窪田 好浩

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/01 02:41
 
アバター
研究者氏名
窪田 好浩
 
クボタ ヨシヒロ
eメール
kubota-yoshihiro-srynu.ac.jp
URL
http://www.kubota.ynu.ac.jp
所属
横浜国立大学
部署
大学院工学研究院 機能の創生部門
学位
博士(薬学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年11月
 - 
現在
横浜国立大学大学院教授
 
2007年4月
 - 
2007年10月
横浜国立大学大学院准教授
 
2004年8月
 - 
2007年3月
横浜国立大学大学院助教授
 
1996年7月
 - 
2004年8月
岐阜大学助教授
 
1993年1月
 - 
1996年6月
通産省工業技術院物質工学工業技術研究所 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1992年
東京大学 大学院薬学系研究科 製薬化学専攻
 
 
 - 
1987年
東京大学 薬学部 製薬化学
 

論文

 
N. Nakazawa, T. Ikeda, N. Hiyoshi, Y. Yoshida, Q. Han, S. Inagaki, Y. Kubota
Journal of the American Chemical Society   139(23) 7989–7997   2017年6月   [査読有り]
M. Sasaki, Y. Sato, Y. Tsuboi, S. Inagaki, Y. Kubota
ACS Catalysis   4(8) 2653–2657   2014年7月   [査読有り]
YNU-2Pを250度で4時間スチーミングした後焼成し,骨格を安定化した。これに気相でTiを導入し,Ti-YNU-2を得ることに成功した。Ti-YNU-2はフェノールの過酸化水素酸化に対して極めて高い活性とパラ選択性を示した。
S. Park, Y. Watanabe, Y. Nishita, T. Fukuoka, S. Inagaki, Y. Kubota
Journal of Catalysis   319 265-273   2014年9月   [査読有り]
YNU-2Pを250度で4時間スチーミングした後焼成し,骨格を安定化した。これに気相でTiを導入し,Ti-YNU-2を得ることに成功した。Ti-YNU-2はフェノールの過酸化水素酸化に対して極めて高い活性とパラ選択性を示した。
Y. Kubota, Y. Nishizaki, H. Ikeya, M. Saeki, T. Hida, S. Kawazu, M. Yoshida, H. Fujii, Y. Sugi
Microporous and Mesoporous Materials   70(1-3) 135-149   2004年5月   [査読有り]
Y.Kubota, M.M. Helmkamp, S.I. Zones, M.E. Davis
Microporous Materials   6(4) 213-219   1996年   [査読有り]
Kalsson Stefan, Bingham Paul A,Yoshihiro Kubota
European Advanced Energy Materials and Technology Congress      2018年4月
Sibel Sogukkanli, Kenta Iyoki, Shanmugam P. Elangovan, Keiji Itabashi, Natsume Koike, Miku Takano, Yoshihiro Kubota, Tatsuya Okubo
Microporous and Mesoporous Materials   257 272-280   2018年2月   [査読有り]
Subramaniam Vishnu Priya ,Takeshi Ohnishi,Yumiko Shimada,Yoshihiro Kubota ,Takao Masuda ,Yuta Nakasaka ,Masahiko Matsukata ,Keiji Itabashi,Tatsuya Okubo ,Tsuneji Sano,Nao Tsunoji,Toshiyuki Yokoi,Masaru Ogura
Bulletin of the Chemical Society of Japan   91(3) 355-361   2017年12月   [査読有り]
Qiao Han, Sungsik Park, Satoshi Inagaki, Yoshihiro Kubota
Journal of the Japan Petroleum Institute   60(6) 288-300   2017年11月   [査読有り]
Tadashi Umeda, Hiroki Yamada, Koji Ohara, Kaname Yoshida, Yukichi Sasaki, Miku Takano, Satoshi Inagaki, Yoshihiro Kubota, Takahiko Takewaki, Tatsuya Okubo, Toru Wakihara
Journal of Physical Chemistry C   121(43) 24324-24334   2017年9月   [査読有り]
Yuya Ikehara, Yuya Ohno, Satoshi Inagaki, Yoshihiro Kubota
Chemistry Letters   46(12) 1842-1845   2017年9月   [査読有り]
Naoto Nakazawa, Takuji Ikeda,* Norihito Hiyoshi, Yuka Yoshida, Qiao Han, Satoshi Inagaki,
Journal Of The American Chemical Society   139(34) 12102-12102   2017年8月   [査読有り]
Naoto Nakazawa, Takuji Ikeda, Norihito Hiyoshi, Yuka Yoshida, Qiao Han, Satoshi Inagaki,
Journal of the American Chemical Society   139(34) 7989−7997   2017年7月   [査読有り]
Q. Han, K. Enoeda, S. Inagaki, Y. Kubota
Chemistry Letters   46(9) 1434-1437   2017年7月   [査読有り]
S. Sogukkanli, K. Iyoki, S. P. Elangovan, K. Itabashi, M. Takano, Z. Liu, S. Inagaki, T. Wakihara, Y. Kubota, T. Okubo
Microporous and Mesoporous Materials   245 1-7   2017年6月   [査読有り]
S. Inagaki, T. Nakao, T. Miki, N. Kuroda, Y. Kubota
Microporous and Mesoporous Materials   241 123–131   2017年3月   [査読有り]
N. Nakazawa, S. Inagaki, Y. Kubota
Advanced Porous Materials   4(3) 219-229   2016年12月   [査読有り]
N. Nakazawa, S. Inagaki, Y. Kubota
Chemistry Letters   45(8) 919-921   2016年8月   [査読有り]
Y. Saka, N. Chiyoda, K. Watanabe, S. Inagaki, Y. Kubota
Journal of the Japan Petroleum Institute   59(3) 104-108   2016年7月   [査読有り]
Takuma Takahashi, Mariko Sado, Nanako Sugimoto, Junichi Tatami, Motoyuki Iijima, Satoshi Inagaki, Yoshihiro Kubota , Isao Yamamoto, Satoshi Tanaka
Advanced Powder Technology   27(5) 2005-2011   2016年7月   [査読有り]
S. Park, S. Inagaki, Y. Kubota
Catalysis Today   265 218–224   2016年3月   [査読有り]
会議: 15th Korea-Japan Symposium on Catalysis
開催地: Busan, SOUTH KOREA
日付: MAY 26-28, 2015
S. Inagaki, Y. Tsuboi, M. Sasaki, K. Mamiya, S. Park, Y. Kubota
Green Chemistry   18(3) 735-741   2016年2月   [査読有り]
Al-MCM-68を脱アルミした後,嵩高いアルキルシリル基でカバーし,細孔内のみにTiを導入した。焼成して得たTi-MCM-68触媒は,エタノールによる溶媒効果を組み合わせることにより,フェノール酸化反応において高い活性と選択性を示した。
S. Inagaki, S. Shinoda, S. Hayashi, T. Wakihara, H. Yamazaki, J.N. Kondo, Y. Kubota
Catalysis Science &Technology   6(8) 2598-2604   2016年   [査読有り]
C. Anand, T. Kaneda, S. Inagaki, S. Okamura, H. Sakurai, K. Sodeyama, T. Matsumoto, Y. Kubota, T. Okubo, T. Wakihara
New Journal of Chemistry   40(1) 492-496   2016年   [査読有り]
Fabrication of c-axis oriented Si3N4 ceramics using multilayered-graphene-coated b-Si3N4 seeds and their orientation in an innovative low magnetic field
Takuma Takahashi, Mariko Sado, Nanako Sugimoto, Junichi Tatami, Motoyuki Iijima,Satoshi Inagaki, Yoshihiro Kubota, Isao Yamamoto, Satoshi Tanaka
Advanced Powder Technology   7 2005–2011   2016年   [査読有り]
Ito Suguru , Kubota Yoshihiro , Asami Masatoshi
Chemistry Letters   45(1) 16-18   2016年
Yuji Saka, Norihito Chiyoda, Katsuya Watanabe, Satoshi Inagaki, Yoshihiro Kubota
Journal of the Japan Petroleum Institute   59(3) 104-108   2016年   [査読有り]
Yoshihiro Sugi, Hiroshi Tamada, Akiko Kuriki, Kenichi Komura, Yoshihiro Kubota, Stalin Joseph, Anand Chokkalingam, Mohamed El. Newehy, Salem S. Al-Deyab, Hoi-Gu Jang, Jong-Ho Kim, Gon Seo, and Ajayan Vinu
Industrial &Engineering Chemistry Research   54(49) 12283-12292   2015年10月   [査読有り]
Y. Zhang, H. Koizumi, S. Inagaki, Y. Kubota
Catalysis Communications   69 92-96   2015年9月   [査読有り]
Fe3O4ナノ粒子にアモルファスシリカをコーティングし,さらにSBA-15で被覆した。これにアミノプロピル基を固定化し,アルドール反応の触媒として用いた。反応後の触媒は,磁石による回収が容易であった。
Y. Kubota, S. Inagaki
Topics in Catalysis   58(7-9) 480–493   2015年5月   [査読有り]
MSE骨格をもつゼオライトの合成と機能に関する情報を収集し,ミニレビューとしてまとめた。
Y. Kubota, S. Inagaki, Y. Nishita, K. Itabashi, Y. Tsuboi, T. Syahylah, T. Okubo
Catalysis Today   243 85-91   2015年4月   [査読有り]
従来型のMSEであるMCM-68,FAUから合成したYNU-3,OSDA-free条件で合成したMSEOSDAFのスチーミング・脱アルミ体の酸触媒性能を比較した。モデル反応として,ヘキサンのクラッキングを行った。MSEOSDAFが優れた触媒であることが判明した。
T. Kawasaki, Y. Araki, K. Hatase, K. Suzuki, A. Matsumoto, T. Yokoi, Y. Kubota, T. Tatsumi, K. Soai
Chemical Communications   517(42) 8742-8744   2015年3月   [査読有り]
アラニン由来のアニオン性界面活性剤を用いて合成したらせん状メソポーラスシリカAMSを不斉自己増殖反応に適用した。その結果,(R)または(S)ピリミジルアルカノールをそれぞれ99.5%ee以上で得ることに成功した。
S. Inagaki, K. Sato, S. Hayashi, J. Tatami, Y. Kubota, T. Wakihara
ACS Applied Materials & Interfaces   7(8) 4488–4493   2015年2月   [査読有り]
OSDA-free条件で合成したZSM-5をメカノケミカル処理し,非晶質化した部分を再結晶化した。これにより,外表面酸点が選択的に不活性化された。
1,3-Addition of silyl enol ethers to nitrones catalyzed by mesoporous aluminosilicate
Suguru Ito, Yoshihiro Kubota, Masatoshi Asami
Tetrahedron Letters   55(35) 4930-4932   2014年8月   [査読有り]
S. Inagaki, K. Thomas, V. Ruaux, G. Clet, T. Wakihara, S. Shinoda, S. Okamura, Y. Kubota, V. Valtchev
ACS Catalysis   4(7) 2333-2341   2014年6月   [査読有り]
FAUゼオライトの低温合成において,XRDピークが出現する直前のサンプルが,結晶化後よりも高い塩基触媒活性を示すことを見出した。
Y. Kubota, S. Inagaki, K. Takechi
Catalysis Today,   226 109-116   2014年5月   [査読有り]
La修飾したMCM-68ゼオライト触媒では,ヘキサンのクラッキングで高いプロピレン選択率を示すことを見出した。
Y. Kubota, K. Itabashi, S. Inagaki, Y. Nishita, R. Komatsu, Y. Tsuboi, S. Shinoda, T. Okubo
Chemistry of Materials   26(2) 1250-1259   2014年1月   [査読有り]
有機の構造規定剤を用いずにゼオライトベータおよびMSE型ゼオライトを水熱合成する手法を開発した。またそれらのゼオライト触媒が優れた触媒性能を示すことを見出した。
P. Wu, Y. Kubota, T. Yokoi
ACS Catalysis   4 23-30   2013年12月   [査読有り]
S. Inagaki, Y. Tsuboi, Y. Nishita, T. Syahylah, T. Wakihara Y. Kubota
Chemistry - A European Journal   19(24) 7780-7786   2013年7月   [査読有り]
FAU型ゼオライトを原料としたMSE型ゼオライトの調製法を見出した。
S. Inagaki, . Yokoo, T. Miki, Y. Kubota
Microporous and Mesoporous Materials   179 136–143   2013年7月   [査読有り]
規則性メソポーラスカーボンCMK-3の調製過程に金属触媒成分を添加することで,partial graphitizationを実現した。また得られたCMK-3が高いEDLC容量を示すことも見出した。
S. Inagaki, I. Kawamura, Y. Sasaki, K. Yoshida, Y. Kubota, A. Naito
Physical Chemistry Chemical Physics   15(32) 13523–13531   2013年6月   [査読有り]
ゼオライトおよびメソポーラスシリカに常磁性金属イオン添加することで29Si MAS NMR測定を迅速化できることを報告した。
Chokkalingam Anand, Kawagoe Hiroaki, Watanabe Seiji, Moriyama Yasuhiro, Komura Kenichi, Kubota Yoshihiro, Kim Jong-Ho, Seo Gon, Vinu Ajayan, Sugi Yoshihiro
Jounal of Molecular Catalysis A:Chemical   367 23-30   2013年2月   [査読有り]
一次元細孔をもつZSM-12を触媒としたビフェニルのイソプロピル化において,高い形状選択性を実現した。
S. Inagaki, Y. Watanabe, Y. Nishita, Y. Kubota
Chemistry Letters   42(2) 186-188   2013年2月   [査読有り]
疎水性の高い構造規定剤を用いてモルデナイトナノ粒子を調製する手法を開発した
Facile Fabrication of ZSM-5 Zeolite Catalyst with High Durability to Coke Formation during Catalytic Cracking of Paraffins
S. Inagaki, S. Shinoda, Y. Kaneko, K. Takechi, R. Komatsu, Y. Tsuboi, H. Yamazaki, J. N. Kondo, Y. Kubota
ACS Catalysis   3 74-78   2013年   [査読有り]
Anand Chokkalingam, Tomonori Sugimura, Kenichi Komura, Yoshihiro Kubota, Jong-Ho Kim, Gon Seo, Ajayan Vinu, Yoshihiro Sugi
Korean Journal of Chemical Engineering   30(5) 1043-1050   2013年   [査読有り]
Sato Kaku, Wakihara Toru, Kohara Shinji, Ohara Koji, Tatami Junichi, Endo Akira, Inagaki Satoshi, Kawamura Izuru, Naito Akira, Kubota Yoshihiro
Journal of Physical Chemistory C   116(48) 25293-25299   2012年12月   [査読有り]
Anand Chokkalingam, Toyama Ikuyo, Tamada Hiroshi, Tawada Shogo, Noda Satoshi, Komura Ken-ichi, Kubota Yoshihiro, Lee Se Woong, Cho Sung Jung, Kim Jong-Ho, Seo Gon, Vinu Ajayan, Sugi Yoshihiro
Industrial & Engineering Chemistry Research   51(38) 12214-12221   2012年9月
Amino-functionalized mesoporous silica as base catalyst and adsorbent
T. Yokoi, Y. Kubota, T. Tatsumi
Applied Catalysis A: General   421-422 14-37   2012年4月   [査読有り]
Isomerization and cracking of hexane over beta zeolites synthesized by dry gel conversion method
Pusparatu; Haga, Yuji; Aoyama, Kiyotada; Komura, Kenichi; Kubota, Yoshihiro; Nishimura, Yoichi; Sugi, Yoshihiro
Journal of the Japan Petroleum Institute   55(2) 120-131   2012年   [査読有り]
The isopropylation of diphenyl ether over H-mordenite catalysts
Sugi, Yoshihiro; Kamiya, Masateru; Tamada, Hiroshi; Kobayashi, Natsuko; Toyama, Ikuyo; Tawada, Shogo; Komura, Kenichi; Kubota, Yoshihiro; Chokkalingam, Anand; Vinu, Ajayan
Journal of Molecular Catalysis A: Chemical   355 113-122   2012年   [査読有り]
Amino-functionalized mesoporous silica as base catalyst and adsorbent
T. Yokoi, Y. Kubota, T. Tatsumi
Appl. Catal. A: General   421 14-37   2012年   [査読有り]
Inagaki, Satoshi; Onodera, Kenzo; Tani, Kensaku; Kubota, Yoshihiro
Bulletin of the Chemical Society of Japan   84(10) 1136-1143   2011年   [査読有り]
Top-Down Tuning of Nanosized ZSM-5 Zeolite Catalyst by Bead Milling and Recrystallization
Wakihara, Toru; Ihara, Akio; Inagaki, Satoshi; Tatami, Junichi; Sato, Kaku; Komeya, Katsutoshi; Meguro, Takeshi; Kubota, Yoshihiro; Nakahira, Atsushi
Crystal Growth & Design   11(11) 5153-5158   2011年   [査読有り]
Effect of the atomic arrangement of amorphized zeolite on the recrystallization behavior to crystalline zeolite
Sato, Kaku; Wakihara, Toru; Kohara, Shinji; Tatami, Junichi; Inagaki, Satoshi; Kubota, Yoshihiro; Komeya, Katsutoshi; Meguro, Takeshi
Journal of the Ceramic Society of Japan   119(July) 605-608   2011年   [査読有り]
Preparation of Chiral Mesoporous Materials with Helicity Perfectly Controlled
Yokoi, Toshiyuki; Ogawa, Kyohei; Lu, Daling; Kondo, Junko N.; Kubota, Yoshihiro; Tatsumi, Takashi
Chemistry of Materials   23(8) 2014-2016   2011年   [査読有り]
Y. Sugi, Y. Hasegawa, H. Tamada, K. Komura, Y. Kubota, Jong-Ho Kim
Korean Journal of Chemical Engineering   28(2) 409-417   2011年   [査読有り]
Lanthanoid exchanged mordenites as the catalysts for the isopropylation ofbiphenyl
Yoshihiro Sugi, Seiji Watanabe, Hiroaki Naiki, Ken-ichi Komura, and YoshihiroKubota
Bulletin of the Chemical Society of Japan   84(6) 660-666   2011年   [査読有り]
Further Investigations on the Promoting Effect of Mesoporous Silica on Base-catalyzed Aldol Reaction
Y. Kubota, H. Yamaguchi, T. Yamada, S. Inagaki, Y. Sugi, T. Tatsumi
Topics in Catalysis   53(7) 492-499   2010年4月   [査読有り]
Synthesis and characterization of aluminium containing CIT-1 and their structure-property relationship to hydrocarbon trap performance
Mathew, Thomas; Elangovan, S. P.; Yokoi, Toshiyuki; Tatsumi, Takashi; Ogura, Masaru; Kubota, Yoshihiro; Shimojima, Atsushi; Okubo, Tatsuya
Microporous and Mesoporous Materials   129(1-2) 126-135   2010年4月   [査読有り]
Selective formation of propylene by hexane cracking over MCM-68 zeolite catalyst
S.Inagaki; K.Takechi; Y.Kubota
Chemical Communications   46 2662-2664   2010年   [査読有り]
Fabrication of fine zeolite with improved catalytic properties by bead milling and alkali treatment
T. Wakihara, K. Sato, S. Inagaki, J. Tatami, K. Komeya, T. Meguro, Y. Kubota
ACS Applied Materials & Interfaces   2(10) 2715-2718   2010年   [査読有り]
Synthesis of chiral mesoporous silica and its potential application to asymmetric separation
T. Yokoi, S. Sato, Y. Ara, D. Lu, Y. Kubota, T. Tatsumi
Adsorption   16(6) 577-586   2010年   [査読有り]
Investigation of Si Atom Migration in the Framework of MSE-Type Zeolite YNU-2
T. Ikeda, S. Inagaki, T. Hanaoka, Y. Kubota
The Journal of Physical Chemistry C   114 19641-19648   2010年   [査読有り]
Mesoposous aluminosilicate-catalzed Sakurai allylation and Mukaiyama aldol reaction of acetals
S. Ito, A. Hayashi, H. Komai, Y. Kubota, M. Asami
TL   51 4243-4245   2010年   [査読有り]
Effect of carbon source on the textural and electrochemical properties of novel cage-type mesoporous carbon as a replica of KIT-5 mesoporous silica
Inagaki, Satoshi; Oikawa, Koji; Kubota, Yoshihiro
Chemistry Letters   38(9) 918-919   2009年9月   [査読有り]
Mukaiyama Aldol Reaction Catalyzed by Mesoporous Aluminosilicate
S. Ito, H. Yamaguchi, Y. Kubota, M. Asami
Chemistry Letters   38(7) 700-701   2009年7月   [査読有り]
Effect of ammonium salts on the synthesis and catalytic properties of TS-1
Fan, Weibin; Fan, Binbin; Shen, Xiaohua; Li, Junfen; Wu, Peng; Kubota, Yoshihiro; Tatsumi, Takashi
Microporous and Mesoporous Materials   122(1-3) 301-308   2009年6月   [査読有り]
The isomerization of 4,4'-diisopropylbiphenyl at external acid sites of H-mordenite during the isopropylation of biphenyl
Sugi, Yoshihiro; Toyama, Ikuyo; Tamada, Hiroshi; Tawada, Shogo; Komura, Kenichi; Kubota, Yoshihiro
Journal of Molecular Catalysis A: Chemical   304(1-2) 22-27   2009年5月   [査読有り]
Synthesis and catalytic performance of Ti-MCM-68 for effective oxidation reactions
Y. Kubota, Y. Koyama, T. Yamada, S. Inagaki, T. Tatsumi
Chemical Communications   44 6224-6226   2008年12月   [査読有り]
Performance of organic-inorganic hybrid catalysts based on Ia-3d mesoporous silica
Kubota Yoshihiro; Jin Chunshi; Tatsumi Takashi
Catalysis Today   132 75-80   2008年2月   [査読有り]
A Multi-Dimensional Microporous Silicate Isomorphous to Zeolite MCM-68
Y.Koyama; T.Ikeda; T.Tatsumi ;Y.kubota
Angewandte Chemie International Edition   47 1042-1046   2008年1月   [査読有り]
Hot Paper に選定
Organic-inorganic hybrid catalysts based on ordered porous structures for carbon-carbon bond forming reactions
Kubota Yoshihiro; Sugi Yoshihiro; Tatsumi Takashi
Catalysis Surveys from Asia   11, 158-170   2007年11月   [査読有り]
The alkylation of biphenyl over one-dimensional twelve-membered ring zeolites. The influence of zeolite structure and alkylating agent on the selectivity for 4,4'-dialkylbiphenyl
Y. Sugi, H. Maekawa, A. Ito, C. Ozawa, T. Shibata, A. Niimi, C. Asaoka, K. Komura, Y. Kubota, J-Y. Lee, J-H. Kim, G Seo
Bulletin of the Chemical Society of Japan   80(11) 2232-2242   2007年11月
Synthesis of chiral mesoporous silica by using chiral anionic surfactants
T. Yokoi, Y. Yamataka, Y. Ara, S. Sato, Y. Kubota, T. Tatsumi
Micropor. Mesopor. Mater.   103(1-3) 20-28   2007年2月   [査読有り]
Alkylation of biphenyl over H-[Al]-SSZ-24 zeolites with AFI topology
H. Maekawa, A. Ito, H. Kawagoe, K. Komura, Y.Sugi
Bull. Chem. Soc., Jpn.   80(1) 215-223   2007年1月   [査読有り]
Hydrothermal synthesis of metallosilicate SSZ-24 from metallosilicate beta as precursors
Y. Kubota, H. Maekawa, S. Miyata, T. Tatsumi, Y. Sugi,
Microporous and Mesoporous Materials   101(1-2) 115-126   2007年   [査読有り]
High activity of Mn-MgAl hydrotalcite in heterogeneously catalyzed liquid-phase selective oxidation of alkylaromatics to benzylic ketones with 1 atm of molecular oxygen
S.K. Jana, Y. Kubota, T. Tatsumi
Journal of Catalysis   247(2) 214-222   2007年   [査読有り]
Nanostructural modification of organic-tethered MCM-22 catalyst and its catalytic performance
Y. Kubota, M. Yoshida, T. Tatsumi
Studies in Surface Science and Catalysis   170 629-634   2007年   [査読有り]
S.A.R. Mulla, S.B. Waghmode, S. Watanabe, H. Maekawa, K. Komura, Y. Sugi
Bull. Chem. Soc. Jpn.   79(9) 1451-1461   2006年9月   [査読有り]
Selected Paper
Organic-inorganic hybrid catalysts based on ordered porous structures for Michael reaction
H. Ikeya, Y. Sugi, T. Yamada, T. Tatsumi
J. Mol. Catal., A: Chemical   249(1-2) 181-190   2006年4月   [査読有り]
Amino-functionalized mesoporous silica synthesized by a novel synthesis route using an anionic surfactant
T. Yokoi, H. Yoshitake, T. Yamada, Y. Kubota, T. Tatsumi
Journal of Materials Chemistry   16 1125-1135   2006年3月   [査読有り]
Y. Sugi,Y. Kubota , K. Komura ,N. Sugiyama, M. Hayashi, J.-H. Kim , G.Seo
Applied Catalysis A: General   299 157-166   2006年1月   [査読有り]
Synthesis of highly ordered mesoporous p63/mmc and p6mm phases by adding alcohols to the system for the SBA-1 synthesis
P. Srinivasu, S. Lim, T. Tatsumi
Catalysis Today   111(3-4) 379-384   2006年   [査読有り]
Periodic arrangement of silica nanospheres assisted by amino acids
T. Yokoi, Y. Sakamoto, O. Terasaki, T. Okubo, T. Tatsumi
J. Am. Chem. Soc.   128 13664-13665   2006年   [査読有り]
Improvement in thermal stability and catalytic activity of titanium species in mesoporous titanosilicates by addition of ammonium salts
X. Meng, W. Fan, T. Tatsumi
Journal of Catalysis   244 192-198   2006年   [査読有り]
The chloromethylation of biphenyls catalyzed by group 3 and 4 metal triflates
T. Kishida, T. Yamauchi, K. Komura, Y. Sugi
J. Mol. Catal., A: Chemical   246(1-2) 268-275   2006年   [査読有り]
Mesoporous materials from leached calcium silicates with hollow structure
Y. Goto, Y. Fukushima, Y. Sugi
J. Porous Mater.   13 147-152   2006年   [査読有り]
The transethylation of biphenyl with diethylbenzenes over H-Y zeolite
Q. Jun, K. Komura, Y. Sugi
Bull. Chem. Soc. Jpn   78(6) 1160–1166   2005年6月
Heck vinylation catalyzed by quinoline-derived ruthenium and platinum complexes immobilized on ordered mesoporous silica
J. Horniakova, H. Nakamura, R. Kawase, K. Komura, Y. Sugi
J. Mol. Cat. A: Chemical   233(1-2) 49-54   2005年   [査読有り]
The hydroamination of methyl acrylates with amines over zeolites
J. Horniakova, K. Komura, H. Osaki, Y. Sugi
Catal. Lett.   102(3-4)    2005年   [査読有り]
H-ZSM-5 modified with lanthanum and cerium oxides in shape-selective ethylation of ethylbenzene. The deactivation of external acid sites and the control of pore entrance
Y. Sugi, K. Komura, N. Sugiyama, M. Hayashi, J.-H. Kim
Studies in Surface Science and Catalysis   158 1597-1604   2005年   [査読有り]
Heck reaction caltalyzed by transition metal complexes with quinoline-derived ligands immobilized on mesoporous silica
J. Horniakova, H. Nakamura, K. Komura, Y. Sugi
Stud. Surf. Sci. Catal.   158 1597-1604   2005年   [査読有り]
Magnesioaluminophosphate molecular sieves with ATS topology: Synthesis by dry-gel conversion method and catalytic properties in the isopropylation of biphenyl
S.K. Saha, S.B. Waghmode, H. Maekawa, R. Kawase, K. Komura, Y. Sugi
Micropor. Mesopor. Mater.   81(1-3) 277–287   2005年   [査読有り]
Synthesis of aluminophosphate molecular sieves with AFI topology substituted by alkaline earth metal and their application to solid acid catalysis
S.K. Saha, S.B. Waghmode, H. Maekawa, K. Komura, Y. Sugi, Y. Oumi, T. Sano
Micropor. Mesopor. Mater.   81(1-3) 289–303   2005年   [査読有り]
H. Maekawa, Y. Sugi, Y.Kubota
Chemistry Letters   33(9) 1126-1127   2004年9月   [査読有り]
Isopropylation of benzene with 2-propanol over AFI aluminophosphate molecular sieves substituted with alkaline earth metal
S.B. Waghmode, S.K. Saha, Y. Sugi
J. Catal.   228(1) 192-205   2004年   [査読有り]
Pyridine derived palladium complexes immobilized on ordered mesoporous silica as catalysts for Heck-type reactions
J. Horniakova, T. Raja, Y. Kubota, Y. Sugi
J. Mol. Cat. A: Chemical   217(1-2)    2004年
Performance and characterization of BEA catalysts for catalytic cracking
Yhoshihiro Kubota
Appl. Catal. A: General   273(1-2) 63–73   2004年   [査読有り]
The isopropylation of biphenyl over H-mordenites. Roles of external surface in shape-selective catalysis
S. Tawada, Y. Sugi, Y. Kiyozumi, T. Hanaoka, and F. Mizukami
J. Jpn. Inst. Energy   83 1045-1052   2004年   [査読有り]
ZSM-12 zeolite catalyzed shape-selective ethylation of biphenyl to 4,4'-diethylbiphenyl
S.B. Waghmode, S. Watanabe, Y. Kubota, Y. Sugi
Transactions of the Materials Research Society of Japan   29 2179-2182   2004年   [査読有り]

Misc

 
新規骨格ゼオライトYNU-5の合成とその背景
窪田 好浩、稲垣 怜史、中澤 直人
触媒   60(5) 247-252   2018年10月
新規骨格ゼオライトの創製と応用
窪田 好浩、稲垣 怜史、中澤 直人
化学工業   68(10) 1-5   2017年10月
新型ゼオライト触媒によるナフサからの低級オレフィン合成
窪田好浩・稲垣怜史
工業材料   61(3) 54-57   2013年3月
MSE型ゼオライトを固体酸触媒としたナフサからの低級オレフィン合成を実施した際に,高いプロピレン選択率を実現できることおよびその理由について紹介した。
触媒材料としてのゼオライト新規骨格の創製
MATERIAL STAGE   17(11)    2018年2月
低級オレフィン製造用触媒としての新型ゼオライト
窪田好浩、稲垣怜史、朴 成植
工業材料   65(3) 23-28   2017年3月
MSE型ゼオライトを固体酸触媒としたジメチルエーテルからの低級オレフィン合成(DTO反応)を実施すると,高いプロピレンおよびブチレン選択率を実現できることおよびその理由について紹介した。
ZSM-5ゼオライトの脱アルミニウム挙動―パラフィンのクラッキングとの相関―
稲垣怜史,窪田好浩
触媒   57(2) 113-119   2015年4月   [依頼有り]
ZSM-5ゼオライトの脱アルミニウム挙動とパラフィンのクラッキングとの相関について詳しく紹介した。
ゼオライトの欠陥制御を鍵とする新しいチタノシリケート系高性能触媒の創製
窪田好浩,稲垣怜史
ゼオライト   31(4) 131-142   2014年12月   [依頼有り]
高性能触媒 Ti-YNU-2について,研究開発の経緯を詳しく紹介した。
有用芳香族化合物の高選択的な合成に向けたゼオライト触媒の開発
窪田好浩,稲垣怜史
アロマティックス   66(秋季) 252-263   2014年11月   [依頼有り]
ゼオライト細孔内における形状選択的な芳香環の修飾反応について紹介した。
粉砕プロセスを利用したナノゼオライト触媒の新規調製法
脇原 徹,多々見純一,稲垣怜史,窪田好浩
触媒   53(7) 415-419   2011年12月
チタノシリケートを触媒とする部分酸化反応―含水系における高性能化
窪田好浩,稲垣怜史
化学   65(3) pp.66-67   2010年2月
MCM-68ゼオライトおよび類縁体の触媒材料としての可能性
窪田好浩,稲垣怜史
触媒   51(4) pp.304-309   2009年6月
界面化学現象を利用する無機-有機ハイブリッド触媒の合成
窪田好浩
化学と教育   55(5) pp. 232-235   2007年5月
左巻きおよび右巻きのシリカ細孔を創り分ける
横井俊之,窪田好浩,辰巳 敬
未来材料   7(3) pp. 36-43   2007年3月
ゼオライト開発の現状
窪田好浩,辰巳 敬
真空   49(4) 205-212   2006年4月
最近の大孔径高シリカゼオライト
窪田 好浩
ゼオライト   22(4) 114-123   2005年12月
最近見直されているゼオライト――12員環と10員環が交差した細孔構造
窪田 好浩
ペトロテック   28 870-872   2005年11月
ミクロ・メソ多孔体を用いる塩基触媒炭素-炭素結合形成反応
窪田好浩,杉 義弘
ファインケミカルズ   33(1) 21-30   2004年1月
大孔径高シリカゼオライト
窪田好浩,杉 義弘
ケミカルエンジニヤリング   48(11) 47-50   2003年11月
有機分子を鋳型にして大孔径ゼオライトをつくる
窪田好浩,杉 義弘
ペトロテック   25(2) 117-120   2002年2月
高シリカ大孔径ゼオライト
窪田 好浩
触媒   43(8) 615-620   2001年12月
分子協調作用を利用した高シリカゼオライトの合成
窪田好浩,杉 義弘
機能材料   20(10) pp.27-34   2000年10月
ゼオライト合成に用いる有機structure- directing agentに関する研究
窪田好浩,杉 義弘
ゼオライト   17(1) 10-16   2000年3月
乾燥ゲルを用いるアルミノホスフェート系モレキュラー・シーブの合成
窪田好浩,杉 義弘
触媒   40(5) 357   1999年7月
“超大孔径”ゼオライト合成への挑戦
窪田好浩、杉 義弘
化学   53(8) 70-71   1998年8月

書籍等出版物

 
石油化学プロセス 新版
石油学会   2018年9月   ISBN:9784065130087
ナノ空間材料ハンドブック_ナノ多孔性材料、ナノ層状物質等が切り開く新たな応用展開
有賀克彦監修,分担執筆:窪田好浩,稲垣怜史 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 ゼオライト類,1節 総論 について分担執筆)
エヌティーエス   2016年2月   ISBN:4860434331
ゼオライト合成全般について,過去と未来について総論を述べた。
有機のSDAを用いた新しいゼオライトの合成研究について紹介した。
高機能ゼオライトの最新技術
岩本正和監修,分担執筆:窪田好浩,稲垣怜史 (担当:分担執筆, 範囲:第3編 多孔体触媒 第1章 ミクロ孔物質 8. Ti-MCM-68 (Ti-MSE) について分担執筆)
シーエムシー出版   2015年11月   ISBN:978-4-7813-10
Ti-MCM-68触媒の調製法について紹介した
触媒の設計・反応制御事例集
中野達也 他105名,分担執筆:窪田好浩 (担当:共著, 範囲:第3章 触媒の設計,構造制御技術,第10節 規則性多孔体の設計と調製について執筆)
技術情報協会   2013年4月   
モルデナイト触媒,MCM-68触媒の研究開発例を紹介した。
触媒・光触媒の科学入門
山下弘巳,田中庸裕,三宅孝典,西山覚,古南博,八尋秀典,窪田好浩,玉置純 (担当:共著)
講談社   2006年11月   

担当経験のある科目

 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
新規ゼオライトの合成方法と用途の研究
東ソー㈱: 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 窪田好浩
第一リン酸アルミニウムのゼオライト保護機能の機構解明に関する研究
コスモ石油㈱: 
研究期間: 2017年2月 - 2019年3月
新規な規則性他孔体を基盤とする高性能参加触媒の開発ち高難度反応への挑戦
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 窪田好浩
環境調和型高効率化学プロセスを可能にする新型ゼオライト触媒の創製と活性点制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 窪田好浩

特許

 
2014-43371 : MSE型ゼオライト及びその製法
窪田好浩,稲垣怜史,坪井靖之
2012-92063 : 軽質オレフィンの製造方法
窪田好浩,稲垣怜史,渡部恵大
5131624 : パラフィンの接触分解法
窪田好浩,稲垣怜史,武智一義
5017642 : MCM-68のトポロジーを持つ結晶性多孔質シリケート及びその製法
窪田好浩、小山啓人
4923248 : チタノシリケート及びその製法
窪田好浩、小山啓人

社会貢献活動

 
岐阜大学非常勤講師
【講師】  岐阜大学  (岐阜市)  2018年10月 - 2019年3月
特別講義
第24回ゼオライト夏の学校 講師
【】  日本ゼオライト学会  (東京都八王子)  2016年8月
「有機の構造規定剤を用いるゼオライト合成の基礎知識」というタイトルで講演を行った。
科学技術振興機構(JST)新技術説明会
【】  科学技術振興機構  2015年10月
「新型ゼオライト系高性能触媒の開発」というタイトルで技術説明を行った。
日本セラミックス協会 資源・環境関連材料部会 講演会
【】  日本セラミッックス協会  (東京)  2015年10月
「規則性ナノ空間材料の創製とその応用」というタイトルで講演を行った。
第26回キャタリシススクール
【】  触媒学会  (東京大学本郷キャンパス)  2015年6月
触媒調製(Ⅱ)の講義