一色 秀夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 05:27
 
アバター
研究者氏名
一色 秀夫
 
イツシキ ヒデオ
URL
http://www.flex.es.uec.ac.jp/
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系)
職名
教授
学位
工学修士(電気通信大学), 博士(工学)(電気通信大学)
科研費研究者番号
60260212

プロフィール

昭和59年~62年 国際電信電話株式会社研究所(現KDDI研究所) 研修生
 1.5μm帯DFBレーザ・電界吸収型光変調器集積化デバイスに関する研究
昭和62年~63年 日本電気(株) 化合物デバイス事業部光半導体部 勤務
 光半導体素子ファイバーモジュールの開発
平成4年~11年 理化学研究所フロンティア研究システム、ナノ電子材料研究チームフロンティア研究員
 原子層成長を用いた半導体ナノ構造作製と光物性評価       
 原子層成長を用いたフラクタル構造半導体格子の作製
平成9年~15年   電気通信大学電気通信学部電子工学科 助手
 フラクタル構造半導体格子の作製と電子状態制御       
 Er添加Siの光物性とIV族ベース・オプトエレクトロニクスへの応用 
平成12年~13年 オランダ FOM原子分子物理(AMOLF)研究所 客員研究員
平成15年~  電気通信大学電気通信学部電子工学科 助教授
 ErSiO超格子結晶の発見、物性評価とデバイス応用、シリコンフォトニクス応用
 ダイヤモンド薄膜の成長と応用に関する研究

経歴

 
1987年4月
 - 
1988年5月
日本電気㈱ 化合物デバイス事業部光半導体部 勤務
 
1992年4月
 - 
1999年9月
理化学研究所フロンティア研究システム  ナノ電子材料研究チーム 研究員
 
1997年4月
 - 
2004年1月
電気通信大学 電気通信学部 電子工学科 助手
 
2000年9月
 - 
2001年5月
FOM-AMOLF研究所(オランダ) 客員研究員
 
2004年2月
 - 
2007年3月
電気通信大学 電気通信学部 電子工学科 助教授
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1980年3月
埼玉県立大宮高等学校  
 
 
 - 
1985年3月
電気通信大学 電気通信学部 応用電子工学科
 
 
 - 
1987年3月
電気通信大学 電気通信学研究科 応用電子工学専攻
 
 
 - 
1992年3月
電気通信大学 電気通信学研究科 電子工学専攻
 

委員歴

 
2002年
 - 
2005年
応用物理学会  プログラム編集委員
 
2012年8月
   
 
電子情報通信学会 次世代ナノ技術に関する時限研究専門委員会  幹事
 
2014年8月
   
 
電子情報通信学会 システムナノ技術に関する時限研究専門委員会  副委員長
 
2016年8月
 - 
2018年7月
電子情報通信学会 システムナノ技術に関する時限研究専門委員会  委員長
 
2018年6月
   
 
ニューダイヤモンドフォーラム  学術委員
 

論文

 
H. Isshiki, F. Jing, T. Sato, T. Nakajima, and T. Kimura,
Photonics Research, Vol.2 (2014) A45.   2(3) A45-A55   2014年6月   [査読有り][招待有り]
H. Isshiki and T. Kimura
IEICE Transaction on Electronics   E91(2) 138-144   2008年2月   [査読有り]
Takayuki Nakajima, Yasuhito Tanaka, Tadamasa Kimura, and Hideo Isshiki
Japanese Journal of Applied Physics   52 082601   2013年8月   [査読有り]
Hideo Isshiki, Mikio Yoshida, Ryutaro Tobita, Tetsuya Shigeeda, Motoi Kinoshita, Kenshiro Matushima, and Takashi Tamura
Japanese Journal of Applied Physics   51 090108   2012年9月   [査読有り]
Observation of 30dB/cm gain in Si photonic crystal slot ErxY2−xSiO5 waveguide
T. Sato, T. Nakajima, T. Kimura, and H. Isshiki
Group IV Photonics (GFP), 2011 8th IEEE International Conference on   http://ieeexplore.ieee.org/sta   2011年9月   [査読有り]

Misc

 
シリコンフォトニクスに向けた新しい発光材料 Er2SiO5超格子結晶
一色 秀夫、木村 忠正
応用物理   78(5) 427-431   2009年5月   [査読有り]
シリコンを光らせるにはどうすればよいのか
木村 忠正、一色 秀夫
光アライアンス   (1)    2009年1月
ErSiO 超格子結晶 –シリコンフォトニクスに向けた新しい発光材料-
一色 秀夫
MRS-J News   18(2) 2-3   2006年6月
希土類添加半導体の可視発光とLEDの可能性
一色秀夫/木村忠正
月刊ディスプレイ   Vol.7(No8) 18-22   2001年

書籍等出版物

 
電気電子数学入門 微分方程式・ラプラス変換・フーリエ解析
一色 秀夫、塩川 高雄 (担当:共著, 範囲:第3章ラプラス変換、第4章フーリエ解析、第5章偏微分方程式)
オーム社   2012年5月   
電子材料ハンドブック
木村忠正、八百隆文、奥村徳次、豊田太郎
朝倉書店   2007年   
シリコンフォトニクス
一色 秀夫 (担当:共著, 範囲:第3章 希土類添加シリコン光エミッタ)
オーム社   2007年11月   
Conduction Subband Formation in (GaAs)m(GaP)n Fractal struceured Atomic -Layer-Superlattice Grown by Atomic Layer Epitaxy
H. Isshiki, K. Tanaya, T. Kimura, J. S. Lee, Y. Aoyagi, and T. Suganoj
CO-ROM   1999年   

講演・口頭発表等

 
Hideo Isshiki
2015 International Conference on Optical Instrument and Technology (OIT 2015)   2015年5月19日   SPIE and China Instrument and Control Society
蛍光イメージングに向けたナノダイヤモンド中Si-空孔発光中心の形成 [招待有り]
1) 一色秀夫
電子情報通信学会 エレクトロニクスソサエティシンポジウム   2014年3月18日   電子情報通信学会 エレクトロニクスソサエティ 量子エレクトロニクス研究専門委員会
Er Silicate Waveguides for Compact Amplifiers and Light Sources on Silicon Platform
Hideo Isshiki
International Conference on Group Four Photonics (GFP2013)   2013年8月   IEEE
Er Silicate Waveguides for On-Chip Optical Amplifiers
Hideo Isshiki
CLEO-PR & OECC/PS 2013   2013年7月   CLEO
希土類元素を利用したシリコンフォトニクス用発光デバイス
一色 秀夫
第16回シリコンフォトニクス研究会   2011年11月25日   電子情報通信学会 エレクトロニクスソサエティ シリコンフォトニクス時限研究専門委員会

担当経験のある科目

 
 

特許

 
PCT JP2016 77641 : ナノ結晶ダイヤモンド及びその製造方法、製造装置
一色 秀夫
特願2014-175926 : 単結晶ダイヤモンドの製造方法、単結晶ダイヤモンド、単結晶ダイヤモンド基板の製造方法、単結晶ダイヤモンド基板及び半導体デバイス
一色 秀夫、相馬 勇治、小宮 一輝、小島 隆平
特願平8-158078 : 微小トンネル接合の形成方法及び微小トンネル接合素子
一色秀夫、青柳克信、菅野卓雄
WO2005/121398 : ダイヤモンド薄膜のコーティング法及びダイヤモンド被膜超硬合金部材
一色秀夫
3668802 : 原子層成長による薄膜形成方法
一色秀夫、岩井荘八、青柳克信、菅野卓雄