高田 礼人

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/04 15:45
 
アバター
研究者氏名
高田 礼人
 
タカダ アヤト
所属
北海道大学
部署
人獣共通感染症リサーチセンター
職名
教授
学位
博士(獣医学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年6月
 - 
現在
Rocky Mountain Laboratories, Hamilton, Montana, USA. Special Volunteer
 
2007年10月
 - 
現在
ザンビア大学獣医学部 客員教授
 
2006年
 - 
現在
神戸大学 客員教授
 
2005年5月
 - 
現在
北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター 教授
 
2000年12月
 - 
2009年
Canadian Science Centre for Human and Animal Health Visiting Scientist
 
2000年
 - 
2004年
東京大学医科学研究所 助手
 
1997年
 - 
2000年
北海道大学大学院獣医学研究科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1996年
北海道大学 獣医学研究科 予防治療学
 
 
 - 
1993年
北海道大学 獣医学部 獣医学
 

委員歴

 
2016年1月
 - 
現在
日本ウイルス学会  理事
 
2012年
 - 
現在
The International Committee on Taxonomy of Viruses (ICTV)  Filoviridae Study Group
 
2014年
 - 
現在
日本獣医学会獣医学奨励賞選考委員会  委員
 
2009年
 - 
現在
日本ウイルス学会北海道支部  幹事
 
2007年
 - 
現在
日本ウイルス学会  ウイルス学将来構想検討委員
 
2017年9月
 - 
2019年9月
日本獣医学会  評議委員
 
2016年5月
 - 
2017年3月
文部科学省  感染症研究の今後の在り方に関する検討委員会委員
 
2011年3月
 - 
2014年3月
日本ウイルス学会  理事
 
2010年
 - 
現在
日本ウイルス学会  バイオセーフティー委員
 

受賞

 
2017年1月
北海道大学 北海道大学研究総長賞 奨励賞
 
2016年2月
北海道大学 北海道大学研究総長賞 優秀賞
 
2015年2月
北海道大学 北海道大学研究総長賞 奨励賞
 
2005年
日本ウイルス学会 杉浦奨励賞
 

論文

 
Moriyama M, Igarashi M, Koshiba T, Irie T, Takada A, Ichinohe T
Journal of virology   92(19)    2018年10月   [査読有り]
Milligan JC, Parekh DV, Fuller KM, Igarashi M, Takada A, Saphire EO
The Journal of infectious diseases      2018年9月   [査読有り]
Matsuno K, Nonoue N, Noda A, Kasajima N, Noguchi K, Takano A, Shimoda H, Orba Y, Muramatsu M, Sakoda Y, Takada A, Minami S, Une Y, Morikawa S, Maeda K
Emerging infectious diseases   24(9) 1726-1729   2018年9月   [査読有り]
Sasaki M, Kajihara M, Changula K, Mori-Kajihara A, Ogawa H, Hang'ombe BM, Mweene AS, Simuunza M, Yoshida R, Carr M, Orba Y, Takada A, Sawa H
Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases   63 104-109   2018年9月   [査読有り]
Saphire EO, Schendel SL, Fusco ML, Gangavarapu K, Gunn BM, Wec AZ, Halfmann PJ, Brannan JM, Herbert AS, Qiu X, Wagh K, He S, Giorgi EE, Theiler J, Pommert KBJ, Krause TB, Turner HL, Murin CD, Pallesen J, Davidson E, Ahmed R, Aman MJ, Bukreyev A, Burton DR, Crowe JE Jr, Davis CW, Georgiou G, Krammer F, Kyratsous CA, Lai JR, Nykiforuk C, Pauly MH, Rijal P, Takada A, Townsend AR, Volchkov V, Walker LM, Wang CI, Zeitlin L, Doranz BJ, Ward AB, Korber B, Kobinger GP, Andersen KG, Kawaoka Y, Alter G, Chandran K, Dye JM, Viral Hemorrhagic Fever Immunotherapeutic Consortium.
Cell   174(4) 938-952.e13   2018年8月   [査読有り]
Amarasinghe GK, Aréchiga Ceballos NG, Banyard AC, Basler CF, Bavari S, Bennett AJ, Blasdell KR, Briese T, Bukreyev A, Caì Y, Calisher CH, Campos Lawson C, Chandran K, Chapman CA, Chiu CY, Choi KS, Collins PL, Dietzgen RG, Dolja VV, Dolnik O, Domier LL, Dürrwald R, Dye JM, Easton AJ, Ebihara H, Echevarría JE, Fooks AR, Formenty PBH, Fouchier RAM, Freuling CM, Ghedin E, Goldberg TL, Hewson R, Horie M, Hyndman TH, Jiāng D, Kityo R, Kobinger GP, Kondō H, Koonin EV, Krupovic M, Kurath G, Lamb RA, Lee B, Leroy EM, Maes P, Maisner A, Marston DA, Mor SK, Müller T, Mühlberger E, Ramírez VMN, Netesov SV, Ng TFF, Nowotny N, Palacios G, Patterson JL, Pawęska JT, Payne SL, Prieto K, Rima BK, Rota P, Rubbenstroth D, Schwemmle M, Siddell S, Smither SJ, Song Q, Song T, Stenglein MD, Stone DM, Takada A, Tesh RB, Thomazelli LM, Tomonaga K, Tordo N, Towner JS, Vasilakis N, Vázquez-Morón S, Verdugo C, Volchkov VE, Wahl V, Walker PJ, Wang D, Wang LF, Wellehan JFX, Wiley MR, Whitfield AE, Wolf YI, Yè G, Zhāng YZ, Kuhn JH
Archives of virology   163(8) 2283-2294   2018年8月   [査読有り]
Kondoh T, Letko M, Munster VJ, Manzoor R, Maruyama J, Furuyama W, Miyamoto H, Shigeno A, Fujikura D, Takadate Y, Yoshida R, Igarashi M, Feldmann H, Marzi A, Takada A
The Journal of infectious diseases      2018年7月   [査読有り]
Genetic characterisation of African swine fever virus from 2017 outbreaks in Zambia: Identification of p72 genotype II variants in domestic pigs.
Simulundu E, Sinkala Y, Chambaro HM, Chinyemba A, Banda F, Mooya LE, Ndebe J, Chitanga S, Makungu C, Munthali G, Fandamu P, Takada A, Mweene AS
The Onderstepoort journal of veterinary research   85(1) e1-e5   2018年6月   [査読有り]
Matsuno K, Kajihara M, Nakao R, Nao N, Mori-Kajihara A, Muramatsu M, Qiu Y, Torii S, Igarashi M, Kasajima N, Mizuma K, Yoshii K, Sawa H, Sugimoto C, Takada A, Ebihara H
mSphere   3(3)    2018年6月   [査読有り]
Changula K, Kajihara M, Mori-Kajihara A, Eto Y, Miyamoto H, Yoshida R, Shigeno A, Hang'ombe B, Qiu Y, Mwizabi D, Squarre D, Ndebe J, Ogawa H, Harima H, Simulundu E, Moonga L, Kapila P, Furuyama W, Kondoh T, Sato M, Takadate Y, Kaneko C, Nakao R, Mukonka V, Mweene A, Takada A
The Journal of infectious diseases      2018年6月   [査読有り]
Marzi A, Haddock E, Kajihara M, Feldmann H, Takada A
The Journal of infectious diseases      2018年6月   [査読有り]
Mwenda R, Changula K, Hang'ombe BM, Chidumayo N, Mangani AS, Kaira T, Takada A, Mweene AS, Simulundu E
Avian pathology : journal of the W.V.P.A   47(3) 300-313   2018年6月   [査読有り]
Saasa N, Kajihara M, Dautu G, Mori-Kajihara A, Fukushi S, Sinkala Y, Morikawa S, Mweene A, Takada A, Yoshimatsu K, Arikawa J
Vector borne and zoonotic diseases (Larchmont, N.Y.)   18(5) 273-277   2018年5月   [査読有り]
Qiu Y, Kaneko C, Kajihara M, Ngonda S, Simulundu E, Muleya W, Thu MJ, Hang'ombe MB, Katakura K, Takada A, Sawa H, Simuunza M, Nakao R
Ticks and tick-borne diseases   9(4) 988-995   2018年5月   [査読有り]
Sasaki M, Anindita PD, Ito N, Sugiyama M, Carr M, Fukuhara H, Ose T, Maenaka K, Takada A, Hall WW, Orba Y, Sawa H
The Journal of infectious diseases   217(11) 1740-1749   2018年5月   [査読有り]
Fujihira H, Usami K, Matsuno K, Takeuchi H, Denda-Nagai K, Furukawa JI, Shinohara Y, Takada A, Kawaoka Y, Irimura T
Scientific reports   8(1) 5495   2018年4月   [査読有り]
Chitanga S, Simulundu E, Simuunza MC, Changula K, Qiu Y, Kajihara M, Nakao R, Syakalima M, Takada A, Mweene AS, Mukaratirwa S, Hang'ombe BM
Parasites & vectors   11(1) 40   2018年1月   [査読有り]
Nanbo A, Maruyama J, Imai M, Ujie M, Fujioka Y, Nishide S, Takada A, Ohba Y, Kawaoka Y
PLoS pathogens   14(1) e1006848   2018年1月   [査読有り]
Vlahakis PA, Chitanga S, Simuunza MC, Simulundu E, Qiu Y, Changula K, Chambaro HM, Kajihara M, Nakao R, Takada A, Mweene AS
Ticks and tick-borne diseases   9(1) 39-43   2018年1月   [査読有り]
Manzoor R, Igarashi M, Takada A
International journal of molecular sciences   18(12)    2017年12月   [査読有り]

Misc

 
感染症 現状の問題点と未来への展望 エボラ出血熱
高田 礼人
臨床と微生物   45(2) 165-169   2019年3月   [依頼有り]
岡田愛, 鍬田龍星, 下田宙, 村上晋, 堀本泰介, 宇根有美, 相馬武久, 高田礼人, 前田健, 鈴木和男
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161st 346   2018年8月
佐野豊, 伊藤直人, 伊藤直人, 西山祥子, 西山祥子, 岡田和真, 高橋龍樹, 岡崎克則, 高田礼人, 迫田義博, 小澤真, 正谷達謄, 杉山誠, 杉山誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161st 396   2018年8月
高田礼人
日本医療マネジメント学会雑誌   19(Supplement) 100   2018年5月
高田礼人
臨床と微生物   45(2) 165‐169   2018年3月
エボラ出血熱
高田 礼人
小児科臨床   70(増刊号) 2308-2317   2017年12月   [依頼有り]
高田礼人
日本内科学会雑誌   106(10) 2237‐2245   2017年10月
高田礼人
日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集   66th-64th 70   2017年9月
小林知也, 丸山隼輝, 松郷宙倫, 前田健, 高田礼人, 村上晋, 堀本泰介
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 378   2017年8月
Influenza A Virus M2 Protein: Roles from Ingress to Egress
高田 礼人
Int J Mol Sci   18(12) E2649   2017年7月   [査読有り][依頼有り]
古山若呼, 吉田玲子, 五十嵐学, 高田礼人
化学療法の領域   33(5) 1098‐1105   2017年4月
梶原将大, 高田礼人, 高田礼人
臨床とウイルス   45(1) 32‐40   2017年3月
高田礼人
月刊臨床と研究   94(3) 384   2017年3月
古山若呼, 高田礼人
ウイルス   66(1) 63‐72   2016年6月
高田礼人
感染症学雑誌   90 125   2016年3月

書籍等出版物

 
中島宏章 (担当:監修)
ナツメ社   2017年10月   ISBN:4816363459
人獣共通感染症 改訂3版
高田 礼人 (担当:分担執筆, 範囲:マールブルグ出血熱、エボラ出血熱)
医薬ジャーナル社   2016年2月   
西條 政幸, 高田 礼人 (担当:共著)
学研教育出版   2011年2月   ISBN:4055007981
西條 政幸, 高田 礼人 (担当:共著)
学研教育出版   2011年2月   ISBN:4055007973
西條 政幸, 高田 礼人 (担当:共著)
学研教育出版   2011年2月   ISBN:4055007965

講演・口頭発表等

 
エボラウイルス研究最前線 [招待有り]
高田 礼人
第20回日本医療マネジメント学会学術総会   2018年6月8日   
Recent Topics from Ebola virus Research [招待有り]
高田 礼人
Inner Mongolia Agriculture University Seminar   2018年4月18日   
Filoviruses [招待有り]
高田 礼人
第91回日本細菌学会総会 シンポジウム   2018年3月26日   
エボラウイルス感染症における新知見 [招待有り]
高田 礼人
第66回日本感染症学会東日本地方会学術集会   2017年11月1日   
鳥インフルエンザの基礎とグローバルサーベイランス [招待有り]
高田 礼人
テニュアトラック推進機構主催セミナー 鳥インフルエンザと渡り鳥の関わり   2017年10月20日   
鳥インフルエンザウイルスHA開裂部位への塩基性アミノ酸挿入機構 [招待有り]
高田 礼人
第31回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム   2017年6月9日   
Ebolavirus --Ecology and antiviral strategies-- [招待有り]
高田 礼人
11th Annual Meeting of Korean Society of Zoonosis   2017年5月19日   
エボラウイルス研究の最前線 [招待有り]
高田 礼人
第32回日本環境感染学会総会学術集会 シンポジウム16 エボラウイルス病の最前線   2017年1月25日   
エボラウイルス研究の最前線 [招待有り]
高田 礼人
ICD講習会   2016年10月25日   
Neutralization and Antibody-Dependent Enhancement of Ebolavirus [招待有り]
高田 礼人
8th International Global Virus Network Meeting   2016年10月25日   
グローバルヘルスを支える生化学 エボラウイルスの診断・治療法開発の最前線 [招待有り]
高田 礼人
第89回日本生化学会大会   2016年9月25日   
エボラウイルス研究の最前線 [招待有り]
高田 礼人
第90回日本感染症学会総会・学術講演会   2016年4月16日   
Ebolavirus Entry into Cells --- Neutralization and Antibody-Dependent Enhancement--- [招待有り]
高田 礼人
The 15th Awaji International Forum on Infection and Immunity   2016年9月9日   
人獣共通感染症としてのインフルエンザ [招待有り]
高田 礼人
第24回呼吸器疾患・感染症研究会   2016年7月20日   
人獣共通感染症の研究最前線 -エボラ出血熱- [招待有り]
高田 礼人
日本麻酔科学会第63回学術集会   2016年4月26日   
人獣共通感染症研究最前線 -エボラ出血熱とインフルエンザ- [招待有り]
高田 礼人
第45回野依フォーラム例会   2016年4月15日   
ウイルスの生態 [招待有り]
高田 礼人
人間文化研究機構広領域連携型基幹研究プロジェクト キックオフ・シンポジウム   2016年3月19日   
A Monoclonal Antibody Neutralizing All Known Ebola Viruses [招待有り]
高田 礼人
2016 US–Japan Annual Medical Biodefense Research Symposium Theme: “Ebola And Emerging Pathogens”   2016年1月14日   
フィロウイルスの細胞侵入機構 [招待有り]
高田 礼人
平成27年度 遺伝子病制御研究所研究集会 感染・免疫・炎症・発癌   2015年12月18日   
Ebolavirus: ecology and antiviral strategies [招待有り]
高田 礼人
3rd GRF One Health Summit 2015   2015年10月5日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
フィロウイルスの宿主域・病原性・生態の解明と予防・治療・診断法の開発
日本医療研究開発機構(AMED): 感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE)
研究期間: 2017年9月 - 2025年3月    代表者: 高田 礼人
エボラ出血熱に対する治療法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤(A))
研究期間: 2016年4月 - 2021年    代表者: 高田 礼人
アフリカにおけるウイルス性人獣共通感染症の調査研究
独立行政法人 科学技術振興機構: 地球規模課題対応国際科学技術協力
研究期間: 2012年6月 - 2017年3月    代表者: 高田 礼人
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 高田 礼人
インフルエンザAウイルスはウイルス表面糖蛋白質であるヘマグルチニン(HA)およびノイラミダーゼ(NA)の抗原性によって複数の亜型に分けられる。ウイルス中和抗体の標的は主にHAであり、通常の中和試験において抗ウイルス血清は亜型間で交差反応性を示さないことから、亜型間交差感染防御免疫における抗体の役割に関する知見は限られていた。しかし、これまでに申請者らは亜型間交差反応性のHA特異的モノクローナル抗体の作出に成功した。本研究では、これらのモノクローナル抗体を用いて、HA亜型間共通エピトープを探...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 高田 礼人
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 高田 礼人
通常のウイルス感染性中和試験とは、培養細胞外でウイルスと抗体を混合することによって、ウイルスに結合した抗体がウイルスの細胞侵入を阻害する「細胞外中和活性」を検出する方法である。したがって、ウイルス感染性中和と感染防御抗体の従来の概念は、「細胞外中和」の有無によって形成されてきた。しかし、これまでに申請者は通常のウイルス中和試験では活性が殆ど認められない抗体でも、ウイルス感染(吸着・侵入)後に培養細胞の上清に抗体を添加しておくと、ウイルスの増殖を著しく減少させる現象を見出した。本研究は、フィ...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 高田 礼人
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 高田 礼人
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 高田 礼人
インフルエンザAウイルスはヒトを含む多くの哺乳類および鳥類に感染する病原体であり、インフルエンザは重要な人獣共通感染症の一つである。現行の注射による不活化ワクチンは、中和抗体の標的であるヘマグルチニン(HA)およびノイラミニダーゼ(NA)、に対する血中抗体の産生を誘導し、重症化を防ぐが、粘膜組織でのウイルスの初感染を阻止できない。また、現在ヒトに流行しているインフルエンザウイルスとは異なるHA亜型のウイルスによる「新型インフルエンザ」に対しては、現行のワクチンは全く無効である。本研究は、そ...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 伊藤 公人
本研究では、公共データベースに蓄積された大量のウイルスゲノムを計算機を用いて解析することにより、RNA分節の選択的集合を説明し得る塩基対の構造を網羅的に探索することを目的とする。平成22年度は、下記項目に関して研究を行った。1.RNA分節において、塩基が極度に保存されている位置を明らかにする従来研究の成績からパッケージングシグナルは、各RNA分節のから5'末端および3'末端付近の領域に存在することが示唆されている。パンデミック2009インフルエンザウイルス(H1N1)の2285株分の塩基配...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 高田 礼人
ウイルス感染症の対策として、ワクチン接種による予防が最も一般的であり効果が期待される。ワクチンは生ワクチンと不活化ワクチンに分類されるが、生ワクチンは安全性の問題、不活化ワクチンは免疫原性の弱さの問題が、それぞれ短所として挙げられ、双方の短所を克服した安全で効果的なワクチンの開発は困難である。特に、生ワクチンは短期間で作出することが不可能であるため、発生頻度が増している新興感染症に対して迅速に対応するためには、不活化ワクチンの効率的な開発および接種法の改良が求められる。本研究では、ウイルス...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 伊藤 公人
インフルエンザウイルスのヘマグルチニン(HA)は、人の免疫圧による選択淘汰を受け、抗原性が変化し続ける。インフルエンザの予防にはワクチン接種が有効であるが、HA上にアミノ酸置換を持つ様々な株が毎年分離されるため、翌年のワクチン株の選定が困難である。本研究では、大量のHAの遺伝子情報を利用し、抗原変異に伴うアミノ酸置換の規則性(パターン)を探索し、過去の変異に見られた規則性に基づいて将来起こりうるアミノ酸置換の予測手法を開発した。多次元空間上でウイルス変異を視覚化した結果、異なる年代のHA間...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 吉田 玲子
ウイルス感染症やがんの有効な遺伝子治療法を開発するために、モノクローナル抗体を利用した標的細胞に効率よく目的遺伝子を導入できるターゲティングウイルス(標的指向性ウイルス)の作製を目指した。本研究ではインフルエンザ感染に対するターゲティングウイルスを作製することを目的に、インフルエンザウイルスHAに対するモノクローナル抗体のFab領域を発現するプラスミド、および膜融合タンパク質としてセンダイウイルスFタンパク質を発現するプラスミドを構築した。293T細胞にプラスミドを導入したところ、タンパク...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 高田 礼人
フィロウイルスは霊長類に重篤な出血熱を引き起こし、その致死率は90%近くに及ぶこともある。マクロファージや樹状細胞および肝細胞はウイルスの生体内における標的細胞であり、これらの細胞への感染が病原性発現に関与していると考えられている。フィロウイルスの表面糖蛋白質GPはこれらの細胞に発現しているC型レクチンと結合してウイルスの侵入効率を上げることが知られている。本研究では、フィロウイルスのプロトタイプであるマールブルグウイルス(MARV)のC型レクチン介在性細胞侵入機構について、病原性の異なる...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 堀本 泰介
人畜共通新興再興感染症は人類の脅威である。特に、H5N1 高病原性鳥インフルエンザの世界的な蔓延とヒトへの感染は、インフルエンザの新たな世界的大流行(パンデミック) を危惧させている。本研究では、こういった世界情勢を鑑み、H5N1 ワクチン開発のための基礎研究を実施した。その結果、不活化ワクチン製造のためのシードウイルスの発育鶏卵ならびにMDCK 細胞における増殖基盤を明らかにし、その知見をもとに高増殖性シードウイルスの作出に成功した。本成果は、今後のインフルエンザワクチン開発におおいに貢...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 高田 礼人
これまでに、エボラウイルスなどの新興感染症は世界の限られた地域でしか認められていないが、昨今の急激な国際化による人の移動および動植物の輸出入に伴い、それらの疾病の原因病原体が他国に拡散する可能性が高まっている。さらに近年、エボラウイルスのような致死率の高い出血熱ウイルスがバイオテロリズムの手段として使用される危険性が高まっており、対策を講じる必要がある。しかし、ウイルス性出血熱に対する効果的な医療手段はほとんどなく、予防・治療法を開発する事が急務となってきた。これまでに申請者は、エボラウイ...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 高田 礼人
インフルエンザウイルスは、表面糖蛋白質ヘマグルチニン(HA)およびノイラミニダーゼ(NA)の抗原性によって様々な亜型に分けられる。現在まで、インフルエンザワクチンは主にウイルスHAに対する血中抗体を誘導することを目的としてきた。しかし、現行の不活化インフルエンザワクチンは抗原性が異なるHA亜型のウイルスには全く効果がない。本研究の目的はこれを克服し、全てのA型インフルエンザに有効な免疫法を検討する事である。これまでに、ホルマリンで不活化したインフルエンザワクチンをマウスの鼻腔内に投与すると...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 高田 礼人
これまでに、エボラウイルスなどの新興感染症は世界の限られた地域でしか認められていないが、昨今の急激な国際化による人の移動および動植物の輸出入に伴い、それらの疾病の原因病原体が他国に拡散する可能性が高まっている。さらに近年、エボラウイルスのような致死率の高い出血熱ウイルスがバイオテロリズムの手段として使用される危険性が高まっており、対策を講じる必要がある。しかし、ウイルス性出血熱に対する効果的な医療手段はほとんどなく、予防・治療法を開発する事が急務となってきた。しかし、エボラウイルスの強い病...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 高田 礼人
エボラウイルスの強い病原性に関わる因子は解明されていない。本ウイルスに対して効果的な予防・治療法を開発するためには、病原性発現のメカニズムを個体、細胞および分子レベルに至るまで明らかにする事が必要である。エボラウイルスZaire株の表面糖蛋白質(GP)に対する抗体の中には、マクロファージ等の細胞で抗体依存性感染増強現象を引き起こすものがある。合成ペプチドおよびキメラGPを用いて、これらの抗体が認識するエピトープの同定を行った結果、少なくとも4箇所の異なるエピトープの存在が明らかになった。マ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 堀本 泰介
インフルエンザウイルスが細胞に感染すると、細胞内で多数の子孫ウイルスが短時間で複製され、細胞外に放出される。この時、ウイルス感染に伴う細胞応答、つまり様々な細胞性因子がこの一連の過程を制御している。本研究では、それらの細胞性因子を同定し、解析することを目的とした。その成果は、効果的で副作用のない新しい抗インフルエンザウイルス薬の開発につながると考えられる。本研究では、その新しい解析方法として、自己発動性組み換えインフルエンザの応用を考えた。つまり、感受性細胞のcDNAをランダムに組み込んだ...

特許

 
特願2017-193292 : 抗ウイルス性ペプチドおよびその応用
吉田徹彦、高田礼人、ベイリー小林菜穂子
特願2016-216753 : 免疫誘導剤
増田健一、齊藤隆、石井保之、高田礼人、五十嵐学、丸山隼輝、齊藤祐介、奈良拓也
特願2016-188897 : エボラウイルスワクチン
増田健一、齊藤隆、石井保之、高田礼人、五十嵐学、丸山隼輝、齊藤祐介、奈良拓也
特願2015-161567 : 全てのエボラウイルス種の感染性を中和するモノクローナル抗体
高田礼人、吉田玲子、古山若呼、宮本洋子、丸山隼輝、飯田茂、小川進也
特願2014-210419 : フィロウイルス感染阻害剤のスクリーニング法
高田礼人、南保明日香、黒田誠、藤倉大輔
入村 達郎, 河岡 義裕, 高田 礼人, 藤岡 宏樹
特願2017-071729 : ィロウイルスの細胞侵入阻害活性を有するビアリールスルフォンアミド誘導体
高田礼人、堺谷政弘、古山若呼

社会貢献活動

 
The Battle Against Ebola
【出演, インタビュイー】  NHK  Direct Talk  2018年7月2日
「伊集院光とらじおと」
【出演】  TBS  「伊集院光とらじおと」 TBS  2018年6月4日
デンカ生研、エボラウイルス迅速診断キット(クイックナビシリーズ)試作品をコンゴ民主共和国へ提供
【その他】  日本経済新聞  日本経済新聞(電子版)  2018年5月28日
医師10万人アンケートでわかった!
【助言・指導, 情報提供】  日本テレビ  世界一受けたい授業  2018年1月27日
A型インフルエンザウイルス—ウイルス学の視点から
【インタビュイー, 情報提供】  メディカルノート  メディカルノート  2018年
人獣共通感染症的視点から 鳥インフルエンザとエボラ出血熱を例に
【講師】  神津教育研究会  神津教育研究会「日本の国際協力の現状と成果・課題」  2017年11月2日
人間が“ゾンビ”になることはあるのか?
【助言・指導】  NHK  モーガン・フリーマン 時空を超えて   2017年9月5日
アフリカにおけるウイルス性 人獣共通感染症の調査研究
【講師】  SATREPS  SATREPS 科学と開発をつなぐブリッジ・ワークショップ  2017年8月28日
エボラ出血熱など、人獣共通感染症ウイルスとどう向き合うか
【出演, パネリスト, インタビュイー, 講師】  文化放送  ブンナビ薬学特別企画2017  2017年7月12日
加計学園問題と獣医師の現状
【出演, 取材協力, 情報提供】  TBS  報道特集  2017年6月10日
デンカ生研と北大、コンゴ民主共和国へエボラウイルス迅速診断キットを提供
【情報提供】  日本経済新聞  日本経済新聞(電子版)  2017年5月30日
人獣共通感染症研究「ウイルス研究の最前線」 
【講師】  とわの森三愛高等学校  とわの森三愛高等学校 獣医進学コース 講義  2016年11月17日
エボラ出血熱への挑戦
【出演, パネリスト, インタビュイー, 講師】  文化放送  ブンナビ薬学特別企画2016  2016年10月24日
ウイルス研究の最前線  -インフルエンザとエボラ出血熱の話-
【講師】  北海道ハイテクノロジー専門学校  北海道ハイテクノロジー専門学校 平成28年度高校教員バイオ講習会  2016年8月4日
人獣共通感染症 -インフルエンザとエボラ出血熱の話-
【講師】  北海道大学 平成遠友夜学校  2016年8月2日
ウイルスの生態
【講師】  北海道大学  第58回北大祭公開講座  2016年6月4日
エボラ熱の抗体発見 ウイルス全5種抑制
【情報提供】  北海道新聞  北海道新聞  2016年4月5日
スクラムトーク 日本はもっと人道で貢献できる ウイルスとの戦いに「世界市民」への道 哲学ある人材を大学から輩出したい
【インタビュイー, 情報提供】  聖教新聞社  聖教新聞  2016年3月20日
ウイルスの生態
【パネリスト, 講師】  人間文化研究機構  人間文化研究機構広領域連携型基幹研究プロジェクト キックオフ・シンポジウム  2016年3月19日
ウイルスって何?-エボラとインフルエンザの話-
【講師】  北海道旭川西高等学校  平成27年度北海道旭川西高等学校「SSH講演会」  2016年3月8日
エボラウイルスの抗体発見 北大チーム
【情報提供】  読売新聞社  読売新聞  2016年2月15日
『緊急!池上彰と考える 今年の細菌・ウイルス大疑問』
【出演, 取材協力, 情報提供】  TBS  テレビ未来遺産  2016年1月27日
ウイルスはどうやって生き残っているのか
【講師】  慶應学術事業会  慶應丸の内シティキャンパス定例講演会『夕学五十講』  2015年11月18日
エボラウイルス
【講師】  宮崎大学  宮崎大学 第5回国際シンポジウム   2015年11月13日
エボラ出血熱への挑戦
【出演, 講師】  文化放送キャリアパートナーズ 高崎健康福祉大学  ブンナビ薬学特別企画2015  2015年10月25日
人獣共通感染症の研究最前線 ~エボラ出血熱とインフルエンザ~
【講師】  サイエンステクノフロンティアフォーラム  第91回サイテックサロン  2015年10月18日
人獣共通感染症って?-エボラ出血熱とインフルエンザの話-
【講師】  札幌啓成高等学校  平成27年度スーパー・サイエンス・ハイスクール特別科学講演会  2015年9月29日
協和発酵キリン 北大とエボラ抗体薬開発 ウイルス全種に効果期待
【情報提供】  化学工業日報社  化学工業日報  2015年9月16日
Ebola spurs creation of Japan's first maximum-security biolab
【インタビュイー】  Nature  Nature  2015年8月13日
Recent Advance in Ebolavirus Research: Epidemiology & Virology
【講師】  Airlangga University  AIRC International Seminar: Bioterrorism and Agroterrorism in Indonesia  2015年8月12日
エボラ出血熱への挑戦
【出演】  文化放送キャリアパートナーズ 帝京大学  ブンナビ薬学特別企画2015  2015年7月28日
エボラウイルス研究の最前線
【パネリスト, 講師】  北海道大学  平成27年度北海道大学公開講座  2015年7月20日
エボラウイルス ー研究の現状と展望ー
【講師】  日本学術会議第二部(生命科学分野)部会  公開学術講演会  2015年8月5日
エボラ出血熱 適切な対応で感染は防げる
【インタビュイー】  民医連  民医連 いつでも元気  2015年5月1日
エボラウイルス解明に挑戦
【インタビュイー】  北海道建設新聞  真砂徳子の起ーパーソン ~風をおこす人々~  2015年5月1日
未踏の世界へ エボラに効く抗体を追う
【インタビュイー, 情報提供】  毎日新聞社  毎日新聞  2015年4月30日
エボラ感染 15分で検査 北大教授ら キット開発
【情報提供】  読売新聞  読売新聞  2015年4月1日
エボラ感染 15分で判定 北大教授ら キット開発、実用化へ
【情報提供】  北海道新聞  北海道新聞  2015年4月1日
Ebola Antibodies in Zambia Bats Match West African Virus
【インタビュイー, 情報提供】  Bloomberg News  2015年3月27日
ウイルスの専門家に聞く感染症とエボラウイルスの真実
【インタビュイー, 情報提供】  洋泉社  感染症クライシス  2015年3月13日
日曜Navi ほっかいどう知究人 エボラ出血熱解明に挑む 
【インタビュイー】  北海道新聞  北海道新聞  2015年3月8日
エボラ出血熱:現状と研究の最前線
【講師】  岐阜大学  岐阜大学市民講座  2015年3月2日
エボラウイルスに迫る
【パネリスト, 講師】  北海道大学  北海道大学 創成研究機構第 12 回 創成シンポジウム 感染症研究の最前線 ― エボラ・結核を例に―  2015年2月24日
ウイルスと感染症
【インタビュイー, 情報提供】  株式会社 ニュートンプレス  Newton 別冊  2015年2月10日
エボラ出血熱、高病原性鳥インフルエンザ……人獣共通感染症を研究 エボラウイルスの抗体もーー高田礼人さんの挑戦
【インタビュイー, 取材協力】  株式会社ビッグイシュー日本版  ビッグイシュー日本版  2015年2月1日
ウイルス
【出演】  日本テレビ  世界一受けたい授業  2015年1月31日
エボラおよびマールブルグウイルスによる感染症
【パネリスト】  厚生労働省  平成26年度新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究推進事業シンポジウム  2015年1月15日
脅威のエボラ、英知をかけて挑む ウイルス学者・高田礼人
【出演】  NHK  NHK プロフェッショナル~仕事の流儀  2015年1月5日
挑む Front Runner アフリカの森林でエボラウイルスを追う
【インタビュイー】  日経サイエンス社  日経サイエンス  2015年1月1日
エボラ…日本の課題
【出演, インタビュイー, 情報提供】  報道特集  2014年11月29日