南澤 究

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:12
 
アバター
研究者氏名
南澤 究
 
ミナミサワ キワム
eメール
kiwamuige.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/29b3b00824b9bbcdf181892f7229032c.html
所属
東北大学
部署
大学院生命科学研究科 生態システム生命科学専攻 環境遺伝生態学講座 地圏共生遺伝生態分野
職名
教授
学位
農学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2001年6月
 - 
現在
東北大学大学院生命科学研究科 教授
 
1996年6月
 - 
2001年5月
東北大学遺伝生態研究センター 教授
 
1983年10月
 - 
1996年5月
茨城大学農学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1983年9月
東京大学 農学系研究科 農芸化学
 
 
 - 
1979年3月
東京大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2013年1月
 - 
現在
Asian Conference of Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixation  International Advisory Committee
 
2013年1月
 - 
現在
European Nitrogen Fixation Congresses  International Advisory Committee
 
2013年1月
 - 
現在
International Symposium on Biological Nitrogen Fixation with Non-legumes  International Scientific Committee
 
2013年1月
 - 
現在
International Congress on Nitrogen Fixation  International Program Committee
 
2011年1月
 - 
現在
ISME Journal (国際微生物生態学会)  Senior Editor (主席編集委員)
 

受賞

 
2003年4月
日本土壌肥料学会 日本土壌肥料学会賞 共生窒素固定細菌の遺伝生態に関する研究
 
2011年6月
社団法人発明協会 21世紀発明奨励賞 遺伝子導入用スーパーアグロバクテリウムの発明
受賞者: 江面浩、野中聡子、南澤究、菅原雅之
 
1987年4月
日本土壌肥料学会 日本土壌肥料学会奨励賞 優良ダイズ根粒菌に関する研究
 
2016年9月
植物微生物研究会 優秀ポスター賞 宿主マメ科植物に共生不和合性を誘導するエフェクタータンパク質の制限パタンの発見
受賞者: 高橋智子
 
2015年10月
日本バイオインフォマティクス学会 生命医薬情報連合大会2015 ポスター賞 Metagenome-mapping method discriminates native and inoculant populations of soybean bradyrhizobia
受賞者: Kazuma Kanehara, Manabu Itakura, Hirohito Tsurumaru, Yuko Takada-Hoshino, Yong Wang, Hiroko Akiyama, Masahito Hayatsu, Kiwamu Minamisawa
 

論文

 
Itakura M, Uchida Y, Akiyama H, Takada-Hoshino Y, Shimomura Y, Morimoto S, Tago K, Wang Y, Hayakawa C, Uetake Y, Sa´nchez C, Eda S, Hayatsu M, Minamisawa K.
Nature Climate Change   3 208-212   2013年3月   [査読有り]
Sánchez C, Itakura M, Okubo T, Matsumoto T, Yoshikawa H, Gotoh A, Hidaka M, Uchida T, Minamisawa K.
Environ Microbiol.   16(10) 3263-3274   2014年10月   [査読有り]
Bao Z, Okubo T, Kubota K, Kasahara Y, Tsurumaru H, Anda M, Ikeda S, Minamisawa K.
Appl Environ Microbiol.   80(16) 5043-5052   2014年8月   [査読有り]
A rice gene for microbial symbiosis, Oryza sativa CCaMK, reduces CH4 flux in a paddy field with low nitrogen input.
Bao Z, Watanabe A, Sasaki K, Okubo T, Tokida T, Liu D, Ikeda S, Imaizumi-Anraku H, Asakawa S, Sato T, Mitsui H, and Minamisawa K.
Appl. Environ. Microbiol.   80(6) 1995-2003   2014年3月   [査読有り]
Low nitrogen fertilization adapts rice root microbiome to low nutrient environment by changing biogeochemical functions.
Ikeda S, Sasaki K, Okubo T, Yamashita A, Terasawa K, Bao Z, Liu D, Watanabe T, Murase J, Asakawa S, Eda S, Mitsui H, Sato T, Minamisawa K.
Microbes Environ.   29(1) 50-59   2014年3月   [査読有り]

Misc

 
A milestone for endophyte biotechnology
Kiwamu Minamisawa
Nature Biotechnology   24(11) 1357-1358   2006年11月
根粒菌からみた共生システム
南澤 究、佐伯和彦、佐藤修正、下田宜司
蛋白質・核酸・酵素   51    2006年
農耕地からの地球温暖化ガスN2O発生とその抑制
南澤 究、犬伏和之
水環境学会誌   29(2) 67-71   2006年
微生物と植物の共生相互作用の科学 特集:微生物バイオテクノロジー
南澤 究
学術月報   58(10) 747-751   2005年10月
土壌微生物学におけるポストゲノム研究の現状と将来
福井 学、南澤 究、笠原康裕、町田雅之、早津雅仁、妹尾啓史
日本土壌肥料学雑誌   76(4) 523-529   2005年

書籍等出版物

 
Soil biochemistry (vol. 10).   In: Bollag J-M, Stotzky G (eds)
Minamisawa K, Mitsui H. (担当:共著, 範囲:Genetic Ecology of Soybean Bradyrhizobia  pp 349-377  ダイズ根粒菌の遺伝生態)
Marcel Dekker Inc.,( N.Y.)   2000年   
ビジュアル科学講座、地球の生命6、食う食われる生 物たち
南澤 究
三友社出版   2000年   
微生物の資材化:研究の最前線 (鈴井孝仁・他 編)
南澤 究、遊橋健一 (担当:共著, 範囲:根粒菌・非マメ科植物窒素固定エンドファイトの利用と資材化  pp 30-46)
ソフトサイエンス社   2002年   
くらしの中の化学と生物8「人に役立つ微生物の話」 (日本農芸化学会編)
南澤 究
学会出版センター (東京)   2002年   
難培養微生物研究の最新技術ー未利用微生物資源へのアプローチー(工藤俊章/大熊盛他監修)
南澤 究 (担当:共著, 範囲:第10章 植物の内生窒素固定細菌  pp 193-200)
シーエムシー出版(東京)   2004年8月   

講演・口頭発表等

 
Plant-associated bacteria mitigate greenhouse gas emission
Kiwamu Minamisawa
2nd Global Soil Biodiversity Conference (GSBC2)   2017年10月15日   
農耕地からのN2Oガス発生を削減し作物生産性を向上する微生物資材の開発コンソーシアム
南澤究
アグリビジネス創出フェア   2017年10月3日   
Redundant roles of Bradyrhizobium oligotrophicum Cu-type and cd1-type nitrite reductase genes under denitrifying conditions
Cristina Sánchez, Kiwamu Minamisawa
22nd EUROPEAN NITROGEN CYCLE MEETING (ENC2017)   2017年9月24日   
ダイズ由来Methylobacterium属細菌のゲノムから推定されたウレイド分解および炭素代謝のポテンシャル
新井 沙和, 原 新太郎, 菅原 雅之, 南澤 究
植物微生物研究会第27回研究交流会   2017年9月20日   
メタゲノム解析に基づくソルガム根の窒素固定細菌の分離
森川 峻志,原 新太郎,新井 沙和,笠原 康裕,小柴 太一,山崎 清志,藤原 徹,徳永 毅,南澤 究
植物微生物研究会第27回研究交流会   2017年9月20日   

競争的資金等の研究課題

 
植物内生菌(エンドファイト)の多様性と機能の解明
科学技術振興調整費
研究期間: 2006年4月 - 現在
根粒菌のゲノム生態に関する研究
ゲノム関係研究
研究期間: 2000年4月 - 現在
イネ科植物の窒素固定エドファイトの機能解析
地域先端技術等研究開発促進事業の助成に要する経費
研究期間: 2000年4月 - 現在

特許

 
特許第4534034号 : 植物へ遺伝子を導入する効率が向上したアグロバクテリウム菌およびその作製方法
江面 浩、南澤 究、野中聡子、菅原雅之
2003-93069 : リゾビトキシン生産遺伝子rtxC

社会貢献活動

 
広島大学理学研究科セミナー「植物共生細菌のゲノム進化」
【その他】  2016年9月14日
自然界における微生物の多様性と根粒菌•マメ科植物の共生システムを概説し、根粒菌の共生アイランドの進化と葉圏細菌の染色体上のリボソームRNA消失の発見、共生微生物コミュニテイー研究の現状と展望を紹介する。
東北大学生命科学研究科フォーラム 第1回公開シンポジウム「環境変化と生命圏の未来」
【その他】  2005年3月1日
生命科学の視点から「環境変化と生命圏の未来」の科学的ニーズに応える研究を紹介する
東北大学開放講座「生命と地球環境」
【その他】  2004年1月20日 - 2004年2月17日
生命の巧みな環境適応のしくみについて紹介し、生物の多様な生存戦略が地球環境と人間社会に果たす役割を考える
根粒菌による温室効果ガスの削減(生物による初めてのN2O発生削減)
【出演, 寄稿】  2012年11月12日
ゲノム解析をベースに根粒菌の窒素固定システムを解明
【出演, 寄稿】  2005年1月31日

その他

 
2013年4月   エンドファイト-イネの共生相互作用の解明
イネの微生物共生に関わる可能性のあるイネ遺伝子のtos17mutantの微生物群集構造解析とAzospirillum sp. B510株の接種効果のメカニズムを解明するもの。
2013年4月   大豆及び畑作物の有用遺伝子の同定とDNAマーカーの開発
根粒内エンドファイトと根粒菌の多様性解析により、ダイズ栽培環境の指標を作る研究。
2012年4月   微生物を利用した農耕地からの一酸化二窒素ガス発生削減技術の開発
ダイズ根粒菌のN2O還元酵素の高い株(nosZ++株)を利用した技術開発。
2011年10月   メタン酸化窒素固定細菌による水田メタン発生の低減化
水田生態系で起こっているC1代謝と窒素固定の関連に着目して、メタンガスを逆にエネルギー源および炭素源として窒素固定やバイオマス生産を貢献させながら水田生態系からのメタン発生を低減化することを目的とした。
2007年9月   植物・微生物間共生におけるゲノム相互作用
ゲノム情報に基づいたダイズ共生微生物の多様性と共生機構の解析