平井 信充

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/02 15:36
 
アバター
研究者氏名
平井 信充
 
ヒライ ノブミツ
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
生物応用化学科
職名
教授
学位
博士(工学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
鈴鹿工業高等専門学校 生物応用化学科 教授
 
2013年4月
 - 
2018年3月
鈴鹿工業高等専門学校 生物応用化学科 准教授
 
2012年4月
 - 
2013年3月
鈴鹿工業高等専門学校 生物応用化学科 講師
 
2005年6月
 - 
2012年3月
大阪大学 大学院工学研究科 講師
 
1998年4月
 - 
2005年5月
大阪大学 大学院工学研究科 助手
 
1997年1月
 - 
1998年3月
大阪大学 工学部 助手
 
1994年4月
 - 
1996年11月
日本電気株式会社
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1994年3月
京都大学 大学院工学研究科 電子工学専攻 修士課程
 
1988年4月
 - 
1992年3月
京都大学 工学部 電気工学第二学科
 

委員歴

 
2017年3月
 - 
現在
日本鉄鋼協会評価・分析・解析部会  運営委員
 
2013年8月
 - 
現在
日本表面科学会 中部支部  幹事
 
2006年2月
 - 
2015年1月
電気化学会 溶融塩委員会  幹事
 
2009年2月
 - 
2011年1月
電気化学会 溶融塩委員会  事務局長
 
2002年7月
 - 
2005年6月
日本表面科学会  編集委員会 委員
 
1997年4月
 - 
1998年3月
日本金属学会・日本鉄鋼協会 関西支部  幹事
 

受賞

 
2005年11月
電気化学会 溶融塩委員会 溶融塩奨励賞 1-アルキル-3-メチルイミダゾリウム系常温溶融塩中におけるAu(100)単結晶表面のEC-AFM観察
 
2005年10月
大阪大学 25 Graphics and 100 Papers Selection, Annual Report of Osaka University Academic Achievement 2004-2005
受賞者: 久保公彦、平井信充、田中敏宏、原茂汰
 
2003年10月
日本金属学会 第1回ポスターセッション 優秀ポスター賞 常温溶融塩EMIBF4中におけるAu(100)単結晶表面のin-situ EC-AFM観察
受賞者: 久保公彦,平井信充,横川友彦,田中敏宏,原 茂太
 
2001年9月
日本金属学会 第 11 回 日本金属学会奨励賞 「材料プロセシング部門」
 
受賞者は,原子間力顕微鏡(AFM)による原子スケールその場観察に基づいた,電位制御下電解質溶液中における金属表面の構造およびダイナミクスの解析と,その知見に立脚した各種電気化学プロセス(薄膜創製および電池電極反応等)の制御に関する研究を行っている.主な業績として,電極表面原子の表面拡散加速現象の解析,水溶液腐食および防食機構の解析,電析によるII-VI族化合物半導体薄膜創製,鉛二次電池の電極反応解析が挙げられるが,いずれも独創的かつ優れた研究成果であり,今後の更なる展開が期待される.

論文

 
Effects of Elastic Waves at Several Frequencies on Biofilm Formation in Circulatin Types of Laboratory Biofilm Reactors.
Kanematsu, H.; Maeda, S.; Barry, D. M.; Umeki, S.; Tohji, K.; Hirai, N.; Ogawa, A.; Kogo, T.; Ikegai, H. and Mizunoe, Y.
In ceramic Transactions - Advances in Ceramics for Environmental, Functional, Structural, and Energy Applications,   265 43-51   2018年10月   [査読有り]
Electrochemical Responses of Graphene with Biofilm Formation on Various Metallic Substrates by Using Laboratory Biofilm Reactors
H. Kanematsu, K. Shindo, D. M. Barry, N. Hirai, A. Ogawa, D. Kuroda, T. Kogo, K. Sano, H. Ikegai, Y. Mizunoe
ECS Transaction   85 491-498   2018年6月   [査読有り]
Polymer Brush Made by Ionic Liquids and the Inhibition Effects for Biofilm Formation
H. Kanematsu, A. Oizumi, T. Sato, T. Kamijo, S. Honma, D. M. Barry, N. Hirai, A. Ogawa, T. Kogo, D. Kuroda, K. Tsunashima
ECS Transactions   85 1089-1095   2018年6月   [査読有り]
Biofilm Formation Behaviors on Graphene by E. coli and S. epidermidis
H. Kanematsu, M. Sato, K. Shindo, D. M. Barry, N. Hirai, A. Ogawa, T. Kogo, Y. Utsumi, A. Yamaguchi, H. Ikegai, Y. Mizunoe
ECS Transaction   80(10) 1167-1175   2017年12月   [査読有り]
Effects of Ionic Liquids on Biofilm Formation in a Loop-Type Laboratory Biofilm Reactor
H. Kanematsu, T. Saito, D. M. Barry, N. Hirai, T. Kogo, A. Ogawa, K. Tsunashima
ECS Transaction   80(10) 1147-1155   2017年12月   [査読有り]
The development of the anti-biofouling coating agent using metal nanoparticles and analysis by Raman spectroscopy and FIB system
K. Sano, H. Kanematsu, N. Hirai, A. Ogawa, T. Kogo, T. Tanaka
Surface and Coatings Technology   25(9) 1-7   2017年9月   [査読有り]
Physical and Electrochemical Properties of Ionic Liquids Based on Quaternary Phosphonium Cations and Carboxylate Anions as Electrolytes
J. Shimada, K. Tsunashima, M. Ue, K. Iwasaki, T.Tsuda, S. Kuwabata, H. Kanematsu, N. Hirai, T. Kogo , A.Ogawa
ECS Transactions   75(52) 105-111   2017年1月   [査読有り]
Biofouling on mortar mixed with steel slags in a laboratory biofilm reactor
K. Sano, T. Masuda, S. Yokoyama, N. Hirai, A. Ogawa, T. Kougo, K. Yamazaki, T. Tanaka
American Institute of Physics Publishing (AIP Publishing)   1807 020004-1-020004-5   2017年1月   [査読有り]
平井信充, 中川元斗, 岡本康男
工学教育   65(4) 4_77‐4_81(J‐STAGE)   2017年7月   [査読有り]
兼松秀行, 佐野勝彦, 幸後健, 小川亜希子, 平井信充
電子情報通信学会技術研究報告 (OME2016-54 - OME2016-58) 有機エレクトロニクス   116(384) 11-15   2016年12月
Hideyuki Kanematsu, Hikonaru Kudara, Shun Kanesaki Takeshi Kogo, Hajime Ikegai, Akiko Ogawa and Nobumitsu Hirai
Materials   9(10) 824-834   2016年10月   [査読有り]
Working to active learning by “Creative Engineering” in NIT SUZUKA college
T. Kougo, T. Itaya, H. Minoura, N. Hirai,M. Yamaguchi,H. Kai, G. Nakagawa, M. Kitou, T. Shirai, K. Nishimura, M. Kawaguchi, T. Tazoe, H. Simofuruya, H. Kanematsu, H. Ezaki, K. Ise, Y. Nitta.
The 10th International Symposium on Advances in Technology Education.School of Engineering   594-598   2016年9月   [査読有り]
Hideyuki Kanematsu, Senshin Umeki, Nobumitsu Hirai, Yoko Miura, Noriyuki Wada, Takeshi Kougo, Kazuyuki Tohji, Hirokazu Otani, Kazuhiko Okita and Toshifumi Ono
Processing, Properties, and Design of Advanced Ceramics and Composites: Ceramic Transactions,   259 199-212   2016年9月   [査読有り]
生貝初, 小林正和, 平井信充, 戸田裕之, 諸星知広, 池田宰, 上杉健太朗, 黒田大介, 兼松秀行
Bacterial Adherence & Biofilm   29 93‐96   2016年5月
佐野勝彦, 兼松秀行, 平井信充, 田中敏宏
表面技術   67(5) 268‐273   2016年5月   [査読有り]
Katsuhiko Sano, Hideyuki Kanematsu, Takeshi Kogo, Nobumitsu Hirai, Toshihiro Tanaka
Transactions of Institute of Materials Finishing   94(3) 139-145   2016年5月   [査読有り]
Nobumitsu Hirai, Yui Yamamoto
Journal of Power Sources   293 1073-1076   2015年10月   [査読有り]
The effect of various alkaline metal ions on electrochemical behavior of lead electrode in sulfuric acid solution has been investigated. It was found that "the specific anodic oxidation peak" appears at the cathodic scan in cyclic voltammogram of ...
Nobumitsu Hirai
Biofilm and Materials Science   125-133   2015年4月
© Springer International Publishing Switzerland 2015. Microbial fuel cells (MFCs) are one of the fuel cells which use the biological function of microorganisms. Biofilm formed on the electrodes of an MFC may affect the performance of the MFC. In t...
生貝初, 平井信充, 黒田大介, 兼松秀行
日本細菌学雑誌   70(1) 143   2015年2月
N. Hirai, M. K. Mun, T. Masuda, H. Itoh, H. Kanematsu
Materials Technology   30 B57-B60   2015年1月   [査読有り]
W. S. Maney & Son Ltd. Biofilms formed on various plastics (vinyl chloride, silicone resin, Nylon 66, polycarbonate and polypropylene) have been investigated by atomic force microscopy (AFM) and optical microscopy (OM). A biofilm formation reactor...

書籍等出版物

 
バイオフィルムとその工業利用
兼松 秀行、生貝 初、黒田 大介、平井 信充 (担当:共著)
米田出版   2015年3月   
リグニン利用の最新動向
平井 信充 (担当:分担執筆, 範囲:リグニンからの鉛電池負極添加剤)
シーエムシー出版   2013年7月   ISBN:9784781308050
マクロおよびミクロポーラス金属の開発最前線
田中敏宏、鈴木賢紀、平井信充 (担当:分担執筆, 範囲:低環境負荷微細孔材料作製の試み)
シーエムシー出版   2011年7月   ISBN:9784781303475
レアメタル便覧
平井 信充 (担当:分担執筆, 範囲:15章 溶融塩「相平衡・熱力学」)
丸善,   2011年   ISBN:9784621082768

講演・口頭発表等

 
鉛電極反応に及ぼすリグニンと硫酸ナトリウム共添加の影響
田中拓哉、平井信充、川北将平、田邊壮
2018年電気化学秋季大会   2018年9月26日   
バイオフィルムSICM形態観察に与える液中への固定化剤添加の影響
平井信充、吉岡正義、岩田太、兼松秀行
日本鉄鋼協会第176回宇秋季講演大会   2018年9月21日   
枯草菌ないし海洋菌バイオフィルムで被覆した製鋼スラグを浸漬した人工海水のpH測定
廣田さくら、加藤花、中川元斗、平井信充
日本鉄鋼協会 評価・分析・解析部会 シンポジウム 「バイオフィルム被覆による鉄鋼スラグの新機能創出とその評価・分析I」   2018年9月19日   
種々のシラン系樹脂で被覆したスラグ表面へのバイオフィルム形成の差異
佐野勝彦、兼松秀行、平井信充、黒田大介、小川亜希子、幸後健
日本鉄鋼協会 評価・分析・解析部会 シンポジウム 「バイオフィルム被覆による鉄鋼スラグの新機能創出とその評価・分析I」   2018年9月19日   
TOC分析によるバイオフィルム定量の試み
梅川響、甲斐穂高、東浦芙宇、平井信充
日本鉄鋼協会 評価・分析・解析部会 シンポジウム 「バイオフィルム被覆による鉄鋼スラグの新機能創出とその評価・分析I」   2018年9月19日   
伊勢湾浸漬試験で製鋼スラグ上に形成されたバイオフィルム中の細菌叢解析
小川亜希子、田中礼士、鈴木賢紀、平井信充
日本鉄鋼協会 評価・分析・解析部会 シンポジウム 「バイオフィルム被覆による鉄鋼スラグの新機能創出とその評価・分析I」   2018年9月19日   
副生物からの釉薬作製を題材とした社会実装教育の試み
平井信充
平成30年度工学教育研究講演会   2018年8月30日   
化学・バイオ系のPBL型授業に如何にして社会実装教育を取り入れるか? [招待有り]
平井 信充
平成30年度全国高専フォーラム   2018年8月22日   
モデル型微生物燃料電池の負極電位低下速度向上に向けた検討
伊藤隼人、中川元斗、平井信充
日本鉄鋼協会第175回春季講演大会   2018年3月20日   
走査型イオン伝導顕微鏡による枯草菌バイオフィルムの水中形態観察の試み
平井信充, 白澤樹, 岩田太
2017生体医歯工学共同研究拠点成果報告会   2018年3月9日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年10月 - 2019年3月    代表者: 平井 信充 鈴鹿工業高等専門学校, その他部局等, 准教授 (50294020)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 兼松 秀行 鈴鹿工業高等専門学校, その他部局等, 教授 (10185952)
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 木村 宗弘 長岡技術科学大学, 工学研究科, 教授 (20242456)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 平井 信充
微生物誘起腐食(MIC)が水環境下での構造材について問題となってきている。MICの防止・抑制には原因となるバイオフィルム生成の抑制が必要であり、そのためには浮遊細菌の金属材料上への付着を抑制する必要がある。従来、MICの防止・抑制の指標として、主に材料の「抗菌性」が用いられてきたが、「抗菌性」と「バイオフィルム生成能」が一致しないケースが存在することがわかってきた。その理由の一つには「抗菌性」と「浮遊細菌の付着性」が一致しない場合があるためと考えられる。そこで、各種材料表面への浮遊細菌の付...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 田中 敏宏
ナノ粒子金属や合金においては、融点のような基本的物性値も界面自由エネルギーの影響を受けて変化することが知られている。熱力学的な解析手法により、融点や液相線温度の低下を予測できるが、より精確な評価のためには固液間界面自由エネルギーの値が必要となる。しかしながら、合金系における固液間界面自由エネルギーの値は実験値も非常に少なく、また計算による評価方法も確立されていない。そこで、本研究では、合金系における固液間界面自由エネルギーの測定方法並びに熱力学的計算手法を確立することを目指して、種々の検討...

特許

 
特開2008-152973 : 鉛蓄電池用電解液、鉛蓄電池用負極、該電解液及び/又は該負極を備えた鉛蓄電池、並びに鉛蓄電池用添加剤
平井 信充、眞柄 謙吾、池田 努、久保 智史
特開2006-172921 : 鉛蓄電池及びこれに用いる負極並びに負極活物質
平井 信充、田中 敏宏、眞柄 謙吾、池田 努
特開2001-337067 : 電極反応状態評価用セル
山口 義彰、塩田 匡史、中山 恭秀、原 茂太、平井 信充
特開2001-337068 : 電極反応状態評価用セルおよび電極反応状態評価方法
山口 義彰、塩田 匡史、中山 恭秀、原 茂太、平井 信充
特開2000-144500 : 金属基板表面における原子スケールの平坦面の形成方法
原 茂太、平井 信充