内海 文彰, 田沼 靖一.
第7 7回日本癌学会学術総会   2018年9月27日   
ネクローシスとアポトーシスのがん細胞死切替え機構
佐藤 聡, 田沼 靖一.
第7 7回日本癌学会学術総会   2018年9月27日   
In silico創薬手法を用いたHMGB1が誘導する炎症反応阻害剤の創製と作用メカニズムの解明
玉田 賢弥, 中島 慎吾, 吉森 篤史, 佐藤 聡, 高澤 涼子, 田沼 靖一.
第91回日本生化学会大会   2018年9月24日   
合成環状過酸化物を用いた新規抗がん戦略
三谷 英傑, 稲田 愛, 綿矢 有佑, 金 惠淑, 田沼 靖一, 佐藤 聡.
第62回日本薬学会関東支部大会   2018年9月15日   
抗神経老化作用を有する植物由来成分の有用性
多賀井 希望, 田中 絢子, 佐藤 聡, 内海 文彰, 田沼 靖一.
第62回日本薬学会関東支部大会   2018年9月15日   

競争的資金等の研究課題

 
アポトーシスの制御機構とゲノム創薬
科学研究費補助金
アポトーシスは生命の根幹にかかわる細胞の基本機能である。その異常によってがん・アルツハイマー病などの重篤な疾患が発症することが明らかになっている。そのような疾患に対して、アポトーシスの制御異常の面から病態を解析し新しい治療薬の開発をコンピュータシミュレーション技術を活用したin cilico ゲノム創薬の手法により開発することを目指している。