橋本 明

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/18 08:47
 
アバター
研究者氏名
橋本 明
 
ハシモト アキラ
eメール
ahaews.aichi-pu.ac.jp
URL
http://kenkyukaiblog.jugem.jp/
所属
愛知県立大学
部署
教育福祉学部 社会福祉学科
職名
教授
学位
博士(医学)(東京大学), 保健学修士(東京大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京大学大学院 医学系研究科 保健学
 
 
 - 
1984年
東京大学 理学部 生物学科
 

経歴

 
2009年
 - 
現在
愛知県立大学 教育福祉学部 教授
 
2003年
 - 
2009年
愛知県立大学 文学部 教授
 
2000年
 - 
2003年
愛知県立大学 文学部 助教授
 
1995年
 - 
2000年
山口県立大学 看護学部 助教授
 
1992年
 - 
1994年
デュッセルドルフ大学 ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生
 

書籍等出版物

 
橋本 明 (担当:分担執筆, 範囲:解説 沖縄の精神医療史資料について)
六花出版   2018年9月   ISBN:9784866170619
橋本 明 (担当:分担執筆, 範囲:解説 精神衛生法とライシャワー事件についての私見―附記『精神障害者問題資料集成 戦前編』第12巻「川崎市公文書類」の解説への補遺)
六花出版   2018年9月   ISBN:9784866170602
Akira Hashimoto (担当:分担執筆, 範囲:Japanische Psychiater "zwischen" den akademischen Zentren der Psychiatrie der westlichen Hemisphäre: Uchimura Yushi (1897-1980) und seine Zeitgenossen)
Franz Steiner Verlag   2017年8月   ISBN:3515108335
橋本 明 (担当:分担執筆, 範囲:帝國大學と精神病学と精神病者―明治・大正期における精神病治療思想の系譜)
勁草書房   2017年8月   ISBN:4326102616
Thomas Müller und Akira Hashimoto (担当:分担執筆, 範囲:Regional, national, international: Aspekte der Psychiatrischen Familienpflege in historischer Perspektive, ca. 1890-1930)
Psychiatrie u. Geschichte   2017年4月   ISBN:3931200248

論文

 
戦前の日本における精神医療史―法制度の変遷をたどる
橋本 明
響き合う街で   (86) 3-12   2018年11月   [招待有り]
日本の近代精神医療史研究からの精神科臨床へのフィードバック
橋本 明
精神神経学雑誌   119(11) 870-876   2017年11月   [査読有り][招待有り]
橋本 明
Social Welfare Studies (Department of Social Welfare, School of Education and Welfare, Aichi Prefectural University)   19 45-49   2017年11月
精神病院へと収斂するもの,しないもの ─近代日本の精神病者施設の多様性と地域性を考える─
橋本 明
精神医学史研究   21(1) 36-42   2017年6月   [招待有り]

講演・口頭発表等

 
Yōshin’in (Yang-Shen-Yuan) and Psychiatry during the Japanese Rule in Taiwan  [招待有り]
橋本 明
「殖民醫學再榷:本質與定義的思考」學術研討會 (中央研究院歴史語言研究所, 台北)   2018年12月2日   
戦後沖縄における精神医療と精神病者監護法
橋本 明
第22回日本精神医学史学会(西南学院大学、福岡)   2018年11月10日   
日本の精神医療の過去と現在を考える―私宅監置と国家と家族― [招待有り]
橋本 明
山口県精神保健福祉士協会2018年度第3回研修会(カリエンテ山口、山口市)   2018年11月3日   
精神医療の歴史をわかちあう: 「私宅監置展」から学ぶこと [招待有り]
橋本 明
国際ワークショップ 精神医療の「過去」と「現在」を展示する: 医学史博物館と美術ギャラリーの社会的役割をめぐって(慶應義塾大学日吉キャンパス)   2018年9月17日   
The History of Modernization of Psychiatry on Japan's Peripheries: Taiwan and Okinawa
HASHIMOTO Akira
First Joint Conference of The Asian Society of the History of Medicine (ASHM) and History of Medicine in Southeast Asia (HOMSEA), Perpustakaan Nasional Republik Indonesia, Jakarta, Indonesia   2018年6月28日   

Misc

 
小林靖彦の研究資料
橋本 明
精神医学史研究   22(2) 102-104   2018年11月
対談「日本の精神科医療における呉秀三先生の業績」
岡田靖雄、橋本 明
心と社会   49(2) 13-31   2018年6月
書評 樋澤吉彦 著 『保安処分構想と医療観察法体制: 日本精神保健福祉士協会の関わりをめぐって』
橋本 明
社会福祉学   59(1) 140-142   2018年5月   [依頼有り]
精神医療史のなかの私宅監置(3) 私宅監置室から病院へ
橋本 明
すべての人の社会   (451) 10-11   2018年1月   [依頼有り]
呉秀三・樫田五郎「精神病者私宅監置ノ実況及ビ其統計的観察」から百年目の歴史展示
橋本 明
心と社会   48(4) 93-97   2017年12月   [依頼有り]

Works

 
精神医療ミュージアム移動展示プロジェクト12 私宅監置と日本の精神医療史(ルネこだいら、東京)
主催: 小平市 企画・運営: 社会福祉法人ときわ会   2018年12月 - 2018年12月
精神医療ミュージアム移動展示プロジェクト11 私宅監置と日本の精神医療史(東京都生協連会館、東京)
きょうされん精神障害部会・アーカイブセンター運営委員会主催   2018年10月 - 2018年10月

委員歴

 
2013年5月
 - 
現在
日本医史学会  代議員
 
2013年4月
 - 
現在
日本精神医学史学会  理事
 
2006年
 - 
2013年3月
日本精神医学史学会  監事
 

競争的資金等の研究課題

 
歴史理解にもとづく精神保健福祉教育プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 橋本 明
わが国の近代精神医療史資料の保存と利用に関する基盤整備
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 橋本 明
精神病者監護法下における監置患者の暮らしと地域社会―精神障害者の処遇・援助論再構築のための基礎的研究―
トヨタ財団: 研究助成
研究期間: 2004年11月 - 2006年10月    代表者: 橋本 明
19〜20世紀のベルギー・ゲール(Geel)の国際的な波及現象に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 橋本 明
日本の「精神医療改革」に関する基礎的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 橋本 明

担当経験のある科目

 

社会貢献活動

 
「ミニ大学」での講義
【講師】  静岡県立磐田南高校  2013年9月 - 現在
精神学会 自己検証へ 旧優生保護法を問う
【取材協力】  毎日新聞  2019年1月6日
「精神医療の祖」業績紹介
【取材協力】  東京新聞  2018年10月11日
「座敷牢」の実態問う
【取材協力】  毎日新聞  2018年10月11日
精神障害者 監禁の傷痕
【取材協力】  朝日新聞  2018年8月22日