桂 敏也

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 03:16
 
アバター
研究者氏名
桂 敏也
 
カツラ トシヤ
所属
立命館大学
部署
薬学部薬学科
職名
教授
学位
博士(薬学)(京都大学)
その他の所属
立命館大学

研究分野

 
 

経歴

 
1993年4月
 - 
1993年9月
京都大学医学部・研修員
 
1993年10月
 - 
1996年8月
ハーバード大学医学部・マサチューセッツ総合病院・博士研究員
 
1996年9月
 - 
2002年12月
京都大学医学部附属病院薬剤部・助手
 
2003年1月
 - 
2004年11月
京都大学医学部附属病院薬剤部・講師
 
2004年12月
 - 
2007年3月
京都大学医学部附属病院薬剤部・助教授兼副薬剤部長
 

学歴

 
 
 - 
1988年3月
京都大学 薬学部 製薬化学科
 
 
 - 
1993年3月
京都大学大学院 薬学研究科 薬学専攻
 

委員歴

 
2005年1月
 - 
2014年3月
日本医療薬学会  「医療薬学」副編集委員長
 
2006年1月
 - 
2009年8月
日本医療薬学会  評議員
 
2006年4月
 - 
2008年3月
日本薬剤学会  将来ビジョン委員会委員
 
2006年4月
 - 
2013年3月
京都府病院薬剤師会  理事
 
2007年1月
 - 
2015年12月
日本薬物動態学会  評議員
 

受賞

 
2017年9月
日本学術振興会 科研費審査委員表彰
 
2013年10月
日本薬物動態学会 DMPK Editors' Award for the Most Excellent Article in 2012
 
2007年10月
日本薬物動態学会 DMPK Award for the Most Frequently Cited Review Article in 2003
 
2006年11月
日本薬物動態学会 DMPK Award for the Most Frequently Downloaded Review Article in 2003
 

論文

 
Ueshima S, Hira D, Kimura Y, Fujii R, Tomitsuka C, Yamane T, Tabuchi Y, Ozawa T, Itoh H, Ohno S, Horie M, Terada T, Katsura T.
Br. J. Clin. Pharmacol.   84(6) 1301-1312   2018年6月
Ueshima S, Hira D, Fujii R, Kimura Y, Tomitsuka C, Yamane T, Tabuchi Y, Ozawa T, Itoh H, Horie M, Terada T, Katsura T.
Pharmacogenet. Genomics   27(9) 329-336   2017年9月
オキサリプラチンによるアレルギーで中止後、再投与により薬剤誘発性血小板減少症に至った 1 症例
本多伸二、村田龍宣、三松史野、佐分利美帆子、楠川侑吾、目黒裕史、大野恵一、伊藤鉄夫、桂 敏也、村岡淳二
医療薬学   42(12) 834-838   2016年12月
Kumagai M, Marui A, Tabata Y, Takeda T, Yamamoto M, Yonezawa A, Tanaka S, Yanagi S, Ito-Ihara T, Ikeda T, Murayama T, Teramukai S, Katsura T, Matsubara K, Kawakami K, Yokode M, Shimizu A, Sakata R.
Heart Vessels   31(5) 713-721   2016年5月
Toshiya Katsura
J. Pharm. Health Care Sci.   1 1   2015年1月

書籍等出版物

 
医療薬学 第6版 第11章 薬物相互作用
堀 了平、奥村勝彦、乾 賢一(監修)
廣川書店   2014年3月   ISBN:6978-4-567-48166-3

講演・口頭発表等

 
ヒト組織におけるグルクロン酸抱合反応を考慮したエンタカポンの生理学的薬物速度論解析
日本薬剤学会 第33年会   2018年5月30日   
Population pharmacokinetics and pharmacogenomics of apixaban in Japanese patients.
2017 AAPS Annual Meeting and Exposition   2017年11月13日   
心房細動患者におけるアピキサバンの母集団薬物動態/薬力学的解析
第27回日本医療薬学会年会   2017年11月3日   
アピキサバン服用患者における出血症状及び血中薬物濃度と薬物動態関連遺伝子多型の相関解析
第2回黒潮カンファレンス   2017年10月28日   
日本人心房細動患者におけるアピキサバンの母集団薬物動態解析
第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム   2017年10月21日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
甲状腺疾患時におけるP-糖蛋白質の発現変化と薬物体内動態変動との相関解析
財団法人中冨健康科学振興財団平成14年度(第15回)研究助成金
研究期間: 2002年 - 2003年3月
膜輸送体:薬物送達と薬物標的化における新展望に関する国際会議
加藤記念バイオサイエンス研究振興財団・海外派遣助成金
研究期間: 1999年7月   
カチオン性薬物の消化管吸収機構の解明
京都大学学術研究奨励金
研究期間: 1998年 - 1999年3月