論文

1992年3月5日

サーキュレーションプロトコルによる 分散協調エージェントシステム

情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)
  • 新井 敏正
  • ,
  • 中沢 実
  • ,
  • 服部 進実
  • ,
  • 山村 尚一

1992
17
開始ページ
55
終了ページ
62
記述言語
日本語
掲載種別

ワークステーションとネットワークからなる分散処理環境において、複数の自律エージェントが競争・協調場を生成し、利益極大化を図るため、他のエージェントの状況を把握すべく、機能単位の回覧板を用いたサーキュレーションプロトコルと、それを用いて問題解決を行うためのグループ型対話状態遷移図を提案している。本方式では、主に問題の動的な割当、2次的な問題の波及に対する制御を効率的に行うことを実現している。さらに実装例において、複数のメンバー間でスケジュールの自動合成をおこない、効果的な分散協調問題解決の実現について述べている。In distributed processing environment with workstations and networks, the circulation protocol with function oriented circulation board and group conversation transition diagram with a language/action model are proposed to solve the problem and to get the maximum benefits, creating competion and coordination field of intelligent agents. In an example of the implementation model, automatic scheduling of office workers is applied, realyzing dynamic allocation of problem and efficient control of secondary diffused problems.

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/170000031354
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN10116224
URL
http://id.nii.ac.jp/1001/00035968/
ID情報
  • CiNii Articles ID : 170000031354
  • CiNii Books ID : AN10116224

エクスポート
BibTeX RIS