德永 浩司

J-GLOBALへ         更新日: 13/12/19 02:55
 
アバター
研究者氏名
德永 浩司
 
トクナガ コウジ
所属
岡山大学
部署
大学院医歯薬学総合研究科 岡山大学医歯薬学総合研究科
職名
准教授
学位
医学博士

研究分野

 
 

委員歴

 
2012年
   
 
日本脳卒中学会  代議員
 
2009年
   
 
日本脳神経外科学会  代議員
 
2009年
   
 
日本脳神経外科学会  座長
 
2008年
   
 
日本脳神経外科学会  座長
 
2009年
   
 
日本脳神経血管内治療学会  座長
 

Misc

 
非外傷性頭蓋内解離性椎骨動脈瘤に対する外科的治療
*徳永浩司、中嶋裕之、田宮 隆、松本健五、大本堯史
The Mt. Fuji Workshop on CVD      1999年
von Hippel-Lindau病に伴う脊髄血管芽腫の検討
中嶋裕之、*徳永浩司、田宮隆、松本健五、大本堯史、古田知久
脳神経外科      1999年
*Tokunaga K 1), Kinugasa K 2), Kawada S 1), Nakashima H 1), Tamiya T 1), Hirotsune N 2), Mandai S 3), Ohmoto T 1)
Neurosurgery      1999年
Experimental study of intracisternal administration of tissue-type plasminogen activator followed by cerebrospinal fluid drainage in the ultra-early stage of subarachnoid haemorrhage.
Kawada S, Kinugasa K, Meguro T, Hirotsune N, *Tokunaga K, Kamata I, Nakashima H, Ohmoto T
Acta Neurochir(Wien)      1999年
Meguro T, *Tokunaga K, Nakashima H, Tamiya T, Kinugasa K, Ohmoto T
J Neurosug Anesthesiol      2000年

書籍等出版物

 
脳血管障害の最新治療
先端医療技術研究所,東京   2002年   
Cerebral Vasospasm Advances in Research and Treatment
Thieme Medical Publishers,Inc.,New York   2004年   
Cerebral Vasospasm Advances in Research and Treatment
Thieme Medical Publishers,Inc.,New York   2004年   
Cerebral Vasospasm Advances in Research and Treatment
Thieme Medical Publishers,Inc.,New York   2004年   
Cerebral Vasospasm Advances in Research and Treatment
Thieme Medical Publishers,Inc.,New York   2004年   

講演・口頭発表等

 
When Do PCOMA Aneurysms rupture? -Importance of the Conflict with the Perianeurysmal Environment
Japan-Swiss Conference on Cerebral Aneurysm   2001年   
Histopathology in 28 Cases of Saccular Cerebral Aneurysms
27th Congress of European Society of Neuroradiology   2001年   
Performance of Long J-shaped Coils in Large and Giant Aneurysms
27th Congress of European Society of Neuroradiology   2001年   
Performance of Long J-shaped coils in Large and Giant aneurysms
6th Congress of World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology   2001年   
大型、巨大脳動脈瘤に対するlong J-shape coilによる塞栓術の有用性:シリコン製モデルによる検討
第60回日本脳神経外科学会総会   2001年   

Works

 
血管透過性蛋白11Rによる脳卒中の治療効果に関する研究
2007年 - 2010年
血管透過性蛋白11Rによる脳卒中の治療効果に関する研究
2007年 - 2010年
もやもや病に対するVEGF遺伝子導入と骨髄幹細胞移植のダブル治療
2009年 - 2012年
もやもや病に対するVEGF遺伝子導入と骨髄幹細胞移植のダブル治療
2009年 - 2012年
もやもや病に対するVEGF遺伝子導入と骨髄幹細胞移植のダブル治療
2009年 - 2012年

競争的資金等の研究課題

 
脊椎椎体部病変に対するvertebroplasty
研究期間: 2002年   
percutaneous vertebroplasty
血管内手術による脳血管障害の治療
モヤモヤ病に対する治療
頸動脈血流のコンピューターシミュレーション