浜田 典昭

J-GLOBALへ         更新日: 12/07/28 02:46
 
アバター
研究者氏名
浜田 典昭
 
ハマダ ノリアキ
所属
東京理科大学
学位
理学博士(大阪大学), 理学博士(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1979年
 - 
1985年
 東京大学物性研究所 助手
 
1985年
 - 
1994年
 日本電気(株)基礎研究所 研究員
 
1994年
 - 
1996年
 アトムテクノロジー研究体 グループリーダ
 
1996年
 - 
現在
 東京理科大学理工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
大阪大学 理学研究科 物理学
 
 
 - 
1973年
静岡大学 理学部 物理学科
 

Misc

 
K. Ueda, K. Takafuji, H. Yanagi, T. Kamiya, H. Hosono, H. Hiramatsu, M. Hirano, Noriaki Hamada
JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   102(11) 113714   2007年
N. Hamada, T. Imai, and H. Funashima
JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER   19(36) 365221-1-365221-6   2007年
K. Kato, Y. Moritomo, M. Takata, H. Tanaka, N. Hamada
PHYSICAL REVIEW B   77(8) 081101   2008年
D. D. Shivagan, P. M. Shirage, A. Crisan, Y. Tanaka, A. Iyo, Y. Kodama, K. Tokiwa, T. Watanabe, N. Terada, N. Hamada
SUPERCONDUCTOR SCIENCE & TECHNOLOGY   21(9) 095002   2008年
M. Akasaka, T. Iida, A. Matsumoto, K. Yamanaka, Y. Takanashi, T. Imai, and N. Hamada
JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   104(1) 013703   2008年

書籍等出版物

 
Electronic Band Structures of LaMO3 (M=Ti, V, Cr,---, Ni, Cu) in the Local Spin-Density Approximation(共著)
Spectroscopy of Mott Insulators and Correlated Metals (Springer-Verlag Berlin Heidelberg)   1995年   
計算機マテリアルデザイン入門
大阪大学出版会   2005年   
酸化物エレクトロニクス
培風館   2001年   

講演・口頭発表等

 
光電子分光法によるCuCr1-xMgxO2の電子構造
日本物理学会2011年秋季大会   2011年   
光電子分光法による二重ペロブスカイト型Co酸化物の電子構造
日本物理学会2011年秋季大会   2011年   
Preparation of Y-doped SrTiO3 by modified Pechini’s method
7th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology   2007年   
Design and evaluation of n-type Si1-xGex for thermoelectric-conversion material
Materials Research Society 2007 Fall Meeting   2007年   
Preparation and properties of Srn+1TinO3+1 Ruddlesden-popper homologous series by metal-citric acid complex decomposition method
Materials Research Society 2007 Fall Meeting   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
バンド計算法の開発とその応用
科学研究費補助金
電子のバンド計算の方法を開発する。それを用いて新しい機能性物質を発見する。