佐々木 亨

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/25 17:58
 
アバター
研究者氏名
佐々木 亨
 
ササキ トオル
eメール
sasakilet.hokudai.ac.jp
URL
http://hoppo.let.hokudai.ac.jp/
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科 歴史地域文化学専攻 北方文化論講座
職名
教授
学位
文学修士(北海道大学)
その他の所属
放送大学
科研費研究者番号
80292308

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
現在
- 北海道大学大学院文学研究科(北方文化論講座) 教授
 
2007年
 - 
2008年
 北海道大学大学院文学研究科(北方文化論講座) 准教授
 
2000年
 - 
2007年
 北海道大学大学院文学研究科(北方文化論講座) 助教授
 
1997年
 - 
2000年
 東北大学・東北アジア研究センター助教授(地域環境研究部門) 助教授
 
1990年
 - 
1996年
 北海道立北方民族博物館学芸課学芸員 職員(その他)
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1987年3月
北海道大学 大学院文学研究科 修士課程
 
1979年4月
 - 
1983年3月
北海道大学 文学部 行動科学科
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本文化政策学会  理事
 
2018年4月
 - 
2019年3月
大阪市地方独立行政法人大阪市博物館機構評価委員会  委員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
東北大学東北アジア研究センター共同研究運営モニター  委員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
札幌市  文化芸術基本計画検討委員会 委員
 
2017年12月
 - 
2018年3月
さっぽろ天神山アートスタジオ管理運営業務企画競争実施委員会  委員
 

受賞

 
2005年
日本ミュージアム・マネージメント学会賞
 

論文

 
博物館における外部性と評価の今後の展開
佐々木 亨
日本の博物館のこれから−「対話と連携」の深化と多様化する博物館運営−(科研費報告書)   105-110   2017年3月   [招待有り]
書評 高倉浩樹編「展示する人類学−日本と異文化をつなぐ対話」
佐々木 亨
東北アジア研究   20 163-173   2016年2月   [招待有り]
「学会誌の20年を振り返る ミュージアム関連の論考に関するこれまでの研究動向と今後の展望」
佐々木 亨
文化経済学   9(2) 36-43   2012年9月   [査読有り][招待有り]
佐々木 亨, 泰井 良
日本ミュージアム・マネージメント学会研究紀要   16(0) 103-111   2012年3月

書籍等出版物

 
『博物館経営論』
佐々木 亨 (担当:共著, 範囲:「ミュージアムのマネジメント」)
京都造形芸術大学出版局   2017年3月   
『文化経済学の展望』
佐々木 亨 (担当:共著, 範囲:第1部 文化芸術分野編「ミュージアム」)
ミネルヴァ書房   2016年7月   
『空間に遊ぶ−人文科学の空間論』
佐々木 亨 (担当:共著, 範囲:第4章「文化を展示する」とは何か)
北海道大学出版会   2016年6月   
『ミュージアム・マネージメント学事典』
佐々木 亨 (担当:共著, 範囲:「コミュニティとミュージアム」、「マーケティング(美術館)」、「外部評価」)
学文社   2015年6月   
佐々木 亨
放送大学教育振興会   2013年3月   ISBN:4595314132

講演・口頭発表等

 
指定管理者制度による公立博物館の運営(コメンテータ) [招待有り]
佐々木 亨
ンポジウム「指定管理者制度による公立博物館の運営」   2018年10月13日   
いまこそ〈企画力〉 企画展制作の立案・運営・評価(コーディネータ)
佐々木 亨
「ミュージアム学芸員の企画展制作〈立案・運営・評価〉スキル養成深化プログラム」公開シンポジウム   2018年7月22日   
施設の運営評価と指定管理者制度を考える [招待有り]
佐々木 亨
環境中間支援会議主催「環境学習施設の可能性を考える」   2017年11月1日   
博物館評価におけるロジックモデルの有効性−三重県総合博物館と六本木アートナイトを事例に−
○卓彦伶 佐々木亨
博物館評価国際会議 2017   2017年10月20日   
評価学における評価事例について
佐々木 亨
第3回ミュージアム評価研究会   2017年9月24日   

担当経験のある科目

 

Works

 
静岡県立美術館のMSRレポート作成プロジェクト
佐々木 亨   その他   2014年5月 - 2016年3月
北海道大学総合博物館常設展示室「文学部展示」に関する企画策定・制作
佐々木 亨   芸術活動   2016年7月
北海道大学総合博物館常設展示「産学連携」展示室に関するリニューアル企画策定・制作
佐々木 亨 ほか   芸術活動   2015年1月
北海道大学総合博物館常設展示「科学技術」展示室に関するリニューアル企画策定・制作
佐々木 亨 ほか   芸術活動   2014年3月
北海道大学総合博物館常設展示「北大の蔵書」展示室に関するリニューアル企画策定・制作
佐々木 亨 ほか   芸術活動   2013年3月

競争的資金等の研究課題

 
ミュージアムの新たな評価手法構築に関する実践研究-社会的価値と事業改善に着目して
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的研究(開拓))
研究期間: 2018年7月 - 2022年3月    代表者: 佐々木 亨
ミュージアム学芸員の企画展制作〈立案・運営・評価〉スキル養成深化プログラム
文化庁: 大学における文化芸術推進事業
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 佐々木 亨
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 河島 伸子
文化政策のドメイン自体の拡張に伴い、ミュージアムの「社会的意義」は、「まちづくり、地域活性化」と同義になりつつある。すなわち、一方では、福祉・教育・社会包摂などへの社会的貢献を、また一方では観光や地域発展に対する経済的貢献を含むようになっている。地域活性化に貢献するミュージアムという考え方の再検討、その適用に際しての軋轢と問題克服に向けた仕組みづくりについての考察を進めてきた。第一に、日本のミュージアム運営が単なる効率主義に陥っていないか、それとも地域社会における位置づけを確認し、戦略的目...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 佐々木 亨
前半2カ年では、評価をすでに導入している公立ミュージアムなど18館における評価導入・運用の実態をヒアリング調査した。後半2カ年ではその調査結果をもとに、公立ミュージアム学芸員2名、自治体職員1名、民間コンサルタント1名からなる組織で2件の「評価パッケージ」を検討した。(1)滋賀県東近江市博物館グループにおいては、博物館の社会的な存在意義と人材育成システムの必要性と妥当性を検証する「評価パッケージ」を提案し、それに基づく評価を行った。(2)三重県総合博物館においては、業績測定型評価と参加型評...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 小杉 康
「噴火湾北岸縄文エコ・ミュージアム」の基本計画を作成し、小幌洞窟遺跡、有珠6遺跡の発掘調査による学術成果に基づいて、それぞれの遺跡をサテライトとして整備して、コア・ミュージアムを開設した。