木口 昭二

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/23 12:50
 
アバター
研究者氏名
木口 昭二
 
キグチ ショウジ
所属
近畿大学
部署
理工学部
職名
名誉教授
学位
工学博士(早稲田大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1979年3月
早稲田大学 理工学研究科 金属工学専攻単位取得満期退学
 
 
 - 
1974年3月
早稲田大学 理工学部 金属工学科卒業
 

委員歴

 
2014年5月
   
 
公益社団法人日本鋳造工学会  会長
 
2017年6月
   
 
公益社団法人日本工学会  監事
 

受賞

 
1996年
(社)日本鋳造工学会論文賞
 
1990年
(社)日本鋳物協会小林賞
 
1988年
(社)日本鋳物協会日下賞
 
 
日本鋳物協会豊田賞(1986)
 
 
日本鋳造技術普及協会技術賞(1988)
 

論文

 
旗手 稔, 信木 関, 木口 昭二, Kazumichi SHIMIZU
Key Engineering Materials   457 380-385   2010年12月
木口 昭二, 炭本 治喜
鋳造工学   74(10) 631-637   2002年10月
木口 昭二, 大阪大学接合科学研究所
Material Transactions   49(12) 2837-2843   2008年12月
鋳鉄の表面処理法の一つとして、摩擦攪拌プロセスによる表面硬化作用に着目し、円筒形状のツールを用いて鋳鉄の新しい表面硬化法について検討した。
Compo-casting Method for Alumina Ceramics Inserted in Cast Iron to Reduce Thermal Stress
冨田 義弘, 炭本 治喜, 木口 昭二, 中村 幸吉
Proceedings of World Foundry Congress 2006   112-114   2006年6月
鋳鉄によるアルミナセラミックスの鋳ぐるみにおいて、予熱せずに鋳ぐるみを行い、その井ぐるみ材の強度評価を行った結果について述べた。
木口 昭二
鋳造工学   77(1) 9-17   2005年1月

Misc

 
(社)日本鋳物協会会誌   67(2) 112-117   1995年
凝固初期のみかけ粘度測定による各種鋳鉄の初晶成長過程の検討
日本金属学会誌   43(2) 140-145   1979年
藤川貴朗, 中村幸吉, 炭本治喜, 木口昭二
鋳造工学   69(8) 643-648   1997年
木口昭二, 曲田淳
鋳造工学   69(6) 499-504   1997年
木口 昭二, 石川 隆寛, 炭元 治喜, 中村 幸吉
鋳造工学   73(3) 173-177   2001年

書籍等出版物

 
鋳鉄の生産技術
(財)素形材センタ-   1993年   

講演・口頭発表等

 
Compo-casting Method for Alumina Ceramics Inserted in Cast Iron to Reduce Thermal Stress
冨田 義弘, 炭本 治喜, 木口 昭二, 中村 幸吉
CIATF World Foundry Congress 2006   2006年6月   CIATF World Foundry Congress 2006
Mechanical Properties and Thermal Expansion Characteristics of Low Thermal Expansion Ductile Cast Iron with Same Nikel Equivalent(NiE)
旗手 稔, 信木 関, 木口 昭二, 清水一道
9th International Symposium on SCIENCE and Processing of Cast Iorn (SPCI'9)   2010年11月   9th International Symposium on SCIENCE and Processing of Cast Iorn (SPCI'9)
Development of High Toughness Austempered Ductile Irons
信木 関, 旗手 稔, 木口 昭二, 清水 一道
The 70th World Foundry Congress   2012年4月   The 70th World Foundry Congress

競争的資金等の研究課題

 
球状黒鉛鋳鉄における異常黒鉛の生成機構の研究
鋳鉄の接種処理に及ぼす溶湯性状の影響
CAEによる金属の凝固・変態組織の予測