宇仁 宏幸

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/05 16:39
 
アバター
研究者氏名
宇仁 宏幸
 
ウニ ヒロユキ
URL
http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/~uni/reseach.fttml
所属
京都大学
部署
大学院経済学研究科 経済学専攻
職名
教授
学位
経済学修士, 経済学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1995年
大阪市立大学 経済学研究科 理論経済学経済史
 
 
 - 
1977年
京都大学 工学部 電気工学第2学科
 

委員歴

 
2000年
   
 
進化経済学会  理事
 

論文

 
J. R. コモンズのヴィクセル利子理論批判──R. G. ホートレーの影響を中心に
宇仁 宏幸
経済論叢   193(1) 87-107   2019年2月
J・R・コモンズの制度経済学の哲学的基礎
宇仁 宏幸
季報唯物論研究   (146) 34-42   2019年2月
John R. Commons's Criticism of Classical Economics
宇仁 宏幸
Journal of Economic Issues   LII(2) 396-404   2018年6月   [査読有り]
東アジア諸国における輸出主導型成長の転換
宇仁 宏幸
大阪経大論集   68(5) 21-38   2018年1月
J・R・コモンズのロシア革命論
宇仁 宏幸
季報唯物論研究   (141) 33-39   2017年11月
労資はいかに生産成果を分配するか──経済実験によるアプローチ
徳丸夏歌・宇仁 宏幸
季刊経済理論   52(4) 78-89   2016年1月   [査読有り]
労働過程の変容と公平性理念の変化──経済実験によるアプローチ
宇仁 宏幸 / 徳丸夏歌
季刊経済理論   52(2) 77-87   2015年7月   [査読有り]
J. R. Commons’ concept of reasonable value as a result of régulation
宇仁 宏幸
Papers for Colloque International Recherche and Régulation 2015      2015年6月   [査読有り]
先進諸国における1980年代以降の雇用構造変化──サービス化と管理・専門職化
宇仁 宏幸
季刊経済理論   51(4) 34-45   2015年1月
Transformation of Labor Process and Changes in Fairness Ideals: An Experimental Approach
徳丸夏歌 宇仁 宏幸
Papers for European Association for Evolutionary Political Economy 2014 Conference      2014年11月   [査読有り]
J.R.コモンズの累積的因果連関理論――『制度経済学』と1927年草稿の比較分析
宇仁 宏幸
季刊経済理論   51(2) 77-88   2014年7月   [査読有り]
転換期のアジア資本主義
宇仁 宏幸
季報唯物論研究   (125) 22-33   2013年11月
J.R. Commons' Theory of Cumulative Causation: Comparative Analysis of Institutional Economics and Its Manuscript in 1927
宇仁 宏幸
   2013年11月   [査読有り]
J.R. コモンズの取引概念と価値論--交渉取引と管理取引の相互制約関係を中心に
宇仁宏幸
『経済論叢』第187巻第1号      2013年8月
経済成長と温室効果ガス排出の関係──累積的因果連関モデルによる分析
宇仁宏幸
『季刊経済理論』第49巻第3号、pp.79-89, 2012年10月      2012年10月   [査読有り]
『資本論』における賃金論──相対的窮乏論からの脱却を中心に
宇仁宏幸
『季報唯物論研究』第120号、pp.120-33、2012年8月      2012年8月
アメリカの金融主導型成長体制─累積的因果連関における根本的ジレンマ
宇仁宏幸
『経済論叢』第184巻第4号、pp.37-53      2012年4月
経済成長と温室効果ガス排出量との関係─累積的因果連関モデルによる分析
宇仁宏幸
『進化経済学論集』第16集、2012年3月、pp.1-16.      2012年3月
The Financial-led Regime in the United States: a Fundamental Dilemma in Cumulative Causationマ
Hiroyuki Uni
The Review of Social & Economics Studies, Vol.37, No.2, pp.66-106      2011年11月   [査読有り]
累積的因果連関と構造変化──カルドアとパシネッティに基づく成長モデル
宇仁 宏幸
季刊経済理論,第48巻第1号、pp.72-82      2011年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
制度経済学 (下巻)
J. R. コモンズ (担当:共訳, 範囲:pp. 89-462, 第10章 適正価値(一部除く)、第11章 共産主義、ファシズム、資本主義)
ナカニシヤ出版   2019年1月   
制度経済学(中巻)
J. R. コモンズ (担当:共訳, 範囲:pp. 3-206, 第8章 効率性と希少性)
ナカニシヤ出版   2019年1月   
Evolving Diversity and Interdependence of Capitalisms: Transformations of Regional Integration in EU and Asia
Boyer, R. et al. (ed) (担当:分担執筆, 範囲:pp. 93-122, Evolving Diversity and Interdependence of Capitalisms: Transformations of Regional Integration in EU and Asia)
Springer   2018年12月   
Contemporary Meanings of John R. Commons’s Institutional Economics: An Analysis Using Newly Discovered Manuscript
UNI Hiroyuki (ed.) (担当:編者, 範囲:Preface, pp. 3-26, pp. 141-163)
Springer   2017年3月   
Capitalismes asiatiques: Diversité et transformations
宇仁 宏幸 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 119-138 Augmentation des inégalités salariales au Japon depuis la fin des années 1990. Une explication institutionnelle / pp. 361-384 Analyse comparative des conditions nécessaires à l’intégration monétaire. Europe et Asie)
Press Universitaires de Rennes   2015年6月   
転換期のアジア資本主義
植村博恭・宇仁宏幸・磯谷明徳・山田鋭夫 (担当:共編者)
藤原書店   2014年4月   
Diversity and Transformations of Asian Capitalisms
宇仁 宏幸 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 90-106 Increasing Wage Inequality in Japan since the End of the 1990s: An Institutional Explanation / pp.287-307 Comparative Analysis of Conditions for Monetary Integration: Europe and Asia)
Routledge   2012年4月   
縮小社会への道
宇仁 宏幸 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 169-192 日本経済の縮小 / pp.193-214 日本の社会保障の縮小)
日刊工業新聞社   2012年4月   
金融危機のレギュラシオン理論
宇仁宏幸・山田鋭夫・磯谷明徳・植村博恭
昭和堂   2011年3月   ISBN:4812210801
制度と調整の経済学
宇仁 宏幸
ナカニシヤ出版   2009年6月   ISBN:4779503612
ポストケインズ派経済学入門/M. Lavoie, L’Economie postkeynésienne, Editions La Découverte, 2004
宇仁宏幸・大野隆
ナカニシヤ出版   2008年7月   ISBN:4779502675
入門制度経済学/B. Chavance, L’Economie institutionnelle, Editions La Découverte, 2007
宇仁宏幸・中原隆幸・斉藤日出治
ナカニシヤ出版   2007年4月   ISBN:4779501660
現代資本主義への新視角――多様性と構造変化の分析
山田鋭夫・宇仁宏幸・鍋島直樹
昭和堂   2007年1月   ISBN:481220707X
フランスの社会保障システム/J.C. Barbier/B. Théret, Le nouveau système français de protection sociale, Editions La Découverte, 2004
中原隆幸・宇仁宏幸・神田修悦・須田文明
ナカニシヤ出版   2006年4月   
入門・社会経済学
宇仁宏幸・坂口明義・遠山弘徳・鍋島直樹
ナカニシヤ出版   2004年6月   
資本主義のしくみ
八木紀一郎・宇仁宏幸
ナツメ社   2003年5月   ISBN:4816335021
租税国家のレギュラシオン/B. Théret, Regimes économiques de l'ordre politique, PUF, 1992
神田修悦・中原隆幸・宇仁宏幸・須田文明
世界書院   2001年6月   
21世紀入門-現代世界の転換にむかって
捧堅二・宇仁宏幸・高橋準二・田畑稔
青木書店   1999年1月   
構造変化と資本蓄積
宇仁 宏幸
有斐閣   1998年8月   

講演・口頭発表等

 
John R. Commons’ Criticism of Wicksell’s Theory of Interest: Focusing on an influence of R. G. Hawtrey
宇仁 宏幸
進化経済学会第23回大会   2019年3月16日   
Transformation of growth regime and welfare system in East Asia
宇仁 宏幸, 厳 成男
Society for the Advancement of Socio-Economics, Annual Conference   2018年6月23日   
John R. Commons's Criticism of Classical Economics
宇仁 宏幸
Allied Social Science Associations, Annual Meeting   2018年1月6日   
John R. Commons’s Criticism of Classical Economics
宇仁 宏幸
経済理論学会、第65回大会   2017年10月28日   
Scope of John R. Commons’ Criticism of the Classical Theory of Value: Progress and Limitations in the 1927 Manuscript
宇仁 宏幸
進化経済学会第21回全国大会   2017年3月25日   
J.R. コモンズの古典派批判の現代的意義と限界―『制度経済学』とその草稿にもとづいて
宇仁 宏幸
経済理論学会第63回大会   2016年10月14日   
Monetary Institutionalism in Japan
宇仁 宏幸
International Conference on Monetary Institutionalisms in the French-Speaking World   2016年6月3日   
Monetary Institutionalism in J. R. Commons' Institutional Economics: Sovereignty and Money as Grand Institution Mediating Engineering Economy and Proprietary Economy
宇仁 宏幸
International Conference on Monetary Institutionalisms in the French-Speaking World   2016年6月2日   
コモンズとマルクス
宇仁 宏幸
進化経済学会全国大会   2016年3月26日   
塩沢報告に対するコメント--価格論と制度論を中心に
宇仁 宏幸
進化経済学会制度と統治部会・京都大学制度的経済動学プロジェクト共催研究会   2016年2月14日   
Fair Shares between Worker and Investor: Experimenta on Functional Income Distribution
徳丸夏歌・宇仁宏幸
経済理論学会第62回大会   2015年11月22日   
J.R.コモンズの適正価値--レギュラシオン様式との比較
宇仁 宏幸
経済理論学会第62回大会   2015年11月22日   
J. R. Commons’ concept of reasonable value as a result of régulation
宇仁 宏幸
Colloque International Recherche and Régulation 2015   2015年6月10日   
トマ・ピケティの『21 世紀の資本』とは
宇仁 宏幸
縮小社会研究会第28回研究会   2015年5月16日   
J.R.コモンズの適正価値概念――レギュラシオン概念との比較
宇仁 宏幸
進化経済学会全国大会   2015年3月22日   
協業下における公平性理念とは何か:経済実験によるアプローチ
徳丸夏歌 / 宇仁 宏幸
進化経済学会全国大会   2015年3月21日   
労使は生産性上昇の成果をいかに分けるか: 経済実験によるアプローチ
徳丸夏歌 / 宇仁 宏幸
第9回政治経済学セミナー・進化経済学会「制度と統治」部会   2015年2月16日   
Transformation of Labor Process and Changes in Fairness Ideals: An Experimental Approach
宇仁 宏幸
European Association for Evolutionary Political Economy 2014 Conference   2014年11月8日   
労働過程の変容と公平性理念の変化──経済実験によるアプローチ
徳丸夏歌 / 宇仁 宏幸
経済理論学会第62回大会   2014年10月26日   
非正統派経済学で縮小社会を考える
宇仁 宏幸
第22回縮小社会研究会   2014年5月17日   

競争的資金等の研究課題

 
構造変化と資本蓄積