山田 洋子

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/28 03:02
 
アバター
研究者氏名
山田 洋子
 
やまだ ようこ
URL
http://www.ritsumei.ac.jp/~yyr12085/yyamada.htm
所属
立命館大学
部署
OIC総合研究機構
職名
上席研究員
学位
教育学博士(名古屋大学)
その他の所属
立命館大学

研究分野

 
 

経歴

 
1978年4月
 - 
1986年3月
愛知淑徳短期大学・専任講師、助教授
 
1986年4月
 - 
1997年3月
愛知淑徳大学・助教授、教授
 
1997年4月
 - 
1998年3月
京都大学・教育学部・教授
 
1998年4月
 - 
2012年3月
京都大学・大学院教育学研究科・教授
 
2012年4月
   
 
京都大学・名誉教授
 

学歴

 
 
 - 
1970年3月
名古屋大学 文学部 哲学科(心理学専攻)
 
 
 - 
1978年3月
名古屋大学大学院 教育学研究科 教育心理学専攻
 

委員歴

 
 
   
 
日本発達心理学会  常任理事、理事、学会誌編集委員
 
 
   
 
日本質的心理学会  理事長、常任理事、学会誌編集委員長
 
 
   
 
日本心理学会  理事、議員、学会誌編集委員
 
 
   
 
日本学術会議  連携会員
 

受賞

 
2014年9月
日本質的心理学会 日本質的心理学会論文賞
 
2010年11月
日本質的心理学会 日本質的心理学会大会優秀発表賞
 
1988年
日本保育学会日私幼賞
 

論文

 
喪失と巡礼-宮澤賢治と村上春樹のナラティヴ
やまだようこ
身心変容技法   7 87-98   2018年
しなやかな復活力(書評)
やまだようこ
質的心理学研究   17 235-236   2018年
透析患者のビジュアル・ナラティヴ
菅波澄治・やまだようこ
N:ナラティヴとケア   9 21-29   2018年
糖尿病患者のビジュアル・ナラティヴ
やまだようこ・山田千積
N:ナラティヴとケア   9 11-20   2018年
ビジュアル・ナラティヴとは何か
やまだようこ
N:ナラティヴとケア   9 2-10   2018年

書籍等出版物

 
質的心理学事典(分担執筆)「イメージ」、「三項関係」、「物語的自己」、「実験科学」、「野外科学」、「ライフ」、「他界観」、「ダント」、「パーソナル・ドキュメント」、「ビジュアル・ナラティヴ」、「フィールド心理学」、「ライフサイクル」、「モデル」、「モデル構成的フィールド心理学」、「川喜田二郎」
能智正博ほか(編)
新曜社   2018年   
世代継承性研究の展望(分担執筆)「エリクソンの人生と生成継承性」
岡本祐子(編)
ナカニシヤ出版   2018年   
言語発達とその支援(分担執筆)「前言語期のコミュニケーション」
秦野悦子・高橋登(編)
ミネルヴァ書房   2017年   
中学校道徳 あすを生きる2(分担執筆)「包む」
日本文教出版   2016年   
言語発達とその支援(分担執筆)「前言語的コミュニケーション」
秦野悦子・高橋登(編)
ミネルヴァ書房   2016年   

講演・口頭発表等

 
ことばを超えることば-ビジュアル・ナラティヴ
第7回総合心理学セミナー 質的心理学と社会構築主義の視点―やまだようこ教授退職記念国際シンポジウム―   2018年3月27日   
社会構成主義と生涯発達心理学-Vivien Burr先生を迎えて
日本発達心理学会第29回大会   2018年3月25日   
「時間」と「アイデンティティ」概念の問い直し-ビジュアル・ナラティヴより
日本発達心理学会第29回大会   2018年3月24日   
病む身体のイメージと表象化-当事者のビジュアル・ナラティヴ
日本発達心理学会第29回大会   2018年3月24日   
ビジュアル・ナラティヴとケア-人生と病いの語り
日本発達心理学会第29回大会   2018年3月24日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
「三項関係ナラティヴ支援モデル」による医療と患者をむすぶ媒介者を養成する教育実践プログラムの開発
三菱財団社会福祉事業・研究助成
研究期間: 2013年10月 - 2015年9月
ビジュアル・ナラティヴによる糖尿病の心理支援モデルの開発
ファイザーヘルスリサーチ研究助成
研究期間: 2012年12月 - 2013年11月