ISHII Keiko

J-GLOBAL         Last updated: Dec 20, 2018 at 19:20
 
Avatar
Name
ISHII Keiko
Alternative names
Kumura
E-mail
ishii-kmed.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/fc3cc92f69b48b4c769b3b75e1e75632.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Medicine Health Sciences Laboratory Medicine and Science Medical Microbiology, Mycology and Immunology
Job title
Associate Professor
Degree
Science (Biology)(Kyushu University)

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2008
 - 
Today
associate professor, Tohoku University Graduate School of Medicine
 
Apr 2006
 - 
Mar 2008
准教授, 東北大学
 
Apr 1998
 - 
Mar 2006
Assistant professor, Tohoku University
 
Nov 1996
 - 
Apr 1998
Research associate, Tohoku University
 
Jan 1993
 - 
Feb 1995
Research associate, Harvard Medical School
 

Education

 
 
 - 
Mar 1984
Biology, Graduate School, Division of Natural Science, Kyushu University
 
 
 - 
Mar 1978
Biology, Faculty of Science, Kyushu University
 

Committee Memberships

 
Jan 2012
 - 
Today
日本生体防御学会  事務局長
 

Published Papers

 
Miura T, Kawakami K, Kanno E, Tanno H, Tada H, Sato N, Masaki A, Yokoyama R, Kawamura K, Kitai Y, Takagi N, Yamaguchi K, Yamaguchi N, Kyo Y, Ishii K, Imai Y, Saijo S, Iwakura Y, Tachi M
The Journal of investigative dermatology      Oct 2018   [Refereed]
Toyama M, Kudo D, Aoyagi T, Miyasaka T, Ishii K, Kanno E, Kaku M, Kushimoto S, Kawakami K
Microbiology and immunology   62(2) 111-123   Feb 2018   [Refereed]
Kanno E, Kawakami K, Tanno H, Suzuki A, Sato N, Masaki A, Imamura A, Takagi N, Miura T, Yamamoto H, Ishii K, Hara H, Imai Y, Maruyama R, Tachi M
Experimental dermatology   26(11) 1097-1104   Nov 2017   [Refereed]
Tanno H, Kawakami K, Kanno E, Suzuki A, Takagi N, Yamamoto H, Ishii K, Imai Y, Maruyama R, Tachi M
Wound repair and regeneration : official publication of the Wound Healing Society [and] the European Tissue Repair Society   25(5) 805-815   Sep 2017   [Refereed]
Ishii K, Onishi Y, Miyamura N, Fukuhara N, Ishizawa K, Nakanishi M, Ohnaka S, Miyasaka T, Kanno E, Kawakami K, Harigae H, Kaku M
Journal of medical virology   89(7) 1265-1273   Jul 2017   [Refereed]

Misc

 
【感染性疾患の病理】 (第1部)感染症の病理学的側面(病理学的感染症学概論) 感染症に関する考え方 結核菌感染および肺炎球菌感染に対する免疫応答機構
石井 恵子, 川上 和義
病理と臨床   36(臨増) 2-7   Apr 2018
【呼吸器感染症研究における新しい展開】 肺クリプトコックス症におけるTh1、Th2、Th17免疫応答と1型インターフェロンによる制御
石井 恵子, 川上 和義
呼吸器内科   26(1) 27-32   Jul 2014
クリプトコックス感染における防御免疫機構のup to date
石井 恵子, 川上 和義
Medical Mycology Journal   55(3) J107-J114   Jul 2014
Cryptococcus neoformansは、細胞壁の外側に多糖からなる厚い莢膜をもつ酵母型の日和見病原真菌である。エイズなど細胞性免疫が低下した宿主では真菌の増殖を抑制できず、肺クリプトコックス症や脳髄膜炎を発症する。一方、正常な免疫機能を持つほとんどの宿主では真菌は排除されるか肉芽腫内に封入され、不顕性感染となる。C.neoformansに対する感染防御においては、獲得免疫が1型ヘルパーT(Th1)応答優位に方向付けられ、Th1細胞から産生されたインターフェロン(IFN)-γにより...
石井 恵子 川上 和義
化学と生物   52(2) 83-89   Feb 2014
真菌に対する免疫学的防御機構
石井 恵子 川上 和義
臨床免疫・アレルギー科   60(4) 411-418   Oct 2013

Books etc

 
Ishii K, Minamishima Y (Part:Joint Work, ヒトパルボウイルスB19抗体、ヒトパルボウイルスB19遺伝子検査, 619-619)
Igakusyoin   Feb 2013   
Ishii K, Minamishima Y (Part:Joint Work, ヒトパルボウイルスB19抗体、ヒトパルボウイルスB19遺伝子検査, 611-612)
Igakusyoin   Feb 2011   
Ishii K, Minamishima Y (Part:Joint Work, ヒトパルボウイルスB19抗体、ヒトパルボウイルスB19遺伝子検査, 611-612)
Igakusyoin   Feb 2009   
Ishii K, Minamishima Y (Part:Joint Work, ヒトパルボウイルスB19抗体、ヒトパルボウイルスB19遺伝子検査, 611-612)
Igakusyoin   Feb 2007   
Ishii K, Minamishima Y (Part:Joint Work, ヒトパルボウイルスB19抗体、ヒトパルボウイルスB19遺伝子検査, 611-612)
Igakusyoin   Feb 2005   

Conference Activities & Talks

 
Aspergillus oryzae由来RolA による免疫回避とステルスナノ粒子開発への応用
石井恵子, 渡邉祐里絵, 松村香菜, 笛 未崎, 高橋 徹, 村垣公英, 佐藤大貴, 阿部敬悦, 高見誠一, 阿尻雅文, 冨樫貴成, 川上和義
第25回日本生体防御学会学術総会   9 Jul 2014   
急性肺障害におけるC l a u d i n - 4 遺伝子欠損の影響
渡邉祐里絵, 外山真彦, 青柳哲史, 石井恵子, 賀来満夫, 田村 敦, 月田早智子, 川上和義
第25回日本生体防御学会学術総会   9 Jul 2014   
クリプトコックス感染防御におけるI L - 1 7 A の役割
野村俊樹, 佐藤 光, 山本秀輝, 松本郁美, 石井恵子, 岩倉洋一郎, 川上和義
第25回日本生体防御学会学術総会   9 Jul 2014   
クリプトコックス感染防御における1 型インターフェロンの役割
松本郁美、佐藤 光、山本秀輝、野村俊樹、石井恵子、宇野賀津子、 川上和義
第25回日本生体防御学会学術総会   9 Jul 2014   
肺炎球菌に対する防御機構とワクチン
宮坂智充、赤堀ゆきこ、石井恵子、大野勲、川上和義
第25回日本生体防御学会学術総会   9 Jul 2014   

Research Grants & Projects

 
Development of novel pneumococcus vaccine inducing mucosal immunity with magnetite nanoparticles
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): ISHII Keiko
Development of stealth nanoparticles accumulating in cancer tissues without being trapped in reticuloendotherial system
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): Keiko Ishii
Development of novel tuberculosis vaccine using magnetite nanoparticle
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2013 - Mar 2015    Investigator(s): Kazuyoshi Kawakami
新興クリプトコックス・ガッティ感染症における高病原性機序の解析
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2012 - Mar 2014    Investigator(s): Keiko Ishii
Virological feature of human parvovirus B19 isolated from rheumatoid arthritis patients
Project Year: Apr 1997 - Mar 1999    Investigator(s): ISHII Keiko

Social Contribution

 
キッズ感染セミナー
[Others]  5 Jul 2013
学部3年生の全員と共に近隣の小学校に出かけ、学生が主体となる実習を行う。
[日本国内] キッズ感染セミナー
[Others]  9 Feb 2012
保健学科3年生が小学生に正しい手洗い方法や細菌のグラム染色と顕微鏡観察を指導する
[日本国内] 山形県立山形東高校一日総合大学
[Others]  4 Oct 2011
模擬授業、大学紹介
[日本国内] サイエンスパートナーシッププロジェクト
[Others]  9 Jul 2011 - 10 Jul 2011
JSTのSPPにより、尚絅学院中学校1年生を対象に、身の回りの微生物を理解する実験を行った。
[日本国内] キッズ感染セミナー
[Others]  22 Oct 2010
保健学科検査技術科学専攻3年生が聖ドミニコ学院小学校4年生の児童に感染対策の実習を行う。

Others

 
Apr 2014   フレミングによるペニシリンの発見を体験しよう
 清潔志向が高まる中で、常在菌の存在を意識せずに生活している受講生が多いと思われる。そのような状況で、自分の手の細菌が培地上で目に見えるまでに増殖したり、その中の1匹の菌の姿を顕微鏡で見ることにより、図の提示や説明だけでは理解することが難しい常在菌の存在を実感させることができた。また、フレミングがペニシリンを発見した状況を再現したシャーレを観察することで、その業績の意義を理解し、より深く理解させることができた。
Apr 2011   見えない菌を見る方法
 地球上には数多くの微生物が存在するが、肉眼では見ることができないために意識されないことが多い。しかしながら、微生物は食品や工業製品などの製造あるいは物質の分解に利用される一方、感染症を引き起こすものもあり、私たちの生活に密接に関わっている。本講座では、肉眼では見えないものを見る方法を考えることを目的として、細菌を用いる実験を選んだ。発酵食品に含まれる細菌および自身の鼻腔や口腔内に常在する細菌を材料とすることにより、安全に実験を行い、科学のおもしろさを実感できるよう計画した。
Apr 2011   サイトメガロウイルス感染症の新規診断法の開発
造血幹細胞移植患者におけるサイトメガロウイルス増殖をモニタリングする際のTRC法を用いたRNA検出方法の有用性を明らかにし、新規サイトメガロウイルスRNA検出法を創出することを目的とする。
Apr 2010   TRC法を原理としたCMVβ2.7 mRNA測定試薬の評価
移植患者の血液を検体として、TRC CMVβ2.7 mRNA測定試薬による測定結果を他法と比較し、評価する。
Sep 2009   TRC法を原理としたCMV beta2.7 mRNA測定試薬の評価
TRC法を用いたmRNA定量試薬がサイトメガロウイルス感染症の臨床診断に有用であるかを臨床検体を用いて検討する