小林 正美

J-GLOBALへ         更新日: 14/08/30 20:31
 
アバター
研究者氏名
小林 正美
 
コバヤシ マサヨシ
職名
早稲田大学名誉教授
学位
文学博士(早稲田大学), 文学修士(早稲田大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2011年
   
 
東方学会  学術委員
 
1996年
   
 
日本道教学会  理事
 
2001年
   
 
中国社会文化学会  評議員
 
2003年
   
 
仏教思想学会  評議員
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
早稲田大学 名誉教授
 
1979年4月
 - 
2013年3月
早稲田大学文学部・文学学術院  専任講師・助教授・教授
 
1983年
 - 
1985年
 ハーバード大学イェンチン研究所 招聘研究員
 
1994年
 - 
1995年
 北京大学哲学系交換研究員
 

学歴

 
 
 - 
1973年
早稲田大学 文学研究科 東洋哲学専攻
 
 
 - 
1967年
早稲田大学 文学部 東洋哲学
 

論文

 
仙公系靈寶經の編纂時期と編纂者について
小林 正美
早稲田大学大学院文学研究科紀要   58 21-37   2013年2月
道教史のパラダイム転換
小林 正美
駒澤大學佛教學部論集   43 15-33   2012年10月   [招待有り]
『昇玄経』と『太上洞玄霊宝中和経』と『正一法文天師教戒科経』の編纂順位について
小林 正美
東洋の思想と宗教   27 1-20   2010年3月   [査読有り]
新パラダイム道教史の妥当性の検証
小林 正美
東方宗教   114 1-23   2009年11月   [査読有り]
唐代道教における大洞三景弟子と大洞法師の法位の形成
小林 正美
東方學   115 55-72   2008年1月   [査読有り]

Misc

 
「新パラダイム道教史」の構築への歩み
小林 正美
東洋の思想と宗教   30 95-114   2013年3月
東晋・南朝における「佛教」・「道教」の称呼の成立と貴族社会
小林 正美
『魏晋南北朝における貴族制の形成と三教・文学ー歴史学・思想史・文学の連携によるー』(汲古書院発行)   51-63   2011年
東晋・南朝における「佛教」・「道教」の称呼の成立と貴族社会
小林 正美
第2回日中学者中国古代史論壇論文集『魏晋南北朝期における貴族制の形成と三教・文学ー歴史学・思想史・文学の連携によるー』/財団法人東方学会・中国社会科学院歴史研究所   40-47   2010年
東晋、南朝時期“佛教”和“道教”的称呼的確立與貴族社会
小林 正美  訳者:王皓月
第2回日中学者中国古代史論壇論文集『魏晋南北朝期における貴族制の形成と三教・文学ー歴史学・思想史・文学の連携によるー』/財団法人東方学会・中国社会科学院歴史研究所   48-54   2010年
金籙斎法与道教造像的形成与展開
小林正美   訳者:白文
広西藝術学院学報『藝術探索』/広西芸術学院   21(3) 32-46   2007年

書籍等出版物

 
中文版《新範式道教史的構建》
小林 正美 著、王皓月 譯
中国・斉魯書社   2014年5月   
中文版《唐代的道教與天師道》
小林 正美 著、王皓月 李之美 譯
中国・斉魯書社   2013年7月   
中文版《六朝佛教思想研究》
小林 正美 著、王皓月 譯
中国・斉魯書社   2013年1月   
中文版《中国的道教》
小林正美 著、王皓月 譯
中国・斉魯書社   2010年1月   
道教の斎法儀礼の思想史的研究
小林 正美 編著
知泉書館   2006年   
唐代の道教と天師道
小林 正美
知泉書館   2003年   
中文版《六朝道教史研究》
小林 正美 著、李慶譯
中國、四川人民出版社   2001年3月   
中国の道教
小林 正美
創文社   1998年   
六朝仏教思想の研究
小林 正美
創文社   1993年   
六朝道教史研究
創文社   1990年   

講演・口頭発表等

 
小林 正美
早稲田大学文学部最終講義   2012年1月25日   
道教史のパラダイム転換
駒澤大学仏教学会平成23年度第一回公開講演会   2011年   
東晋・南朝における「佛教」・「道教」の称呼の成立と貴族社会
第二回日中学者中国古代史論壇   2010年   
南朝天師道改革派の作成した鎮墓券の思想ーー徐副の鎮墓券の分析を中心にーー
日本道教学会第59回大会   2008年   
道教三洞思想的形成及目的(中国語)
中国社会科学院歴史研究所第58次学術月会   2006年