若槻 尚斗

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 03:07
 
アバター
研究者氏名
若槻 尚斗
 
ワカツキ ナオト
eメール
wakatukiiit.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
システム情報系
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
1997年1月
 - 
2001年3月
岡山大学 工学部電気電子工学科 助手
 
2001年4月
 - 
2004年3月
秋田県立大学 システム科学技術学部電子情報システム学科 助手
 
2004年4月
 - 
2006年3月
秋田県立大学 システム科学技術学部電子情報システム学科 講師
 
2006年4月
 - 
2008年6月
筑波大学 大学院システム情報工学研究科知能機能システム専攻 講師
 
2008年6月
 - 
2010年9月
筑波大学 大学院システム情報工学研究科知能機能システム専攻 准教授
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1993年3月
筑波大学 第三学群 基礎工学類
 
1993年4月
 - 
1997年1月
筑波大学 工学研究科 物理工学専攻
 

委員歴

 
2018年1月
   
 
日本学術会議  総合工学委員会・機械工学委員会合同計算科学シミュレーションと工学設計分科会計算音響学小委員会第24期委員 幹事
 
2017年4月
   
 
農業施設学会  事業計画委員会 委員
 
2015年5月
 - 
2017年9月
日本学術会議  総合工学委員会・機械工学委員会合同計算科学シミュレーションと工学設計分科会計算音響学小委員会第23期委員
 
2013年6月
 - 
2017年5月
日本音響学会  編集委員会論文部会委員
 
2013年6月
 - 
2014年5月
日本音響学会  音楽音響研究委員会幹事
 

受賞

 
2004年6月
日本シミュレーション学会 日本シミュレーション学会研究賞
 
QCM(Quarts Crystal Microbalance)はかりにおける微小質量の同定

論文

 
NISHIHARA,Saki;EBIHARA,Tadashi;MIZUTANI,Koichi;WAKATSUKI,Naoto
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E101A(11) 1841-1848   2018年   [査読有り]
<p>In this paper, we propose a secure near-field communication (NFC) for smartphones by combining acoustic and vibrational communication. In our hybrid system, a transmitter transmits an encrypted message and encryption key from a loudspeaker and ...
Comparison of Tones and Physical Properties among Cello Strings of Different Materials
Masaki, Mohri;Naoto, Wakatsuki;Koichi, Mizutani
Proceedings of the 2017 International Symposium on Musical Acoustics, 18–22 June, Montreal, Canada   88-88   2017年6月
Effects on Temporal Change of Vibrational Properties on Guitar String by Stringing and Plucking
Kota, Otsuka;Koichi, Mizutani;Naoto, Wakatsuki;Tadashi, Ebihara
Proceedings of the 2017 International Symposium on Musical Acoustics, 18–22 June, Montreal, Canada   77-77   2017年6月
複数の感度軸を有する圧電トランスデューサの送信特性
青柳将史;若槻, 尚斗;水谷, 孝一;海老原, 格
信学技報(電子情報通信学会)   117(398) 83-87   2018年1月
Secure Near-field Communication for Smartphones Using Sound and Vibration
西原, 沙紀;海老原, 格;水谷, 孝一;若槻, 尚斗
The 14th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers   58-58   2017年11月

書籍等出版物

 
圧電デバイスにおける数値シミュレーションとその応用に関する研究
若槻, 尚斗
2004年1月   
ACOUSTICAL IMAGING, VOL 29
Wakatsuki, N.;Mizutani, K.
SPRINGER   2008年1月   ISBN:9781402088223

講演・口頭発表等

 
Comparison of Tones and Physical Properties among Cello Strings of Different Materials
Masaki, Mohri;Naoto, Wakatsuki;Koichi, Mizutani
The 2017 International Symposium on Musical Acoustics (ISMA)   2017年6月18日   
Effects on Temporal Change of Vibrational Properties on Guitar String by Stringing and Plucking
Kota, Otsuka;Koichi, Mizutani;Naoto, Wakatsuki;Tadashi, Ebihara
The 2017 International Symposium on Musical Acoustics (ISMA)   2017年6月18日   
Measurement and Visualization System of Eigenmode Shapes Considering Orthogonal Modes on Circular Membrane
Zempo, Eri;Wakatsuki, Naoto;Mizutani, Koichi;Maeda, Yuka
Regional Conference on Acoustics and Vibration 2017   2017年11月27日   
Evaluation of Time-Difference-of-Arrival Error of Acoustic Beacons caused by Velocity of Microphone Array
Ogiso, Satoki;Mizutani, Koichi;Wakatsuki, Naoto;Ebihara, Tadashi
Regional Conference on Acoustics and Vibration 2017   2017年11月27日   
Effect of Movement on Positioning Accuracy in a Transponder-based Acoustical Positioning
Iwaya, Hirokazu;Ogiso, Satoki;Mizutani, Koichi;Ebihara, Tadashi;Wakatsuki, Naoto
Regional Conference on Acoustics and Vibration 2017   2017年11月27日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
音声による誘導を目的とする大面積斜方放射型音響設備に関する研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 若槻 尚斗
蛋白質の超音波凝固に関する研究
医療法人大見会大見病院: 国内共同研究
研究期間: 2007年9月 - 2008年11月
収束超音波により生体組織を熱凝固させるデバイスの開発研究
蛋白質の超音波凝固に関する研究
医療法人大見会大見病院: 国内共同研究
研究期間: 2006年9月 - 2007年11月    代表者: 水谷孝一
収束超音波により生体組織を熱凝固させるデバイスの開発研究
超音波プローブによる環境計測の研究補助
株式会社 山武: 出資金による受託研究
研究期間: 2008年3月   
超音波により空気中の音速などを計測することにより環境の様々な空気性状を得る
音響的手法による空気性状の計測とその応用
(選択しない)
研究期間: 2006年4月   
空気中の音速などを計測することにより、気温・風速・湿度などの空気性状を計測する手法、およびグリッド状に音響センサを点在させることによりその中の領域の空気性状の分布を求める手法に関する研究。