SHOJIRO MAKI

J-GLOBAL         Last updated: Jul 9, 2019 at 04:05
 
Avatar
Name
SHOJIRO MAKI
E-mail
s-makiuec.ac.jp
Affiliation
The University of Electro-Communications
Section
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering, "Department of Engineering Science, Cluster III (Fundamental Science and Engineering)"
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Science(Keio University)
Research funding number
20266349

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Nov 1992
 - 
Jan 1993
研究員, Max Planck生物化学研究所
 
Apr 1993
 - 
Mar 1994
特別研究員, 日本学術振興会
 
Apr 1994
 - 
Sep 1996
助手, 帝京大学薬学部
 
Jul 1996
 - 
Aug 1996
客員研究員, Max Planck生物化学研究所
 
Oct 1996
   
 
助手, 電気通信大学電気通信学部
 

Education

 
Apr 1982
 - 
Mar 1985
Tama prefectural high school
 
 
 - 
Mar 1989
化学科, Faculty of Science and technology, Keio University
 
 
 - 
Mar 1991
化学専攻, Graduate School, Dept. of Science and technology, Keio University
 
 
 - 
Mar 1994
chemistry, Graduate School, Dept. of Science and technology, Keio University
 

Awards & Honors

 
Jan 2012
平成23年度優秀教員賞(電気通信大学), 電気通信大学
 
Jun 2005
Incentive Award for Organic Electron Transfer Chemistry, 有機電子移動化学研究会
 
1990
小泉信三記念賞, 慶應義塾大学
 

Published Papers

 
Synthesis and luminescence properties of near-infrared N-heterocyclic luciferin analogues for in vivo optical imaging
Ryohei Saito, Takahiro Kuchimaru, Shoko Higashi, Shijia W. Lu, Masahiro Kiyama, Satoshi Iwano, Rika Obata, Takashi Hirano, Shinae Kizaka-Kondoh, Shojiro A. Maki
Bulletin of the Chemical Society of Japan   92(3) 608-618   2019   [Refereed]
ホタル生物発光の長波長化を目指し,”AkaLumine”と同等で水溶性があり中性で機能する材料を材料“SeMpai”を創製し,動物実験でその実用性を確かめた.
Spectroscopic properties of push-pull 2-(4-carboxyphenyl)-6-dimethylaminobenzothiazole derivatives in solution and the solid state
Yusuke Takahashi, Takuya Uehara, Chihiro Matsuhashi, Minoru Yamaji, Toshiki MUTAI, Isao Yoshikawa, Hirohiko Houjou, Kota Kitagawa, Tomoyoshi Suenobu, Shojiro Maki, Takashi Hirano
Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry   376 324-332   2019   [Refereed]
ホタル発光基質の右環部を芳香環にした誘導体のパラ位を電子吸引基から電子供与基までいくつか変更し,そのソルバトクロミズム性について検討を行った.またこれら誘導体は,いずれも蛍光量子収率が0.68と高いことも明らかとなった.
In vivo生物発光イメージングのすゝめ
岩野 智,牧 昌次郎,宮脇 敦史
実験医学   第36巻・第19号,3273-3281    2018
“Structure-fluorescence relationship of push-pull 2-phenylbenzothiazole derivatives designed based on the firefly lightemitter”,
Tomoya Fujikawa, Takuya Uehara, Minoru Yamaji, Takuya Kanetomo, Takayuki Ishida, Shojiro Maki and Takashi Hirano*
Tetrahedron Letters   59 (14), 1431-1434    2018   [Refereed]
“A Novel Emission Wavelength Tuning Method with Allyl Substitution on Firefly Luciferin Analogs toward Near-Infrared Region Bioluminescence”
Nobuo Kitada, Tsuyoshi Saitoh, Yuma Ikeda, Satoshi Iwano, Koji Suzuki, Shigeru Nishiyama, and Shojiro A. Maki*
Tetrahedron Letters   59 1087–-1090   2018   [Refereed]

Misc

 
「ホタル生物発光を利用した長波長発光標識材料の創製」
ケミカルエンジニアリング   60(8) 28-33   2015
ホタル生物発光型in vivoイメージング標識材料の創製
牧 昌次郎
ファルマシア(日本薬学会誌)   50(2) 117-120   2014   [Refereed][Invited]
ホタル生物発光型標識材料について,長波長発光材料を中心に解説してまとめた.
ホタル生物発光の多色化への挑戦
牧 昌次郎
生物工学会誌(日本生物工学会)   92(8) 432-436   2014   [Refereed][Invited]
ホタル生物発光型標識材料について,波長変換技術,高輝度化技術,長波長発光材料の水溶性化と新規ピリジン型材料までを解説してまとめた.
ホタルの光を化学で作る
牧 昌次郎
化学と教育(日本化学会)   61(8) 392-395   2013   [Refereed][Invited]
ホタルの発光について,人工発光系の創製について解説してまとめた.
ホタル生物発光をモデルとした赤色発光基質の創製
斉藤 毅、牧 昌次郎、西山 繁
Chemical Biology   4(1) 3-6   2011   [Refereed]

Books etc

 
「In vivoイメージングを目指したホタル生物発光」
牧 昌次郎
日本レーザー医学会   2017   
ホタル生物発光を利用した長波長発光標識材料の創製
牧 昌次郎
化学工業社   2015   
牧 昌次郎他多数 (Part:Joint Work, 3章 “がん細胞を長波長で赤く光らせ,生きたまま体外から観察する”)
がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動(文部科学省)   2014   
がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動の一環として,ホタル生物発光を応用した長波長発光標識材料の実用化とがん研究への応用について記載した.
ユニーク&エキサイティングサイエンスII
牧 昌次郎 他多数 (Part:Joint Work, 5章 ホタルの発光現象を医療に活用せよ!)
近代科学社   2013   ISBN:978-4-7649-0453-8
ホタル生物発光を利用した,長波長発光材料の創製と実用化について,実用例を含め解説した,実用化に当たり,苦労したことや技術の将来展望も記載した.
たまの力
牧 昌次郎他 多数 (Part:Joint Work, industria,セキコーポレーション,NAS技研,旭栄研磨加工,相馬光学,日本分析工業,日新技研,千代田第一工業,オンチップバイオテクノロジーズ,ガリレオ)
多摩ブルー・グリーン倶楽部(けやき出版)   2013   ISBN:978-4-87751-508-9
多摩地区の中小企業さんを10社訪問し,各企業さんの技術を紹介し,その特徴などについてまとめた.

Conference Activities & Talks

 
Discovery of the chemical structure essential for the activity of compounds that inhibit the proliferation of T-cell acute lymphoblastic leukemia cells
東智也、鉢 呂佳史、吉 田千紘、八 木拓哉、中 田千尋、武 智あづさ、原孝彦、牧昌次郎
農芸化学会2019年度大会   24 Mar 2019   
Development of compounds that specifically inhibit the proliferation of acute T lymphoblastic leukemia cells
吉田千紘、鉢呂佳史、東智也、八木拓哉、中田千尋、武智あづさ、原孝彦、牧昌次郎
農芸化学会2019年度大会   24 Mar 2019   
ニトロアリールオキシカルボニル基を有するアクリジン系ジオキセタンの固相化学発光特性
吾妻 駿、植草 秀裕、牧 昌次郎、平野 誉
日本化学会第99回春季年会   16 Mar 2019   
色素連結型アダマンチリデンアダマンタン系ジオキセタンの合成と化学発光特性の評価
松橋 千尋、植草 秀裕、牧 昌次郎、平野 誉
日本化学会第99回春季年会   16 Mar 2019   
in vivo 光イメージングに適した新規ルシフェリンアナログの開発
齊藤 亮平、北田 昇雄、平野 誉、牧 昌次郎
日本化学会第99回春季年会   16 Mar 2019   

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
標識材料の開発研究
黒金化成(株): 
Project Year: 2019 - 2020    Investigator(s): 牧 昌次郎
「質量分析計を活用した新しいアプリケーション開発についての可能性検討」
日本電子株式会社: 研究助成
Project Year: 2018 - 2019
急性Tリンパ芽球性白血病に対する新薬の開発
AMED: 
Project Year: 2017 - 2018    Investigator(s): 原 孝彦
「質量分析計を活用した新しいアプリケーション開発についての可能性検討」
日本電子株式会社: 研究助成
Project Year: 2017 - 2018
大規模生体バイオイメージングのための要素技術開発
Project Year: 2015 - 2020    Investigator(s): 宮脇 敦史

Patents

 
特願2018-090192 : 白血病治療用医薬組成物
特願2016-165053 : 改変型ルシフェラーゼおよびその利用
特願2014-055457 : 新規複素環式化合物及びその塩、並びに、発光基質組成物
特願2012-265382 : 「環化化合物の製造方法、及び、環化化合物を含有する溶液の発光方法」
特願2012-049619 : 「ルシフェラーゼの発光基質」

Others

 
2016
水溶性近赤外発光材料(トケオニ)の事業化