安田 弘行

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:50
 
アバター
研究者氏名
安田 弘行
 
ヤスダ ヒロユキ
所属
大阪大学
部署
工学研究科 マテリアル生産科学専攻
職名
教授
学位
博士(工学)(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
- 大阪大学准教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年
大阪大学 工学研究科 材料物性工学
 
 
 - 
1992年
大阪大学 工学部 材料物性工学科
 

受賞

 
1997年
日本金属学会奨励賞
 
2004年
第25会本多記念研究奨励賞
 
2005年
平成16年度大阪大学教育・研究功績賞
 
2004年
大阪大学論文100選2003-2004
 
2004年
本多記念研究奨励賞
 

論文

 
TiAl系金属間化合物の疲労特性
中野貴由, 安田弘行, 馬越佑吉
鉄と鋼, 80[9] (1994), pp.469-471      1994年9月   [招待有り]
【国立情報学研究所情報から移行】
Effect of Bonding Character on Electron-Irradiation-Induced Chemical Disordering and Amorphization in III-V Compounds
H. Yasuda and H. Mori
Materials Transactions   45(1) 2-4   2004年1月   [査読有り]
Nondestruction lifetime prediction by magnetic measurements, Encyclopedia of Materials
Y. Umakoshi and H.Y. Yasuda
Encyclopedia of Materials, (2004)      2004年1月
磁気特性を利用した金属間化合物の非破壊検査、検査技術、
馬越佑吉、安田弘行
   2004年11月
Plastic deformation behavior of Mg89Zn4Y7 extruded alloy composed of long-period stacking ordered phase
K. Hagihara, A. Kinoshita, Y. Sugino, M. Yamasaki, Y. Kawamura, H. Y. Yasuda and Y. Umakoshi,
Intermetallics      2010年8月   [査読有り]

Misc

 
Cyclic deformation and fatigue behaviour of TiAl crystals containing oriented lamellae
Proceedings of 3rd Japan International SAMPE Symposium   1329-1333   1993年
Fracture behaviour of TiAl crystals containing oriented lamellae
Proceedings of 3rd Japan International SAMPE Symposium   1334-1339   1993年
The effect of orientation and lamellar structure on the fatigue behaviour of TiAl PST crystals
Proceedings of the 10th International Conference on the Strength of Materials   345-348   1994年
UMAKOSHI Y, YASUDA H Y, NAKANO T
Materials Science and Engineering   192/193 511-517   1995年
NAKANO T, KAWANAKA T, YASUDA H Y, UMAKOSHI Y
Materials Science and Engineering   194(1) 43-51   1995年

書籍等出版物

 
レアメタル便覧
H. Y. Yasuda (担当:共著)
丸善   2011年1月   
Advanced Materials Design for Fe-based Shape Memory Alloys through Structural Control, in Progress in Advanced Structural and Functional Materials Design
H. Y. Yasuda (担当:共著)
Springer   2012年12月   
鉄の事典
安田弘行(分担執筆) (担当:共著)
朝倉書店   2014年12月   

Works

 
複合機能化への材料協調設計
1999年
再生医工学
1998年
Fe-Al合金の超塑性
1998年
マルテンサイト変態を必要としないFe系超弾性合金の合金設計
2004年
材料の耐久性デザインを決定する変形・破壊の本質に関する研究調査
2004年

競争的資金等の研究課題

 
金属ならびに金属間化合物の組織制御に関する研究
金属間化合物の疲労に関する研究
生体材料