森田 康夫

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/06 16:48
 
アバター
研究者氏名
森田 康夫
 
モリタ ヤスオ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/3f8699eb3061dfea2b08c895ce24b035.html
学位
理学博士(東京大学), 理学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 高度教養教育・学生支援機構 教養教育院 教授
 
2014年
 - 
2016年
東北大学 高度教養教育・学生支援機構 教養教育院 総長特命教授
 
2009年
 - 
2013年
東北大学教養教育院 総長特命教授
 
1995年
 - 
2009年
東北大学大学院理学研究科 教授 総長特別補佐(交通計画担当)
 
1988年
 - 
1995年
東北大学理学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1970年
東京大学 理学系 数学
 
 
 - 
1968年
東京大学 理学部 数学
 

委員歴

 
2008年
   
 
- 日本数学オリンピック財団 監事
 
1991年
 - 
2013年
川井数理科学財団 評議員
 
2006年
 - 
2009年
財団法人 大学基準協会 評価員
 
2008年
 - 
2009年
大学評価・学位授与機構 専門委員
 
2006年
 - 
2008年
財団法人数学オリンピック財団 理事
 

Misc

 
A p-adic integral representation of the p-adic L-function
MORITA, Yasuo
Journal für reine und angewandte Mathematik   302 71-95   1978年
An explicit formula for the dimension of spaces of Siegel modular forms of degree two
MORITA, Yasuo
Journal of the Faculty of Science, the University of Tokyo   21(2) 167-248   1974年
On transcendency of special values of arithmetic automorphic functions
MORITA, Yasuo
Jouranl of the Mathematical Society of Japan   24(2) 268-274   1972年
Distribution of rational points on hyper-elliptic surfaces
Yasuo MORITA, Atsushi SATO
Tôhoku Mathematical Journal   44(3) 345-358   1992年
センター試験と二次試験の「数学」の得点の相関について
森田康夫
大学入試研究ジャーナル   13 95-97   2003年

書籍等出版物

 
代数概論
裳華房   1987年   
整数論
1999年   
数論への出発(増補版)
日本評論社   2004年   
Progress in Mathematics Vol. 46, Automorphic forms of several variables
Birkhaeuser   1984年   
教育と文化
東北大学出版   2012年   

Works

 
カンボジアの数学教育のためのネットワークの構成
2007年 - 2010年
高校と大学の教育接続を重視した試験問題の開発研究
2000年 - 2003年
数学辞典第4版
2001年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
代数多様体上の有理点の分布の研究
研究期間: 1998年   
少子化の教育に与える影響の研究
研究期間: 1992年   
入学試験の在り方の研究
研究期間: 1992年   
少子化が入学試験を通して大学教育に与える影響の研究
少子化により入学試験の緩和が続いており、そのため大学に入学する学生の学力が低下している。他方、日本社会は国際競争の中にあり、少子化に伴なう労働力の不足もあり、優秀な労働力を必要としている。この様な状況を改善するには初等中等教育の現場に、日本社会の実態とそのために大学教育が果たすべき役割を伝える必要がある。このために協力してくれる組織を見つけたい。