TAKAHATA Yukio

J-GLOBAL         Last updated: May 2, 2018 at 04:18
 
Avatar
Name
TAKAHATA Yukio
E-mail
z96014kwansei.ac.jp
Affiliation
Kwansei Gakuin University
Section
School of Policy Studies Department of Policy Studies
Job title
Professor

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1996
 - 
Mar 1999
Associate Professor (as old post name), School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University
 
Apr 1999
 - 
Today
Professor, School of Policy Studies Department of Policy Studies, Kwansei Gakuin University
 

Education

 
Apr 1972
 - 
Mar 1976
Faculty of Science, Kyoto University
 
Apr 1976
 - 
Mar 1981
Graduate School, Division of Natural Science, Kyoto University
 

Published Papers

 
Yukio Takahata
Primates   21 303-325   Jul 1980   [Refereed]
 学位論文のうち、嵐山で餌付けされているニホンザルを対象に、繁殖生理学的特性について分析した。まず、きわめて厳密な繁殖季節性の存在を指摘した上で、メスの年齢や順位あるいは新生児の存在等と繁殖活動との関係を分析した。その結果、年齢や新生児の存在がメスの発情のタイミングや妊娠などに大きく影響することを明らかにした。一方、メスの順位は繁殖成功と必ずしも高い相関を示さなかった。
Yukio Takahata
Primates   23 1-23   Jan 1982   [Refereed]
 嵐山B群のニホンザル餌付け群では、相当な数の雌雄のペアが、母系的血縁関係ではないにもかかわらず、長期間にわたって特異的近接関係を維持していること、さらに特異的近接関係の多くは配偶関係がきっかけで形成されるが、数年後には交尾を回避し始めることが多いことを明らかにした。その結果、親和的関係の形成はその雄の繁殖成功の増加と必ずしも結びつかないことが示唆された。
The socio-sexual behavior of Japanese monkeys
Yukio Takahata
Zeitschrift fur Tierpsychologie   59(59) 89-108   Jul 1982   [Refereed]
 学位論文のうち、ニホンザルの社会性行動について分析した。まず亜成体オスを含めるとオスの順位と交尾成功は有意な相関を示すこと、しかし成体雄間では相関が認められないことを明らかにした。この原因は、オスの配偶者選択よりもメスの配偶者選択の方がより決定的な役割を果たしているためである。さらに非交尾期において特異的近接関係にある雌雄のペアと母系的に近縁のペアはともに交尾を回避する傾向が強いことを発見した。
The sexual behaviors ofJapanese monkeys
Yukio Takahata
   Mar 1981   [Refereed]
Skeletal observation of a wild chimpanzee infant (Pan troglodytes schweinfurthii) from the Mahale Mountains, Tanzania
K Yasui, Y Takahata
African Study Monographs   4 129-138   Dec 1983   [Refereed]
タンザニアのマハレ山塊国立公園の野生チンパンジー個体群において生後一年半で死亡した幼児個体を標本として採集、計測後、記載をおこなった。レントゲン撮影の結果にもとづいて、第3、4小臼歯の歯冠の石灰化が従来の報告よりも早めに開始していることが明らかになった。

Misc

 
Precipitation, atmospheric temperature, and relative humidity of January-December 1982
Y Tkahata
Mahale Mountains Chimpanzee Research Project Meteorological Report, No.8.   (8)    Jan 1983
タンザニア共和国、マハレ山塊国立公園建設計画の一環として、3カ所の観察ステーションにおいて、1982年1月~12月にかけて記録された降水量、最高・最低気温、湿度の記録を報告書にまとめてタンザニア政府に提出した。
Precipitation, atmospheric temperature, and relative humidity of January-December 1983
Y. Takahata, R. Nyundo, M. Seifu
Mahale Mountains Chimpanzee Research Project Meteorological Report, No.9   (9)    Jan 1984
 タンザニア共和国、マハレ山塊国立公園建設計画の一環として、3カ所の観察ステーションにおいて、1983年1月~12月にかけて記録された降水量、最高・最低気温、湿度の記録を報告書にまとめてタンザニア政府に提出した。
Precipitation, atmospheric temperature, and relative humidity in 1984
Y. Takahata, H. Takasaki
.Mahale Mountains Chimpanzee Research Project Meteorological Report, No.10.   (10)    Jan 1985
 タンザニア共和国、マハレ山塊国立公園建設計画の一環として、3カ所の観察ステーションにおいて、1984年1月~12月にかけて記録された降水量、最高・最低気温、湿度の記録を報告書にまとめて、タンザニア政府に提出した。
The memories of the late Prof. Toshisada Nishida, with reference to "Kamemanfu" and "Ntologi" the former alpha-males of Mahale chimpnazee groups
Yukio Takahata
Primates   52 305-306   Jul 2011   [Invited]

Books etc

 
The Chimpanzees of the Mahale Mountains: Sexual and Life History Strategies
T Nishida編著、ほか8名と共著 (Part:Joint Work)
University of Tokyo Press   May 1990   
(1)“Demography and reproductive profiles”(pp63-97)を担当(共著,T Nishida, H Takasaki, Y Takahata)。チンパンジー個体群を対象に性的発達、出産間隔、子どもの死亡による影響、出生性比等を報告した。担当:資料収集、論文作成。
(2)“Adult males' social relations with adult females”(pp133-148)を担当(単著)。成体雄と雌の社会関係を空間的近接とあいさつ行動...
Primatology Today
A Ehara, T Kimura, O Takenaka, M Iwamoto共編、ほか368名と共著 (Part:Joint Work, “Social interactions in a small-sized troop of wild Japanese monkeys, in YakuIsland, Japan”(pp101-104)を担当)
Elsevier   Apr 1991   
屋久島の野生ニホンザル個体群において、雌の出生率が低下し、かつ幼児死亡率が増加したために、3頭に減少した群れの空間的近接と社会交渉および音声コミュニケーション等の資料を分析した。この小群は群れとしてのまとまりを維持していたが、その遊動域を隣接群から防衛することができず、雌たちが隣接群の一つに移籍することで消滅した。こうした群れの融合・消滅はニホンザル野生群では初めての報告である。
The Monkeys of Arashiyama:Thirty-five Years of Researchin Japan and the West
L M Fedigan & P J Asquith編著、ほか15名と共著 (Part:Joint Work, “Diachronic changes in the dominance relations of adult female Japanese monkeys of the Arashiyama B group”(pp123-139)を担当)
State University of New York Press   Jul 1991   
担当部分では、嵐山B群のニホンザルの成体雌の優劣行動を観察して、順位序列を分析した。その結果、血縁集団間の順位序列が10年間ほとんど変化せず安定していたこと、血縁雌間では基本的に、①娘は母親のすぐ下位に序列づけられる、②妹は姉よりも優位を占めるという 「川村の原則」で理解可能なこと、さらに順位序列が出産率と相関しないこと等を明らかにした。さらに、順位が雌の共存という機能をはたしている可能性を論じた。
Topics in Primatology Vol.1: Human Origins
T Nishida, WC McGrew, P Marler, M Pickford, FBM de Waal共編著、ほか52名と共著 (Part:Joint Work, 長期にわたる共同研究のため、本人担当部分は抽出不可能である。)
Univ. of Tokyo Press   Jan 1992   
(1)“Characteristics of predation by the chimpanzees in the Mahale MountainsNational Park, Tanzania”(pp143-158;共著、S Uehara, T Nishida, M Hamai,T Hasegawa, H Hayaki, M A Huffman, K Kawanaka, S Kobayashi, J C Mitani,Y Takahata, H Takasaki, T Tsukahar...
Great Ape Societies
WC McGrew, LF Marchant, & T Nishida 編。他36名と共著 (Part:Joint Work, 担当全般)
Cambridge Univ. Press   Jul 1996   
 “Comparing copulations of chimpanzees and bonobos: do females exhibit proceptivity or receptivity?”(pp146-155;共著、Y Takahata, H Ihobe, G Idani)を担当。タンザニア、マハレ山塊国立公園のチンパンジーとザイール共和国、ワンバ保護区のボノボの繁殖行動について比較し、チンパンジーの雌が著しい積極性を示すのに対して、ボノボの雌はむしろ受容性を示すことを議論した。

Conference Activities & Talks

 
A 20-year study of a ring-tailed lemur (Lemur catta) population
S Ichino, T Soma, N Miyamoto et al.
The 7th Goettinger Freilandtage   Dec 2009   Max Planck Institute for Biophysical Chemistry
Life history of female Japanese macaques at Arashiyama: How do they compete and coexist?
Yukio Takahata
Internaitonal Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010   Sep 2010   Internaitonal Primatological Society
A 21-year study of ring-tailed lemurs (Lemur catta) at Berenty Reserve, Madagascar
S Ichino, T Soma, N Miyamoto et al.
Pre-Congress of IPS Kyoto 2010 Quest for Coexistence with Non-human Primates (in Inuyama)   Sep 2010   Primatolgical Scociety of Japan
Lifespan and lifetime fecundity in a population of ring-tailed lemurs (Lemur catta) at Berenty Reserve, Madagascar
Ichino, S., Soma, T., Miyamoto, N et al.
5th East asian Federation of Ecological Societies International Congress in conjunction with 59th Annual Meeting of Ecological Society of Japan   Mar 2012   Ecological Society of Japan