鹿児島 誠一

J-GLOBALへ         更新日: 14/05/07 20:30
 
アバター
研究者氏名
鹿児島 誠一
 
カゴシマ セイイチ
学位
理学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
明治大学 理工学部 物理学科 特任教授,東京大学名誉教授
 
1973年
 - 
1979年
:通商産業省 工業技術院 電子技術総合研究所 研究員
 
1979年
 - 
1988年
:東京大学 教養学部・助教授
 
1988年
 - 
1994年
:東京大学 教養学部・教授
 
1994年
 - 
2009年
:東京大学大学院 総合文化研究科・教授
 

委員歴

 
2007年9月
 - 
2008年8月
 物理チャレンジ・オリンピック日本委員会顧問会議委員
 
2002年5月
 - 
2005年3月
 文部科学省大学設置・学校法人審議会大学設置分科会専門委員
 
1999年4月
 - 
2000年3月
 学術審議会専門委員(科学研究費分科会)
 
1994年4月
 - 
1996年3月
 学術審議会専門委員(科学研究費分科会)
 
1988年4月
   
 
日本放射光学会  
 

Misc

 
鹿児島 誠一
Physical Review B   81(2) 024519-1 - 024519-10   2010年
鹿児島 誠一
Journal of the Physical Society of Japan   78(12) 124705-1 - 124705-7   2009年
Crystal and Electronic Structures of the Quasi-Two-Dimensional Organic Conductor alpha-(BEDT-TTF)2I3 and Its Selenium Analogue alpha-(BEDT-TSeF)2I3 under Hydrostatic Pressure at Room Temperature
鹿児島 誠一
Journal of the Physical Society of Japan   78(11) 114714-1 - 114714-7   2009年
Spin-density-wave gap in (TMTSF)2PF6 probed by reflection-type terahertz time-domain spectroscopy
鹿児島 誠一
physica status solidi (b)   245(12) 2688-2691   2008年

書籍等出版物

 
サーウェイ 基礎物理学 Ⅰ.力学
東京化学同人   2013年   ISBN:978-4-8079-0830-1
自然現象と物理法則のあいだ
丸善   2011年   
目で楽しむナノの世界
丸善   2009年   
固体物理学
裳華房   2002年   
低次元導体
裳華房   2000年   

講演・口頭発表等

 
「分子性物質における揺らぎとコヒーレンス」シンポジウム,「おわりに」
日本物理学会第68回年次大会   2013年   
型有機導体の一軸性圧縮下交流伝導度測定
日本物理学会第65回年次大会 (岡山大学)   2010年   
Electronic States of Organic Quasi-Two Dimensional Conductor beta''-(DODHT)2PF6: Charge Ordering and Superconductivity
第8回金属性有機導体超伝導体強磁性体に関する国際シンポジウム (札幌,日本)   2009年   
Development of Uniaxial Elongation Method and its Application to Low Dimensional Conductors  
第7回金属性有機導体超伝導体強磁性体に関する国際シンポジウム (スペイン・ペニスコラ)   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
分子性導体の低次元電子系の物性
科学研究費補助金
有機分子などの分子で作られる物質において,低次元運動をする電子系の電気的,磁気的,および構造的性質