小林 久

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/01 02:41
 
アバター
研究者氏名
小林 久
 
コバヤシ ヒサシ
URL
http://chiiki.agr.ibaraki.ac.jp/index.html
所属
茨城大学
部署
農学部地域総合農学科
職名
教授
学位
博士(農学)
その他の所属
茨城大学
科研費研究者番号
80292481

研究分野

 
 

経歴

 
1991年5月
 - 
1996年9月
(有)ネットワーク・テラ 取締役
 
1996年10月
   
 
茨城大学農学部助教授
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
2014年3月
農村計画学会  理事,国際委員会
 
2010年
 - 
2012年
農村計画学会  評議員
 
2008年
 - 
2012年
農業農村工学会  研究委員会委員
 
2006年
   
 
全国小水力利用推進協議会  理事,運営委員
 

受賞

 
2007年9月
農業農村工学会 農業農村工学会賞(優秀論文賞) 小林久・柚山義人「LCA手法を適用したバイオマス資源循環の評価(肉用「LCA手法を適用したバイオマス資源循環の評価(肉用牛・耕種複合経営の物質フローとリサイクルプロセスの事例的分析)」(農土論集241,2006,13-23)
 

論文

 
The Possibility of Japanese Households’ Acceptance of Power Outages as an Incentive-Based Demand Response Program for Power System Maintenance
Abdur Rohman and Hisashi KOBAYASHI
農村計画学会誌   35(論文特集) 207-212   2016年11月   [査読有り]
灌漑用揚水水車の最近30年間における存廃要因に関する検討
廣瀬裕一・小林久・牧山正男・後藤眞宏・上田達己
農業農村工学会論文集 IDRE Journal 第297号   83(3) Ⅱ_43-Ⅱ_53   2015年6月
地域による地域のためのエネルギー戦略 ―小水力・森林バイオマスの利用と農山村の生存―
環境技術   44(6) 2-7   2015年6月
Estimation on possibility and capacity of residential peak electricity demand reduction by demand response scenario in rural areas of Japan
Abdur Rohman and Hisashi Kobayashi
Energy Procedia   (61) 887-890   2014年   [査読有り]
非農業者住民の揚水水車に対する選好性評価の決定要因が保存活動への参加動機に及ぼす影響
廣瀬裕一(農村工学研究所)、小林 久、島 武男
農村計画学会誌(論文特集号)   32(論文特集号) 287-292   2013年11月   [査読有り]

Misc

 
小水力発電,「事業化」支援する制度づくりを
小林久
環境新聞(特集,再生可能エネルギー・水素利用)   (2421) 9-9   2018年6月   [依頼有り]
再生可能エネルギーに関連する法制度の規制緩和の動き ー農山漁村の豊かな地域社会形成に貢献する地域資源の利用の視点からー
農業と経済   80(3) 139-146   2014年4月
小水力に期待できるか?
科学   83(9) 1008-1011   2013年9月
「地域の小水力と黒部川扇状地」
小林 久
黒部川扇状地   (38) 58~63   2013年3月
「小水力発電の可能性と普及に向けた課題」
小林 久
生活協同組合研究   445 21-30   2013年2月

書籍等出版物

 
再生可能エネルギーと地域再生
諸富 徹(編著) 佐無 田光、小林 久、太田 隆之、門野 圭司、ラウパッハ スミヤ ヨーク、中山 琢夫、八木 信一、川勝 健志(執筆) (担当:共著)
日本評論社   2015年10月   
<小林 久 執筆> 第2章|地域の電気事業と地域の持続性 掛川流域の電源開発とオーストリアの電力システムから考える 
事例に学ぶ 小水力発電
小林 久、金田 剛一(共編) (担当:共編者)
オーム社   2015年2月   
ポスト震災社会のサスティナビリティ学,(7章自然エネルギーの可能性)
小林 久(田村 誠、伊藤 哲司、木村 競、加藤 禎久、坂上 伸生 編) 三村 信男(監修) (担当:共著)
国際文献社   2014年3月   
(シリーズ地域の再生13) コミュニティ・エネルギー  小水力発電、森林バイオマスを中心に
室田 武、倉阪 秀史、小林 久、島谷 幸宏、山下 輝和、藤本 穣彦、三浦 秀一、諸富 徹 (担当:共著)
農山漁村文化協会   2013年3月   
<小林 久 執筆> 第2章|コミュニティ・エネルギーに挑む農山村 -小水力発電を中心に
小水力発電が分かる本-しくみから導入まで-
小林 久 (全国小水力利用推進協議会 編集) (担当:共編者)
オーム社   2012年5月   

講演・口頭発表等

 
Effect of upstream discharge regulation on fish habitat in the Ane River
Ishizaki, S., Maeda, S., Minagawa, A., Noda, K., Kobayashi, H., Yoshida, K., Kuroda, H.
37th IHAR World Congress, Kuala Lumpur, Malaysia   2017年8月15日   
The Possibility of Japanese Households' Acceptance of Power Outages as an Incentive
Abdour Rohman、小林 久
農村計画学会2016年度秋期大会   2016年12月4日   
水利の水機能と合理的な水利調整へのアプローチ
小林久
農業農村工学会   2016年9月10日   
ダム撤去が河川環境に及ぼす影響の評価法に関する課題-Savage Rapids ダムの事例を中 心として-
農業農村工学会   2016年9月10日   
地域における小水力の取り組みの課題
小林久
環境経済・政策学会20周年記念シンポジウム 「市民・地域共同発電所全国フォーラム2015プレシンポジウム予稿集」   2015年11月13日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
ニジェール国サヘルオアシス開発計画調査モニタリング調査団 団長
その他   2006年
欧州小水力視察団 団長
その他   2006年
農産物からのエタノール生産の現状調査(アメリカ,ブラジル)
その他   2005年
ブルキナ・ファソ国中北部〜サヘル地域の地域資源見積りに関するモニタリング調査
2005年
ブルキナ・ファソ国サヘル地域の地域資源管理に関するモニタリング調査
2002年

競争的資金等の研究課題

 
社会参加の再生可能エネルギー開発を起点とする農山村コミュニティの自立・持続戦略
ニッセイ財団: 学際的総合研究助成
研究期間: 2016年10月 - 2018年9月
量・質・エネルギー・環境を考慮した水利用の評価手法と合理的な水利調整の開発
基盤研究(B)(特設分野研究)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
地域の視点から見た小水力開発の意義と開発方策-都留市の事例を起点として-
河川財団: 河川財団助成研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月
エネルギーを自給する農山村とエネルギー・リローカル化の計画・設計手法の開発
科研費基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2017年
分散型電力システムの制度設計と社会経済的評価、その地域再生への寄与に関する研究
科研費基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月

社会貢献活動

 
主催 いばらき自然エネルギー開発コーディネータ養成プログラム【第7回】 【再生可能エネルギーを地域に広げるには】
【】  2016年12月9日
主催 いばらき自然エネルギー開発コーディネータ養成プログラム/現地研修 「新潟県村上市・十日町市」 乾式メタン発酵と液肥・温熱利用による地域循環のしくみ、下水熱の地域利用について視察
【】  2016年11月14日 - 2016年11月15日
主催 「いばらき自然エネルギー開発コーディネーター養成」プログラム【第1回】 【再生可能エネルギーの現状と政策】 講師「小水力発電の技術と事例」
【】  2016年10月7日
主催 いばらき自然エネルギーネットワーク講演会(平成28年度)
【】  2016年7月1日

その他

 
2016年10月   (助言者レジメ)再エネ・省エネで、温暖化防止と地域づくりを
第13回 地方自治研究全国集会 in 茨城つくば
「共同の力で、まもろう、いのちとくらし つくろう、憲法がいきる地域・日本」
第7分科会/問題提起「再エネ・省エネで、温暖化防止と地域づくりを」
に対する、助言者レジメp65-67
2015年5月   再生可能エネルギー需給区連携による『もたせ型』分散エネルギーシステムの開発
環境省環境研究総合推進費成果報告書
2015年1月   再生可能エネルギーの地域自立型活用を巡る最近の動向Ⅱ-ドイツの事例と日本の小水力・地熱・風力発電-
総研レポート
<講演録>「小水力発電の可能性と今後の課題」
農林中金総合研究所 p71-87
2014年   地域の視点から見た小水力開発の意義と開発方策―都留市の事例を起点として―
河川整備基金助成事業
2011年11月   小水力発電の未来とは
誌名:水の文化 
39号 p4-9