具 然和

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 10:56
 
アバター
研究者氏名
具 然和
 
グ ヨンフア
eメール
gu.yjunshin-u.ac.jp
URL
http://gulaboratory.web.fc2.com/index.htm
所属
純真学園大学
部署
Graduate School of Health Science
職名
教授
学位
Health Science博士(東京大学)
その他の所属
Department of Radiological Science

プロフィール

最終学歴
平成元年4月
  東京大学大学院医学系研究科  
  放射線健康管理学教室修士課程入学
平成3年3月
   東京大学大学院医学系研究科
   放射線健康管理学教室修士課程修了
   保健学修士の学位授与(医修第377号東京大学)
平成4年10月 :
   東京大学大学院医学系研究科
   放射線健康管理学教室博士課程入学
平成7年9月
   東京大学大学院医学系研究科
   放射線健康管理学教室博士課程修了
   保健学博士の学位授与(医博第1055号東京大学)
職歴
平成4年3月-9月, 平成7年10月-平成8年3月
  東京大学医学部 客員研究員
平成8年3月-9年2月
  Seoul保健大学放射線科 外来教授
平成8年3月-8年9月
  Catholic大学医学部付属医科学研究所 研究員
平成8年5月-9年3月
  韓国保健福祉部(厚生省:保健医療技術研究企画評価団)責任研究員
平成9年4月~平成17年3月
  鈴鹿医療科学大学保健衛生学部助教授
平成10年4月~平成17年3月
  鈴鹿医療科学大学大学院 保健衛生学研究科助教授
平成17年3月~現在
  ソウルカトリック大学医学部腫瘍放射線科客員教授
平成17年4月~平成24年3月
  鈴鹿医療科学大学保健衛生学部教授
平成17年4月~平成24年3月
  鈴鹿医療科学大学大学院保健衛生学研究科教授
平成22年4月~現在
  韓国国立慶尚大学医学部腫瘍放射線科客員教授
平成24年3月~現在
  純真学園大学大学院保健医療学研究科・保健医療学部放射線技術科学科教授(国際交流委員長)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
純真学園大学保健医療学部放射線技術科学科 教授
 
 
   
 
平成17年4月~平成24年3月 鈴鹿医療科学大学保健衛生学部 教授 教授
 
 
   
 
平成16年4月~現在 韓国ソウルカトリック大学医学部治療放射線学科 客員教授
 
 
   
 
平成10年4月~平成17年3月 鈴鹿医療科学大学大学院 医療画像学研究科 助教授
 
 
   
 
平成9年4月~平成17年3月 鈴鹿医療科学大学保健衛生学部 助教授
 
 
   
 
平成8年5月-9年3月 保健医療技術研究企画評価団 責任研究員
 
 
   
 
平成8年3月-8年9月 Catholic大学医学部付属医科学研究所 研究員
 
 
   
 
平成8年3月-9年2月 Seoul保健大学放射線科 外来教授
 
 
   
 
平成4年3月-9月, 平成7年10月-平成8年3月東京大学医学部 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1995年
東京大学 医学系研究科 健康科学
 

委員歴

 
2018年7月
 - 
現在
New Food Industry Editor
 
2018年6月
 - 
現在
Current Analysis on Biotechnology Editor
 
2018年6月
 - 
現在
Journal of Ecotoxicology and Ecobiology Editor
 
2002年3月
 - 
現在
Journal of Oriental Medicine Editor
 
2006年7月
 - 
2008年3月
Journal of Radiation Research Editor (06.7.-08-03)
 

受賞

 
2013年3月
Journal of Medicine and Boology Award
 
2005年9月
International congress of Oriental Medicine Award
 
2011年6月
滋賀県放射線技師会 滋賀県放射線技師会(創立60周年記念)表彰
 
1997年3月
韓国保健福祉部(厚生省) 韓国保健福祉部(厚生省)功労賞
 

Misc

 
Subchronic oral dose toxicity study of Enterococcus Faecalis 2001(EF 2001) in mice.
Yeun-Hwa Gu,Takenori Yamasita, Ki-Mun Kang
Toxi. Res.,34(1).55-63. 2018.   34(1) 55-63   2018年1月   [査読有り][依頼有り]
Pharmaceutical Production of Anti-tumor and Immune-potentiating Enterococcus faecalis-2001 β-glucans: Enhanced Activity of Macrophage and Lymphocytes in Tumor-implanted Mice.
Yeun-Hwa Gu, Hyunju Choi, Takenori Yamashita, Ki-Mun Kang
Current Pharmaceutical Biotechnology,18(8),653-661.2017.   18(8) 653-661   2017年11月   [査読有り][依頼有り]
Effect of Radiation on the Expression of Taurine Transporter in the Intestine of Mouse.
Yamashita T, Kato T, Tunekawa M, Gu Y, Wang S, Ma N
975 729-740   2017年7月   [査読有り][依頼有り]
Improves Memory Function in a Mice Model of Alzheimer’s Disease in Histological Changes in the Brain Hippocampus and Secretion of Hormones of the Brain by Hydrogen-rich Saline Administration.
Yeun-Hwa Gu, Jeong-Hee Cho, Beong-Gyu Yoo, Keichi Bamen, Ki-Mun Kang
J. Int. WK Cul., 4(1), 73-93, 2014.(ISBN2234-6228)   4(1) 73-93   2014年3月   [査読有り][依頼有り]
Radioprotective and Antitumor Effects of Enterococcus Faecalis in Mice.
Yeun-Hwa Gu, Masahiro Iwasa, Kazumasa Kobayashi, Jeong-Hee Cho,Beong-Gyu Yoo, Ki-Mun Kang
J. Int. WK Cul.   3(1) 77-86   2013年5月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
診療放射線技師のための放射線安全管理学
具 然和 (担当:共著)
Jin Young出版社, ISBN:978-89-5781-586-1   2018年1月   
診療放射線技師のための放射線生物学
具 然和 (担当:共著)
Jin Young出版社, ISBN:978-89-5781-585-4   2017年12月   
放射線腫瘍学Notebook
具 然和 (担当:共著)
SK出版社   2016年2月   
新・医用放射線技術実験―基礎編
具 然和 (担当:共著, 範囲:第3版)
共立出版社 (ISBN: 978-4-320-06181-1)   2015年2月   
Radiation management
具 然和
JMK出版社 (ISBN: 979-11-85210-32-2)   2015年2月   
核心放射線生物学
具 然和
JMK出版社 (ISBN: 979-11-85210-37-7)   2015年1月   
最新放射線生物学
具 然和
大成出版社   2012年2月   
医療のための放射線管理学
具 然和
大成出版社   2012年1月   
放射線管理学
具 然和
JMK出版社   2015年1月   
放射線被ばく危険度チェック
具 然和
情報センター出版局   2011年11月   
がん患者はがんでは死なない
具 然和 (担当:監修)
情報センター出版局   2011年10月   
放射線安全管理学
図書出版 (株)理想書林   2009年   ISBN:978-4-902033-21-6
Molecular Mechanisms of Xeroderma pigmentosum; Animal models of Xeroderma pigmentosum
Landes Bioscience and Springer Science, U.K.   2008年   
キノコの宝石「チャーガ」 
図書出版 Human Wings   2006年   
キャッツクローの抗がん作用および免疫増強作用に関する研究
FOOD STYLE 21, 食品化学新聞社   2006年   
チャーガ(Fuscoporia obliqua)の生理活性
図書出版 Human Wings   2005年   
放射線影響と放射線防護, 放射線による生物影響, 生命と放射線, 天然物質による放射線防護研究の現状
原子力百科事典(ATOMICA),187-195, (財)高度情報科学技術研究機構   2005年   
チャーガの効果  (-がん、糖尿病、抗がん剤の副作用防止、放射線治療副作用防止のための必須書-)
(株)理想書林   2004年   
老化と成長ホルモン
(株)わかさ出版   2004年   
最新放射線安全管理学
図書出版 (株)理想書林   2004年   

講演・口頭発表等

 
Body temperature normal improvement effect of blood flow and anti-oxidant effect for carbonate, hydrogen and micro-bubbles of thefull bath. [招待有り]
具 然和
The 7th Asian Congress of Hyperthermic Oncology (ACHO).   2018年5月23日   
Effect of Vitamin E on immune system and tumor growth during radiotherapy. [招待有り]
具 然和
The 5th Asian and Oceanic Congress for Radiation Protection   2018年5月20日   
Yeun-Hwa GU. Activation of Immunological Activity and Anti-tumor Effects by Mild Hyperthermia. Korean Society of Thermal Medicine (KSTM). 2017.04.29, Seoul (COEX conference room 402), Korea. [招待有り]
具 然和
Korean Society of Thermal Medicine (KSTM).   2017年4月29日   
Effects of Taurine on the Expression of Taurine and Taurine Transporterin the Kidney of Mouse with Radiation Exposure.
具 然和
The 21th International Taurine Meeting“Taurine and Brain Health”   2016年5月26日   
Damage of radioprotection and antitumoreffects of Enteroccous Facalis 2001.
具 然和
15th International Congress of Radiation Research (ICRR 2015)   2015年5月25日   

Works

 
静磁場による織組血流の上昇
1998年
麻酔剤(ペントバルビタール)の温度効果に対する影響
1998年
放射線によるマウス催奇形性に対するプロポリスの放射線防護効果の検討
1998年
ICRmiceの器官形成期におけるMRIと放射線が及ぼす外表奇形及び骨格奇形の影響
1998年
宇宙放射線に対する マウスの胎児への影響(財)日本宇宙フォラーム研究1
2000年

競争的資金等の研究課題

 
マウスの着床前期の胎仔に対する放射線影響の研究
指定研究
研究期間: 1997年 - 2000年
マウスの胎児の器官形成期におけるMRI及び放射線共同効果に関する研究
放射線と超音波に対するマウスの血液及び胎児奇形に関する影響の研究
The aphrodisiac effect of mice change by Lepidium meyenii Walp, Jatropha macrantha and Epimedium koreanum
受託研究
研究期間: 1998年 - 2005年
住宅環境におけるNK細胞の活性度及びIgE、IgGに関する研究る研究
共同研究
研究期間: 1999年 - 2001年

特許

 
医療・健康機器開発
3916993号
抗更年期障害剤開発
10-0813619号
免疫賦活剤開発
特許出願2006-197446/特開2008-000121
抗糖尿剤開発
特許出願2006-258076/特開2008-074796
抗疲労剤開発
特許出願2007-082940/特開2008-237117

社会貢献活動

 
Journal of Ecotoxicology and Ecobiology Editor
【編集】  2018年6月
Current Analysis on Biotechnology Editor
【編集】  2018年6月
New Food Industry Editor
【編集】  2008年7月1日
Journal of Radiation Research Editor
【編集】  2006年7月 - 2008年3月
韓国超音波がん治療(HIFU)学会
【編集】  2005年3月1日