HAMANAKA Haru

J-GLOBAL         Last updated: Jun 18, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
HAMANAKA Haru
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Social Sciences, Department of Sociology
Job title
Professor
Research funding number
00294356

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1997
 - 
Mar 1999
島根大学法文学部専任講師
 
Apr 1999
 - 
Mar 2004
島根大学法文学部助教授
 
Apr 2004
 - 
Mar 2006
島根大学外国語教育センター助教授
 
Apr 2006
 - 
Mar 2007
法政大学社会学部助教授
 
Apr 2007
 - 
Mar 2016
法政大学社会学部准教授
 

Education

 
Apr 1988
 - 
Mar 1992
ドイツ語学ドイツ文学, Faculty of Literature, Kyoto University
 
Apr 1994
 - 
Mar 1997
ドイツ語学ドイツ文学, Graduate School, Division of Letters, Kyoto University
 

Awards & Honors

 
May 2005
第45回ドイツ語学文学振興会奨励賞, ドイツ語学文学振興会
 
論文"Koerper und Sinne in der deutschen Gartenliteratur um 1800"

Published Papers

 
半透明なイメージ - ゲーテとニュートンによるスペクトルの図像
濱中 春
『希土』   (43) 63-96   2018
Semantics of Plane and Line. Goethe and the Meteorological Diagrams around 1820.
濱中 春
『社会志林』   64(3) 41-67   2017
図像論争 - ゲーテ『色彩論』の図版とニュートン批判
濱中 春
『希土』   (42) 33-59   2017
リヒテンベルクと気象学(2)気象の言語学
濱中 春
『社会志林』   62(3) 23-48   2015
リヒテンベルクと気象学(1)プファルツ気象学会
『社会志林』   62(1) 117-139   2015

Books etc

 
『イメージ学の現在』(分担執筆)
坂本泰宏・田中純・竹峰義和編
東京大学出版会   2019   
Japanisch-deutsche Diskurse zu deutschen Wissenschafts- und Kulturphänomenen. (分担執筆)
Teruaki Takahashi, Yoshito Takahashi, Tilman Borsche (Hg.)
Wilhelm Fink   2016   
『ディルタイ全集』第5巻(共訳)
法政大学出版局   2015   
Erkenntnis und Bild. Wissenschaftsgeschichte der Lichtenbergischen Figuren um 1800.
Haru Hamanaka
Wallstein Verlag   2015   ISBN:978-3-853-1627-0
『ドイツ文化55のキーワード』(共編著)
宮田眞治、畠山寛、濱中 春 (Part:Joint Editor)
ミネルヴァ書房   2015   

Conference Activities & Talks

 
視覚化と認識のあいだ-リヒテンベルク図形と科学の図像研究の射程
濱中 春
Humboldt-Kolleg, Tokio 2016   9 Apr 2016   Alexander von Humboldt-Stifutung
Bild-Figur-Sprache. Georg Christoph Lichtenberg und die Intermedialitaet in Kunst, Literatur und Wissenschaft in der zweiten Haelfte des 18. Jahrhunderts
Netzwerktagung Hamburg   24 Nov 2011   Alexander von Humboldt-Stiftung
Die "Lichtenbergischen Figuren" und das visuelle Wissen von Elektrizitaet im 18. Jahrhundert
13th International Congress for Eighteenth Century Studies   29 Jul 2011   International Society for 18th Century Studies
Ästhetik der Linie bei Lichtenberg und Hogarth
Haru Hamanaka
Asiatische Germanistentagung 2008 in Kanazawa   Aug 2008   
イメージとしての顔と言語-リヒテンベルクの『ホガース銅版画詳解』における観相学-
日本ヘルダー学会春季研究発表会   May 2008   日本ヘルダー学会

Research Grants & Projects

 
ゲーテの色彩研究における図像の機能
Project Year: Apr 2018       Investigator(s): 濱中 春
1800年前後のドイツ語圏における気象学の言説と表象
法政大学: 
Project Year: Apr 2014 - Mar 2018    Investigator(s): 濱中 春
Interaction between word and image in the formation and transmission of the knowledge in the second half of the 18th century
法政大学: 
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013    Investigator(s): HAMANAKA Haru
This study investigated the interaction between word and image in the formation and transmission of the knowledge in the second half of the 18th century through the activities of Georg Christoph Lichtenberg (1742-99), the German natural philosophe...
Intermediality between Lichtenberg and Hogarth
島根大学, 法政大学: 
Project Year: 2006 - 2008    Investigator(s): HAMANAKA Haru
本研究は、ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルクがウィリアム・ホガースの銅版画を解説した『ホガース銅版画詳解』(1794-99)における言語とイメージという表現媒体の関係を考察したものである。その結果、リヒテンベルクが現代の美術史学と多くの問題意識を共有しているという現代性と、それは彼がホガース解釈を実践するテクストの言説を分析することではじめて浮かび上がってくるという歴史性とが見出された。そして、言語とイメージを相互にその特質を解明しあうものととらえることの意義が明らかになった。

Others

 
2019
翻訳(坂本泰宏・田中純・竹峰義和編『イメージ学の現在』東京大学出版会、47-77頁)
2019
翻訳(坂本泰宏・田中純・竹峰義和編『イメージ学の現在』東京大学出版会、411-432頁)
2016
翻訳・解題(『思想』2016年第4号、117-136頁)