ASUKA Jusen

J-GLOBAL         Last updated: May 14, 2019 at 18:58
 
Avatar
Name
ASUKA Jusen
E-mail
asukajusengmai.com
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/2e7faa273c20f484f02f0686f70bb720.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Center for Northeast Asian Studies
Job title
Professor
Degree
農学修士(The University of Tokyo), 経営学修士(INSEAD), 学術博士(The University of Tokyo)

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2010
 - 
Mar 2013
気候変動グループ ディレクター, (公益財団法人)地球環境戦略研究機関
 
Apr 2004
 - 
Today
教授, 東北大学環境科学研究科環境科学・政策論
 
Apr 2004
 - 
Today
教授, 東北大学文学研究科科学技術論
 
Apr 2004
 - 
Today
教授, 東北大学東北アジア研究センター
 
Apr 2003
 - 
Mar 2004
助教授, 東北大学環境科学研究科環境科学・政策論
 
Apr 2002
 - 
Mar 2003
客員助教授, 京都大学経済研究所
 
Apr 2000
 - 
Mar 2004
助教授, 東北大学文学研究科科学技術論
 
Mar 1997
 - 
Mar 2004
助教授, Center for East Asian Studies, Tohoku University
 
Apr 1996
 - 
Mar 1997
研究員, Cetral Research Institute of Electric Power Industry
 
Sep 1990
 - 
Sep 1992
企画管理部経営企画課プロジェクトマネージャー, ファルマシア・バイオシステムズ(株)日本支社
 

Education

 
 
 - 
Mar 1996
先端学際工学, Graduate School, Division of Engineering, The University of Tokyo
 
 
 - 
Mar 1984
農芸化学, Faculty of Agriculture, The University of Tokyo
 
 
 - 
May 1991
Graduate School, Division of Administration, INSEAD
 

Committee Memberships

 
Apr 2006
 - 
Today
中国環境問題研究会  代表
 
Apr 2005
 - 
Today
環境経済・政策学会  理事
 
Apr 2013
 - 
Today
国際アジア共同体学会  理事
 
Jan 2003
 - 
Today
Environmental Economics and Policy Studies  学術誌査読
 
Jan 2000
 - 
Today
エネルギー・資源学会誌  学術誌査読
 

Awards & Honors

 
Nov 2006
第32回山崎賞, 山崎賞奨学会
 

Published Papers

 
chapter INDC Costs andExperiences in Removing Low-Carbon Technology Barriers:Japan
ASUKA Jusen
Globalization of Low-Carbon Technonlogies the Impact of the Paris Agreement   367-402   Mar 2017   [Refereed]
パリCOP21合意後の世界:投資撤退、情報開示、訴訟リスクを中心に
明日香壽川
Energy Democracy      Apr 2016
COP21: 終わりと始まり
明日香壽川
世界   (2月)    Jan 2016   [Invited]
原発と地球温暖化問題と錯総した関係
明日香壽川
科学   86(7) 718-725   Jul 2016   [Invited]
原発なしの温暖化対策こそ平和と民主主義と経済発展を取り戻す
明日香壽川
世界   (12月号)    Nov 2015   [Invited]
Assessment of China's Greenhouse Gas Emission Reduction Target for 2030: Possibility of Earlier Peaking
Jusen ASUKA
The Journal of Contemporary China Studies   5(1) 57-68   Jun 2016   [Invited]
日本政府約束草案の公平性・野心度に対する複数の評価に関して
明日香壽川
東北大学 東アジアにおける大気環境管理スキームの構築研究ユニット Working paper 2015-3      Nov 2015
気候感度および気温上昇停滞(ハイエタス)に関する最新の科学的知見
明日香壽川
東北大学 東アジアにおける大気環境管理スキームの構築研究ユニット Working paper 2015-2      Aug 2015
Kuramochi Takeshi, Asuka Jusen, Fekete Hanna, Tamura Kentaro, Höhne Niklas
Climate Policy   1-19   Jul 2015   [Refereed]
日本の温暖化外交が死んだ日
明日香壽川
世界   (4)    Apr 2012
地球温暖化問題「復活」の条件
明日香壽川
世界   (12月)    Dec 2013   [Invited]
Jim Skeaa, Stefan Lechtenböhmerb & Jusen Asukac
Cliimate Policy   13(1) 36-54   Jan 2013   [Refereed][Invited]
今後の温暖化対策国際枠組みと気候単独主義
明日香壽川
IGES CC Working Paper 2012-001   2012-002    2012
崩壊する日本の温暖化対策
明日香壽川
世界   (3)    Mar 2011
革新的エネルギー・環境戦略を考える:活動量の見直し、資源の有効利用、グリーン投資によって更なる節エネ・CO2排出削減は可能
倉持壮, 明日香壽川
IGES CC Working Paper 2012-001      2012
Additionality Reconsidered-Lax criteria may not benefit developing countries
Jusen Asuka, Kenji Takeuchi
climate policy   4(2) 177-192   Dec 2004   [Refereed]
“Energy and CO2 intensity reduction policies in China: Targets and Implementation”
Z. Jin, T. Kuramochi, J. Asuka
Global Environmental Research   17(1)    Apr 2013   [Refereed][Invited]
中国の大気汚染問題と日本の協力のあり方
明日香壽川
環境と公害   43(1)    Nov 2013   [Invited]
30年後のエネルギー、技術、経済を考える
明日香壽川
環境と文明   25(9) 6-7   Sep 2017   [Invited]
美しくない日本の温暖化対策―その序説
明日香壽川
環境と文明   25(6) 6-7   Jun 2017   [Invited]

Misc

 
中国奔流
明日香壽川
JCER 日本経済研究センター会報      Oct 2007
地球温暖化懐疑論者への反論および私たちが反省すべき点
明日香壽川
季刊 環境技術会誌 第129号      Oct 2007
中国の気候変動対策数値目標を考える
明日香壽川
国際貿易      Oct 2007
環境における中国との共生
明日香壽川
金属 Vol.77 No.11      Nov 2007
地球温暖化をめぐる先進国と途上国の対立
明日香壽川
エネルギーレビュー12月号      Nov 2007

Books etc

 
Climate Justice: Politics, Economics and Philosophy of Climate Policy and International Negotiation
ASUKA Jusen
日本評論社   Sep 2015   ISBN:978-4-535-55842-7
地球温暖化ーほぼすべての質問に答えます!
明日香壽川
Jun 2009   
Globalization of Low-Carbon Technologies the Impact of the Paris Agreement, Anbumozhi Venkatachalam, and Kalirajan Kaliappa (Eds.))
Asuka Jusen (Part:Joint Work, chapter11 "INDC Costs and Experiences in Removing Low-Carbon Technology Barriers:Japan", p.367-402)
Springer   Oct 2017   ISBN:978-981-10-4900-2
中国環境ハンドブック 〈2011-2012年版〉
明日香壽川, 大塚健司 片岡直樹、相川泰 (Part:Joint Editor)
蒼蒼社   Sep 2011   
地球温暖化懐疑論批判
明日香壽川,河宮未知生,高橋潔,吉村純,江守正多,伊勢武史,増田耕一,野沢徹,川村賢二,山本政一郎 (Part:Joint Work)
東京大学 サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)/地球持続戦略研究イニシアティブ(TIGS) 叢書   May 2009   

Conference Activities & Talks

 
アジア(日中韓)低炭素共同体をどうつくるのか
国際アジア共同代学会 2016年度秋季国際会議関西支部発足記念大会   19 Nov 2016   
世界は脱原発と脱温暖化の両立を目指す
第27回核戦争に反対し核兵器の廃絶を求める 医師・医学者のつどいin 宮城   6 Nov 2016   
Post-PA world, Japan's current climate policy and suuggestion to the East-Asian Countries
東アジア気候フォーラム2016ぱり協定の実施に向けた東アジアの役割   24 Sep 2016   
日本へのメッセージ
気候変動とたたかうアジアの人々   1 Aug 2016   
日本の温暖化政策
2016东亚海洋高峰论坛   25 Jul 2016   

Research Grants & Projects

 
Political and economical analysis of climate policy
Project Year: Apr 1996 - Today
Study on Establlishment of Envionment Security Regime
Project Year: Apr 1996 - Today
Study on Environmental Issues in Asia
Project Year: Apr 1995 - Today

Social Contribution

 
大学初の排出権事業
[TV or radio appearance, Contribution]  日本経済新聞 夕刊  6 Nov 2006
日本経済新聞:経済教室「京都議定書から逃げるな」
[TV or radio appearance, Contribution]  日本経済新聞  22 Nov 2005
日本経済新聞:経済教室「日本の環境外交:欧州・途上国と協調を」
[TV or radio appearance, Contribution]  日本経済新聞  13 Feb 2004
今年度の山崎賞明日香壽川さん
[TV or radio appearance, Contribution]  朝日新聞  15 Nov 2006
東北大がCDM事業
[TV or radio appearance, Contribution]  朝日新聞  16 Nov 2006

Others

 
Oct 1993
(13) 明日香壽川・金松, 1993.「中国の環境問題」『360』, 1993年10月号, p.75-79, 三田出版会
Apr 2012   東北復興・原発縮小・地球温暖化防止を同時に達成する環境・エネルギー・産業政策の構築
東日本大震災は、地震に加えて津波と原発災害を伴うことにより、日本の経済・社会を揺るがす歴史的な災害となった。その速度と程度は別にして、今後日本は原発依存度を低める政策を採っていかざるを得ないであろう。もはやイデオロギーや思想的立場を超えて、東北復興を見据えながら、再生可能エネルギーと省エネ導入の可能性、それによる脱原発と温暖化防止を真剣に検討すべき状況にある。この検討を、1)原発縮小シナリオの経済分析、2)電力産業発送電分離の産業組織論的分析、3)エネルギー多消費産業の省エネポテンシャル計算・制度設計、4)低炭素復興のための環境金融スキームの構築、の4つの観点から行い、これらの知見も踏まえて東北地域での具体的な再生可能エネルギー導入案件の実現も目指すのが本研究の目的である。研究成果として、助成期間内に環境・エネルギー政策、産業組織政策などに有効な提言を行っていき、長期的には同政策による日本経済・社会の復興と革新に貢献したい。
Apr 2005   日本カーボンファンド(JCF), 安泰公司(中国)とのクリーン開発メカニズムの案件形成
日本カーボンファンド(JCF), 安泰公司(中国)とのクリーン開発メカニズムの案件形成
Apr 2005
(1) 明日香壽川, 2005.「「公害」か「貧困」か―途上国・中国が嵌った「環境対策」究極ジレンマ」『サピオ』, 2005年4月13日, p.21, 小学館.
Apr 2004   (株)蒼々社やアジア経済研究所などとの中国環境情報ハンドブック出版
(株)蒼々社やアジア経済研究所などとの中国環境情報ハンドブック出版