桧貝 孝慈

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/19 10:23
 
アバター
研究者氏名
桧貝 孝慈
 
ヒガイ コウジ
URL
https://www.toho-u.ac.jp/phar/labo/byosei.html
所属
東邦大学
部署
薬学部 病態生化学研究室
職名
准教授
学位
博士(薬学)(東邦大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
   
 
東邦大学・薬学部・病態生化学研究室 准教授
 
2011年9月
 - 
2015年3月
東邦大学・薬学部・病態生化学教室 准教授
 
2007年11月
 - 
2011年8月
東邦大学・薬学部・臨床化学教室 講師
 
1997年4月
 - 
2007年10月
東邦大学・薬学部・臨床化学教室 助手
 

学歴

 
 
 - 
1997年
東邦大学 薬学研究科 医療薬学
 

受賞

 
2019年
東邦大学・薬学部・学部長表彰 ひらめき☆ときめきサイエンス
 
2017年1月
第15回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞
受賞者: 小林 康次郎、吉武 江奈、林 佑樹、桧貝 孝慈、和久井 紀貴、永井 英成
 
2016年6月
第14回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞 永井 英成,松井 太吾,向津 隆規,小林 康次郎,荻野 悠,和久井 紀貴,籾山浩一,篠原 美絵,五十嵐 良典,住野 泰清,松尾 和廣,桧貝 孝慈
受賞者: 永井 英成,松井 太吾,向津 隆規,小林 康次郎,荻野 悠,和久井 紀貴,籾山浩一,篠原 美絵,五十嵐 良典,住野 泰清,松尾 和廣,桧貝 孝慈
 
2016年1月
第13回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞
受賞者: 坂内 良規、堀江  熙妃、桧貝 孝慈、松尾 和廣、永井 英成
 
2015年6月
第12回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞
受賞者: 藤井 翔子、松井 睦、永井 英成、松尾 和廣、桧貝 孝慈
 
2014年6月
第10回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞-2
受賞者: 松井 太吾、永井 英成、向津 隆規、松井 哲平、荻野 悠、和久井 紀貴、籾山 浩一、篠原 美絵、渡邉 学、石井 耕司、五十嵐 良典、住野 泰清、松尾 和廣、桧貝 孝慈
 
2014年6月
第10回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞-1
受賞者: 加藤 由紀、桧貝 孝慈、松尾 和廣、永井 英成
 
2014年1月
第9回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞
受賞者: 桧貝 孝慈、大塚 成美、田中 裕子、加藤 由紀、柳内 和幸、永井 英成
 
2008年
額田奨学金 シアリルルイスXの生合成調節機構の解明とNK細胞機能制御
 

論文

 
Obara K, Suzuki S, Shibata H, Yoneyama N, Hamamatsu S, Yamaki F, Higai K, Tanaka Y.
Biol Pharm Bull.   42(5) 736-741   2019年   [査読有り]
Nagai H, Mukozu T, Kobayashi K, Amanuma M, Yoshimine N, Ogino YU, Matsui D, Daido Y, Matsukiyo Y, Matsui T, Wakui N, Momiyama K, Shinohara M, Higai K, Igarashi Y.
Anticancer Res.   39(4) 2183-2191   2019年   [査読有り]
Sato N, Li W, Takemoto H, Takeuchi M, Nakamura A, Tokura E, Akahane C, Ueno K, Komatsu K, Kuriyama N, Onoda T, Higai K, Koike K.
J Nat Med.   73(1) 163-172   2019年   [査読有り]
Obara K, Suzuki S, Shibata H, Yoneyama N, Hamamatsu S, Yamaki F, Higai K, Tanaka Y.
Biol Pharm Bull.   42(5) 736-741   2019年   [査読有り]
Isolation, Structural Elucidation, and Liquid Chromatography?Mass Spectrometry Analysis of Steroidal Glycosides from Polygonatum odoratum
Liu Q., Li W., Nagata K., Fu H., Okada S., Tanabe I., Kobori Y., Higai K., Norie W., Sasaki T., Asada Y., Zhao H., Bai H., Koike K.
J. Agric. Food Chem.   66(2) 521-531   2018年   [査読有り]
Pharmacological identification of β-adrenoceptor subtypes mediating  isoprenaline-induced relaxation of guinea pig colonic longitudinal smooth muscle
Chino D., Sone T., Yamazaki K., Tsuruoka Y., Yamagishi R., Shiina S., Obara K., Yamaki F., Higai K., Tanaka Y.
J. Smooth Muscle Res.   54(0) 13-27   2018年   [査読有り]
Li W., Zhang J. Sasaki T. Nagata K., Higai K., Feng F., Wang J., Cheng M., Koike K.:
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   28(7) 1194-1197   2018年   [査読有り]
Quantitative measurements of sorafenib in patients with advanced hepatocellular carcinoma.
Kobayashi K., Higai K., Matsuo K., Bannai Y.,, Horie H., Otakara Y., Li W., Koike K., Yanagino S., Watanabe K., Yoshio T., Wakui N., Nagai H.
International Journal of Research Studies in Medical and Health Sciences   3(2) 14-19   2018年   [査読有り]
Transcriptional Regulation of the Natural Cytotoxicity Receptor NKp44 Gene in Human NK cell Leukemia.
Ito K., Kawana M.,Iwata T., Higai K.
J of Glycomics Lipidomics   7(1) 0-0   2018年   [査読有り]
Globo-A binds to the recombinant natural cytotoxicity receptor NKp44
Ito K., Shiraishi R., Higai K.
Biol. Pharm. Bull.   9(1) 1480-1484   2018年   [査読有り]
Sorafenib Decreases Dihydropyrimidine Dehydrogenase Gene Expression in Hepatocellular Carcinoma HepG2 Cells
Higai K., Otsuka N., Tanaka Y., Matsumoto K., Matsui M., Yanai K., Wakui N., Nagai H
Austin J Pharmacol Ther.   6(1) 1102-1102   2018年   [査読有り]
ソラフェニブ血中濃度と病因からみたソラフェニブと肝動注化学療法交互治療の有用性
永井英成、松井太吾、向津隆規、小林康次郎、天沼 誠、吉峰尚幸、荻野 悠、松清 靖、和久井紀貴、篠原 美絵、池原 孝、籾山浩一、五十嵐 良典、松尾 和廣、桧貝 孝慈
The Liver Cancer Journal   1 83-83   2018年
SorafenibによるNKG2DリガンドULBP1発現への影響
小林 康次郎、白石 凌、桧貝 孝慈 、和久井 紀貴 、永井 英成
The Liver Cancer Journal   1    2018年
進行肝細胞癌に対する分子標的薬Sorafenib:基礎から
桧貝孝慈
東邦医学会雑誌   63(3) 180-181   2018年
Sato N, Li W, Tsubaki M, Higai K, Takemoto M, Sasaki T, Onoda T, Suzuki T, Koike K
Journal of Functional Foods   35(0) 159-165   2017年   [査読有り]
cMetを介したシグナル伝達の5-FUの細胞内動態に対する影響
小林 康次郎、吉武 江奈、林 佑樹、桧貝 孝慈 、和久井 紀貴 、永井 英成
The Liver Cancer Journal   9(1) 68-69   2017年
簡便な血清中Sorafenib濃度測定法の開発と応用
坂内 良規、桧貝 孝慈、松尾 和廣、永井 英成
The Liver Cancer Journal   8(1) 50-51   2016年
Onoda T, Li W, Sasaki T, Miyake M, Higai K, Koike K
Journal of Ethnopharmacology   186(0) 84-90   2016年   [査読有り]
進行肝細胞癌に対するソラフェニブと肝動注化学療法の有用性
永井 英成, 松井 太吾, 向津 隆規, 小林 康次郎, 荻野 悠, 和久井紀 貴, 籾山 浩一, 篠原 美絵, 五十嵐 良典, 住 野泰清, 松尾 和廣, 桧貝 孝慈
The Liver Cancer Journal   8(2) 92-93   2016年
超音波を用いて分子標的治療薬ソラフェニブの正常肝に対する薬理作用を探る
永井 英成, 松井 太吾, 向津 隆規, 小林 康次郎, 荻野 悠, 松井 哲平, 和久井 紀貴, 籾山 浩一, 工藤 岳秀, 丸山 憲一, 桧貝 孝慈, 五十嵐 良典, 住野 泰清
Rad Fan   14(15) 72-75   2016年
SorafenibによるBCRP遺伝子調節機構の解析
藤井 翔子、桧貝 孝慈、松尾 和廣、永井 英成
The Liver Cancer Journal   7(4) 80-81   2015年
Sasaki T., Li W., Higai K., Koike K
Bioorg Med Chem Lett   25(9) 1979-1981   2015年   [査読有り]
Sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy for advanced hepatocellular carcinoma with portal vein tumor thrombus
Nagai H, Mukozu T, Ogino YU, Matsui D, Matsui T, Wakui N, Momiyama K, Igarashi Y, Sumino Y, Higai K
Anticancer Res.   35(4) 2269-2277   2015年   [査読有り]
Onoda T., Li W., Higai K, Koike K
BMC Complement Altern Med   20(14) 64-64   2014年   [査読有り]
Sasaki T., Li W., Higai K., Quang T., Kim Y.,2, Koike K.
Planta Medica   80(7) 557-560   2014年   [査読有り]
HepG2細胞を用いたソラフェニブによる5-FU感受性増加機構の解析
桧貝 孝慈、永井 英成
The Liver Cancer Journal   6(2) 120-121   2014年
進行肝細胞癌合併肝硬変症例に対するソラフェニブ投与の肝線維化改善の可能性
松井 太吾、永井 英成、向津 隆規、松井 哲平、荻野 悠、和久井 紀貴、籾山 浩一、篠原 美絵、渡邉 学、石井 耕司、五十嵐 良典、住野 泰清、松尾 和廣、桧貝 孝慈
The Liver Cancer Journal   6(4) 72-73   2014年
低酸素誘導によるDPYD遺伝子発現上昇に対するSorafenibの効果
桧貝 孝慈、永井 英成
The Liver Cancer Journal   6(4) 70-71   2014年
Taniuchi F., Higai K., Tanaka T., Azuma Y.. Matsumoto K.
ScientificWorldJournal   105464(0) 0-0   2013年   [査読有り]
Li W., Li S., Higai K., Sasaki T., Asada Y., Ohshima S., Koike K.
Bioorg Med Chem Lett.   23(21) 5836-5839   2013年   [査読有り]
Protein tyrosine phosphatase 1B inhibitory activities of ursane- and lupane-type triterpenes from Sorbus pohuashanensis
Li D., Li W., Higai K, Koike K
J Nat Med.   0(0) 0-0   2013年   [査読有り]
Ito K., Higai K., Shinoda C., Sakurai M., Yanai K., Azuma Y., Matsumoto K.
Biol. Pharm. Bull.   35(4) 1-7   2012年   [査読有り]
Higai K., Matsumoto K.
Yakugaku Zasshi   132(6) 705-712   2012年   [査読有り]
Higai K, Suzuki C, Imaizumi Y, Xin X, Azuma Y, Matsumoto K
Biological & pharmaceutical bulletin   34(1) 8-12   2011年   [査読有り]
Xin X, Higai K, Imaizumi Y, Suzuki C, Ito K, Itoh A, Matsumoto S, Azuma Y, Matsumoto K
Biological & pharmaceutical bulletin   34(4) 480-485   2011年   [査読有り]
Ito K, Higai K, Sakurai M, Shinoda C, Yanai K, Azuma Y, Matsumoto K
Biochemical and biophysical research communications   406(3) 377-382   2011年   [査読有り]
Higai K., Itoh A., Imaizumi Y., Suzuki C., Xin X., Azuma Y. and Matsumoto K.
The Open Biotechnology Journal   5(0) 14-20   2011年   [査読有り]
Azuma Y, Nakagawa H, Dote K, Higai K and Matsumoto K
Biol. Pharm. Bull.   34(12) 1828-1834   2011年   [査読有り]
NKG2D: Binding Properties for Glycan Ligands, and Mutagenesis Analysis.
Higai K., Matsumoto S.,Kimura M.,Imaizumi Y.,Yanai K., Azuma Y., Matsumoto K.
The Open Biotechnology Journal   5(0) 33-38   2011年   [査読有り]
Sato H, Azuma Y, Higai K, Matsumoto K
Biochimica et biophysica acta   1790(10) 1198-1205   2009年   [査読有り]
Higai K, Tsukada M, Moriya Y, Azuma Y, Matsumoto K
Biochimica et biophysica acta   1790(1) 8-15   2009年   [査読有り]
Higai K, Imaizumi Y, Suzuki C, Azuma Y, Matsumoto K
Biochemical and biophysical research communications   386(4) 709-714   2009年   [査読有り]
Imaizumi Y, Higai K, Suzuki C, Azuma Y, Matsumoto K
Biochemical and biophysical research communications   382(3) 604-608   2009年   [査読有り]
組換え蛋白質:組換え蛋白質の発現と糖鎖修飾」バイオマテリアル -生体材料- 特集「異分野融合のためのバイオマテリアルの基礎PART6
桧貝孝慈、松本宏治郎
バイオマテリアル -生体材料-   27 246-253   2009年
Higai K, Miyazaki N, Azuma Y, Matsumoto K
Glycoconjugate journal   25(3) 225-235   2008年   [査読有り]
Higai K, Satake M, Nishioka H, Azuma Y, Matsumoto K
Biochimica et biophysica acta   1780(2) 307-314   2008年   [査読有り]
Higai K, Sano R, Satake M, Azuma Y, and Matsumoto K
Biol. Pharm. Bull.   30(10) 1833-1837   2007年   [査読有り]
Azuma Y, Sato H, Higai K, and Matsumoto K
Biol. Pharm. Bull.   30(9) 1680-1684   2007年   [査読有り]
Azuma Y, Kurusu Y, Sato H, Higai K, and Matsumoto K
Biol. Pharm. Bull.   30(4) 655-660   2007年   [査読有り]
Higai K, Miyazaki N, Azuma Y and Matsumoto K
FEBS lett.   580(26) 6069-6075   2006年   [査読有り]
Higai K, Ishihara S, and Matsumoto K
Biol. Pharm. Bull.   29(12) 2372-2377   2006年   [査読有り]
Higai K, Ichikawa A, Matsumoto K
Biochim Biophys Acta.   1760(9) 1355-1363   2006年   [査読有り]
Higai K, Aoki Y, Matsumoto K
Biochim Biophys Acta.   1725(1) 128-135   2005年   [査読有り]
Higai K, Azuma Y, Aoki Y, Matsumoto K
Clin Chim Acta   329(1) 117-125   2003年   [査読有り]
Higai K, Shibukawa K, Muto S, Matsumoto K
Anal. Sci.   19(1) 85-92   2003年   [査読有り]
Taniguchi A, Hasegawa Y, Higai K, Matsumoto K
Glycobiology   10(6) 623-628   2000年   [査読有り]
Taniguchi A, Hasegawa Y, Higai K, Matsumoto K
Mol Cell Biol Res Commun   2(3) 197-201   1999年   [査読有り]
Taniguchi A., Higai K., Hasegawa Y., Utsumi K., Matsumoto K.
FEBS Lett   441(2) 191-194   1998年   [査読有り]

書籍等出版物

 
バイオマテリアルの基礎
桧貝 孝慈、松本 宏治郎 (担当:分担執筆, 範囲:5.5 組換え蛋白質:組換え蛋白質の発現と糖鎖修飾)
日本医学館   2010年   

講演・口頭発表等

 
薬剤師が知っておきたい免疫の基礎と治療 [招待有り]
桧貝 孝慈
東邦大学薬学部・薬剤師生涯学習講座   2019年4月21日   
肝細胞癌合併肝硬変症例に対するソラフェニブ投与の肝星細胞抑制の可能性
小林 康次郎、永井 英成、向津 隆規、松井 太吾、天沼 誠、吉峰 尚幸、荻野 悠、 松井 哲平、和久井 紀貴、籾山 浩一、篠原 美絵、桧貝 孝慈、五十嵐 良典
第20回日本肝がん分子標的治療研究会   2019年   
ソラフェニブで加療された肝細胞癌合併肝硬変症例に対するレボカルニチン製剤のサルコペニア抑制効果
天沼 誠、永井 英成、松井 太吾、向津 隆規、小林 康次郎、吉峰 尚幸、荻野 悠、 松井 哲平、和久井 紀貴、篠原 美絵、籾山 浩一、桧貝 孝慈、五十嵐 良典
第20回日本肝がん分子標的治療研究会   2019年   
肝細胞癌に対するレンバチニブ投与における Th1/Th2細胞バランスのバイオマーカーと しての有用性
向津 隆規、永井 英成、松井 太吾、吉峰 尚幸、天沼 誠、小林 康次郎、荻野 悠、 松井 哲平、大道 泰子、和久井 紀貴、籾山 浩一、篠原 美絵、桧貝 孝慈、五十嵐 良典
第20回日本肝がん分子標的治療研究会   2019年   
肝癌細胞株 HepG2細胞における Sorafenib による ST3Gal3発現の変化
剱持 咲、桧貝 孝慈、和久井 紀貴、永井 英成
第20回日本肝がん分子標的治療研究会   2019年   
Sorafenib による NKG2D リガンド ULBP1 発現
桧貝 孝慈 、小林 康次郎、白石 凌、石橋 由花、和久井 紀貴、永井 英成
日本薬学会第139年会   2019年   
当科におけるレンバチニブの使用経験
向津 隆規、永井 英成、松井 太吾、吉峰 尚幸、天沼 誠、小林 康次郎、荻野 悠、松井 哲平、大道 泰子、和久井 紀貴、?山 浩一、篠原 美絵、桧貝孝慈、五十嵐 良典
第19回日本肝がん分子標的治療研究会   2019年   
Sorafenib による NKG2D リガンド ULBP1 発現への影響
小林 康次郎、白石 凌、桧貝 孝慈、和久井 紀貴、永井 英成
第17回日本肝がん分子標的治療研究会   2018年1月13日   
医療用漢方製剤の抗酸化活性
李 巍, 佐藤 直子, 桧貝 孝慈, 竹元 裕明, 小池 一男
第35回和漢医薬学会学術大会   2018年   
進行肝細胞癌治療におけるソラフェニブ血中濃度の意義
向津 隆規、永井 英成、松井 太吾、小林 康次郎、荻野 悠、松井 哲平、和久井 紀貴、大道 泰子、篠原 美絵、?山 浩一、五十嵐 良典、桧貝孝慈
第18回日本肝がん分子標的治療研究会   2018年   
進行肝細胞癌に対する集学的治療における治療奏功例の臨床的特性
向津 隆規, 永井 英成, 松井 太吾, 吉峰 尚幸, 天沼 誠, 小林 康次郎, 荻野 悠, 松清 靖, 松井 哲平, 大道 泰子, 和久井 紀貴, 籾山 浩一, 篠原 美絵, 篠原 正夫, 桧貝 孝慈, 五十嵐 良典
第54回日本肝臓学会総会   2018年   
Natural cytotoxicity receptors (NCRs) の糖鎖リガンドの特異性
白石 凌、伊藤 健一郎、桧貝 孝慈
日本薬学会第138年会   2018年   
分子標的治療薬ソラフェニブによるマクロファージ活性化作用
石橋 由花、小林 康次郎 、桧貝 孝慈 、向津 隆規、和久井 紀貴 、松尾 和廣、永井 英成
第14回東邦大学5学部合同学術集会   2018年   
進行肝細胞癌合併肝硬変症例におけるソラフェニブ血中濃度測定の意義
向津 隆規,松井 太吾, 永井 英成,小林 康次郎, 荻野 悠, 松清 靖, 和久井 紀貴, 篠原 美絵, 籾山 浩一, 五十嵐 良典, 桧貝 孝慈
第21回日本肝臓学会大会   2017年   
進行肝細胞癌合併肝硬変症例に対する分子標的治療薬ソラフェニブの血中カルニチン濃度への影響
松井 太吾, 永井 英成, 向津 隆規, 小林 康次郎, 荻野 悠, 松清 靖, 和久井 紀貴, 篠原 美絵, 籾山 浩一, 五十嵐 良典, 桧貝 孝慈
第21回日本肝臓学会大会   2017年   
椿油粕由来フラボノイド配糖体のAGEs産生阻害活性
佐々木 辰憲, 李 巍, 桧貝 孝慈, 佐藤 直子, 鈴木 敏江, 小池 一男
日本生薬学会第64回年会   2017年   
分子標的治療薬ソラフェニブによるマクロファージ活性化作用
石橋 由花、小林 康次郎 、桧貝 孝慈 、向津 隆規、和久井 紀貴 、松尾 和廣、永井 英成
第16回日本肝がん分子標的治療研究会   2017年   
分子標的薬 Sorafenibの5-FU代謝に対する影響
小林康次郎、桧貝 孝慈、松尾 和廣、和久井 紀貴、永井 英成
第16回日本肝がん分子標的治療研究会   2017年   
cMetを介したシグナル伝達の5-FUの細胞内動態に対する影響
吉武 江奈、小林 康次郎、林 佑樹、桧貝 孝慈、和久井 紀貴、永井 英成
日本薬学会第137年会   2017年   
肝細胞株HepG2細胞におけるEGFR-TKIおよび代謝物による細胞障害と細胞機能制御
高橋 優、大橋 養賢 、桧貝 孝慈
日本薬学会第137年会   2017年   
c-METを介したシグナル伝達の5FUの細胞内動態に対する影響(
小林 康次郎 、吉武 江奈、林 佑樹、桧貝 孝慈 、和久井 紀貴 、永井 英成
第13回東邦大学4学部合同学術集会   2016年   
医療用漢方製剤147処方の抗酸化活性に関する研究
竹内 未央、佐藤 直子、小野田 稔久、桧貝 孝慈、李 巍、小池 一男
日本生薬学会第63回年会   2016年   
分子標的治療薬ソラフェニブの Kupffer 細胞活性化の可能性
向津 隆規、永井 英成、松井 太吾、小林 康次郎、荻野 悠、松清 靖、松井 哲平、和久井 紀貴、籾山 浩一、五十嵐 良典、住野 泰清、松尾 和廣、桧貝 孝慈
第13回日本肝がん分子標的治療研究会   2016年   
第52回日本肝癌研究会
永井 英成,松井 太吾,向津 隆規,小林 康次郎,荻野 悠,和久井 紀貴,籾山浩一,篠原 美絵,五十嵐 良典,住野 泰清,松尾 和廣,桧貝 孝慈
第52回日本肝癌研究会   2016年   
ソラフェニブのRaf/MEK/MAPK経路非依存的なHNF-4αに対する制御
川島 智実、坂内 良規、桧貝 孝慈、松尾 和廣、和久井 紀貴、永井 英成
第14回日本肝がん分子標的治療研究会   2016年   
進行肝細胞癌合併肝硬変症例に対するソラフェニブ投与の肝線維化活性抑制効果
松井 太吾,永井 英成,向津 隆規,小林 康次郎,荻野 悠,松井 哲平,和久井紀貴,籾山 浩一,篠原 美絵,五十嵐 良典,住野 泰清,松尾 和廣,桧貝 孝慈
第52回日本肝癌研究会   2016年   
進行肝細胞癌合併肝硬変症例に対するソラフェニブ投与の肝星細胞の抑制効果
松井 太吾,永井 英成,向津 隆規,小林 康次郎,荻野 悠,松井 哲平,和久井紀貴,籾山 浩一,篠原 美絵,五十嵐 良典,住野 泰清,松尾 和廣,桧貝 孝慈
第14回日本肝がん分子標的治療研究会   2016年   
NK細胞のIL-2刺激によるCD94-NKG2A発現様式の解析
五十部 美穂、守屋 恵梨、伊藤 健一郎、桧貝 孝慈
日本薬学会第136年会   2016年   
SorafenibによるBCRP遺伝子調節機構の解析
藤井 翔子、松井 睦、桧貝 孝慈、松尾 和廣、永井 英成
日本薬学会第136年会   2016年   
Sorafenib投与肝細胞がん患者における血清中Sorafenib濃度の測定
坂内 良規、堀江 熙妃、松井 睦、大財 ゆい、松尾 和廣、桧貝 孝慈、永井 英成
日本薬学会第136年会   2016年   
SorafenibによるAlbuminの発現抑制機構の解析
川島 智実、坂内 良規、松本 洸希、桧貝 孝慈、 松尾 和廣、永井 英成
日本薬学会第136年会   2016年   
Molecular target drug (Sorafenib) might cause the activation of Kupffer cell.
Mukozu T, Nagai H, Matsui D, Kobayashi K, Matsui T, Wakui N, Momiyama K, Shinohara M, Sumino Y, Higai K
25th Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)   2016年   
進行肝細胞癌合併肝硬変症例に対するソラフェニブ投与の肝線維化活性の抑制
松井 太吾、永井 英成、向津 隆規、小林 康次郎、荻野 悠、松井 哲平、和久井 紀貴、籾山 浩一、 篠原 美絵、五十嵐 良典、住野 泰清、松尾 和廣、桧貝 孝慈
第13回日本肝がん分子標的治療研究会   2016年   
「新たながん分子標的療法の開発に向けて」進行肝細胞癌に対する分子標的治療薬 sorafenib
桧貝 孝慈
第146回東邦医学会例会   2015年6月19日   
肝がんの薬物治療戦略における分子標的治療薬ソラフェニブの新たな作用 [招待有り]
桧貝 孝慈
第9回細胞工学研究会   2015年5月19日   
肝細胞がん患者におけるソラフェニブによる手足症候群に関する検討
高岡 結佳、松尾 和廣、柳野 紗智子、有田 仁紀、佐々木 英久、渡辺 和美、小園 幸輝、疋田 真理、小杉 隆祥、西澤 健司、桧貝 孝慈、永井 英成、吉尾 隆
医療薬学フォーラム2015   2015年   
SorafenibによるBCRP遺伝子調節機構の解析
藤井 翔子、松井 睦、桧貝 孝慈、松尾 和廣、永井 英成
第12回日本肝がん分子標的治療研究会   2015年   
進行肝細胞癌合併肝硬変症例に対するソラフェニブ投与の感線維化活性の抑制と肝実質血流の改善作用
小林 康次朗、永井 英成、松井 太吾、向津 隆規、和久井 紀貴、五十嵐 良典、住野 泰清、松尾 和廣、桧貝 孝慈
第12回日本肝がん分子標的治療研究会   2015年   
分子標的薬ソラフェニブのKupfer細胞活性化の可能性
向津 隆規、永井 英成、松井 太吾、小林 康次朗、荻野 悠、松清 哲平、和久井 紀貴、籾山 浩一、五十嵐 良典、住野 泰清、松尾 和廣、桧貝 孝慈
第12回日本肝がん分子標的治療研究会   2015年   
進行肝細胞癌にたいするFP療法を中心としたソラフェニブ前投与の有用性
永井 英成、向津 隆規、松井 太吾、荻野 悠、松井 哲平、和久井 紀貴、籾山 浩一、五十嵐 良典、住野 泰清、松尾 和廣、桧貝 孝慈
第12回日本肝がん分子標的治療研究会   2015年   
分子標的治療薬ソラフェニブの肝線維化改善作用の可能性(
松井 太吾, 永井 英成, 向津 隆規, 和久井 紀貴, 篠原 美絵, 籾山 浩一, 住野 泰清, 工藤 岳秀, 丸山 憲一, 桧貝 孝慈
日本超音波医学会第89回学術総会   2015年   
分子標的治療薬ソラフェニブの Kupffer 細胞活性化の可能性
向津 隆規, 永井 英成, 松井 太吾, 和久井 紀貴, 籾山 浩一, 篠原 美絵, 住野 泰清, 工藤 岳秀, 丸山 憲一, 桧貝 孝慈
日本超音波医学会第88回学術総会   2015年   
進行肝細胞癌合併肝硬変症例に対するソラフェニブ投与の肝障害度と肝線維化への影響
松井 太吾, 永井 英成, 向津 隆規, 松井 哲平, 荻野 悠, 和久井 紀貴, 籾山 浩一, 篠原 美絵, 石井 耕司, 五十嵐 良典, 住野 泰清, 松尾 和廣, 桧貝 孝慈
第101回日本消化器病学会総会   2015年   
HIF-1α誘導刺激による DPYD 遺伝子発現上昇に対する Sorafenib の効果
桧貝 孝慈、加藤 由紀、松本 洸希、松尾 和廣、多田 周右、永井 英成
第135回日本薬学会年会   2015年   
5-FUによる肝線維化増悪因子TGFβ1の発現制御とSorafenibの効果
松井 睦、和田 美希、桧貝 孝慈、 松尾 和廣、柳内 和幸、多田 周右、永井 英成
第135回日本薬学会年会   2015年   
進行肝細胞癌合併肝硬変症例に対するソラフェニブ投与の肝線維化と門脈血流改善の可能性
松井 太吾、永井 英成、向津 隆規、荻野 悠、松井 哲平、和久井 紀貴、籾山 浩一、篠原 美絵、五十嵐 良典、住野 泰清、松尾 和廣、桧貝 孝慈
第11回日本肝がん分子標的治療研究会   2015年   
5-FUによる肝線維化増悪因子TGF?1の発現制御とSorafenibの効果
和田 美希、松井 睦、桧貝 孝慈、松尾 和廣、柳内 和幸、多田周右、永井 英成
第11回日本肝がん分子標的治療研究会   2015年   
Canthinone alkaloids as novel protein tyrosine phosphatase 1B inhibitors
Sasaki T., Li W., Higai K., Koike K.
28th International Symposium on the Chemistry of Natural Products   2014年   
抗がん剤処理による小胞体タンパク質の細胞膜への移行とその機構
東 祐太郎、鈴木 賢一、桧貝 孝慈
第54回日本臨床化学会年次学術集会   2014年   
NK細胞における NCR2遺伝子の転写調節制御
川名 真代、伊藤健一郎、桧貝 孝慈、松本 宏治郎、多田 周右
第58回日本薬学会関東支部大会   2014年   
HIF-1α誘導によるDPYD遺伝子発現上昇に対するSorafenibの効果
加藤 由紀、桧貝 孝慈、松尾 和廣、永井 英成、多田 周右
第60回日本薬学会関東支部大会   2014年   
甘草由来化合物LicoagroauroneのNF?B阻害作用の解析
根本 梨瑛、桧貝 孝慈 、李 巍 、小池 一男 、多田 周右
第59回日本薬学会関東支部大会   2014年   
進行肝細胞癌に対する集学的治療におけるソラフェニブ投与後の治療選択
永井 英成、荻野 悠、佐藤 綾、松井 太吾、松清 靖、向津 隆規、高亀 道生、松井 哲平、金山 政洋、大道 泰子、和久井 紀貴、籾山 浩一、篠原 美絵、池原 孝、篠原 正夫、渡邉 学、石井 耕司、五十嵐 良典、住野 泰清、桧貝 孝慈
第50回日本肝癌研究会   2014年   
進行肝細胞癌合併肝硬変症例に対するソラフェニブ投与の肝線維化改善の可能性
松井 太吾、永井 英成、松井 哲平、荻野 悠、向津 隆規、和久井 紀貴、籾山 浩一、篠原 美絵、石井 耕司、五十嵐 良典、住野 泰清、松尾 和廣、桧貝 孝慈
第50回日本肝癌研究会   2014年   
ニガキ科アルカロイドのプロテインチロシンホスファターゼ 1B 阻害活性
佐々木 辰憲、李 巍、桧貝 孝慈、小池 一男
第134回日本薬学会年会   2014年   
アポトーシスによる Lewis 型糖鎖抗原増加に関与するフコース転移酵素
東 祐太郎、木川 富己香、桧貝 孝慈、小林 芳郎
第134回日本薬学会年会   2014年   
HepG2細胞を用いたSorafenibによる5-FU感受性増加機構の解析
桧貝 孝慈、大塚 成美、田中 裕子、加藤 由紀、柳内 和幸、永井 英成
第134回日本薬学会年会   2014年   
肝がん細胞株HepG2細胞におけるSorafenibによる5-FU感受性増加機構の解析
桧貝 孝慈、大塚 成美、田中 裕子、柳内 和幸、永井 英成
第36回日本分子生物学会   2013年   
苦参由来フラボノイドの PTP1B 阻害活性について
佐々木 辰憲、李 巍、桧貝 孝慈、小池 一男、Tran Hong, Quang、Young Ho, Kim
日本生薬学会第60回年会   2013年   
Sorafenib enhances sensibility against 5-fluorouracil in Hepatocellular carcinoma cell lines HepG2 via decreased expression of dihydropyrimidine dehydrogenase gene.
桧貝 孝慈、大塚 成美、 田中 裕子、 柳内 和幸、 永井 英成
第86回日本生化学会大会   2013年   
抗がん剤による小胞体ス トレス とcaspaseの活性化 を介 した calreticulinの細胞表面 における増加
東 祐太郎、鈴木 賢一、桧貝 孝慈、松本 宏治郎
第133回日本薬学会年会   2013年   
大腸癌細胞におけるFUTI遺伝子の転写調節
桧貝 孝慈、谷内 富美子、田中 智美、東 祐太郎、松本 宏治郎
第133回日本薬学会年会   2013年   
Killer Lectin-like Receptors(KLRs)の糖鎖 リガン ド特異性
今泉 雄三、小松 由佳、桧貝 孝慈,東 祐太郎、松本 宏治郎
第133回日本薬学会年会   2013年   
Naturalcytotoxicityreceptors(NCRs)の糖鎖リガンド特異性
伊藤 健一郎、高橋 真美子、桧貝 孝慈、東 祐太郎、吉田 直弘、松本 宏治郎
第133回日本薬学会年会   2013年   
遺伝子診断 〜ゲノム情報の創薬・治療への応用〜 [招待有り]
桧貝 孝慈
平成24年度日本医薬品卸勤務薬剤師会 千葉県支部 教育研修管理者継続研修会   2012年10月   
Killer lectin-like receptorおよびNatural cytotoxicity triggering receptorsの糖鎖リガンド特異性 [招待有り]
桧貝 孝慈
第6回QCM研究会   2012年8月   
NCRsの糖鎖リガンドの解析
伊藤 健一郎、篠田 千尋、桧貝 孝慈、松本 宏治郎
第85回日本生化学会大会   2012年   
大腸がん細胞におけるFUT I遺伝子の転写調節
谷内 富美子、桧貝 孝慈、松本 宏治郎
第31回日本糖質学会   2012年   
アポトーシスによる細胞の断片化と放出を介した細胞表面タンパクの減少
東 祐太郎、杉山 奈穂、小寺 彩子、土手 香苗、桧貝 孝慈、松本 宏治郎
第132回日本生化学会大会   2012年   
Killer Lectin ReceptorおよびNatural Cytotoxicity Receptorの糖鎖リガンド特異性
桧貝 孝慈、松本 宏治郎
第131回日本薬学会年会   2011年3月   
キラーレクチン様受容体の糖鎖リガンドの解析
桧貝 孝慈、今泉 雄三 、Xin Xin 、松本 早代 、伊藤 あゆみ 、木村 恵、柳内 和幸 、東 祐太郎 、松本 宏治郎
第84回日本生化学会大会   2011年   
NCRsの糖鎖リガンドの解析
篠田 千尋、桧貝 孝慈、伊藤 健一郎、櫻井 瑞葉、柳内 和幸、東 祐太郎、松本 宏治郎
第84回日本生化学会大会   2011年   
NKG2AおよびCの多分岐シアル酸およびヘパリンへの結合
Xin Xin、桧貝 孝慈、東 祐太郎、松本 宏治郎
第82回日本生化学会大会   2010年   
NKG2Dの多分岐シアル酸、GAGおよび硫酸化多糖類への結合
松本 早代、木村 恵、今泉 雄三、桧貝 孝慈、柳内 和幸、東 祐太郎、松本 宏治郎
第82回日本生化学会大会   2010年   
CD94の多分岐シアル酸、GAGおよび硫酸化多糖類への結合
伊藤 あゆみ、今泉 雄三、桧貝 孝慈、東 祐太郎、松本 宏治郎
第82回日本生化学会大会   2010年   
NCR2およびNCR3の糖鎖リガンドの解析
松本 宏治郎、伊藤 健一郎、篠田 千尋、桧貝 孝慈、東 祐太郎
第82回日本生化学会大会   2010年   
NCR1の糖鎖リガンドの解析
櫻井 瑞葉、伊藤 健一郎、桧貝 孝慈、柳内 和幸 、東 祐太郎 、松本 宏治郎
第82回日本生化学会大会   2010年   
NKG2D and CD94 bind to multimeric ?2,3-linked N-acetylneuraminic acids
Imaizumi Y, Higai K, Suzuki C, Azuma Y, Matsumoto K
The 25th International Carbohydrate Symposium   2010年   
NKG2D and CD94 bind to heparin and sulfate-containing polysaccharides
Higai K, Imaizumi Y, Suzuki C, Azuma Y, Matsumoto K
The 25th International Carbohydrate Symposium   2010年   
Natural cytotoxicity receptors のsialyl Lewis Xとの結合性
桧貝 孝慈,伊藤 健一郎,東 祐太郎,松本 宏次郎
第130回日本薬学会年会   2010年   
大腸がん細胞中fucosyltransferase I 遺伝子の転写調節機構
松本 宏治郎,田中 智美,桧貝 孝慈,東 祐太郎
第130回日本薬学会年会   2010年   
NKG2D and CD94 bind to multimeric α2,3-linked N-acetylneuraminic acid.
桧貝 孝慈、今泉 雄三、鈴木 千穂、東 祐太郎、松本 宏治郎
第81回日本生化学会大会   2009年   
NKG2D and CD94 bind to heparin and sulfate-containing polysaccharides.
鈴木 千穂、今泉 雄三、桧貝 孝慈、東 祐太郎、松本 宏治郎
第81回日本生化学会大会   2009年   
NKG2A and NKG2C bind to multimeric N-acetylneuraminic acid and heparin.
Xin Xin, 鈴木 千穂、桧貝 孝慈、東 祐太郎、松本 宏治郎
第29回日本糖質学会年会   2009年   
Glycan ligands of NKG2A and NKG2C
Xin X, Suzuki C, Higai K, Azuma Y, Matsumoto K
The 6th Seminar on Biomedical Sciences.   2009年   
NKG2D およびCD94の多分岐?2,3-シアル酸への結合
今泉 雄三、鈴木 千穂、伊藤 あゆみ、桧貝 孝慈、東 祐太郎、松本 宏治郎
第129回日本薬学会年会   2009年   
アポトーシスに伴う細胞表面の糖タンパク質発現量低下に対するメタロプロテアーゼとカスパーゼの関与
佐藤 洋隆、中川 英明、東 祐太郎、桧貝 孝慈、松本 宏治郎
第129回日本薬学会年会   2009年   
アポトーシス誘発による細胞表面糖タンパク質発現の変化
東 祐太郎、佐藤 洋隆、中川 英明、桧貝 孝慈、松本 宏治郎
第129回日本薬学会年会   2009年   
DNAメチル化による糖転移酵素発現制御機構
桧貝 孝慈、田中 智美、中村 香、金内 麻美、東 祐太郎、松本 宏治郎
第129回日本薬学会年会   2009年   
High glucose-induced enhancement of apoptosis in Jurkat cells through down-regulation of Bcl-2 expression by accumulation of ICER II
Azuma Y., Shiratori Y., Kuwabara T., Tsukada M., Higai K., Matsumoto K.
第81回日本生化学会大会・第31回日本分子生物学会年会合同大会   2008年   
Alteration of cell surface glycoprotein expression during etoposide-induced Jurkat cell apoptosis
Sato H., Higai K., Azuma Y., Matsumoto K
第81回日本生化学会大会・第31回日本分子生物学会年会合同大会   2008年   
NKG2D mediates cytotoxicity against high sialyl Lewis X-expresing cells.
Higai K., Imaizumi Y., Azuma Y, Matsumoto K
第81回日本生化学会大会・第31回日本分子生物学会年会合同大会   2008年   
Prolonged high glucose suppresses phorbol 12-myristate 13-acetate and ionomycin-induced interleukin-2 mRNA expression in Jurkat cells
Matsumoto K., Tsukada M., Moriya Y., Azuma Y., Higai K.
第81回日本生化学会大会・第31回日本分子生物学会年会合同大会   2008年   
NKG2D糖鎖リガンドの解析
今泉 雄三、楠原 彬子、桧貝 孝慈、東 祐太郎、松本 宏治郎
第128回日本薬学会年会   2008年   
ヒトアルブミンの前期および後期糖化反応生成物によるU937細胞由来マクロファージ様細胞中MIP-1遺伝子発
桧貝 孝慈、佐竹 みさき、西岡 はるか、東 祐太郎、松本 宏治郎
第128回日本薬学会年会   2008年   
高Glucose培養Jurkat細胞のPMA/Ionomycin刺激によるIL-2遺伝子発現抑制(
松本 宏治郎、塚田 正敏、守屋 裕美子、桧貝 孝慈、東 祐太郎
第128回日本薬学会年会   2008年   
Suppression of IL-2 mRNA expression stimulated with PMA and Ionomycin in high glucose-treated Jurkat cells
Tsukada M., Moriya Y., Higai K., Azuma Y., Matsumoto K.
BMB;Biochemistry and Molecular biology 2007   2007年   
Glycated human serum albumin enhances macrophage inflammatory protein mRNA expression in macrophage-like differentiated U937 cells.
Satake M., Nishioka H., Higai K., Azuma Y., Matsumoto K.
BMB;Biochemistry and Molecular biology 2007   2007年   
Transcriptional regulation of FUT VI in human hepatocellular carcinoma HepG2 cells.
Higai K, Miyazaki N, Matsumoto K
BMB;Biochemistry and Molecular biology 2007   2007年   
FUT IV mRNA発現制御におけるnovel PKCsとcaspase-3の関与
佐藤 洋隆、桧貝 孝慈、東 祐太郎、松本 宏治郎
第127回日本薬学会年   2007年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 桧貝孝慈
「がん細胞をやっつけろ!〜遺伝子検査でがんの性格診断!?〜」
文部科学省: ひらめき☆ときめき サイエンス 〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 桧貝孝慈
がん治療の副作用を克服するための漢方薬の活用に関する基礎科学的研究
東邦大学: 共同研究助成
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 李 巍
「がん細胞の性格診断!?〜遺伝子検査でオーダーメード医療を体験!〜」
文部科学省: ひらめき☆ときめき サイエンス 〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 桧貝孝慈
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 桧貝孝慈
ソラフェニブによる5-fluorouracil感受性増強メカニズムと抗腫瘍効果
東邦大学: 学内共同研究
研究期間: 2013年 - 2013年    代表者: 桧貝孝慈
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 桧貝孝慈
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 桧貝孝慈
糖化アルブミンによる炎症誘発性サイトカインMIP-1?遺伝子発現に及ぼすリガンド構造およびその受容体の解析
東邦大学: 奨励研究補助金
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 桧貝孝慈
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 桧貝孝慈
NK細胞上のKiller Lectin-like Receptors(KLRs:NKG2A,C,D,CD94)およびNatural Cytotoxicity Receptors(NCR 1,2,3)に着目し、組換えタンパク質とその変異体を作成し、これらの分子の糖鎖結合特性や結合親和性の解析を行った結果、sialyl lewis Xやグルコサミノグリカン、硫酸化多糖類に対する結合を見出した。
老化関連疾患における生体高分子異常の分子機構と予防・治療:加齢による生体高分子異常の分子機構とその制御
文部科学省: 文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業
研究期間: 2005年 - 2010年    代表者: 松本 宏治郎
タンパク質のポストトランスレーショナル修飾の加齢変化とその生体機能に対する影響
大学院整備重点化経費
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 高橋良哉
シアリルルイスXの生合成調節機構の解明とNK細胞機能制御
東邦大学: 額田奨学金
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 桧貝孝慈
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 檜貝孝慈
初めに、sLeX合成関連糖転移酵素群のFUT VIの遺伝子発現制御機構を転写レベルで解析し、転写開始点およびHNF-4αがFUT VIの発現に重要であることを明らかにした。つぎに、sLeXの生体内免疫応答への関与を、NK細胞上のCD94およびNKG2Dに着目し、その糖鎖リガンドを明らかにした。本研究により、NK細胞上のCD94およびNKG2DがsLeX様の糖鎖を認識し、がん細胞の増殖を抑制することが考えられた。
老化および糖尿病で生じる異常タンパク質が細胞機能に与える影響
大学院整備重点化経費
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 後藤 佐多良
糖鎖によるNK細胞傷害活性の制御機構
東邦大学: 奨励研究補助金
研究期間: 2005年 - 2005年    代表者: 桧貝孝慈
タンパク質の非生理的翻訳後修飾が生理機能に与える影響:老化と病態
大学院整備重点化経費
研究期間: 2005年 - 2005年    代表者: 松本宏治郎
Glycated albuminの効果
研究期間: 2001年 - 2005年
糖鎖によるNK細胞機能
研究期間: 2002年 - 2004年
炎症患者血清中α1-acid glycoprotein上の糖鎖構造解析
東邦大学: 共同研究補助金
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 桧貝孝慈