三野 豊浩

J-GLOBALへ         更新日: 11/02/16 00:00
 
アバター
研究者氏名
三野 豊浩
 
ミノ トヨヒロ
所属
愛知大学
部署
文学部 中国語中国文学専攻
職名
教授
学位
文学修士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1997年
東京大学 人文科学研究科 アジア文化研究
 
 
 - 
1989年
東京大学 文学部 中国語・中国文学
 

Misc

 
成都における陸游と范成大の交流
日本中国学会報   (48)    1996年
雨の詩人 陸放翁
愛知大学文学論叢   (116)    1998年
淳煕五年の陸游・范成大・楊万里
愛知大学文学論叢   (118)    1999年
范成大と楊万里の詩歌の応酬
愛知大学文学論叢   (120)    1999年
陸游と楊万里の詩歌の応酬(上)
愛知大学文学論叢   (121)    2000年

書籍等出版物

 
宋詩選注1(共著)
平凡社東洋文庫   2004年   
宋詩選注2(共著)
平凡社東洋文庫   2004年   
宋詩選注3(共著)
平凡社東洋文庫   2004年   
宋詩選注4(共著)
平凡社東洋文庫   2005年   
一海知義の漢詩道場(共著)
岩波書店   2004年   ISBN:4000221396

講演・口頭発表等

 
南宋三大家 陸游・范成大・楊万里の交友について
第2回宋代文学研究談話会   1998年   
陸游「六月十四日宿東林寺」浅釈
中日古典文学曁書法教育比較研究学術研討会   2001年   
陸游在黄州回憶的蘇軾
蘇軾去世900周年曁中国第十三届蘇軾学術研討会   2001年   
陸游の六言絶句について
第6回宋代文学研究談話会   2002年   
陸游と范成大の交流
読游会十周年記念の会公開講演会   2003年   

Works

 
岡崎市民講座「漢詩にみる人生」講師担当
2001年
名古屋中日文化センター「中国の名言あれこれ」講師担当
2006年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
中国古典文学、特に宋代の詩詞 南宋の文人たちの交流関係
研究期間: 1995年   
南宋の陸游を中心として、宋代の詩人文人たちの作品を読解、紹介する各種の研究活動に従事。