熊 達雲

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 17:00
 
アバター
研究者氏名
熊 達雲
 
ユウ タツウン
所属
山梨学院大学
部署
法学部 法学科
職名
教授
学位
修士(法学)(中国社会科学院研究生院(大学院)), 博士(政治学)(早稲田大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
 - 
1985年
中国天津社会科学院日本研究所 助理研究員(講師)
 
1988年
 - 
1990年
中国国家人事部行政管理科学研究所 助理研究員(講師)
 
1990年
 - 
1992年
東京大学文学部 外国人研究員
 
2004年
   
 
~  中国南昌大学客座教授
 
2005年
   
 
~  中国西安交通大学客座教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
上海外国語大学 日本文化学部 日本文学
 

委員歴

 
1995年
 - 
1996年
中国社会科学研究会  常務幹事
 
2005年
 - 
2008年
日本華人教授会議  理事
 

受賞

 
1994年
天津社会科学研究賞
 

論文

 
松岡義正と北京京師法律学堂における民事法の教育について
熊 達雲
法学論集   (72-73) 129-263   2014年2月
清末中国における日本人法律教員及び法律顧問招聘の経緯についてー-京師法律学堂と修訂法律による館招聘を中心に--
熊 達雲
研究年報・社会科学研究   (33) 69-106   2013年2月
日本社区(自治会)的組織構造、功能以及与地方政府的関係
熊 達雲
日本学   17 193-206   2012年6月   [査読有り]
対華21か条要求の交渉における有賀長雄について
熊 達雲
研究年報・社会科学研究   (29) 17-70   2009年2月

Misc

 
近代中国における文官制度導入への模索と日本
歴史学研究   649(93-9) 19   1993年
中国の新国家公務員制度について
行政管理研究   (65) 64   1994年
清末における中国統治者内部の日本憲政模倣主張の議論について
早稲田政治公法研究   (44)    1993年
清末における中国官民の日本視察と中国近代化に与えた影響と役割
法学論集   (33) 35   1995年
中国における物権法の研究と論争について
『上海国際シンポジウム報告論文集』      2001年

書籍等出版物

 
現代中国政治概論--そのダイナミズムと内包する課題--
熊 達雲 (担当:共編者, 範囲:第1章、第8章)
明石書店   2015年3月   
法制度からみる現代中国の統治機構--その支配の実態と課題
熊 達雲
明石書店   2014年6月   
東アジアの公務員制度
熊 達雲 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 中国における幹部職公務員の腐敗と対策について)
生活社   2013年3月   
アジアのなかの官僚制--歴史と現在--
熊 達雲 (担当:分担執筆, 範囲:現代中国の公務員制度)
勉誠出版   2011年4月   
日露戦争を世界はどう報じたか
熊 達雲 (担当:分担執筆, 範囲:中国のメデアから見た日露戦争)
芙蓉書房   2010年5月   

講演・口頭発表等

 
日本労働争議の解決メカニズムと労働審判手続きについて
北京大学国際シンポジウム   2007年   
張学良の口述歴史から見た日中関係の変遷――日露戦争から柳条湖事件まで――
同盟会100周年記念シンポジウム   2005年   
改革開放30年と中日関係~日本の対中ODAを例にして
改革開放与社会進歩   2009年   
日本刑事審判制度の重大改革~~裁判員制度の導入について~~
全球化時代東亜的制度変革国際学術研討会(中国南開大学)   2009年   
清末中国物権法的編纂と日本法律顧問松岡義正
晩清中国社会変革与日本国際学術研討会(中国清華大学)   2010年   

Works

 
中国郷鎮企業に関する研究
1998年
貧困大学生援助政策の実態及び支援体制構築にかかる提案型調査
2007年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
中国郷鎮企業に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 1998年 - 1999年
近代中国における民法典の編纂と日本
研究期間: 2001年 - 2005年
中国の物権法について
研究期間: 2001年 - 2005年
張学良と1930年代の中日関係
研究期間: 2003年 - 2005年
近代中国における民法典の編纂と日本