榊 利之

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/13 08:51
 
アバター
研究者氏名
榊 利之
 
サカキ トシユキ
URL
http://www.pu-toyama.ac.jp/PH/tsakaki/index.html
所属
富山県立大学
部署
工学部医薬品工学科
職名
教授
学位
理学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
富山県立大学 工学部医薬品工学科 教授
 
2004年4月
 - 
2017年3月
富山県立大学 工学部生物工学科 教授
 
1997年1月
 - 
2004年3月
京都大学大学院 農学研究科食品生物科学専攻 助教授
 

学歴

 
1978年4月
 - 
1980年3月
京都大学 理学研究科 生物物理学専攻
 
1974年4月
 - 
1978年3月
京都大学 理学部 生物物理学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本生化学会  代議員
 
2012年4月
 - 
現在
日本ビタミン学会  幹事
 
2002年4月
 - 
現在
日本ビタミン学会脂溶性ビタミン委員会  委員
 
2013年4月
 - 
2017年3月
日本フードファクター学会  理事
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本生化学会  代議員
 

受賞

 
2019年6月
日本ビタミン学会 学会賞 ビタミンD代謝酵素の構造と機能に関する研究
 
2007年6月
米国ブラウン大学 Vitamin D Research Award
 
1989年4月
科学技術庁 第48回注目発明選定証
受賞者: 薮崎 義康、村上 裕子、榊 利之、柴田 恵、大川 秀郎
 

論文

 
Mano H, Ikushiro S, Sakaki T
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   183 221-227   2018年10月   [査読有り]
Mano H, Takano M, Ikushiro S, Kittaka A, Sakaki T
Biochemical and biophysical research communications   505 460-465   2018年9月   [査読有り]
Nishikawa M, Yasuda K, Takamatsu M, Abe K, Nakagawa K, Tsugawa N, Hirota Y, Tanaka K, Yamashita S, Ikushiro S, Suda T, Okano T, Sakaki T
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   185 71-79   2019年1月   [査読有り]
Matsumura E, Nakagawa A, Tomabechi Y, Ikushiro S, Sakaki T, Katayama T, Yamamoto K, Kumagai H, Sato F, Minami H
Scientific reports   8(1) 7980   2018年5月   [査読有り]
Mano H, Ikushiro S, Saito N, Kittaka A, Sakaki T
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   178 55-59   2018年4月   [査読有り]
Yasuda K, Tohyama E, Takano M, Kittaka A, Ohta M, Ikushiro S, Sakaki T
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   178 333-339   2018年4月   [査読有り]
Yasuda K, Sugimoto H, Hayashi K, Takita T, Yasukawa K, Ohta M, Kamakura M, Ikushiro S, Shiro Y, Sakaki T
Biochimica et biophysica acta. Proteins and proteomics   1866(1) 23-31   2018年1月   [査読有り]
Nishikawa M, Masuyama Y, Nunome M, Yasuda K, Sakaki T, Ikushiro S
Applied microbiology and biotechnology   102(2) 723-732   2018年1月   [査読有り]
ビタミンD 生成と代謝
榊 利之、安田 佳織
食と医療   5 13-18   2018年   [査読有り]
榊 利之、安田 佳織、西川 美宇、生城 真一
YAKUGAKU ZASSHI   138 357-363   2018年   [査読有り]
Sakaki T, Yasuda K, Nishikawa M, Ikushiro S
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   138(3) 357-363   2018年   [査読有り]
Hirota Y, Nakagawa K, Isomoto K, Sakaki T, Kubodera N, Kamao M, Osakabe N, Suhara Y, Okano T
PloS one   13(10) e0199856   2018年   [査読有り]
Navrátilová V, Paloncýová M, Berka K, Mise S, Haga Y, Matsumura C, Sakaki T, Inui H, Otyepka M
Biochimica et biophysica acta. General subjects   1861(11 Pt A) 2852-2860   2017年11月   [査読有り]
Takano M, Yasuda K, Tohyama E, Higuchi E, Sakaki T, Kittaka A
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   173 75-78   2017年10月   [査読有り]
Ishisaka A, Ikushiro S, Takeuchi M, Araki Y, Juri M, Yoshiki Y, Kawai Y, Niwa T, Kitamoto N, Sakaki T, Ishikawa H, Kato Y
Molecular nutrition & food research   61(9)    2017年9月   [査読有り]
Horiuchi H, Usami A, Shirai R, Harada N, Ikushiro S, Sakaki T, Nakano Y, Inui H, Yamaji R
The Journal of nutrition   147(9) 1631-1639   2017年9月   [査読有り]
Yasuda K, Yogo Y, Sugimoto H, Mano H, Takita T, Ohta M, Kamakura M, Ikushiro S, Yasukawa K, Shiro Y, Sakaki T
Biochemical and biophysical research communications   486(2) 336-341   2017年4月   [査読有り]
Mano H, Nishikawa M, Yasuda K, Ikushiro S, Saito N, Sawada D, Honzawa S, Takano M, Kittaka A, Sakaki T
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   167 61-66   2017年3月   [査読有り]
Hirota Y, Nakagawa K, Mimatsu S, Sawada N, Sakaki T, Kubodera N, Kamao M, Tsugawa N, Suhara Y, Okano T
Biochemical and biophysical research communications   483(1) 359-365   2017年1月   [査読有り]
25-hydroxyvitamin D3 may function via genomic and non-genomic actions
Hirota Y, Suhara Y, Osakabe N, Sakaki T, Okano T.
Anatomy &Physiology   7(4)    2017年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Metabolism and Action of 25-Hydroxy-19-nor-vitamin D3 in Human Prostate Cells
Eiji Munetsuna, Atsushi Kittaka, Tai C Chen, and Toshiyuki Sakaki (担当:共著, 範囲:Vitamin D Hormone, Vol 100 pp. 357-377)
Academic Press   2016年   
Whole Cell-Dependent Biosynthesis of Drug Metabolites Using Genetically Engineered Budding Yeast
Ikushiro S, Nishikawa M, Sakaki T (担当:共著, 範囲:Fifty Years of Cytochrome P450 Research pp175-186)
Springer Japan   2014年   
ビタミンDの代謝
榊 利之 (担当:分担執筆, 範囲:ビタミンDと疾患―基礎と臨床からの考察-改訂版   pp.60-68)
医薬ジャーナル社   2014年   
ビタミンD:吸収、代謝と体内輸送
榊 利之 (担当:分担執筆, 範囲:ビタミン総合事典 pp.51-55)
朝倉書店   2010年   
動植物P450の微生物における発現
榊 利之 (担当:分担執筆, 範囲:P450の分子生物学 第2版 pp.266-275)
講談社   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
ゲノム編集法 により作製した遺伝子改変ラットを用いたビタミンD誘導体評価系の構築
文科省: 科研費 基盤B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 榊 利之
活性型ビタミンDの高感度検出系の開発
文科省: 科研費 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 榊 利之
代謝工学を用いた抗炎症薬の開発
文科省: 地域イノベーション戦略支援プログラム事業
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 榊 利之
ビタミンD水酸化酵素の高度利用
文科省: 科研費 基盤B
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 榊 利之
代謝酵素の基質認識機構解明および医薬候補化合物の代謝予測システムへの応用
文科省: 科研費 基盤C
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 赤松 美紀
食品成分の作用メカニズム及び代謝様式の解明と機能性食品への応用
文科省: 知的クラスター創成事業
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月    代表者: 榊 利之
医薬品代謝物の高効率量産技術開発
経済産業省: 地域イノベーション創成事業
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 榊 利之
ビタミンD水酸化酵素の立体構造に基づく機能改変と阻害剤の設計
文科省: 科研費 基盤B
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 榊 利之
25-ヒドロキシビタミンD3のホルモン作用の解析
文科省: 科研費 挑戦的萌芽
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 榊 利之
Ahレセプターの生理的意義と内在性リガンドの生成機構
文科省: 科研費 挑戦的萌芽
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 榊 利之
シトクロムP450の構造と機能の解析および応用
三共生命科学研究振興財団: 
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 榊 利之
ビタミンD誘導体の評価系の構築
文科省: 科研費 基盤C
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 榊 利之
内分泌攪乱物質代謝能を有する微生物の創製
文科省: 科研費 特定領域A
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 榊 利之
ダイオキシンの代謝と毒性発現の作用機序の解析
厚生科学研究費(厚生労働省): 
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 榊 利之
ヒト由来酵素を用いたビタミンD誘導体の代謝
文科省: 科研費 基盤C
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 榊 利之
内分泌かく乱物質代謝能を賦与された微生物の創製と食品製造への応用可能性の検討
財団法人食品産業センター: 
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 榊 利之
人工酵素および吸着性樹脂を用いたダイオキシン分解技術の開発
財団法人地球環境産業技術研究機構: 
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 榊 利之
ビタミンD3水酸化酵素に関する研究
文部科学省: 科研費 基盤C
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 榊利之

特許

 
特許第5990888号 : ヒト由来メチルステロール酸化酵素を生産する組換体及びその利用
榊 利之、安田 佳織、生城 真一
特許EPO 2540826 : Methods for producing glucuronic acid conjugate using Saccharomyces cerevisiae
生城 真一、榊 利之、安田 佳織
特許第5771405号 : 遺伝子改変酵母を用いた硫酸抱合体の製造方法
生城真一、榊 利之、安田佳織
特許US 8,741,602 B2 : Methods for producing glucuronic acid conjugate using Saccharomyces cerevisiae
Ikushiro S., Sakaki T and Yasuda K.
特許第5517118号 : 1α,25,26-トリヒドロキシビタミンDの製造方法
榊 利之、安田佳織、生城真一