老松 克博

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
老松 克博
 
オイマツ カツヒロ
所属
大阪大学
部署
大学院人間科学研究科 人間科学専攻 臨床教育学講座
職名
教授
学位
博士(医学)(鳥取大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
2003年
 大阪大学大学院人間科学研究科 助教授
 

委員歴

 
2001年
   
 
日本ユング心理学会  理事、シニア・アナリスト
 

Misc

 
交互なぐりがき物語統合法における治療的な力のありかについて
日本芸術療法学会誌   24(1) 12-19   1993年
中心の諸相-箱庭療法を通してみた、その幼稚化と成熟について (共著)
日本芸術療法学会誌   22(1) 23-30   1991年
癒す力としての「中心」と「怒り」(共著)
箱庭療法学研究   4(2) 37-48   1991年
『天地始之事』を通してみた、キリシタンの精神歴史学的研究 (共著)
日本病跡学雑誌   44 69-78   1992年
箱庭治療過程前半にみられる宗教的シンボルの意義
箱庭療法学研究   2(1) 28-48   1989年

書籍等出版物

 
無意識と出会う(アクティヴ・イマジネーションの理論と実践①)
トランスビュー   2004年   
成長する心(アクティヴ・イマジネーションの理論と実践②)
トランスビュー   2004年   
元型的イメージとの対話(アクティヴ・イマジネーションの理論と実践③)
トランスビュー   2004年   
薬物療法が精神療法に出逢う場所 (共著)
症例に学ぶ精神科薬物療法(メディカル・トリビューン)   1994年   
アクティヴ・イマジネーション-ユング派最強の技法の誕生と展開
誠信書房   2000年   

競争的資金等の研究課題

 
日本人の自我に関する研究
研究期間: 1992年   
自己愛に関する研究
研究期間: 1992年   
アクティヴ・イマジネーションに関する研究
研究期間: 1992年   
錬金術と元型的イメージに関する研究
研究期間: 2002年