松川 真美

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/14 20:24
 
アバター
研究者氏名
松川 真美
 
マツカワ マミ
URL
https://use.doshisha.ac.jp/
所属
同志社大学
部署
理工学部電気工学科
職名
博士後期課程教授
学位
博士(工学)(同志社大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1993年
通商産業省工業技術院大阪工業技術試験所研究員
 
1993年
 - 
1995年
通商産業省工業技術院大阪工業技術研究所研究員(名称変更)
 
1995年
 - 
1996年
 同上 主任研究官
 
1996年
 - 
2000年
同志社大学工学部専任講師
 
2000年
 - 
2006年
 同上 助教授
 
2002年2月
 - 
2002年4月
日本学術振興会特定国派遣研究者(短期・イギリス オックスフォード大学)
 
2002年
 - 
2006年
 同上 大学院工学研究科助教授
 
2006年
 - 
2008年
同志社大学工学部教授
 
2008年
 - 
2012年
 同上 生命医科学部教授
 
2012年3月
 - 
2012年3月
グランゼコール Ecole Centrale de Lille (フランス) 客員教授
 
2012年
 - 
現在
同志社大学理工学部教授(理工学研究科教授)
 
2015年
 - 
2018年
日本学術振興会学術システム研究センター研究員
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1986年3月
同志社大学 工学部 電子工学科
 
1986年4月
 - 
1988年3月
同志社大学大学院 工学研究科 電気電子工学専攻
 

委員歴

 
2005年
 - 
現在
日本音響学会  評議員
 
2007年
 - 
2009年
日本音響学会  理事
 
2013年
 - 
2014年
IEEE Ultrasonics, Ferroelectronics, Frequency control society, Japan Chapter  Vice Chair
 
2014年
 - 
2015年
電子情報通信学会超音波専門委員会  委員長
 
2016年
 - 
2017年
超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  論文委員長
 
2017年
 - 
現在
International Bone Ultrasound Society  Board member
 
2018年
 - 
現在
超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  実行委員長
 
2018年
 - 
現在
IEEE 関西Chapter WIE  Vice Chair
 

受賞

 
1993年
粟屋潔学術奨励賞(日本音響学会)
 

論文

 
Mami Kawase, Hirokazu Yasui, Yoshiaki Shibagaki, Masahiko Kawabe, Mami Matsukawa
J. Acoust. Soc. Am., Express Letters   144(6) EL492-EL496   2018年12月   [査読有り]
Hayato Ichihashi, Hiromichi Hayashi, Shinji Takayanagi, Mami Matsukawa, Yoshiaki Watanabe
AIP Advances   8(10) 105102   2018年10月   [査読有り]
© 2018 Author(s). Photoacoustic microscopy (PAM) has attracted increasing attention for non-invasive functional imaging in biomedicine and biomedical studies. The surface plasmon resonance (SPR) sensor is a potential acoustical detector with high ...
Masahiko Kawabe, Shinji Takayanagi, Hayato Ichihashi, Masashi Suzuki, Takahiko Yanagitani, Mami Matsukawa
IEEE Transactions on Ultrasonics, Ferroelectrics, and Frequency Control   65(10) 1882-1887   2018年10月   [査読有り]
IEEE It is difficult to perform two-dimensional imaging of elastic properties using Brillouin scattering technique because the weak thermal phonon signal in the sample leads to low measurement accuracy and long measurement times. To improve the ph...
Kentaro Masuda, Daisuke Koyama, Mami Matsukawa
IEEE Transactions on Ultrasonics, Ferroelectrics, and Frequency Control   65(11) 2160-2166   2018年9月   [査読有り]
IEEE This paper investigates acoustic levitation and noncontact transportation techniques for use with planar objects. An acoustic levitation system was developed that consists of a 1-mm-thick and 400-mm-long bending plate along with two bolt-clam...
Shinya Shimada, Ryo Tsurusaki, Fumiaki Iwase, Mami Matsukawa, Pierre Yves Lagrée
Japanese Journal of Applied Physics   57(7) 07LC06   2018年7月   [査読有り]
© 2018 The Japan Society of Applied Physics A pulse wave measurement is effective for the early detection of arteriosclerosis. The pulse wave consists of incident and reflected waves. The reflected wave of the pulse wave measured at the left commo...

Misc

 
QUSによる骨質評価
松川真美
Clinical Calcium   27(8) 1113-1120   2017年8月   [依頼有り]
松川真美
Clinical Culcium   26(1) 57-64   2016年1月   [依頼有り]
The conventional ultrasonic bone densitometry system can give us information of bone as ultrasonic wave velocity and attenuation. However, the data reflect both structural and material properties of bone. In order to focus only on the bone matrix ...
超音波を用いた骨質の新しい評価法
松川 真美
The bone   24(3)    2010年

書籍等出版物

 
骨粗鬆症診断
松川 真美 (担当:分担執筆, 範囲:橈骨超音波)
医薬ジャーナル社   2018年10月   
Bone Quantitative Ultrasound
Springer   2011年1月   

講演・口頭発表等

 
Shohei Tokuda, Shinji Takayanagi, Mami Matsukawa, Takahiko Yanagitani
IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS   2017年10月31日   
© 2017 IEEE. Recently, it was shown that heavily doped AlN film possess the high piezoelectricity by Akiyama et al [1]. On the other hand, SAW devices were widely used as filters and sensors. Among them, SAW in ScAlN film is attracting a lot of at...
Yuta Takamura, Shinji Takayanagi, Mami Matsukawa, Chizu Ishida, Takahiko Yanagitani
IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS   2017年10月31日   
© 2017 IEEE. SH-SAW is suitable for liquid sensors to measure conductivity and viscosity because it can propagate without the energy leakage into liquid. We have fabricated a SH-SAW sensor consisting of a c-axis parallel (11-20) oriented ZnO film ...
Mami Kawase, Mami Matsukawa, Hiromichi Hayashi, Yoshiaki Shibagaki, Masahiko Kawabe
IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS   2017年10月31日   
© 2017 IEEE. Articular cartilage is composed of cartilage cells and extracellular matrix (mainly collagen type II and proteoglycan). When stress is applied, the cartilage releases water and the stress is distributed [1]. The extra-cellular matrix ...
Shohei Tokuda, Shinji Takayanagi, Mami Matsukawa, Takahiko Yanagitani
IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS   2017年10月31日   
© 2017 IEEE. ScAlN films are attractive for SAW devices with high electromechanical coupling coefficient K2. In previous study, we analyzed K2in c-axis-tilted Sc0.4Al0.6N film / diamond substrate. The K2of c-axis-tilted film was increased, compare...
Yuki Shimizu, Daisuke Koyama, Akira Emoto, Kentaro Nakamura, Mami Matsukawa
IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS   2017年10月31日   
© 2017 IEEE. Nematic liquid crystal is widely used in optical devices such as liquid crystal displays. The optical characteristics of liquid crystal devices (ex, birefringence) can be controlled by applying an electric field because the liquid cry...

担当経験のある科目

 
 

Works

 
医用超音波装置のための音響材料に関する研究
1997年 - 1999年
ブリユアン光散乱法による薄膜及びフィルムの非破壊・非接触評価法に関する研究
ブリユアン光散乱法による材料評価の研究
光散乱によるSiC薄膜の評価に関する研究
超音波による骨物性の研究
脳動脈閉塞を評価するための簡易脈波計測法の開発
十代の骨基準値作成のための基礎研究

競争的資金等の研究課題

 
MHz帯域における骨の圧電メカニズムの解明
村田学術振興財団: 研究助成
研究期間: 2018年7月 - 2019年6月    代表者: 松川 真美
脳動脈閉塞を非侵襲に評価する頚動脈波計測システムの開発
高橋産業経済研究財団: 研究助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 松川 真美
新超音波2波法・皮質骨骨強度測定法による若年からの骨強度診断システムの開発
近畿経済産業局: 戦略的基盤技術高度化支援事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 米田勇太郎
圧電センサを用いた非侵襲脳動脈硬さ評価技術の開発
JSPS: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 松川 真美
超音波二波法による中高生の骨評価手法の開発
鈴木謙三医科学研究財団: 研究助成
研究期間: 2015年12月 - 2016年11月    代表者: 松川 真美
コラーゲンに着目した超音波骨質評価法の開発
JSPS: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 松川 真美
無意識生体計測&検査によるヘルスケアシステムの開発
文部科学省: 地域イノベーション戦略支援プログラム
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 寺崎 肇
超音波照射により生じる骨中の圧電現象の計測と評価
JSPS: 基盤研究B
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 松川 真美
光散乱法を用いた非接触圧電特性評価システムの開発
JSPS: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 松川 真美
ハイパーソニック圧電顕微鏡の開発
JST: シーズ発掘試験
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 松川 真美
超音波スペクトロスコピーによる定量的骨質評価法の研究
JSPS: 基盤研究B
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 松川 真美
超音波法による定量的な骨質評価技術の開発
JSPS: 二国間交流事業(フランス)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 松川 真美
レーザ励起弾性波を用いた固体中クラックの非破壊分布測定法の開発
JST: シーズ発掘試験
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 松川 真美
Development of quantitative ultrasound techniques for in vivo assessment of osteoporotic fracture risk
JSPS: Japan-France Integrated Action program (SAKURA)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 松川 真美
高分解能ブリユアン光散乱法による薄膜の弾性分布測定法の開発
JSPS: 基盤研究B
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 松川 真美
ブリユアン光散乱法による薄膜及びフィルムの非破壊・非接触評価に関する研究
JSPS: 基盤研究C
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 松川 真美
超高周波超音波による接着薄層の非破壊評価に関する研究
JSPS: 奨励研究A
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 松川 真美

特許

 
特願2018-082391 : 動脈閉塞判定装置及び動脈閉塞判定装置として機能させるためのプログラム
松川 真美
特願2016-040347 : 超音波骨折治療装置および超音波骨折治療方法
松川 真美
特願2009-062792 : 血管壁硬軟度評価装置
松川 真美
特願12/784103 : Arteriosclerosis diagnostic device
Mami Matsukawa