SUZUKI Takashi

J-GLOBAL         Last updated: Dec 10, 2019 at 11:52
 
Avatar
Name
SUZUKI Takashi
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/c2d8aa29af7575ea4ef4aba192e3840b.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Medicine Health Sciences Laboratory Medicine and Clinical Science Pathology and Histotechnology
Job title
Professor
Degree
医学博士(Tohoku University)
Research funding number
10261629

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2006
 - 
Today
教授, 東北大学医学部保健学科検査技術科学専攻病理検査学分野
 
Sep 1996
 - 
Mar 2006
助手, 東北大学大学院医学系研究科病理診断学分野
 
Apr 1994
 - 
Aug 1994
助手, 東北大学医学部病理部
 

Education

 
 
 - 
Mar 1994
Graduate School, Division of Medicine, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1990
Faculty of Medicine, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Apr 2010
 - 
Today
日本乳癌学会  編集委員
 
Jan 2004
 - 
Today
日本組織細胞化学会  評議員
 
Nov 2001
 - 
Today
日本ステロイドホルモン学会  評議員
 
May 2004
   
 
日本内分泌学会  評議員
 
May 2004
   
 
日本病理学会  評議員
 

Awards & Honors

 
Nov 2009
日本病理学会学術研究賞(A演説), 日本病理学会学
 
Nov 2008
日本病理学会学術研究賞(A演説), 日本病理学会
 
May 2006
日本内分泌学会研究奨励賞, 日本内分泌学会
 
Jun 2004
日本病理学会平成15年度学術奨励賞, 日本病理学会
 
Jun 2004
日本乳癌学会第10回研究奨励賞受賞, 日本乳癌学会
 
Jul 1998
第5回日米組織細胞化学会議若手研究奨励賞, 組織細胞化学会
 
Jan 1995
平成6年度東北大学医学部奨学賞(銀賞), 東北大学医学部
 

Published Papers

 
Iino K, Mitobe Y, Ikeda K, Takayama KI, Suzuki T, Kawabata H, Suzuki Y, Horie-Inoue K, Inoue S
Cancer science      Nov 2019   [Refereed]
Harada-Shoji N, Soga T, Tada H, Miyashita M, Harada M, Watanabe G, Hamanaka Y, Sato A, Suzuki T, Suzuki A, Ishida T
Metabolomics : Official journal of the Metabolomic Society   15(11) 147   Nov 2019   [Refereed]
Aizawa T, Karasawa H, Funayama R, Shirota M, Suzuki T, Maeda S, Suzuki H, Yamamura A, Naitoh T, Nakayama K, Unno M
Cancer medicine      Aug 2019   [Refereed]
Hoshi Y, Uchida Y, Kuroda T, Tachikawa M, Couraud PO, Suzuki T, Terasaki T
Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism   271678X19868880   Aug 2019   [Refereed]
Iwabuchi E, Miki Y, Onodera Y, Shibahara Y, Takagi K, Suzuki T, Ishida T, Sasano H
Clinical & experimental metastasis      Jun 2019   [Refereed]
Namekawa T, Ikeda K, Horie-Inoue K, Suzuki T, Okamoto K, Ichikawa T, Yano A, Kawakami S, Inoue S
International journal of cancer      Jun 2019   [Refereed]
Sato A, Takagi K, Miki Y, Yoshimura A, Hara M, Ishida T, Sasano H, Suzuki T
Histology and histopathology   18130   May 2019   [Refereed]
Takenami T, Maeda S, Karasawa H, Suzuki T, Furukawa T, Morikawa T, Takadate T, Hayashi H, Nakagawa K, Motoi F, Naitoh T, Unno M
BMC cancer   19(1) 318   Apr 2019   [Refereed]
Kikuchi K, Saigusa D, Kanemitsu Y, Matsumoto Y, Thanai P, Suzuki N, Mise K, Yamaguchi H, Nakamura T, Asaji K, Mukawa C, Tsukamoto H, Sato T, Oikawa Y, Iwasaki T, Oe Y, Tsukimi T, Fukuda NN, Ho HJ, Nanto-Hara F, Ogura J, Saito R, Nagao S, Ohsaki Y, Shimada S, Suzuki T, Toyohara T, Mishima E, Shima H, Akiyama Y, Akiyama Y, Ichijo M, Matsuhashi T, Matsuo A, Ogata Y, Yang CC, Suzuki C, Breeggemann MC, Heymann J, Shimizu M, Ogawa S, Takahashi N, Suzuki T, Owada Y, Kure S, Mano N, Soga T, Wada T, Kopp JB, Fukuda S, Hozawa A, Yamamoto M, Ito S, Wada J, Tomioka Y, Abe T
Nature communications   10(1) 1835   Apr 2019   [Refereed]
Hoshi Y, Uchida Y, Tachikawa M, Ohtsuki S, Couraud PO, Suzuki T, Terasaki T
Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism   271678X18822801   Jan 2019   [Refereed]
Mayama A, Takagi K, Suzuki H, Sato A, Onodera Y, Miki Y, Sakurai M, Watanabe T, Sakamoto K, Yoshida R, Ishida T, Sasano H, Suzuki T
Cancer science   109(10) 3350-3359   Aug 2018   [Refereed]
Fue M, Miki Y, Takagi K, Hashimoto C, Yaegashi N, Suzuki T, Ito K
International journal of molecular sciences   19(8)    Aug 2018   [Refereed]
Iwabuchi E, Miki Y, Kanai A, Miyashita M, Kijima G, Hirakawa H, Suzuki T, Ishida T, Sasano H
The Journal of pathology   246(3) 379-389   Jul 2018   [Refereed]
Uchida Y, Sumiya T, Tachikawa M, Yamakawa T, Murata S, Yagi Y, Sato K, Stephan A, Ito K, Ohtsuki S, Couraud PO, Suzuki T, Terasaki T
Molecular neurobiology      Jul 2018   [Refereed]
Takagi K, Miki Y, Ishida T, Sasano H, Suzuki T
Molecular and cellular endocrinology   466 31-37   May 2018   [Refereed]
Shimura M, Mizuma M, Takadate T, Katoh Y, Suzuki T, Iseki M, Hata T, Aoki S, Suzuki Y, Sakata N, Ohtsuka H, Hayashi H, Morikawa T, Nakagawa K, Motoi F, Naitoh T, Igarashi K, Sasano H, Unno M
Oncotarget   9(36) 24291-24303   May 2018   [Refereed]
Takayama KI, Suzuki T, Fujimura T, Takahashi S, Inoue S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(19) 4975-4980   May 2018   [Refereed]
Takayama KI, Suzuki T, Fujimura T, Takahashi S, Inoue S
Molecular cancer research : MCR   16(5) 846-856   May 2018   [Refereed]
Hashimoto C, Miki Y, Tanaka S, Takagi K, Fue M, Doe Z, Li B, Yaegashi N, Suzuki T, Ito K
International journal of molecular sciences   19(4)    Apr 2018   [Refereed]
Takayama KI, Suzuki T, Tanaka T, Fujimura T, Takahashi S, Urano T, Ikeda K, Inoue S
Oncogene   37(16) 2165-2180   Apr 2018   [Refereed]

Misc

 
乳癌組織随伴マクロファージにおけるアンドロゲン誘導性液性因子の解析
山口 美桜, 高木 清司, 佐藤 正康, 三木 康宏, 石田 孝宣, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本内分泌学会雑誌   95(1) 488-488   Apr 2019
乳癌におけるCLEC2Dの発現意義
栗原 唯, 高木 清司, 保田 伊織, 三木 康宏, 石田 孝宣, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本内分泌学会雑誌   95(1) 488-488   Apr 2019
乳癌における5α-reductase type 3の発現意義
高木 清司, 佐藤 和, 井上 直紀, 三木 康宏, 石田 孝宣, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本内分泌学会雑誌   95(1) 473-473   Apr 2019
ER陽性浸潤性乳癌におけるCYC1の発現意義
佐藤 和, 高木 清司, 三木 康宏, 吉村 彩乃, 原 瑞季, 石田 孝宣, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本内分泌学会雑誌   95(1) 473-473   Apr 2019
乳癌におけるKLK12の発現意義
吉村 彩乃, 塚本 若菜, 佐藤 和, 高木 清司, 三木 康宏, 石田 孝宣, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本内分泌学会雑誌   95(1) 445-445   Apr 2019
精巣がん患者由来培養・移植モデルの作製およびその細胞学的特徴の解析
滑川 剛史, 池田 和博, 堀江 公仁子, 鈴木 貴, 岡本 康司, 市川 智彦, 矢野 晶大, 川上 理, 井上 聡
日本内分泌学会雑誌   95(1) 445-445   Apr 2019
子宮内膜癌におけるステロイドホルモンとKrueppel-like factor 5の発現
三木 康宏, 吉田 伶奈, 高木 清司, 鈴木 貴, 伊藤 潔
日本内分泌学会雑誌   95(1) 445-445   Apr 2019
ホルモン依存性癌の新展開 ホルモン依存性癌におけるホルモンシグナルの可視化
三木 康宏, 岩渕 英里奈, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 伊藤 潔
日本内分泌学会雑誌   95(1) 196-196   Apr 2019
患者由来培養・移植モデルに基づく膀胱がん幹細胞様細胞を標的とした新規診断・治療法の開発
滑川 剛史, 池田 和博, 堀江 公仁子, 鈴木 貴, 岡本 康司, 市川 智彦, 矢野 晶大, 川上 理, 井上 聡
日本泌尿器科学会総会   107回 AOP-016   Apr 2019
乳癌におけるアミノ酸トランスポーターの発現と治療による変化
佐藤 未来, 原田 成美, 宮下 穰, 内藤 剛, 海野 倫明, 亀井 尚, 石田 孝宣, 鈴木 貴, 笹野 公伸
日本外科学会定期学術集会抄録集   119回 PS-110   Apr 2019
膵癌間質プロテオミクスによる新規リンパ節転移関連因子ヘモペキシンの発見
鈴木 ゆき恵, 高館 達之, 水間 正道, 島 弘季, 鈴木 貴, 橘 知睦, 志村 充広, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 川口 桂, 青木 豪, 林 洋毅, 森川 孝則, 中川 圭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 石田 孝宣, 亀井 尚, 五十嵐 和彦, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   119回 PS-063   Apr 2019
子宮内膜癌におけるDehydroepiandrosteroneの組織中濃度とその意義
三木 康宏, 吉田 伶奈, 高木 清司, 鈴木 貴, 伊藤 潔
日本内分泌学会雑誌   94(4) 1441-1441   Dec 2018
女性ホルモンに応答する患者由来子宮内膜がん培養・移植モデルの確立とそのメカニズムの解析
柴 祥子, 池田 和博, 鈴木 貴, 新谷 大輔, 岡本 康司, 堀江 公仁子, 長谷川 幸清, 井上 聡
日本内分泌学会雑誌   94(4) 1393-1393   Dec 2018
膀胱がん患者由来細胞と異種移植モデルの樹立およびがん幹細胞様の特性を標的とした治療法(Bladder cancer patient-derived cells and xenografts enable to characterize cancer stem-like cell phenotype)
滑川 剛史, 池田 和博, 堀江 公仁子, 鈴木 貴, 岡本 康司, 市川 智彦, 矢野 晶大, 川上 理, 井上 聡
日本癌学会総会記事   77回 2043-2043   Sep 2018
エストロゲン誘導性長鎖非コードRNAはエストロゲン経路を亢進することによって乳がんの進展に関わる(Estrogen-inducible lncRNA facilitates estrogen receptor signaling and contributes to breast cancer tumorigenesis)
水戸部 悠一, 池田 和博, 堀江 公仁子, 鈴木 貴, 井上 聡
日本癌学会総会記事   77回 1071-1071   Sep 2018
非小細胞肺癌におけるエストラジオール局所合成と予後の検討
新井川 弘道, 鈴木 貴, 鈴木 聡, 佐渡 哲, 星川 康, 野田 雅史, 野津田 泰嗣, 渡邉 龍秋, 前田 寿美子, 桜田 晃, 遠藤 千顕, 岡田 克典, 笹野 公伸, 近藤 丘
肺癌   53(5) 679-679   Oct 2013
基礎からみた乳腺疾患 乳癌の前癌病変update 2013
笹野 公伸, 江幡 明子, 鈴木 貴
Cancer Board 乳癌   6(1) 44-49   Apr 2013
中村 保宏, 鈴木 貴, 渡辺 みか, 笹野 公伸
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   30(1) 32-35   Mar 2013
原発性アルドステロン症(PA)は、副腎組織からのアルドステロン過剰産生に伴い高血圧や重症な合併症を引き起こす病態である。通常、PAのうち術前にアルドステロン産生副腎皮質腺腫(APA)と診断された症例において手術が行われ、その後病理学的診断がなされる場合がほとんどであるが、時に腫瘍径が非常に小さいためその病理学的診断が困難なケースも決して稀ではない。その場合、免疫組織化学的検討による病変の同定が有用となる。また、APAとの鑑別診断ではアルドステロン過剰産生を伴う原発性副腎皮質過形成、すなわち...
鈴木 貴, 中村 保宏, 渡辺 みか, 笹野 公伸
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   30(1) 36-40   Mar 2013
副腎皮質癌は稀な疾患である一方多彩な組織像を示すため、病理診断に苦慮する場合が少なくない。そこで本稿では副腎皮質癌の病理的特徴を概説する。副腎皮質癌の診断は複数の指標を組み合わせたスコアリングシステムでなされ、なかでもWeissのCriteriaが最もよく用いられている。また細胞増殖能のマーカーであるKi-67に対する免疫染色も診断の一助となる。副腎は転移性癌の多い臓器であり、時に副腎皮質癌なのか転移性癌なのか鑑別を要する場合があるが、この場合は副腎皮質細胞のマーカーであるAd4BP/SF...
基礎からみた乳腺疾患 乳癌におけるアンドロゲン作用
高木清司, 鈴木貴, 笹野公伸
Cancer Board 乳癌   5(1) 38-42   Apr 2012
再発後14年を経過した副腎癌の一例
菅原 明, 村上 治, 在原 善英, 鈴木 貴, 麦倉 俊司, 笹野 公伸, 伊藤 貞嘉
ACTH RELATED PEPTIDES   23 29-31   Mar 2012
症例は52歳女性で、右側腹部痛が出現し、腹部超音波(US)検査で右副腎腫瘍を指摘された。血圧120/70mmHg、Cushing徴候(-)、内分泌検査では非機能性腫瘍と考えられ、開腹で右副腎摘出術が施行された。腫瘍は48×38×28mm大で、重量24.7g、IVC、腹膜との癒着が強いが、capsuleは保持されていた。病理組織学的にはWeiss criteriaを4項目満たし、中等度の副腎癌と診断された。1994年の術後からミトタン3000mg/日の投与がなされ、その後、腹部CTでは再発が...
ヒト大腸癌におけるRUNX2:Estrogen receptorを介した有力な予後規定因子
佐瀬友彦, 鈴木貴, 三浦康, 中村保宏, 大沼忍, 佐々木宏之, 唐澤秀明, 佐藤龍一郎, 山村明寛, 鈴木秀幸, 梶原大輝, 戸嶋政秀, 松田泰史, 柴田近, 海野倫明, 佐々木巌, 笹野公伸
日本外科学会雑誌   113(臨増2) 286-286   Mar 2012
骨芽細胞におけるaryl hydrocarbon receptorのエストロゲン合成への関与
三木 康宏, 端 秀子, 小野 克彦, 鈴木 貴, 熊本 裕行, 笹野 公伸
Clinical Calcium   21(5) 755-756   Apr 2011
【最新染色法のすべて】 病理検査 内分泌細胞の鑑別染色法 酵素抗体法
笹野 公伸, 鈴木 貴, 小野 克彦, 伊達 文子
Medical Technology   別冊(最新染色法のすべて) 195-197   Mar 2011
臨床 コルチゾル・性ホルモン産生副腎皮質腫瘍の臨床病理学的検討
宮澤恵実子, 森本玲, 工藤正孝, 村上治, 荒井陽一, 中村保宏, 鈴木貴, 笹野公伸, 佐藤文俊, 伊藤貞嘉
日本内分泌学会雑誌   85(2) 613-613   Sep 2009
急性心不全を契機に診断したコルチゾル・テストステロン産生副腎皮質腺腫の一例
宮澤恵実子, 森本玲, 工藤正孝, 村上治, 高瀬圭, 石戸谷滋人, 中村保宏, 高橋昭喜, 荒井陽一, 鈴木貴, 笹野公伸, 佐藤文俊, 伊藤貞嘉
日本内分泌学会雑誌   85(Suppl.) 120-122   Aug 2009
両側副腎にアルドステロン産生微小腺腫を伴ったクッシング症候群の一例
高橋友里恵[山田], 森本玲, 工藤正孝, 村上治, 高瀬圭, 石戸谷滋人, 中村保宏, 石橋忠司, 高橋昭喜, 荒井陽一, 鈴木貴, 笹野公伸, 佐藤文俊, 伊藤貞嘉
日本内分泌学会雑誌   85(Suppl.) 123-125   Aug 2009
ヒト骨組織におけるaryl hydrocarbon receptorの発現
三木 康宏, 端 秀子, 長崎 修治, 鈴木 貴, 笹野 公伸
The Journal of Toxicological Sciences   34(Suppl.) S103-S103   Jun 2009
【性ステロイドホルモンの作用 エストロゲン】 乳がんと子宮内膜癌間のエストロゲン作用の差異 似て異なる作用機序
笹野 公伸, 赤平 純一, 鈴木 貴, 伊藤 潔
産科と婦人科   76(2) 154-158   Feb 2009
ステロイドサルファターゼとエストロゲンスルフォトランスフェラーゼは大腸癌腫瘍内エストロゲン濃度を制御し、また、予後規定因子となる
佐藤 龍一郎, 鈴木 貴, 山本 久仁治, 三浦 康, 椎葉 健一, 立野 紘雄, 三木 康宏, 井伊 貴幸, 赤平 純一, 元井 冬彦, 力山 敏樹, 片寄 友, 江川 新一, 笹野 公伸, 海野 倫明
日本外科学会雑誌   110(臨増2) 448-448   Feb 2009
急性心不全を契機に診断した重症クッシング症候群の一例
宮沢恵実子, 森本玲, 佐藤文俊, 工藤正孝, 村上治, 石戸谷滋人, 荒井陽一, 鈴木貴, 笹野公伸, 伊藤貞嘉
日本内分泌学会雑誌   84(3) 854-854   Dec 2008
対側副腎にアルドステロン産生腺腫を伴ったCushing症候群の一例
山田友里恵, 森本玲, 佐藤文俊, 工藤正孝, 村上治, 高瀬圭, 石橋忠司, 高橋昭喜, 石戸谷滋人, 荒井陽一, 鈴木貴, 笹野公伸, 伊藤貞嘉
日本内分泌学会雑誌   84(3) 864-864   Dec 2008
PPNADにおける画像診断の進歩
沖隆, 山下美保, 飯野和美, 余語宏介, 中村浩淑, 鈴木貴, 笹野公伸
日本内分泌学会雑誌   84(2) 732-732   Sep 2008
病理診断 病理診断におけるin situ hybridizationの実際と今後の展望
笹野 公伸, 鈴木 貴, 小野 克彦, 高橋 弥生, 渡辺 みか
組織細胞化学   2008 165-175   Jul 2008
骨芽細胞に対するエストロゲン受容体作動薬の直接作用の比較
三木 康宏, 端 秀子, 長崎 修治, 赤平 純一, 鈴木 貴, 笹野 公伸
Clinical Calcium   18(7) 1032-1032   Jun 2008
ヒト骨組織におけるSteroid and Xenobiotic Receptorの発現とその作用
三木 康宏, 長崎 修治, 端 秀子, 赤平 純一, 鈴木 貴, 笹野 公伸
The Journal of Toxicological Sciences   33(Suppl.) S88-S88   Jun 2008
片側副腎摘出治療10年後に再燃したため対側副腎部分摘出を行ったアルドステロン分泌過剰を伴う両側副腎腫瘍によるクッシング症候群
村上治, 千葉裕, 在原善英, 戸恒和人, 佐藤文俊, 森本玲, 伊藤貞嘉, 曽根正彦, 高橋和広, 鈴木貴, 笹野公伸
日本内分泌学会雑誌   84(1) 297-297   Apr 2008
ヒト心筋と冠動脈組織における20-HETE産生酵素CYP4AとCYP4FおよびEET産生酵素CYP2Jの発現
室谷 嘉一, 伊藤 修, 三木 康弘, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 上月 正博
血管   31(1) 23-23   Jan 2008
AVSによるコルチゾル・アルドステロン同時過剰分泌の局在診断
森本玲, 佐藤文俊, 村上治, 高瀬圭, 山田隆之, 石戸谷滋人, 齋藤誠一, 鈴木貴, 石橋忠司, 高橋昭喜, 荒井陽一, 笹野公伸, 伊藤貞嘉
日本内分泌学会雑誌   83(3) 733-733   Dec 2007
術前MDCTにて副腎結節性病変を認めなかった原発性アルドステロン症の自験例に関する検討
森本玲, 佐藤文俊, 村上治, 宇留野晃, 阿部倫明, 種本雅之, 阿部高明, 伊藤貞嘉, 高瀬圭, 山田隆之, 石橋忠司, 高橋昭喜, 石戸谷滋人, 佐藤信, 荒井陽一, 鈴木貴, 笹野公伸
日本内分泌学会雑誌   83(2) 460-460   Sep 2007
【エストロゲンとその代謝酵素の関連疾患】 エストロゲン依存性腫瘍の新たな展開 EndocrinologyからIntracrinologyへ
笹野 公伸, 赤平 純一, 鈴木 貴, 伊藤 潔
産婦人科の実際   56(8) 1135-1140   Aug 2007
骨芽細胞に対するSERMsの直接作用の比較
三木康宏, 長崎修治, 赤平純一, 鈴木貴, 笹野公伸
SERM: Selective Estrogen Receptor Modulator   (5) 74-75   Aug 2007
乳癌におけるエストロゲン合成 アロマターゼの重要性 (東北大学医学部保健学科紀要)
鈴木貴
東北大学医学部保健学科紀要   16(2) 59-68   Jul 2007
【乳癌 基礎・臨床研究のアップデート】 基礎研究 最近の知見 乳癌におけるアロマターゼ研究
鈴木 貴, 森谷 卓也, 笹野 公伸
日本臨床   65(増刊6 乳癌) 106-110   Jun 2007
【内分泌クリニカル・カンファランス47】 副腎 手術治療後に出現増大した肺とリンパ節の多発性転移巣がミトタン療法にメチラポンの併用後において急速に縮小した右副腎癌によるクッシング症候群
村上治, 伊藤貞嘉, 在原善英, 戸恒和人, 曽根正彦, 高橋和広, 鈴木貴, 笹野公伸
ホルモンと臨床   55(夏季増刊) 163-168   Jun 2007
ヒト骨芽細胞における内分泌攪乱物質の影響
三木 康宏, 長崎 修治, 赤平 純一, 五十嵐 勝秀, 菅野 純, 鈴木 貴, 笹野 公伸
The Journal of Toxicological Sciences   32(Suppl.) S196-S196   May 2007
摂食抑制性ホルモンPeptide YYのヒト脳組織における発現
森本 玲, 佐藤 文俊, 村上 治, 戸恒 和人, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 伊藤 貞嘉, 高橋 和広
糖尿病   50(Suppl.1) S-109   Apr 2007
【内分泌病理学最近の進歩2005/2006】 副腎および関連病変 多発結節が認められたアルドステロン産生微小腺腫の1例 微小腺腫と結節性病変の鑑別
曽根正勝, 鈴木貴, 宮下和季, 田村尚久, 伊藤裕, 笹野公伸, 中尾一和
ホルモンと臨床   55(春季増刊) 151-161   Apr 2007
【内分泌病理学最近の進歩2005/2006】 副腎および関連病変 術後にアルドステロン過剰分泌が顕在化したクッシング症候群の1例
須田徳子, 柴田洋孝, 横田健一, 武田彩乃, 小林佐紀子, 小西孝之助, 中川健, 村井勝, 本間桂子, 鈴木貴, 笹野公伸, 猿田享男, 伊藤裕
ホルモンと臨床   55(春季増刊) 137-143   Apr 2007
【診断に役立つ免疫組織化学】 各臓器、疾患で用いられる抗体とその応用 内分泌 副腎
笹野 公伸, 鈴木 貴
病理と臨床   25(臨増) 151-154   Mar 2007

Books etc

 
Endocrine Pathology: Differential Diagnosis and Molecular Advances.
Lloyd RV ed. Sasano H Nakamura Y Moriya T Suzuki T. (Part:Joint Work, Chapter 11 Adrenal Cortex. , 261-279)
Springer Science+Business Media   Apr 2010   

Conference Activities & Talks

 
Significance of D2HGDH in breast cancer
Chiaki Hayashi, Kiyoshi Takagi, Ai Sato, Hiroyuki Minemura, Yasuhiro Miki, Takanori Ishida, Hironobu Sasano, Takashi Suzuki
International Symposium Cancer from biology to acceptance,Thematic forum for Creativity   Dec 2019   
Rac1 as potent prognostic factor in prostate cancer
Ai Sato, Kiyoshi Takagi, Masahiko Sato, Yasuhiro Miki, Akihiro Ito, Hironobu Sasano, Takashi Suzuki
International Symposium Cancer from biology to acceptance,Thematic forum for Creativity   Dec 2019   
Roles of CLEC2D in breast cancer cell proliferation
Yui Kurihara, Kiyoshi Takagi, Yasuhiro Miki, Takanori Ishida, Hironobu Sasano, Takashi Suzuki
International Symposium Cancer from biology to acceptance,Thematic forum for Creativity   Dec 2019   
Androgen-induced C-C motif chemokine ligand 5 secretion of macrophages promote breast cancer progression by interacting with CCR3
Mil Yamaguchi, Kiyoshi Takagi, Yasuhiro Miki, Yoshiaki Onodera, Takanori Ishida, Hironobu Sasano, Takashi Suzuki
International Symposium Cancer from biology to acceptance,Thematic forum for Creativity   Dec 2019   
A Potential Role of Endogenous SERM, 27-Hydroxy Cholesterol Synthesizing Enzyme, CYP27A1 in Breast Tumor Microenvironment
Minako Sakurai, Yasuhiro Miki, Kiyoshi Takagi, Takashi Suzuki, Takanori Ishida, Noriaki Ohuchi, Hironobu Sasano
ENDO2016   1 Apr 2016   
Transforming acidic coiled-coil-containing protein 2 (TACC2) immunolocalization in breast carcinoma
小野寺 好明, 高木 清司, 三木 康宏, 中村 保宏, 渡辺 みか, 石田 孝宣, 笹野 公伸, 井上 聡, 鈴木 貴
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
p62はヒト大腸癌において細胞増殖を促進するとともに独立した予後因子である(p62/sequestosome 1 is an independent prognostic factor and promotes cell proliferation in human colorectal carcinoma)
中山 瞬, 鈴木 貴, 藪内 伸一, 高木 清司, 小野寺 好明, 中村 保宏, 渡辺 みか, 吉田 寛, 森川 孝則, 唐澤 秀明, 内藤 剛, 海野 倫明, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
ステロイドホルモン合成酵素AKR1C3は11β-Prostaglandin F2αの産生に寄与し、乳癌の悪化に関わる(11β-Prostaglandin F2α produced by AKR1C3 stimulates FP-receptor and contributes to breast cancer progression)
依田 智美, McNamara Keely M., 三木 康宏, 高木 清司, 鈴木 貴, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
子宮内膜癌におけるNUCB2の発現意義(NUCB2 in human endometrial carcinoma as a potent prognostic factor)
高木 清司, 三木 康宏, 田中 創太, 八重樫 伸生, 笹野 公伸, 伊藤 潔, 鈴木 貴
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
RNA結合蛋白Musashi-1と協調的に乳癌進展に寄与するLin28Bの新規治療標的としての可能性(Lin28B is a new potential molecular target in breast cancer progression, and enhanced by RNA binding protein, Musashi)
櫻井 美奈子, 三木 康宏, 柴原 裕紀子, 鈴木 貴, 大内 憲明, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Oct 2013   
非小細胞肺癌におけるGas6によるAxl分解の意義(Novel Roles of Axl cleavage by its ligand Gas6 in non-small cell lung carcinoma)
飯田 慎也, 三木 康宏, 中村 保宏, 鈴木 貴, 岡部 尚文, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Oct 2013   
乳癌におけるARHGAP15の発現意義(Immunolocalization of ARHGAP15 in human breast carcinoma)
高木 清司, 三木 康宏, 小野寺 好明, 中村 保宏, 石田 孝宣, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本癌学会総会記事   Oct 2013   
Molecular Apocrine乳癌における17βHSD5のアンドロゲンによる発現調節(Androgenic Regulation of 17βHSD5 Expression in Molecular Apocrine Breast Cancer)
依田 智美, McNamara Keely, 三木 康宏, 高木 清司, 鈴木 貴, 石田 孝宣, 大内 憲明, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Oct 2013   
ヒト乳癌におけるNRF2発現の免疫組織化学的検討(Immunolocalization of NRF2 in human breast carcinoma)
小野寺 好明, 本橋 ほづみ, 高木 清司, 三木 康宏, 柴原 裕紀子, 渡辺 みか, 石田 孝宣, 笹野 公伸, 山本 雅之, 鈴木 貴
日本癌学会総会記事   Oct 2013   
p62/SQSTM1は癌進展における重要なautophagy制御因子である(A Role for p62/SQSTM1 as a Crucial Mediator of Autophagy during Cancer Progression)
仁平 開人, 三木 康宏, 小野 克彦, 鈴木 貴, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Oct 2013   
エストロゲン受容体陰性、プロゲステロン受容体陰性、HER2陰性の三重陰性乳がん(TNBC)患者のアンドロゲン代謝 多変量比較解析(Androgen metabolism in triple negative breast cancer (TNBC) patients-multivariate comparison of the findings)
マクナマラ・キーリー, 依田 智美, 三木 康宏, チャンプラコン・ニラモン, ヲングァイサヤワン・サンサネエ, インチロエン・ピンピン, コンダン・ヨウワヌシュ, 王 リン, 高木 清司, 高木 まゆ, 中村 保宏, 鈴木 貴, 宮下 穣, 根本 紀子, 玉城 研太朗, 石田 孝宣, 大内 憲明, 笹野 公伸
日本内分泌学会雑誌   Apr 2013   
乳癌におけるpromyelocytic zinc finger protein(PLZF)の発現(Expression of promyelocytic zinc finger protein (PLZF) in human breast carcinoma)
高木 清司, 三木 康宏, 小野寺 好明, 中村 保宏, 石田 孝宣, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本癌学会総会記事   Sep 2012   
ヒト結腸癌におけるRUNX2の発現意義 ERβを介した予後規定因子(RUNX2 in human colon earcinoma: a potent prognostic factor associated with estrogen receptor)
佐瀬 友彦, 鈴木 貴, 三浦 康, 椎葉 健一, 佐藤 郁郎, 高木 清司, 小野寺 好明, 三木 康宏, 大沼 忍, 佐々木 宏之, 柴田 近, 海野 倫明, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Sep 2012   
ER陽性乳癌におけるAhRを介したAromatase発現誘導(Induction of aromatase through Aryl hydrocarbon receptor in ER-positive breast cancer)
齊藤 涼子, 三木 康宏, 飯田 慎也, 端 秀子, 高木 清司, 小野 克彦, 大内 憲明, 鈴木 貴, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Sep 2012   
トリプルネガティブ乳癌におけるアンドロゲン生成経路の活性化は腫瘍増殖能の低下に関与する(Activation of androgenic pathways results in lower tumor cell proliferation in triple negative breast cancer)
マクナマラ・キーリー, 三木 康宏, チャンプラコン・ニラモン, ウォンワイサヤワン・サンサニー, インチャロン・ピンピン, 中村 保宏, 鈴木 貴, 宮下 穣, 玉城 研太朗, 石田 孝宣, 大内 憲明, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Sep 2012   
乳癌における(プロ)レニン受容体の発現意義((Pro)renin receptor in breast carcinoma)
大場 浩史, 西山 浩史, 金子 桐子, 廣瀬 卓男, 戸恒 和人, 笹野 公伸, 鈴木 貴, 高橋 和広
日本癌学会総会記事   Sep 2012   
非小細胞肺癌におけるAxlのリガンド依存的および非依存的活性化(Ligand-dependent and independent activation of Axl in non-small cell lung carcinoma)
飯田 慎也, 三木 康宏, 中村 保宏, 鈴木 貴, 岡部 尚文, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Sep 2012   
非小細胞肺癌におけるAxlおよびGas6の発現局在と意義
飯田 慎也, 三木 康宏, 中村 保宏, 鈴木 貴, 岡部 尚文, 笹野 公伸
第101回日本病理学会総会   26 Apr 2012   
ヒト大腸癌におけるRUNX2:Estrogen receptorを介した有力な予後規定因子
佐瀬 友彦,鈴木 貴,三浦 康,中村 保宏,大沼 忍,佐々木 宏之,唐澤 秀明,佐藤 龍一郎,山村 明寛,鈴木 秀幸,梶原 大輝,戸嶋 政秀,松田 泰史,柴田 近,海野 倫明,佐々木 巌,笹野 公伸
第112回日本外科学会定期学術集会   12 Apr 2012   
乳癌組織におけるAryl hydrocarbon receptorと臨床学的事項およびaromatase発現との関わりについての検討
齊藤 涼子, 三木 康宏, 大庭 悠貴, 端 秀子, 中村 保宏, 鈴木 貴, 笹野 公伸
日本病理学会会誌   Apr 2012   
ヒト大腸癌におけるRUNX2 ERβを介した有力な転移制御因子(Runt related transcription factor in human colon carcinoma:a possible regulator of metastasis via ERβ expression)
佐瀬 友彦, 鈴木 貴, 三浦 康, 中村 保宏, 小野寺 好明, 高木 清司, 木内 誠, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 山村 明寛, 柴田 近, 佐々木 巌, 笹野 公伸
第70回日本癌学会学術総会   3 Oct 2011   
ヒト乳癌におけるLIN28によるlet-7発現抑制(LIN28 regulates tumor suppressing activity of let-7 miRNA in human breast cancer)
櫻井 美奈子, 三木 康宏, 増田 真理子, 平川 久, 鈴木 貴, 笹野 公伸
第70回日本癌学会学術総会   3 Oct 2011   
肺癌におけるエストロゲンと喫煙の関係(Effects of smoking on intratumoral estrogen synthesis in lung cancer)
三木 康宏, 鈴木 貴, 熊本 裕行, 笹野 公伸
第70回日本癌学会学術総会   3 Oct 2011   
乳癌組織におけるamyloid precursor proteinの発現(Immunolocalization of amyloid precursor protein in human breast carcinoma)
伊藤 重宏, 高木 清司, 小野寺 好明, 三木 康宏, 中村 保宏, 石田 孝宣, 井上 聡, 笹野 公伸, 鈴木 貴
第70回日本癌学会学術総会   3 Oct 2011   
乳癌におけるKLF5の発現意義(KLF5 in human breast carcinoma)
高木 清司, 三木 康宏, 小野寺 好明, 中村 保宏, 石田 孝宣, 井上 聡, 笹野 公伸, 鈴木 貴
第70回日本癌学会学術総会   3 Oct 2011   
ヒト乳癌におけるSuppressor of Cytokine Signalling 3(SOCS3)発現の意義
櫻井 美奈子, 三木 康宏, 石田 孝宜, 鈴木 貴, 大内 憲明, 笹野 公伸
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Sep 2011   
ヒトER陽性乳癌におけるエストロゲン誘導性microRNA-7とEGFR発現
増田 真理子, 三木 康宏, 端 秀子, 鈴木 貴, 石田 孝宣, 平川 久, 大内 憲明, 笹野 公伸
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Sep 2011   
乳癌におけるaryl hydrocarbon receptorと腫瘍内Estrogen産生との関係
齊藤 涼子, 三木 康宏, 端 秀子, 飯田 慎也, 小野 克彦, 石田 孝宣, 鈴木 貴, 大内 憲明, 笹野 公伸
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Sep 2011   
男子乳癌におけるエストロゲン作用
高木 清司, 森谷 卓也, 黒住 昌史, 岡 きま子, 豊島 隆, 武井 寛幸, 平川 久, 石田 孝宣, 紅林 淳一, 林 慎一, 三木 康宏, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Sep 2011   
非浸潤性及び浸潤性乳癌組織におけるエストロゲン作用
江幡 明子, 鈴木 貴, 高木 清司, 三木 康宏, 五十嵐 やよい, 中村 保宏, 石田 和之, 渡辺 みか, 石田 孝宣, 大内 憲明, 笹野 公伸
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Sep 2011   
足底表皮嚢腫とヒト乳頭腫ウイルス感染
羽鳥 正仁, 渡辺 みか, 鈴木 貴, 土肥 修, 保坂 正美, 綿貫 宗則, 井樋 栄二
第 44 回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会   14 Jul 2011   
ヒト大腸癌におけるRUNX2の発現解析 転移能・浸潤能・予後への関与
佐瀬 友彦, 鈴木 貴, 三浦 康, 中村 保宏, 小野寺 好明, 高木 清司, 佐藤 龍一郎, 柴田 近, 笹野 公伸, 佐々木 巌
第66回日本消化器外科学会総会   13 Jul 2011   
非小細胞肺癌組織におけるAxlの活性化と発現意義
飯田 慎也, 三木 康宏, 阿部 佳子, 小野 克彦, 中村 保宏, 鈴木 貴, 岡部 尚文, 笹野 公伸
第100回日本病理学会総会   28 Apr 2011   
間質性肺炎におけるエストロゲン受容体とアロマターゼの発現
谷内 真司, 鈴木 貴, 三木 康宏, 阿部 佳子, 藤島 史喜, 中村 保宏, 佐藤 聡子, 笠島 敦子, 石田 和之, 渡辺 みか, 笹野 公伸
第100回日本病理学会総会   28 Apr 2011   
骨芽細胞におけるaryl hydrocarbon receptorを介したエストロゲン合成
三木 康宏, 鈴木 貴, 熊本 裕行, 笹野 公伸
第84回日本内分泌学会   21 Apr 2011   
神経内分泌腫瘍組織におけるinsulin-like growth factor-1 receptor(IGF-1R)の活性化と細胞内シグナル伝達系との関連性
飯田 慎也, 三木 康宏, 小野 克彦, 中村 保宏, 鈴木 貴, 笹野 公伸
第84回日本内分泌学会   21 Apr 2011   
骨芽細胞におけるaryl hydrocarbon receptorのエストロゲン合成への関与
三木 康宏, 端 秀子, 小野 克彦, 鈴木 貴, 熊本 裕行, 笹野 公伸
第32回 東北骨代謝研究会   5 Feb 2011   
初診時CKDを合併したPA症例の臨床上特徴及び治療予後に関する検討
岩倉 芳倫, 森本 玲, 工藤 正孝, 村上 治, 小野 美澄, 柳澤 紀子, 清元 秀泰, 高瀬 圭, 清治 和将, 高橋 昭喜, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一, 中村 保宏, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 伊藤 貞嘉, 佐藤 文俊
日本内分泌学会雑誌   Jan 2011   
初診時慢性腎臓病(CKD)を合併した原発性アルドステロン症(PA)症例の臨床上特徴及び治療予後について検討した。既に推定糸球体濾過量(eGFR)が60ml/min/1.73m2未満のCKD-PA群、eGFR 60ml/min/1.73m2以上のnonCKD-PA群とし比較対象とした。CKD-PA群は、nonCKD-PA群に比べ、初診時のPRA及びPACが有意に高値であった。初診時のPRAはBaselineに比べ有意に上昇した。アルドステロン/レニン比(ARR)は初診時、Baseline及び...
ケラトアカントーマとの鑑別を必要とする頭部に発症した有棘細胞癌の1例
谷田 宗男, 柿崎 彩, 江川 貞恵, 加藤 泰三, 鈴木 貴
第74回日本皮膚科学会 東部支部学術大会   20 Nov 2010   
Intratumoral oestrogen production in human lung carcinoma
Takashi Suzuki
14th International Congress on Hormonal Steroids and Hormones & Cancer   21 Sep 2010   
ヒト乳癌におけるアロマターゼ阻害薬によるmiRNA発現の変動(MiRNA profile following aromatase inhibitor in breast cancer-potential difference between steroidal/non-steroidal agents)
柴原 裕紀子, 三木 康宏, 小野 克彦, 赤平 純一, 阿部 佳子, 鈴木 貴, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Sep 2010   
ヒト大腸癌におけるRunt-related transcription factor 2(RUNX2)の免疫組織化学的検討(Immunohistochemical analysis of Runt-related transcription factor 2 (RUNX2) in human colon cancer)
佐瀬 友彦, 鈴木 貴, 三浦 康, 中村 保宏, 小野寺 好明, 佐藤 龍一郎, 唐澤 秀明, 木内 誠, 安藤 敏典, 山村 明寛, 柴田 近, 佐々木 巌, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Sep 2010   
非小細胞肺癌細胞の細胞増殖シグナルにおけるAxlの役割(Axl as a key factor for cell growth signal non-small cell lung carcinoma cells)
飯田 慎也, 三木 康宏, 小野 克彦, 阿部 佳子, 赤平 純一, 鈴木 貴, 岡部 尚文, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Sep 2010   
乳腺良性疾患におけるエストロゲン合成代謝酵素の発現の検討(Expression of estrogen-related enzymes in benign breast disease: comparison with normal breast and breast carcinoma)
佐々木 淑恵, 小野寺 好明, 三木 康宏, 赤平 純一, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本癌学会総会記事   Sep 2010   
乳癌におけるNUCB2の発現意義(Expression of MUCB2 and its significance in human breast carcinoma)
鈴木 志穂, 小野寺 好明, 三木 康宏, 赤平 純一, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本癌学会総会記事   Sep 2010   
肺癌におけるアロマターゼ発現に対する癌間質細胞の影響(Aromatase expression in lung carcinoma cells through intratumoral stromal cell interactions)
三木 康宏, 鈴木 貴, 阿部 佳子, 飯田 慎也, 赤平 純一, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Sep 2010   
アロマターゼによる乳癌組織におけるアンドロゲン合成の抑制(Aromatase in the breast carcinoma as a negative regulator of intratumoral androgen production)
高木 清司, 三木 康宏, 大内 憲明, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本癌学会総会記事   Sep 2010   
乳癌におけるRunx2 その進行における役割について(Runx2 in human breast carcinoma: its potential roles in cancer progression)
小野寺 好明, 鈴木 貴, 高木 清司, 三木 康宏, 赤平 純一, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Sep 2010   
男子乳癌における性ホルモン受容体の発現(Sex-steroid receptors in male breast carcinoma)
岡 きま子, 森谷 卓也, 黒住 昌史, 高木 清司, 三木 康宏, 豊島 隆, 武井 寛幸, 平川 久, 石田 孝宣, 紅林 淳一, 林 慎一, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本癌学会総会記事   Sep 2010   
ステロイドホルモンとその受容体の組織化学 肺癌における性ステロイドホルモンの作用
三木 康宏, 阿部 佳子, 鈴木 貴, 笹野 公伸
日本組織細胞化学会総会・学術集会講演プログラム・予稿集   Sep 2010   
間質性肺炎におけるエストロゲン受容体とアロマターゼの発現
谷内 真司, 鈴木 貴, 三木 康宏, 阿部 佳子, 鈴木 瑛介, 中村 保宏, 藤島 史喜, 伊藤 しげみ, 石田 和之, 渡辺 みか, 笹野 公伸
日本病理学会会誌   Apr 2010   
Immunolocalization of estrogen-related enzymes in genign human breast disorders
Yoshie Sasaki, Yosiaki Onodera, Yasuhiro Miki, Jun-ichi Akahira, Hironobu Sasano, Takashi Suzuki
14th International Congress of Endocrinology   26 Mar 2010   
Estrogen receptors in human skin-its correlation with age and gender-
Tkatoshi Inoue, Yasuhiro Miki, Keiko Abe, Miki Mori, Yosiyuki Kariya, Setsuya Aiba, Hironobu Sasano
14th International Congress of Endocrinology   26 Mar 2010   
Intratumoral androgen levels brest carcinoma with aromatase inhibitor exemestane:17β-hydroxysteroid dehydrogenase type 2 as a maker for increased androgen actions
Kiyosi Takagi, Shuji Nagasaki, Yoshiaki Onodera, Yasuhiro Miki, Jun-ichi Akahira, Katsuhiko Ono, Hisashi Hirakawa, Hironobu Sasano
14th International Congress of Endocrinology   26 Mar 2010   
Estrogen receptor βin human non-small cell lung carcinoma:Cytoplasmic ER β as a potential prognosis marker
Mohito K.Verma, Yasuhiro Miki, Keiko Abe, Hiromichi Niikawa, Hironobu Sasano
14th International Congress of Endocrinology   26 Mar 2010   
Immunolocalization of NUCB2 in human breast carcinoma
Shiho Suzuki, Yoshiaki Onodera, Yasuhiro Miki, Jun-ichi Akahira, Hironobu Sasano, Takashi Suzuki
14th International Congress of Endocrinology   26 Mar 2010   
Expression of mTOR signaling pathway and effects of mTOR inhibitor on cell signaling pathway in neuroendocrine tumors
Shinya Iida, Tasuhiro Miki, Katsuhiro Ono, Hironobu Sasano
14th International Congress of Endocrinology   26 Mar 2010   
Tissue concentration of sex steroid hormones and its correlations with clinicopathological parameters in human epithelial ovarian cancer
Jun-ichi Akahira, Fumihiro Suzuki, TakashiSuzuki, Yasuhiro Miki, Shuji Nagasaki, Seijiro Honma, Kiyoshi Ito, Nobuo Yaegashi, Hironobu Sasano
14th International Congress of Endocrinology   26 Mar 2010   
Lobe differences and tissue specific androgen regulation of 5α-Reductase type 2 and intraprostatic DHT levels in mouse prostate
Keely M.McNamaraDavit Harwood, Ulla Simanainen, Davit J .Handelsman
14th International Congress of Endocrinology   26 Mar 2010   
Identification of estradiol-estrogen receptor-regulated miRNAs in breast cancer cells
Mariko Masuda, Syuko HataYasuhiro Miki, Hironobu Sasano
14th International Congress of Endocrinology   26 Mar 2010   
Spironolactone body陽性の両側副腎アルドステロン産生微小腺腫による治療抵抗性高血圧症の一例
森本 玲, 工藤 正孝, 村上 治, 岩倉 芳倫, 宮沢 恵実子, 高瀬 圭, 石橋 忠司, 高橋 昭喜, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一, 中村 保宏, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 佐藤 文俊, 伊藤 貞嘉
日本内分泌学会雑誌   Mar 2010   
エストロゲン環境の撹乱を介した喫煙の肺癌プログレッション作用
三木 康宏, 鈴木 貴, 阿部 佳子, 鈴木 聡, 笹野 公伸
日本内分泌学会雑誌   Mar 2010   
ヒト乳癌におけるNudix-type motif 2(NUDT2)の発現意義に関する検討
岡 きま子, 小野寺 好明, 鈴木 貴, 甘利 正和, 石田 孝宣, 笹野 公伸, 大内 憲明
日本外科学会雑誌   Mar 2010   
ヒト大腸癌におけるRUNX2の発現解析
佐瀬 友彦, 鈴木 貴, 三浦 康, 小野寺 好明, 佐藤 龍一郎, 小川 仁, 木内 誠, 安藤 敏典, 矢崎 伸樹, 田中 直樹, 羽田 祥, 唐澤 秀明, 山村 明寛, 鈴木 秀幸, 柴田 近, 佐々木 巌, 笹野 公伸
日本外科学会雑誌   Mar 2010   
重症高血圧症を呈するACTH非依存性クッシング症候群におけるアルドステロンの関与 ACTH負荷副腎静脈サンプリングにより明らかにされた病態
森本 玲, 佐藤 文俊, 工藤 正孝, 岩倉 芳倫, 宮澤 恵美子, 松田 謙, 村上 治, 高瀬 圭, 高橋 昭喜, 伊藤 明宏, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 伊藤 貞嘉
第32回日本高血圧学会総会   1 Oct 2009   
進行性臓器障害を伴った原発性アルドステロン症の治療をどう考えるか?【長期スピロノラクトン療法中に臓器障害が進展した重症原発性アルドステロン症の一例の検討】
岩倉 芳倫, 佐藤 文俊, 森本 玲, 工藤 正孝, 松田 謙, 村上 治, 高瀬 圭, 山田 隆之, 高橋 昭喜, 伊藤 昭宏, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 伊藤 貞嘉
第32回日本高血圧学会総会   1 Oct 2009   
ヒト非小細胞肺癌におけるsteroid sulfataseの発現(Expression of steroid sulfatase in human non-small cell lung carcinoma)
柿沼 秀明, 三木 康宏, 阿部 佳子, 鈴木 聡, 赤平 純一, 鈴木 貴, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Oct 2009   
アロマターゼ阻害剤とmicroRNA(Aromatase inhibitors and microRNA)
柴原 裕紀子, 三木 康宏, 小野 克彦, 赤平 純一, 阿部 佳子, 鈴木 貴, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Oct 2009   
肺癌組織における癌微小環境 癌細胞増殖に対する間質細胞の影響(Human lung cancer microenvironment: Effects of intratumoral stromal cells on cell proliferation of carcinoma cells)
三木 康宏, 森 一茂, 岡部 尚文, 阿部 佳子, 赤平 純一, 鈴木 貴, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Oct 2009   
乳癌におけるアロマターゼ阻害剤術前投与に伴うアンドロゲン作用の増大(Increased androgenic action in the breast carcinoma treated with aromatase inhibitor as a neoadjuvant endocrine therapy)
高木 清司, 長崎 修治, 小野寺 好明, 三木 康宏, 赤平 純一, 小野 克彦, 平川 久, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本癌学会総会記事   Oct 2009   
乳癌におけるRIP140の発現意義(RIP140 in human breast carcinoma)
大場 浩史, 小野寺 好明, 笹野 公伸, 鈴木 貴
日本癌学会総会記事   Oct 2009   
ホルモン受容体とがん ヒト癌における性ホルモン受容体の発現の発現意義(Hormone receptor and cancer Significance of sex-hormone receptors in human carcinomas)
鈴木 貴, 三木 康宏, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Oct 2009   
ヒト大腸癌におけるRUNX2の免疫組織化学的検討(Immunohistochemical analysis of RUNX2 in human colon cancer)
佐瀬 友彦, 鈴木 貴, 小野寺 好明, 三浦 康, 佐藤 龍一郎, 唐澤 秀明, 木内 誠, 安藤 敏典, 矢崎 伸樹, 田中 直樹, 柴田 近, 佐々木 巌, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Oct 2009   
乳癌におけるRunx2発現とその意義の免疫組織化学的検討(Expression of RUNX2 and its significance in human breast carcinoma)
小野寺 好明, 鈴木 貴, 佐久 拓弥, 森 美紀, 三木 康宏, 赤平 純一, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   Oct 2009   
ヒト骨組織におけるaryl hydrocarbon receptorの発現
三木 康宏, 端 秀子, 長崎 修治, 鈴木 貴, 笹野 公伸
第36回日本トキシコロジー学会学術年会   6 Jul 2009   
ヒト骨肉腫組織におけるestrogen sulfotransferase(EST)とsteroid sulfatase(STS)の発現の検討
土肥 修, 羽鳥 正仁, 保坂 正美, 鈴木 堅太郎, 村上 享, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 井樋 栄二
日本整形外科学会雑誌   Jun 2009   
10%ホルマリン固定パラフィン包埋標本から抽出したTotalRNAおよびmicroRNAの質的検討
三浦 伊久美, 三木 康宏, 赤平 純一, 鈴木 貴, 笹野 公伸
日本病理学会会誌   May 2009   
アルドステロン産生腫瘍の診断の進歩 MDCT副腎静脈造影マップ法副腎静脈サンプリングの成功率と診断精度 アルドステロン産生腺腫の局在診断の精度と判定基準の検討
佐藤 文俊, 森本 玲, 工藤 正孝, 松田 謙, 宇留野 晃, 高瀬 圭, 石橋 忠司, 荒井 陽一, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 村上 治, 伊藤 貞嘉
日本内分泌学会雑誌   Apr 2009   
プロレニン受容体のヒト視床下部における免疫組織化学的検討 室傍核と視索上核における発現
高橋 和広, 平石 圭介, 庄子 至, 廣瀬 卓男, 山本 肇, 岩瀬 裕章, 柴崎 瑛子, 加藤 一郎, 今井 潤, 村上 治, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 森 信芳, 上月 正博, 戸恒 和人
日本内分泌学会雑誌   Apr 2009   
アルドステロン自律過剰分泌を合併するクッシング症候群の診断と治療
森本 玲, 佐藤 文俊, 工藤 正孝, 村上 治, 松田 謙, 高瀬 圭, 石橋 忠司, 高橋 昭喜, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 伊藤 貞嘉
日本内分泌学会雑誌   Apr 2009   
ヒト副腎網状層の発育についての形態学的および免疫組織学的検討
恵 小剛, 赤平 純一, 鈴木 貴, 仁尾 正記, 中村 保宏, Rainey William E., 笹野 公伸
日本内分泌学会雑誌   Apr 2009   
ヒト肺癌におけるsteroid sulfataseの発現
三木 康宏, 柿沼 秀明, 阿部 佳子, 鈴木 聡, 赤平 純一, 鈴木 貴, 笹野 公伸
日本内分泌学会雑誌   Apr 2009   
乳癌における17β-hydroxysteroid dehydrogenase type12の機能に関する検討
長崎 修治, 鈴木 貴, 三木 康宏, 赤平 純一, 笹野 公伸
日本内分泌学会雑誌   Apr 2009   
乳腺に良性・悪性疾患の背景にある局所のホルモン環境
鈴木 貴
第15回日本乳腺疾患研究会   14 Feb 2009   
新戦略による"潜在性原発性アルドステロン症"に対するcytoreductive surgeryの経験
石戸谷 滋人, 伊藤 明宏, 中川 晴夫, 佐藤 文俊, 森本 怜, 石橋 忠司, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 荒井 陽一
日本泌尿器科学会雑誌   Feb 2009   
原発性アルドステロン症での静脈サンプリング(AVS)の適応を巡って PAにおける副腎静脈サンプリングの適応 原発性アルドステロン症での副腎静脈サンプリング 東北大学病院での実績に基づく適応
佐藤 文俊, 森本 玲, 松田 謙, 工藤 正孝, 村上 治, 高瀬 圭, 石橋 忠司, 荒井 陽一, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 伊藤 貞嘉
日本内分泌学会雑誌   Dec 2008   
乳癌におけるCOUP-TF?の発現解析
長崎修治、鈴木貴、三木康宏、赤平純一、笹野公伸
第16回日本ステロイドホルモン学会学術集会   22 Nov 2008   
神経芽腫における標的治療因子の免疫組織化学的検索
中村 恵美, 風間 理郎, 鈴木 貴, 林 富, 仁尾 正記, 笹野 公伸
小児がん   Nov 2008   
ヒト肺癌における抗アロマターゼ療法の可能性
三木康宏、鈴木貴、赤平純一、阿部佳子、笹野公伸、
第67回日本癌学会学術総会   28 Oct 2008   
乳癌における17β-hydroxysteroid dehydrogenase type12の機能に関する検討
長崎修治、鈴木貴、三木康宏、赤平純一、笹野公伸
第67回日本癌学会学術総会   28 Oct 2008   
大腸癌におけるステロイドサルファターゼとエストロゲンスルフォトランスフェラーゼの発現意義
佐藤龍一郎、鈴木貴、片寄友、三浦康、椎葉健一、立野紘雄、三木康宏、赤平純一、山本久仁治、井伊貴幸、江川新一、海野倫明、笹野公伸
第67回日本癌学会学術総会   28 Oct 2008   
上皮性卵巣癌における組織中性ステロイドホルモン濃度と臨床病理学的因子の関連について
赤平純一、鈴木史彦、鈴木貴、伊藤潔、三木康宏、長崎修治、八重樫伸生、笹野公伸
第67回日本癌学会学術総会   28 Oct 2008   
乳癌におけるNUDT2の発現に関する免疫組織化学的検討
岡きま子、鈴木貴、赤平純一、三木康宏、小野寺好明、小野克彦、長崎修治、森美紀、石田孝宣、大内憲明、笹野公伸
第67回日本癌学会学術総会   28 Oct 2008   
新規乳癌独立予後規定因子としての有機アニオントランスポーターLST-2/SLCO1B3の癌細胞特異的発現とその腫瘍生物学的意義
小野川徹、鈴木貴、片寄友、力山敏樹、阿部高明、石田孝宣、森川孝則、岡上能斗竜、前田晋平、大内憲明、笹野公伸、江川新一、海野倫明
第67回日本癌学会学術総会   28 Oct 2008   
Efpは前立腺癌細胞の増殖を亢進させる因子であり疾患予後マーカーとしても有望である
浦野友彦、村田太郎、藤村哲也、鈴木貴、高山賢一、熊谷仁平、笹野公伸、高橋悟、北村唯一、本間之夫、大内尉義、井上聡
第67回日本癌学会学術総会   28 Oct 2008   

Research Grants & Projects

 
癌におけるホルモン作用
Project Year: Apr 1990 - Today

Others

 
Jun 2006   良性増殖性乳腺疾患及び非浸潤性乳癌におけるエストロゲン作用の解析
良性増殖性乳腺疾患及び非浸潤性乳癌におけるエストロゲン作用の解析
Sep 2003   子宮体癌、卵巣癌におけるエストロゲン作用機序の解明-新たな内分泌療法の確立にむけて-
子宮体癌、卵巣癌におけるエストロゲン作用機序の解明-新たな内分泌療法の確立にむけて-