矢部 康男

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/04 17:21
 
アバター
研究者氏名
矢部 康男
 
ヤベ ヤスオ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/43f5e5f69fac57430797af0c65209dbb.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科・理学部 附属地震・噴火予知研究観測センター
職名
准教授
学位
博士(理学)(東北大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1998年6月
東北大学 理学研究科 地球物理学
 
 
 - 
1993年3月
東北大学 理学部 地球物理学
 

委員歴

 
2016年7月
 - 
現在
J-DESC  会員提案型活動経費審査委員
 
2016年4月
 - 
現在
J-DESC  陸上掘削部会執行部委員
 
2010年5月
 - 
現在
日本地震学会  代議員
 
2010年5月
 - 
現在
日本地震学会広報委員会  広報委員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
東京大学地震研究所地震予知研究協議会予算委会  委員長
 

受賞

 
2008年4月
ISS ISS seminar award 2nd prize
受賞者: 南アフリカ半制御地震発生実験グループ
 
2016年4月
岩の力学連合会 平成27年度岩の力学連合会賞(フロンティア賞)
受賞者: 直井 誠,中谷正生,森谷祐一,矢部康男
 
2013年3月
日本地震学会 日本地震学会論文賞
受賞者: Ohzono, M., Y. Yabe, T. Iinuma, Y. Ohta, S. Miura, K. Tachibana, T. Sato, and T. Demachi
 

論文

 
Integration of underground mapping, petrology, and high-resolution microseismicity analysis to characterise weak geotechnical zones in deep South African gold mines
S.B. Mngadi, R.J. Durrheim, M.S.D. Manzi, H. Ogasawara, Y. Yabe, H. Yilmaz, N. Wechsler, G. Van Aswegen, D. Roberts, A.K. Ward, M. Naoi, H. Moriya, M. Nakatani, A. Ishida, SATREPS Team, ICDP DSeis Team
International Journal of Rock Mechanics and Mining Sciences   114 79-91   2019年   [査読有り]
Naoi, M., M. Nakatani, H. Moriya, and Y. Yabe
Int. J. JSRM      2016年7月   [招待有り]
M Naoi, M Nakatani, T Igarashi, K Otsuki, Y Yabe, T Kgarume, O Murakami, T Masakale, L Ribeiro, A Ward, H Moriya, H Kawakata, S Nakano, R Durrheim, and H Ogasawara
J. Geophys. Res. Solid Earth      2015年11月   [査読有り]
Yabe, Y., M. Nakatani, M. Naoi, J. Philipp, C. Janssen, T. Watanabe, T. Katsura, H. Kawakata, D. Georg, and H. Ogasawara
J. Geophys. Res.      2015年9月   [査読有り]
Moriya, H., M. Naoi, M. Nakatani, G. van Aswegen, O. Murakami, T. Kgarume, A. K. Ward, R. J. Durrheim, J. Philipp, Y. Yabe, H. Kawakata, and H. Ogasawara
Int. J. Rock Mec. Min. Sci.   79 157-165   2015年8月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Nonlinear rock behaviour in polycrystalline rock and its implication on underground stress measurements
Bryan Watson, ICDP DSeis Team
日本地震学会   2018年10月10日   
M5.5 Orkney 地震の余震発生帯から回収された断層岩の微小変形構造(ICDP DSeis project)
横山友暉・金木俊也・廣野哲朗・矢部康男・小笠原宏
日本地震学会   2018年10月10日   
南アフリカMponeng 金鉱山地表下3.3 km で発生したM2 地震前後のAcoustic Emission の震源位置標定と絶対規 模推定
松田幹生・直井誠・南隆太郎・石田毅・中谷正生・矢部康男
日本地震学会   2018年10月10日   
南アフリカ大深度金鉱山で発生したMw2.2 の地震の震源域の応力場
矢部康男・阿部周平・小笠原宏・伊藤高敏・船戸明雄・R. Durrheim・H. Yilmaz・G. Hofmann
日本地震学会   2018年10月10日   
An overview of DSeis endeavours in Cooke 4 mine and laboratory tests on DSeis cores
Siyanda Mngadi, Raymond Durrheim, Musa Manzi, Yasuo Yabe, Neta Wechsler, Hiroshi Ogasawara, Gerrie van Aswegen, Anthony Ward, Sylvester Morema, ICDP DSeis team
SSJ meeting   2018年10月10日   
M5.5 Orkney 地震の余震発生帯から回収された断層岩の鉱物学的特徴(ICDP DSeis project)
金木俊也・横山友暉・廣野哲朗・矢部康男・小笠原宏
日本地震学会   2018年10月10日   
ICDP 南アフリカ金鉱山 地震発生場掘削の完了
小笠原宏・矢部康男・伊藤高敏・DSeisチーム
日本地震学会   2018年10月10日   
Stress state in the source region of M2-3 earthquakes in South African deep gold mines
矢部 康男・小笠原 宏・伊藤 高敏・船戸 明雄・Durrheim Raymond・Yilmaz Halil・Hofmann Gerhard・阿部 周平
JpGU   2018年5月23日   
Nearly completion of ICDP drilling into M2.0 – M5.5 seismogenic zones in South African gold mines (DSeis)
小笠原 宏・Yabe Yasuo・Onstott C Tullis・Liebenberg Bennie・Rickenbacher Michael・Ishida Akimasa・Abe Shuhei・Sugimura Kosuke・Ito Takatoshi・Funato Akio・Mngadi Siyanda・Ogasawara Hiroyuki・Manzi Musa・Yasutomi Tatsunari・Noda Taku・Durrheim J Raymond・Ziegler Martin・Wechsler Neta・Aswegen van Gerrie・Ward K Anthony・Bucibo Sifiso・Nkosi Zamaswazi・Roberts Dave・DSeis team The
JpGU   2018年5月22日   
Stress measurement using cores of drilling into seismognic zone of M2.0-M5.5 earthquakes in South African gold mines (ICDP DSeis project)
石田 亮壮・Liebeberg Bennie・Rickenbacher Michael・Siyanda Mngadi・Kato Harumi・阿 部 周平・矢部 康男・杉村 幸祐・野田 拓・船戸 明雄・伊藤 高敏・中谷 正生・Ward Anthony ・Durrheim Raymond・小笠原 宏・安富 逹哉
JpGU   2018年5月22日   
The status of on-going drilling into seismogenic zones of M2.0 – M5.5 earthquakes from deep South African gold mines (DSeis)
Hiroshi Ogasawara, Raymond Durrheim, Musa Manzi, Yasuo Yabe, Tullis Onstott, Martin Ziegler, Takatoshi Ito, Bennie Liebenberg, Michelle Grobbelaar, William Ellsworth, Margaret Boettcher, Neta Wechsler, Gerrie van Aswegen, Surendra Nadh Somala, Ronald Conze, and the ICDP DSeis team
EGU   2018年4月12日   
Recovery of ruptures from seismogenic zones at Cooke 4 mine (ICDP scientific drilling project in the South-African gold mines)
N. Wechsler, G. van Aswegen, Y. Yabe, S. Mngadi, L. Kamhaji, A. Ward, S. Morema, R. Durrheim, H. Ogasawara, and ICDP DSeis team
EGU   2018年4月12日   
A New Method of Stress Measurement Based upon Elastic Deformation of Core Sample with Stress Relief by Drilling
Ito, T., A. Funato, T. Tamagawa, K. Tezuka, Y. Yabe, and H. Ogasawara
AGU   2017年12月11日   
The DSeis Project: Drilling into Seismogenic zones of M2.0 to M5.5 earthquakes in South African gold mines
Yabe,Y., H. Ogasawara, T. Ito, G. van Aswegen, R. Durrheim, A. Cichowicz, T. C. Onstott6, T. L. Kieft, M. S. Boettcher, S. Wiemer, M. Ziegler, S. A. Shapiro, H. K. Gupta, and P. Dight
AGU   2017年12月11日   
ポスター(招待講演)
Faults at focal depth - an extension to the ICDP DSEIS project in the South-African gold mines
Wechsler, N., G. Van Aswegen, L. Kamhaji, Y. Yabe, H. Ogasawara
12th Euro-conference on Rock Physics and Geomechanics   2017年11月5日   
Estimate of the stress state in a close proximity to an earthquake source in a South African deep gold mine
Abe, S., Y. Yabe, T. Ito, M. Nakatani, G. Hofmann, and H. Ogasawara
IASPEI   2017年7月30日   
本学学生
An overview of an ICDP project to drill into seismogenic zones of M2.0 – M5.5 earthquakes in deep South African gold mines (DSeis)
Ogasawara, H., Y. Yabe, T. Ito, G. van Aswegen, A. Cichowics, M. Grobbelaar, R. Durrheim, M. Ziegler, M. Boettcher, T. C. Onstott, and DSeis team
IASPEI   2017年7月30日   
An integrated estimation of the stress field in seismogenic zones in South African gold mines
Ishida, A., H. Ogasawara, Y. Yabe, A. Funato, T. Ito, S. Abe, R. Durrheim, S. Mngadi, A. Milev, H. Kato, G. Hofmann, D. Roberts, M. Naoi, and SATREPS
IASPEI   2017年7月30日   
Very small repeating earthquakes on a geological fault at 1-km depth in a gold mine in South Africa
Naoi, M., J. Yamaguchi, M. Nakatani, H. Moriya, T. Igarashi, T. Kgarume, O. Murakami, T. Maskale, Y. Yabe, K. Otsuki, H. Kawakata, T. Ishida, L. Ribeiro, A. Ward, R. Durrheim, and H. Ogasawara
IASPEI   2017年7月30日   
ICDP 大深度南アフリカ金鉱山におけるM2.0-5.5地震発生場掘削計画(DSeis)ー掘削の開始
小笠原 宏、矢部 康男、伊藤 高敏、van Aswegen Gerrie、他46名
JpGU-AGU   2017年5月20日   
共著
Estimate of the stress state in the source region of Mw 2.2 earthquake in a South African deep gold mine
阿部 周平、矢部 康男、伊藤 高敏、中谷 正生、Hofmann Gerhard、小笠原 宏
JpGU-AGU   2017年5月20日   
本学学生
低速リング剪断試験による断層変位量と ESR 信号強度の評価
田中桐葉,武藤潤,矢部康男,岡壽嵩,中村教博,長濱裕幸
JpGU-AGU   2017年5月20日   
本学学生
南アフリカ大深度金鉱山での震源断層掘削
矢部康男,小笠原宏,伊藤高敏, 南アフリカ金鉱山半制御地震発生実験グループ
次期計画検討シンポジウム   2017年5月1日   
筆頭
Initial report on drilling into seismogenic zones of M2.0 – M5.5 earthquakes from deep South African gold mines (DSeis)
Hiroshi Ogasawara, Raymond Durrheim, Yasuo Yabe, Takatoshi Ito, Gerrie van Aswegen , Michelle Grobbelaar, Akio Funato, Akimasa Ishida, Hiroyuki Ogasawara, Siyanda Mngadi , Musa Manzi , Martin Ziegler, Tony Ward, Pamela Moyer, Margaret Boettcher, Bill Ellsworth, Bennie Liebenberg, Neta Wechsler, Tullis Onstott, Nicolas Berset, and the DSeis Team
EGU General Assembly   2017年4月   
共著
DSeis project -Drilling into seismogenic zones of M2.0 – M5.5 earthquakes in deep South African gold mines-
SEISMS workshop   2017年3月29日   
筆頭
Estimate of the stress state in an earthquake source region in a South African deep gold mine by Diametrical Core Deformation Analysis (DCDA)
Shuhei Abe, Yasuo Yabe, Takatoshi Ito, Gerhard Hofmann, Hiroshi Ogasawara, and Masao Nakatani
AGU   2016年12月15日   
本学学生
南アフリカCooke 4金鉱山地下1 kmの切羽沿いに密集する微小破壊の空間分布詳細構造
山形直毅・直井誠・中谷正生・森谷祐一・大槻憲四郎・Thabang Kgarume・Joachim Philipp・村上理・Thabang Masakale・Luiz Ribeiro・矢部康男・川方裕則・Anthony Ward・石田毅・Ray Durrheim・小笠原宏
日本地震学会   2016年10月6日   
共著
大深度南アフリカ金鉱山からのM2.0-M5.5の地震発生場の科学掘削計画(DSeis)
小笠原宏・矢部康男・伊藤高敏・van Aswegen Gerrie・Cichowicz Artur・Durrheim Raymond1・Mori James・Onstott Tullis・Kieft Thomas・Boettcher Margaret・Wiemer Stefan・Ziegler Martin・Janssen Christoph・Shapiro Serge・Gupta Harsh・Dight Phil・ICDP DSeis team
JpGU   2016年5月26日   
共著
南アフリカ金鉱山の地震観測網による2014年オーク二ー地震の余震分布と発震機構解
今西和俊・小笠原宏・矢部康男・堀内茂木・大久保慎人・村上理
JpGU   2016年5月26日   
共著
南アフリカ大深度金鉱山の地質断層上で観測されたRepeating Earthquakeの出現と消失
山口純弥・直井誠・中谷正生・森谷祐一・Kgarume Thabang・五十嵐俊博・村上理・Masakale Thabang・矢部康男・大槻憲四郎・川方裕則・石田毅・Ward Anthony・Durrheim Ray・小笠原宏
JpGU   2016年5月25日   
共著
コア変形法による南アフリカ大深度金鉱山誘発地震震源域の応力状態の推定
阿部周平・矢部康男・伊藤高敏・中谷正生・Gerhard Hofmann・小笠原宏
JpGU   2016年5月25日   
本学学生
Coseismic and aseismic response of the rock mass surrounding deep level mining operations
A Milev, R Durrheim, M Naoi, Y Yabe, H Ogasawara, and M Nakatani
EGU General Assembly   2016年4月17日   
共著
Drilling into seismogenic zones of M2.0-M5.5 earthquakes in deep South African gold mines (DSeis)
H Ogasawara, R Durrheim, Y Yabe, T Ito, G van Aswegen, A Cichowicz, T Onstott, Kieft, M Boettcher, S Wiemer, M Ziegler, C Janssen, S Shapiro, Gupta, P Dight, and the ICDP DSeis Team
EGU General Assembly   2016年4月17日   
共著
Evolutions of friction properties and acoustic emission source parameters associated with large sliding
Y Yabe, T. Iida, and H. Tsuda
AGU   2015年12月14日   
本人
Effects of fluid-rock interactions on faulting within active fault zones - evidence from fault rock samples retrieved from international drilling projects
C Janssen, R Wirth, M Kienast, Y Yabe, J Sulem, and G H Dresen
AGU   2015年12月14日   
共著
Acoustic emission monitoring in Cooke 4 gold mine in South Africa-Summary of the main findings of a 5-year SATREPS project
M Naoi, M Nakatani, H Moriya, K Otsuki, T Kgarume, JPhilipp, O Murakami, T Masakale, L Ribeiro, Y Yabe, H Kawakata, A Ward, R Durrheim, and H Ogasawara
AGU   2015年12月14日   
共著
Drilling into seismogenic zones of M2.0-M5.5 earthquakes in deep South African gold mines (DSeis)
H Ogasawara, Y Yabe, T Ito, G van Aswegen, A Cichowicz, R Durrheim, and JST-JICA SATREPS, JSPS, Participants of relevant DSeis meetings
AGU   2015年12月14日   
共著
JAGUARS AE network monitoring and foreshocks accelerated toward a Mw2.2 earthquake
The ICDP DSeis Workshop   2015年10月31日   
本人
Stress measurement in earthquake prone ground
The ICDP DSeis Workshop   2015年10月31日   
本人
Drilling into the Mw2.2 hypocenters
The ICDP DSeis Workshop   2015年10月31日   
本人
M2~5級南アフリカ金鉱山誘発地震群の震源域での弾性協会要素法応力解析による地震発生の再現とMohr-Coulomb破壊基準の拘束
内浦大海, 石田亮壮, 小笠原宏幸, 小笠原 宏, G Hofmann, M Wiggins, W Stone, P Ndaba, J Plotz, P Lenegan, H Yilmaz, T Zvarivadza, S MngadiA Carpede, R Durrheim, Milev矢部康男, 加藤春實, A Cichowica, 堀内茂木, 大久保慎人, 山口照寛
日本地震学会   2015年10月26日   
共著
南アフリカCooke4金鉱山1km深における,Mw≧0の地震に先行する時期に起こったAcoustic Emissionの活動度
北代雅明, 直井 誠, 中谷正生, 森谷祐一, 大槻憲四郎, T Kgarume, J Philipp村上 理, T Masakale, L Ribeiro, 矢部康男, 川方裕則, A Ward, 石田 毅, R Durrheim, 小笠原 宏
日本地震学会   2015年10月26日   
共著
南アフリカ金鉱山地下1kmの採掘空洞前方で観察された板状分布を示すAE活動のb値と空間相関長の時間変化
山形直毅, 直井 誠, 中谷正生, 森谷祐一, 大槻憲四郎, T. KgarumeJ Philipp!村上 理, T Masakale, L Ribeiro, 矢部康男, 川方裕則, A Ward, 石田 毅, R Durrheim, 小笠原 宏
日本地震学会   2015年10月26日   
共著
南アフリカCooke 4金鉱山における微小破壊観測 – SATREPS計画5カ年のまとめ –
直井誠,中谷正生,森谷祐一,大槻憲四郎,T Kgarume,J Philipp, 村上理,T Masakale,L Ribeiro, 矢部康男,川方裕則,A Ward,R Durrheim, 小笠原宏
日本地震学会   2015年10月26日   
共著
Evolution of AE source parameters associated with large frictional sliding distance
Yabe, Y., H. Tsuda, T. Iida, S. Abe
Asia Oceania Geosciences Society   2015年8月2日   
本人
Drilling into a hypocenter and the constrained stress
Yabe, Y., and M. Nakatani
SATREPS seminar   2015年6月5日   
本人
大深度南アフリカ金鉱山のM2-M5.5震源域の科学掘削計画
小笠原 宏、矢部 康男、伊藤 高敏、ファンアスウェヘン ヘリ、チホビチ アルトゥール、ダーハイム レイモンド、関連会議 参加者
日本地球惑星科学連合大会   2015年5月24日   
共著
Evidence of post-seismic creep type deformations derived by tilt and acoustic emission monitoring of mining induced seismic events
A Milev, P-E Share, M Naoi, R Durrheim, Y Yabe, H Ogasawara, and M Nakatani
EGU General Assembly   2015年4月12日   
共著
Monitoring of Microseismicity in Deep Gold Mines in South Africa
Ogasawara, H., D. Birch, A. Cichowicz, S. Horiuchi, M. Okubo, O. Murakami, G. Hofmann, L. Scheepers, H. Kato, Y. Yabe, M. Nakatani, M. Naoi, R. Durrheim, and SATREPS research group
Induced Seismicity Workshop   2015年3月11日   
その他
Monitoring of Microseismicity in Deep Gold Mines in South Africa
Yabe, Y., M. Nakatani, M. Naoi, H. Moriya, J. Philipp, C. Janssen, H. Kawakata, R. Durrheim, G. Dresen, and H. Ogasawara
Induced Seismicity Workshop   2015年3月11日   
本人
南アフリカムポネン金鉱山で発生したMw2.2の地震の前震活動と準備過程
矢部康男・中谷正生・直井誠・Christoph Janssen・川方裕則・
地震発生の素過程研究集会   2015年2月23日   
本人
岩塩の脆性-準脆性遷移における力学的挙動と破壊伝搬の特徴
吉田佳明・平内健一・矢部康男
地震発生の素過程研究集会   2015年2月23日   
その他
摩擦すべりに伴うAEの震源パラメターの累積変位依存性
津田寛大・矢部康男
地震発生の素過程研究集会   2015年2月23日   
本学学生
Characterization of Mining Induced Seismic Events Around Deep Level Mining Excavations in South Africa Using High-Precision Underground Monitoring
Milev, A.M., P.E. Share, R.J. Durrheim, M. Naoi, Y. Yabe, H. Ogasawara, M Nakatani
AGU   2014年12月15日   
その他
The stress and strength at hypocenters at Tau Tona and Mponeng gold mines, South Africa
Ogasawara, H., G. Hofmann, H. Kato, C. Stander, T. Clements, P. Piper, D. Roberts, Y. Yabe, M. Naoi, M. Nakatani
AGU   2014年12月15日   
その他
Nucleation process of an M2 earthquake in a deep gold mine in South Africa inferred from on-fault foreshock activity
Yabe, Y., M. Nakatani, M. Naoi, J. Philipp, C. Janssen, H. Kawakata, G.H. Dresen, H. Ogasawara
AGU   2014年12月15日   
本人
地震時ひずみ異常を考慮した東北日本のレオロジーモデル
矢部康男・大園真子・太田雄策・飯沼卓史・武藤潤
新学術領域「地殻ダイナミクス」キックオフミーティング   2014年10月19日   
本人
In-Situ Stress Measurements and Calibration of Stress Modeling to Mitigate Seismic Hazard at Deep-Levels South African Gold Mines
Ogasawara, H., H. Kato, G. Hofmann, C. Stander, P. Piper, T. Ward, D. Roberts, T. Clements, and Y. Yabe
International Symposium on Geodesy for Earthquake and Natural Hazards   2014年7月22日   
その他
Stress State around a Source Fault of Mw2.2 Earthquake in a Deep Gold Mine in South Africa
Yabe, Y., H. Ogasawara, T. Tatoh, M. Nakatani, M. Naoi, R. Durrheim, H. Yilamaz, G. Hofmann, and D. Roberts
International Symposium on Geodesy for Earthquake and Natural Hazards   2014年7月22日   
本人
Rheologiy Structure Beneath NE Japan Inffered From Pre- and Co-Seismic Response Against the Tohoku-oki Earthquake (Mw9.0)
Yabe, Y., M. Ohzono, Y. Ohta, T. Iinuma, and J. Muto
International Symposium on Geodesy for Earthquake and Natural Hazards   2014年7月22日   
本人
Drilling into a hypocenter and the constrained stress
Yabe, Y.
SATREPS seminar   2014年5月8日   
本人
Strong motion at sources
Yabe, Y.
SATREPS seminar   2014年5月8日   
本人
In-situ stress estimation from borehole breakout and core disking
IMS international seminar   2014年5月5日   
本人
Effects of normal stress on the evolution of AE activities and frictional properties of a fault
飯田拓郎・矢部康男
日本地球惑星科学連合大会   2014年4月28日   
本人
南アフリカ金鉱山での地震発生場での歪連続観測に基づく応力時間発展の理解
小笠原宏・桂泰史・G. Hofmann・中谷正生・矢部康男・石井紘・中尾茂・大久保慎人・A. Ward・ J. Wienand・P. Lenegan・川方裕則・村上理・内浦大海
日本地球惑星科学連合大会   2014年4月28日   
その他
コーダ波スペクトル比法を用いた南アフリカEzulwini 鉱山採掘前線における微小破壊の応力降下量推定
村上理・川方裕則・佐々木裕哉・直井誠・中谷正生・J. Philipp・T. Masakale・T. Kgarume・L. Ribeiro・矢部康男・森谷祐一・A. Ward・R. Durrheim・小笠原宏
日本地球惑星科学連合大会   2014年4月28日   
その他
素過程部会成果報告
地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」平成25年度成果報告シンポジウム   2014年3月12日   
能動震源を用いた南アフリカ金鉱山微小破壊観測網のセンサー特性の時間変化の推定
日本地震学会   2013年10月7日   
村上理・川方裕則・吉光奈奈・中谷正生・直井誠・Joachim Philipp・Thabang Masakale・Thabang Kgarume・Luiz Ribeiro・森谷祐一・矢部康男・Anthony Ward・Ray Durrheim・小笠原宏
南アフリカ金鉱山地下1km深において,載荷される断層上で観察された –5.1 ≤ Mw ≤ –3.6の小繰り返し地震
日本地震学会   2013年10月7日   
直井誠,中谷正生,大槻憲四郎,Thabang Kgarume,Joachim Philipp, Thabang Masakale,Luiz Ribeiro, 森谷祐一,村上理,矢部康男,川方裕則,Anthony Ward,Ray Durrheim, 小笠原宏
摩擦すべりに伴うAEと断層の摩擦特性の関係
飯田拓郎, 矢部康男
日本地震学会   2013年10月7日   
南アフリカ大深度金鉱山におけるMw2.2の地震の震源域掘削に基づく応力推定
日本地震学会   2013年10月7日   
矢部康男, 小笠原宏, 佐藤隆司, 中谷正生, 直井誠, R. Durrheim, H. Yilmaz, G. Hofmann, D. Roberts
In-situ monitoring and modelling of the rock mass response to mining: Japanese-South African collaborative research
8th International Symposium on Rockbursts and Seismicity in Mines   2013年9月1日   
Ogasawara, H., G. Hofmann, H. Kato, M. Nakatani, H. Moriya, M. Naoi, Y. Yabe, R. Durrheim, A. Cichowicz, T. Kgarume, A. Milev, O. Murakami, T. Satoh, and H. Kawakata
In-situ stress measurements to constrain stress and strength near seismic faults in deep level South African gold mines
The 6th International Symposium on In-Situ Rock Stress   2013年8月20日   
Ogasawara, H., H. Kato, G. Hofmann, D. Roberts, P. Piper, T. Clements, Y. Yabe, and K. Sakaguchi
Detection of mining-induced fractures associated with stress perturbation around a stope at the Cooke 4 gold mine, South Africa, by using AE events
The 6th International Symposium on In-Situ Rock Stress   2013年8月20日   
Moriya, H., M. Naoi, M. Nakatani, O. Murakami, T. Kgarume, A. K. Ward, R.J. Durrheim, J. Philipp, Y. Yabe, H. Kawakata, and H. Ogasawara
In-situ Stress Measurements in and around Active Faults in Central Japan and Implications on a Recovery of Fault Strength during an Earthquake Recurrence Period
The 6th International Symposium on In-Situ Rock Stress   2013年8月20日   
Omura, K., F. Yamashita, and Y. Yabe
Estimation of stress state around a fault of Mw2.1 earthquake in a deep gold mine in South Africa based on borehole breakout and core discing
The 6th International Symposium on In-Situ Rock Stress   2013年8月20日   
Y. Yabe, M. Nakatani, M. Naoi, T. Iida, T. Satot, R. Durrheim, G. Hofmann, H. Yilmaz, H. Ogasawara
素過程部会成果報告
地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」平成24年度成果報告シンポジウム   2013年3月6日   
What is core discing and borehole breakout?
Yabe, Y.
SATREPS seminar   2013年3月   
On-fault monitoring of acceleration and dynamic stress changes in South African mines
Yabe, Y., H. Ogasawara
SATREPS seminar   2013年3月   
AE monitoring in Cooke4 and Moab Khotsong
Yabe, Y., M. Nakatani, M. Naoi, H. Ogasawara
SATREPS seminar   2013年3月   
Observational study of rock mass response to mining induced seismic events and controlled blasting experiments at deep level gold mines in South Africa
AGU   2012年11月   
Milev, A., R.J. Durrheim, M. Nakatani, Y. Yabe, M. Naoi, and H. Ogasawara
Strain Anomalies of The Inland Crust of NE Japan Induced by The 2011 Off The Pacific Coast of Tohoku Earthquake (Mw9.0), Japan
Y. Yabe, M. Ohzono, Y. Ohta, T. Iinuma, J. Muto
AOGS - AGU (WPGM) Joint Assembly 2012   2012年8月13日   
AE measurements at 1 km depth in a deep South African gold mine and their activities related to two M0 earthquakes
直井誠, 中谷正生, J. Philipp, 堀内茂木, 大槻憲四郎, T. Kgarume, G. Morema, S. Khambule, T. Masakale, 宮川幸治・渡邉篤志・森谷祐一・村上 理・矢部康男・川方裕則・吉光奈奈・小笠原 宏
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月   
2011年東北地方太平洋沖地震に伴う東北日本の地殻不均質に起因するひずみ異常分布
大園 真子, 矢部 康男, 飯沼 卓史, 太田 雄策, 三浦 哲, 立花 憲司, 佐藤 俊也, 出町 知嗣
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月   
Earthquake and stress around the inland active faults - in-situ stress measurements at Gofukuji and Hagiwara fault -
小村健太朗, 矢部康男
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月   
Magnitude-frequency distributions of AEs associated with the mining front and pre-existing faults – cases from SATREPS array operating in a South African gold mine
M. Naoi, M. Nakatani, J. Philipp, S. Horiuch, K. Otsuki, T. Kgarume, G. Morema, S. Khambule, T. Masakale, K. Miyakawa, A. Watanabe, H. Moriya, O. Murakami, Y. Yabe, H. Kawakata, N. Yoshimitsu, H. Ogasawara
EGU General Assembly 2012   2012年4月22日   
Seismic risk mitigation in deep level South African mines by state of the art underground monitoring - Joint South African and Japanese study
A. Milev, R. Durrheim, M. Nakatani, Y. Yabe, H. Ogasawara, M. Naoi
EGU General Assembly 2012   2012年4月22日   

競争的資金等の研究課題

 
摩擦すべりに伴う微小破壊振動(AE)の性質
研究期間: 1993年4月 - 現在
南アフリカ金鉱山における半制御地震観測
科学研究費補助金
研究期間: 2005年1月 - 現在
ボーリングコア試料を用いた地殻応力測定
研究期間: 2004年1月 - 現在

社会貢献活動

 
岩石破壊実験デモンストレーション
【その他】  2005年9月
東北大学総合学術博物館,地震・噴火予知研究観測センターが主催して,仙台市科学館で開催された「地震展」において,見学者に地震の前兆現象を体感してもらうためのデモンストレーションとして岩石破壊実験をおこなった.
IODP/ICDP成果報告会
【その他】  2017年3月21日
講演者:矢部康男
講演タイトル:地震を間近で見る -南アフリカ⾦鉱⼭での地震観測と断層掘削-
仙台ライフライン防災ネットワーク10周年記念行事
【その他】  2010年1月10日
仙台ライフライン防災ネットワーク10周年を記念して,加盟機関の活動を一般市民に紹介する.
地震学夏の学校2009「地震発生予測モデルの作り方」
【その他】  2009年8月4日 - 2009年8月6日
全国の大学の学部生・修士学生を対象として,地震発生予測モデルに関する基礎から現状,今後の研究の展望を,関連分野の第一線の研究者を講師に招いて,合宿形式でセミナーを行う.
Science
【企画】  2017年5月31日

その他

 
2016年10月   低速リング剪断試験による断層変位量と ESR 信号強度の評価
断層運動により発生する摩擦熱や地熱による影響が小さいため,高温になるとは考えにくい地殻浅所での断層運動を想定したESR信号強度のゼロセットに関する研究
2012年9月   岩塩を用いた摩擦実験による脆性―塑性遷移域の破壊伝播特性の解明
岩塩をガウジとして用いた摩擦実験により,脆性―塑性遷移域における破壊伝播特性を解明する.
2010年7月
卓上版震源決定体験装置
2009年4月
動的応力変化計
2009年4月   鉱山での地震被害低減のための観測研究
高感度・高精度のAE観測で,被害地震の震源断層を事前にとらえる.断層極近傍の高感度歪観測で較 正することで,採掘進行に伴う応力変化の数値予測精度を向上する.非弾性変形や前駆すべりの開始をAE活動や歪の変化で検知する.以上を現行の鉱山地震発生予測ルーチン処理に統合する.断層直近での動的応力計測により,強震動の生成機構を解明する.AEの余震観測で正確に描写された本震破壊域にもとづき,より正確に応力再配分を推定し,後続地震の予測精度を高める.