西村 弓

J-GLOBALへ         更新日: 11/12/26 22:50
 
アバター
研究者氏名
西村 弓
 
ニシムラ ユミ
所属
東京大学
部署
大学院総合文化研究科 国際社会科学専攻
職名
准教授
学位
博士(学術)(東京大学)

研究分野

 
 

論文

 
Sources of the obligation
J. Crawford, A. Pellet and S. Olleson eds., Oxford Commentaries on International Law: The Law of International Responsibility (OUP)   365-369   2010年   [招待有り]
投資紛争における行為の国家への帰属
西村 弓
小寺彰 編著『国際投資協定―—仲裁による法的保護』(三省堂)   175-195   2010年   [招待有り]
海洋紛争と国際裁判
西村 弓
国際問題      2010年   [招待有り]
外国船舶に対する執行管轄権行使に伴う国家の責任
西村 弓
山本草二 編集代表『海上保安法制:海洋法と国内法の交錯』(三省堂)   355-386   2009年   [招待有り]
マラッカ海峡およびソマリア沖の海賊・海上武装強盗問題
西村 弓
国際問題   583 5-19   2009年   [招待有り]
国家責任法の誕生――国際法における責任原則とその適用対象の一般化――
西村 弓
『変容する社会の法と理論』(有斐閣)      2008年   [招待有り]
日中大陸棚の境界画定問題とその処理方策
西村 弓
ジュリスト   1321 51-58   2006年   [招待有り]
国際法における個人の利益保護の多様化と外交的保護
西村 弓
上智法学論集   49(3=4) 290-324   2006年
武力紛争法の履行確保 ――相互主義と復仇――
西村 弓
村瀬信也・真山全 編『石本泰雄先生傘寿記念 武力紛争の国際法』(東信堂)   685-707   2004年   [招待有り]
国家責任法の妥当基盤――違法性の根拠と手続的基盤の視点から――
西村 弓
国際法外交雑誌   102(2) 178-200   2003年   [招待有り]
国家責任法における違法性の根拠
西村 弓
上智法学論集   43(4) 37-64   2000年
国家責任法の機能 ――損害払拭と合法性コントロール――
西村 弓
国際法外交雑誌   95(3) 44-75   1996年   [招待有り]

書籍等出版物

 
国際法
酒井啓亘・寺谷広司・西村弓・濵本正太郎 (担当:共著)
有斐閣   2011年   
国際法判例百選 第2版
小寺彰・森川幸一・西村弓 (担当:共編者)
有斐閣   2011年   ISBN:4641114560