原田 勉

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 03:11
 
アバター
研究者氏名
原田 勉
 
ハラダ ツトム
所属
神戸大学
部署
大学院経営学研究科 経営学専攻
職名
教授
学位
経済学博士(Ph. D.)(スタンフォード大学), 博士(経営学)(神戸大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1997年4月
スタンフォード大学 大学院  
 

委員歴

 
2016年
   
 
Global Journals  Global Journals 編集委員
 
2015年
   
 
アジア市場経済学会  編集委員『Economies』
 
 
   
 
神戸大学経済経営学会  国民経済雑誌編集長
 

受賞

 
2000年6月
組織学会 組織学会高宮賞(著書部門) 知識転換の経営学
 
2000年1月
社団法人日本経営協会 経営科学文献賞奨励賞 知識転換の経営学
 
2000年1月
日本ナレッジマネジメント学会 日本ナレッジマネジメント学会研究奨励賞 知識転換の経営学
 
1999年6月
組織学会 組織学会高宮賞(論文部門) 汎用・専用技術の相互浸透
 

論文

 
グローバル・マトリックス組織の ダイナミック・マネジメント
原田 勉
国民経済雑誌   218(3) 1-14   2018年9月
A Model of Inter-sectoral Flow of Technology Using Technology and Innovation Flow Matrices
原田 勉
Economic Systems Research   30(2) 238-251   2018年4月   [査読有り]
Endogenous Innovation under New Keynesian Dynamic Stochasitc General Equilibrium Model
原田 勉
Economics of Innvation and New Technology   27(4) 361-376   2018年3月   [査読有り]
競争優位とスタック・イン・ザ・ミドルの 概念的再検討
原田 勉
国民経済雑誌   214(4) 17-32   2016年10月
Estimating Innovation Input-output Matrix and Innovation Linkages in the East Asian Region and the United States
原田 勉
Journal of Economic Structures   5(9) 1-24   2016年3月   [査読有り]

Misc

 
イノベーションを成功に導く「確率の経営」
原田 勉
調査月報   (72) 2-3   2014年9月
境界連結活動における学習効率性
原田 勉
ビジネス・インサイト   7(2) 100-116   1999年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
イノベーションを巻き起こす 「ダイナミック組織」戦略
原田 勉
日本実業出版社   2016年10月   
イノベーション戦略の論理-確率の経営とは?
原田 勉
中公新書   2014年3月   
実践力を鍛える戦略ノート 戦略立案編
原田 勉
東洋経済新報社   2010年4月   
ケース演習でわかる 技術マネジメント
原田 勉
日本経済新聞出版社   2007年6月   
汎用・専用技術の経済分析-新たなイノベーション・モデルの構築-
原田 勉
白桃書房   2007年5月   

講演・口頭発表等

 
Multi-sector Induced Innovation Model: Another Use of Input-output
原田 勉
21st International Input-Output Conference   2013年7月   The International Input-Output Association
Competing Technologies and the Effect of Competition on Innovation
原田 勉
進化経済学会関西研究部会   2008年6月   進化経済学会
3段階のコミュニケーション・フロー
原田 勉
組織学会研究発表大会   1998年7月   組織学会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 原田 勉
先端ビジネスシステムの研究開発教育拠点
研究期間: 2006年       代表者: 加護野 忠男
先端ビジネスシステムの研究開発教育拠点
研究期間: 2005年       代表者: 加護野 忠男