金 枓哲

J-GLOBALへ         更新日: 09/10/10 00:00
 
アバター
研究者氏名
金 枓哲
 
キム ドゥチュル
URL
http://www.eme.okayama-u.ac.jp/
所属
岡山大学
部署
大学院自然科学研究科 岡山大学 大学院環境学研究科 社会基盤環境学専攻
職名
助教授
学位
文学修士((韓国)ソウル大学), 博士(地理学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1993年
国連地域開発センター 研究員
 
1994年
 - 
1996年
日本学述振興会 特別研究員
 
1996年
 - 
1999年
東北大学理学研究科 助手
 
2001年
 - 
2001年
The University of Auckland,
 
 
   
 
Honorary Visiting Lecturer
 

学歴

 
 
 - 
1996年
名古屋大学 文学研究科 地理学
 
 
 - 
1991年
ソウル大学 社会科学部 地理学
 

委員歴

 
1998年
 - 
1999年
日本地理学会  編集委員
 
1996年
 - 
1998年
東北地理学会  編集委員
 
1999年
   
 
地域地理科学会  幹事
 

受賞

 
2001年
地域地理科学会 学会賞
 
2001年
第1回人文地理学会論文賞
 

Misc

 
韓国における農山村の人口減少に関する研究の動向と課題
人文地理   47(1) 21-45   1995年
観光開発の経済的な波及効果分析-白岩温泉を事例に-
17 41-58   1990年
隣接過疎山村における過疎対策の展開と内生的住民組織-長野県下伊那郡の浪合村と平谷村との比較-
地域問題研究   54 16-24   1997年
韓国の行政区域体系と政策過程-農村部を中心に-
地域地理科学   3 79-86   1998年
過疎の概念について
季刊地理   50-2 157-159   1998年

書籍等出版物

 
過疎地域の変貌と地域の内発的対応に関する日韓比較研究-住民組織の変容と地方行政の役割に注目して
博士論文   1997年   
過疎政策と住民組織―日韓を比較して
古今書院   2003年   
韓国過疎山村における内生的住民組織の存立基盤―江原堂横城郡晴日面春堂1里を事例に
石原 潤(編)『農村空間の研究(下), 大明堂   2003年   

Works

 
農村工業化
1999年
農村における地域情報化
2000年
ニージランドにおける国際人口移動
2001年

競争的資金等の研究課題

 
過疎地域における内生的住民組織の変容
環境政策と環境マネジメント
日韓比較文化論
研究期間: 1992年