太田 智加子

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/08 18:49
 
アバター
研究者氏名
太田 智加子
 
オオタ チカコ
eメール
otak.tsukuba-tech.ac.jp
所属
国立大学法人筑波技術大学
部署
障害者高等教育研究支援センター
職名
専任講師
学位
修士(国際文化)(東北大学)
科研費研究者番号
00282020

研究分野

 
 

経歴

 
1996年6月
 - 
1998年3月
東北大学大学院国際文化研究科 文部教官助手
 
1996年10月
 - 
1997年3月
東北大学教養部 非常勤講師
 
1998年4月
 - 
2005年3月
国立高専機構石川工業高等専門学校 専任講師
 
2005年4月
 - 
2010年3月
同                        准教授
 
2010年4月
 - 
現在
国立大学法人筑波技術大学 専任講師
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1995年3月
東北大学 大学院国際文化研究科 博士前期課程
 
1995年4月
 - 
1996年5月
東北大学 大学院国際文化研究科 博士後期課程
 

委員歴

 
1996年6月
 - 
1997年5月
東北大学国際文化学会  会計役員
 
1997年6月
 - 
1998年5月
東北大学国際文化学会  学会誌編集委員
 
2015年10月
 - 
現在
日本エドワード・サピア協会  事務局
 

論文

 
翻訳における「ずれ」について
遠藤真人・板垣完一・太田智加子
国際文化研究科論集   3    1995年12月   [査読有り]
Whorfの言語相対論の理解とその発展性に関する考察
太田智加子
国際文化研究   2    1995年12月   [査読有り]
Whorfian Doctrine for Empirical Basis
OTA Chikako
Bulletin of Edward Sapir Society of Japan   12    1998年3月   [査読有り]
ベンジャミン・リー・ウォーフの言語相対性仮説再考 ― 実証研究のための試論 ―
太田智加子
日本エドワード・サピア協会研究年報   13    1999年3月   [査読有り]
The Whorf Theory Complex: A Critical Reconstruction
OTA Chikako
Bulletin of Edward Sapir Society of Japan   13    1999年3月   [査読有り]
The George L. Trager Papers におけるサピア、ウォーフ関連資料と若干の考察
太田智加子
日本エドワード・サピア協会研究年報   14    2000年3月   [査読有り]
ウォーフの言語相対性原理の本質に関する一考察 ―Benjamin Lee Whorf Papers の調査から―
太田智加子
日本エドワード・サピア協会研究年報   15    2001年3月   [査読有り]
ウォーフのlanguage awarenessとその現代的意義
太田智加子
日本エドワード・サピア協会研究年報   17    2003年3月   [査読有り]
高専卒業生調査からみる就労と高専教育
内田由理子・太田智加子・角谷英則・山本孝子
高専教育   31    2008年3月   [査読有り]
英語教育における言語的な「気づき」―言語意識教育実践の試み―
太田智加子
国立高専機構石川工業高等専門学校紀要   42    2010年3月   [査読有り]
聴覚 / 視覚に障害を持つ学生に対するTOEIC対策
太田智加子・松藤みどり
筑波技術大学テクノレポート   19 (2)    2012年3月   [査読有り]
ウォーフの言語哲学の英語教育における実践例 ―言語意識教育の試み
太田智加子
日本エドワード・サピア協会研究年報   26    2012年3月   [査読有り]
視覚障害学生の英語自主学習支援e-learning システムの開発
太田 智加子
筑波技術大学テクノレポート   24(1)    2012年12月
ペン型電子辞書による英単語検索効率の一考察
太田 智加子・飯塚 潤一
視覚リハビリテーション研究   2(2) 62-66   2013年   [査読有り]
視覚障害を持つ学生に対するTOEIC対策
太田智加子
視覚リハビリテーション研究   2(2)    2013年3月   [査読有り]
視覚障害を持つ学生への英語資格試験対策指導
太田智加子
日本ロービジョン学会誌     14    2014年3月   [査読有り]
ウォーフの理念を継承した外国語教育実践への提言 ― 英国の言語教育政策の最新調査結果をふまえて― 
太田智加子
日本エドワード・サピア協会研究年報   29    2015年3月   [査読有り]
視覚障害者対応「情報補償コンテンツ型e-learningシステム」開発とユーザへの効果的配信方法の研究
太田 智加子
筑波技術大学テクノレポート   26(1)    2018年12月
日本初のTOEIC® L&R 公開テスト点字試験実現への道のりと現状
太田 智加子
視覚リハビリテーション研究   8(1) 1-7   2019年1月   [査読有り]
Problems in English Learning Faced by Visually Impaired Students and Solutions Based on "Content-Focused Accessibility" E-learning Material
OTA Chikako
The Japan Association for Language Education and Technology   3 51-69   2019年2月   [査読有り]
Development of "Content-Focused Accessibility" E-learning Material for English Learning Targeting Visually Impaired University Students
OTA Chikako
Proceedings of International Conference on Education and New Developments 2019      2019年6月   [査読有り]

Misc

 
視覚障害学生の英語自主学習支援e-learningシステムの開発
太田 智加子
『日本特殊教育学会』第51回大会発表論文集      2013年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
現代言語学の潮流
太田 智加子(山梨 正明・有馬 道子 編著) (担当:共著, 範囲:第Ⅳ章1-A グローバル化と言語の多様性)
勁草書房   2003年3月   
聴覚・視覚に障害のある学習者への英語教育(第5回) 視覚障害者に対する指導(大学教育を中心に)
太田 智加子
大修館書店   2016年8月   
聴覚・視覚に障害のある学習者への英語教育(第6回) 視覚障害者の英語資格試験対策 ― TOEICを中心に ―
太田 智加子
大修館書店   2016年9月   

講演・口頭発表等

 
B. L. Whorfの言語相対論の理解とその発展性に関する考察
太田 智加子
東北大学国際文化学会第2回研究発表会   1995年6月   
比較読解法と翻訳の諸問題
太田 智加子・遠藤 真人
日本コミュニケーション学会東北支部第3回例会   1995年10月   
隠喩にみる言語の思考的機能 ― ウォーフの言語相対論の理論的展開 ―
太田 智加子
日本言語学会第113回大会   1996年10月   
ベンジャミン・リー・ウォーフの言語相対性仮説再考 ― 実証研究のための試論 ―
太田 智加子
日本エドワード・サピア協会第13回研究発表会   1998年10月   
ウォーフのlanguage awarenessとその現代的意義
太田 智加子
日本エドワード・サピア協会第17回研究発表会   2002年10月   
ウォーフの相対的言語観の英語教育における実践例 ―言語意識教育の試み ―
太田 智加子
日本エドワード・サピア協会第26回研究発表会   2011年10月   
ペン型電子辞書による英単語検索効率の一考察
太田 智加子・飯塚 潤一
第21回視覚障害リハビリテーション研究発表大会   2012年   
視覚障害を持つ学生に対するTOEIC対策
太田 智加子
第21回視覚障害リハビリテーション研究発表大会   2012年6月   
視覚障害を持つ学生への英語資格試験対策指導
太田 智加子
第13 回日本ロービジョン学会学術総会   2012年10月   
視覚障害学生の英語自主学習支援e-learningシステムの開発
太田 智加子
日本特殊教育学会第51回大会   2013年9月   
ウォーフの相対的言語観の英語教育における実践例 ―言語意識教育の試み―
太田 智加子
日本エドワード・サピア協会第29回研究発表会   2014年10月   
Development of "Content-Focused Accessibility" E-learning Material for English Learning Targeting Visually Impaired University Students
OTA Chikako
International Conference on Education and New Developments 2019   2019年6月   

競争的資金等の研究課題

 
高専女子卒業生の労働に関する調査研究 ― 技術職現場のジェンダー分析 ―
文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(1)
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 内田由理子
女性技術者のキャリア形成過程に関する実証的研究 ― 高専の教育モデルの構築をめざして―
文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(1)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 内田由理子
学内競争的資金獲得実績8件
国立大学法人筑波技術大学: 
研究期間: 2012年 - 2018年    代表者: 太田 智加子
視覚障害者対応の「情報補償コンテンツ」型e-learningシステムの研究 
科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 太田智加子

社会貢献活動

 
公開講座 「映画にみるジェンダー」
【講師, 報告書執筆】  国立高専機構 石川工業高等専門学校  2003年11月
東日本大震災被災者・被災動物支援ボランティア活動
【運営参加・支援】  2011年5月 - 現在
日本初のTOEIC公開テスト点字試験実現
【助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 調査担当】  2012年4月 - 2014年11月

その他

 
2011年9月   聴覚障害学生のためのTOEIC対策講座 講師(国立大学法人筑波技術大学)