下澤 達雄

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/04 15:25
 
アバター
研究者氏名
下澤 達雄
 
シモサワ タツオ
URL
http://www.toshima.ne.jp/~tshimo
所属
国際医療福祉大学
部署
医学部臨床検査
職名
教授
学位
医学博士(東京大学)
その他の所属
国際医療福祉大学三田病院臨床検査科
Twitter ID
下澤達雄@shimocla

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
国際医療福祉大学 医学部 臨床検査科 教授
 
1997年
 - 
2001年
東京大学医学部附属病院分院 助手
 
2001年
   
 
東京大学医学部腎臓内分泌科 助手
 
2001年7月
 - 
2004年
 東京大学医学部附属病院検査部助手
 
2004年
 - 
2005年
 東京大学医学部附属病院検査部 特任講師
 
2005年
 - 
2017年3月
 東京大学医学部附属病院検査部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1997年
東京大学 医学系研究科 内科
 
 
 - 
1988年
筑波大学 医学部 
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
日本高血圧学会  理事
 
2017年11月
 - 
現在
日本心血管内分泌学会  理事
 
2014年
 - 
現在
日本臨床検査医学会  評議員
 
2014年
 - 
現在
日本機能性食品医用学会  理事
 
2004年
 - 
現在
日本腎臓学会  評議員
 
2004年
 - 
現在
日本老年病学会  評議員
 
2003年
 - 
現在
日本内分泌学会  評議員
 
2002年
 - 
現在
日本高血圧学会  評議員
 
2001年
 - 
現在
日本心血管内分泌学会  評議員
 

受賞

 
2011年
日本臨床検査医学会 学術賞
 
2005年
日本心血管内分泌学会 高峰譲吉研究奨励賞
 
2004年
日本内分泌学会 研究奨励賞
 
2001年
日本高血圧学会Young Investigator Award
 
2002年
日本心血管内分泌代謝学会若手研究奨励賞
 

論文

 
Nishimoto M, Ohtsu H, Marumo T, Kawarazaki W, Ayuzawa N, Ueda K, Hirohama D, Kawakami-Mori F, Shibata S, Nagase M, Isshiki M, Oba S, Shimosawa T, Fujita T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension      2019年1月   [査読有り]
Tokuhara Y, Shukuya K, Tanaka M, Sogabe K, Ejima Y, Hosokawa S, Ohsaki H, Morinishi T, Hirakawa E, Yatomi Y, Shimosawa T
Scientific reports   8(1) 11364   2018年7月   [査読有り]
Kawakami-Mori F, Nishimoto M, Reheman L, Kawarazaki W, Ayuzawa N, Ueda K, Hirohama D, Kohno D, Oba S, Shimosawa T, Marumo T, Fujita T
JCI insight   3(21)    2018年11月   [査読有り]
Oba S, Ayuzawa N, Nishimoto M, Kawarazaki W, Ueda K, Hirohama D, Kawakami-Mori F, Shimosawa T, Marumo T, Fujita T
Scientific reports   8(1) 16338   2018年11月   [査読有り]
Inagaki S, Maeda S, Narita M, Nakamura T, Shimosawa T, Murata T, Ohya Y
The Journal of allergy and clinical immunology      2018年7月   [査読有り]
Yasukawa K, Shimosawa T, Okubo S, Yatomi Y
Annals of clinical biochemistry   55(1) 121-127   2018年1月   [査読有り]
Hirohama D, Ayuzawa N, Ueda K, Nishimoto M, Kawarazaki W, Watanabe A, Shimosawa T, Marumo T, Shibata S, Fujita T
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   29(1) 57-68   2018年1月   [査読有り]
久末 崇司, 宿谷 賢一, 田中 雅美, 毛利 真理子, 曽根 伸治, 下澤 達雄, 池田 均, 矢冨 裕
医学検査   67(4) 605-610   2018年
<p>C型慢性肝炎に対し,テラプレビル,ペグインターフェロン,リバビリンの3剤併用療法施行中患者尿に,特徴的な結晶成分が認められた。本結晶成分は酸性溶液やアルカリ性溶液,有機溶媒には不溶であり,特定の偏光色も認められなかった。テラプレビル服用患者の尿沈渣検査の経時的な変化を確認すると,5症例中4症例で治療開始直後から尿中に結晶成分が出現し,それと同時に腎機能の低下を認めた。残りの1症例においても投与4週後には結晶成分の出現を認めた。また,5症例全てにおいて,テラプレビル投与終了後に結晶成分...
Maeda S, Nakamura T, Harada H, Tachibana Y, Aritake K, Shimosawa T, Yatomi Y, Murata T
Scientific reports   7(1) 17687   2017年12月   [査読有り]
Shukuya K, Ogura S, Tokuhara Y, Okubo S, Yatomi Y, Tozuka M, Shimosawa T
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   472 104   2017年9月   [査読有り]
Ueda K, Nishimoto M, Hirohama D, Ayuzawa N, Kawarazaki W, Watanabe A, Shimosawa T, Loffing J, Zhang MZ, Marumo T, Fujita T
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   70(1) 111-118   2017年7月   [査読有り]
Xu N, Hirohama D, Ishizawa K, Chang WX, Shimosawa T, Fujita T, Uchida S, Shibata S
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   69(5) 855-862   2017年5月   [査読有り]
Watanabe S, Ogasawara T, Tamura Y, Saito T, Ikeda T, Suzuki N, Shimosawa T, Shibata S, Chung UI, Nangaku M, Uchida S
PloS one   12(3) e0168638   2017年   [査読有り]
Wang CH, Wang Z, Liang LJ, Wang XT, Ma XL, Liu BB, He JQ, Shimosawa T, Xu QY
Nephron   136(4) 328-338   2017年   [査読有り]
Shukuya K, Ogura S, Tokuhara Y, Okubo S, Yatomi Y, Tozuka M, Shimosawa T
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   457 142-149   2016年6月   [査読有り]
Isokawa M, Shimosawa T, Funatsu T, Tsunoda M
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   1019 59-65   2016年4月   [査読有り]
久末 崇司, 宿谷 賢一, 田中 雅美, 常名 政弘, 大久保 滋夫, 増田 亜希子, 下澤 達雄, 矢冨 裕
医学検査   65(6) 685-689   2016年
<p>多発性骨髄腫は形質細胞の腫瘍性疾患であり,貧血などの造血障害や骨融解,腎障害など,様々な症状を呈する。また,多発性骨髄腫の髄膜浸潤は非常に稀である。我々は,髄液検査にて計算盤による細胞検査時に異常な細胞を認め,その後の迅速な対応につながった髄膜浸潤を有する多発性骨髄腫の1症例を経験したので報告する。症例は65歳,男性。歩行障害にて近医を受診し,骨髄検査の結果から多発性骨髄腫と診断された。化学療法にて一旦は全身の腫瘍の縮小や消失を認めたが,その後,髄液検査にて形質細胞様の細胞を多数認め...
Nara A, Nagai H, Shintani-Ishida K, Ogura S, Shimosawa T, Kuwahira I, Shirai M, Yoshida K
American journal of respiratory cell and molecular biology   53(2) 184-192   2015年8月   [査読有り]
Uetake Y, Ikeda H, Irie R, Tejima K, Matsui H, Ogura S, Wang H, Mu S, Hirohama D, Ando K, Sawamura T, Yatomi Y, Fujita T, Shimosawa T
Lipids in health and disease   14 6   2015年2月   [査読有り]
毛利 真理子, 田中 雅美, 影山 祐子, 宿谷 賢一, 大久保 滋夫, 藤城 緑, 下澤 達雄, 矢冨 裕
医学検査   64(3) 324-329   2015年
アルカプトン尿の証明に用いられる一般的なスクリーニングの方法には,室温放置法と10%水酸化ナトリウム添加法がある。これらの方法は,色調変化が不明瞭のため判定が困難な場合があった。尿が全体的に黒褐色調へ変化するまでに要する時間を検討したところ,次の結果が得られた。希釈尿や酸性尿を室温放置した場合は約1カ月以上,濃縮尿やアルカリ尿の場合は数日,水酸化ナトリウムを添加した場合では約4~5時間であった。以上より,黒褐色調の変化には相当の時間を要する場合があることが判明した。今回,尿の黒色調変化がホ...
Hong W, Tatsuo S, Shou-Dong W, Qian Z, Jian-Feng H, Jue W, Chen J, Hai-Yan Q, Yue-Jin Y
PloS one   10(6) e0128978   2015年   [査読有り]
Nagai H, Kuwahira I, Schwenke DO, Tsuchimochi H, Nara A, Ogura S, Sonobe T, Inagaki T, Fujii Y, Yamaguchi R, Wingenfeld L, Umetani K, Shimosawa T, Yoshida K, Uemura K, Pearson JT, Shirai M
PloS one   10(7) e0131923   2015年   [査読有り]
Jimbo R, Kawakami-Mori F, Mu S, Hirohama D, Majtan B, Shimizu Y, Yatomi Y, Fukumoto S, Fujita T, Shimosawa T
Kidney international   85(5) 1103-1111   2014年5月   [査読有り]
Shimamoto K, Ando K, Fujita T, Hasebe N, Higaki J, Horiuchi M, Imai Y, Imaizumi T, Ishimitsu T, Ito M, Ito S, Itoh H, Iwao H, Kai H, Kario K, Kashihara N, Kawano Y, Kim-Mitsuyama S, Kimura G, Kohara K, Komuro I, Kumagai H, Matsuura H, Miura K, Morishita R, Naruse M, Node K, Ohya Y, Rakugi H, Saito I, Saitoh S, Shimada K, Shimosawa T, Suzuki H, Tamura K, Tanahashi N, Tsuchihashi T, Uchiyama M, Ueda S, Umemura S, Japanese Society of Hypertension Committee for Guidelines for the Management of Hypertension.
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   37(4) 253-390   2014年4月   [査読有り]
Kono R, Kanozawa K, Shimosawa T, Tayama Y, Matsuda A, Hasegawa H, Mitarai T
Clinical and experimental nephrology   18(1) 124-129   2014年2月   [査読有り]
Tokuhara Y, Shukuya K, Tanaka M, Mouri M, Ohkawa R, Fujishiro M, Takahashi T, Okubo S, Yokota H, Kurano M, Ikeda H, Yamaguchi S, Inagaki S, Ishige-Wada M, Usui H, Yatomi Y, Shimosawa T
PloS one   9(1) e86606   2014年   [査読有り]
Ando K, Nitta K, Rakugi H, Nishizawa Y, Yokoyama H, Nakanishi T, Kashihara N, Tomita K, Nangaku M, Takahashi K, Isshiki M, Shimosawa T, Fujita T
International journal of medical sciences   11(9) 897-904   2014年   [査読有り]
Mitome-Mishima Y, Miyamoto N, Tanaka R, Shimosawa T, Oishi H, Arai H, Hattori N, Urabe T
BioMed research international   2014 861632   2014年   [査読有り]
Nagai H, Kuwahira I, Schwenke DO, Tsuchimochi H, Nara A, Inagaki T, Ogura S, Fujii Y, Umetani K, Shimosawa T, Yoshida K, Pearson JT, Uemura K, Shirai M
PloS one   9(10) e110693   2014年   [査読有り]
Masuzawa T, Saito I, Yamada T, Onishi M, Yamaguchi H, Suzuki Y, Oonuki K, Kato N, Ogawa S, Takakuwa Y, Koh AT, Chua DH, Mori Y, Shimosawa T, Okano K
Sensors (Basel, Switzerland)   13(10) 13744-13778   2013年10月   [査読有り]
Shimosawa T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   36(8) 657-660   2013年8月   [査読有り]
Nikitenko LL, Shimosawa T, Henderson S, Mäkinen T, Shimosawa H, Qureshi U, Pedley RB, Rees MC, Fujita T, Boshoff C
The Journal of investigative dermatology   133(7) 1768-1776   2013年7月   [査読有り]
Ogura S, Shimosawa T, Mu S, Sonobe T, Kawakami-Mori F, Wang H, Uetake Y, Yoshida K, Yatomi Y, Shirai M, Fujita T
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   305(2) H155-62   2013年7月   [査読有り]
Saito T, Hasegawa Y, Ishigaki Y, Yamada T, Gao J, Imai J, Uno K, Kaneko K, Ogihara T, Shimosawa T, Asano T, Fujita T, Oka Y, Katagiri H
Cardiovascular research   97(1) 106-114   2013年1月   [査読有り]
鈴木 正志, 貫井 陽子, 森屋 恭爾, 奥川 周, 内田 美保, 間平 珠美, 下澤 達雄, 石井 健, 土井 研人, 鈴木 理恵, 龍野 桂太
環境感染誌   28(3) 173-177   2013年
&nbsp;&nbsp;多剤耐性緑膿菌MDRPは病院感染対策上最重要な微生物の一つであり水場を好み尿からの検出も多い.一方,蓄尿検査は内分泌疾患,腎疾患の診断や病勢の評価に欠くことのできないものであるが,病院内では漫然と行われている場合も見られる.当院では2010年度にMDRPの新規検出が増加したことから,病院内の感染対策の全般的な見直しを行なった.その1つとして入院中の尿検査についてのガイドラインを作成し,その中で蓄尿検査について項目や期間などについて適正化を行った.ガイドラインでは臨床...
Hayashi M, Tojo A, Shimosawa T, Fujita T
Journal of diabetes research   2013 134395   2013年   [査読有り]
Kageyama Y, Ikeda H, Watanabe N, Nagamine M, Kusumoto Y, Yashiro M, Satoh Y, Shimosawa T, Shinozaki K, Tomiya T, Inoue Y, Nishikawa T, Ohtomo N, Tanoue Y, Yokota H, Koyama T, Ishimaru K, Okamoto Y, Takuwa Y, Koike K, Yatomi Y
Hepatology (Baltimore, Md.)   56(4) 1427-1438   2012年10月   [査読有り]
Saito R, Shimosawa T, Ogihara T, Maruyama N, Fujita T, Okamura N, Nakahara K
APMIS : acta pathologica, microbiologica, et immunologica Scandinavica   120(9) 706-711   2012年9月   [査読有り]
Hasegawa Y, Saito T, Ogihara T, Ishigaki Y, Yamada T, Imai J, Uno K, Gao J, Kaneko K, Shimosawa T, Asano T, Fujita T, Oka Y, Katagiri H
Circulation   125(9) 1122-1133   2012年3月   [査読有り]
Kawakami-Mori F, Shimosawa T, Mu S, Wang H, Ogura S, Yatomi Y, Fujita T
American journal of physiology. Endocrinology and metabolism   302(4) E425-32   2012年2月   [査読有り]
Ando K, Haneda M, Ito S, Kashihara N, Node K, Nangaku M, Shimosawa T, Kishimoto J, Fujita T
Cardiovascular drugs and therapy   25(4) 341-347   2011年8月   [査読有り]
Shibata S, Mu S, Kawarazaki H, Muraoka K, Ishizawa K, Yoshida S, Kawarazaki W, Takeuchi M, Ayuzawa N, Miyoshi J, Takai Y, Ishikawa A, Shimosawa T, Ando K, Nagase M, Fujita T
The Journal of clinical investigation   121(8) 3233-3243   2011年8月   [査読有り]
Mu S, Shimosawa T, Ogura S, Wang H, Uetake Y, Kawakami-Mori F, Marumo T, Yatomi Y, Geller DS, Tanaka H, Fujita T
Nature medicine   17(5) 573-580   2011年5月   [査読有り]
Yamamoto C, Fukuda N, Jumabay M, Saito K, Matsumoto T, Ueno T, Soma M, Matsumoto K, Shimosawa T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   34(3) 348-353   2011年3月   [査読有り]
Unuma K, Shintani-Ishida K, Yahagi N, Tsushima K, Shimosawa T, Ueyama T, Yoshida K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   74(12) 2693-2701   2010年11月   [査読有り]
田中 雅美, 宿谷 賢一, 横田 浩充, 下澤 達雄, 矢冨 裕
医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology   59(6) 811-814   2010年6月
Unuma K, Shintani-Ishida K, Tsushima K, Shimosawa T, Ueyama T, Kuwahara M, Yoshida K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   74(6) 1087-1095   2010年6月   [査読有り]
Miyamoto N, Tanaka R, Shimosawa T, Yatomi Y, Fujita T, Hattori N, Urabe T
Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism   29(11) 1769-1779   2009年11月   [査読有り]
Hirahashi J, Hishikawa K, Kaname S, Tsuboi N, Wang Y, Simon DI, Stavrakis G, Shimosawa T, Xiao L, Nagahama Y, Suzuki K, Fujita T, Mayadas TN
Circulation   120(13) 1255-1265   2009年9月   [査読有り]
Ikeda H, Watanabe N, Ishii I, Shimosawa T, Kume Y, Tomiya T, Inoue Y, Nishikawa T, Ohtomo N, Tanoue Y, Iitsuka S, Fujita R, Omata M, Chun J, Yatomi Y
Journal of lipid research   50(3) 556-564   2009年3月   [査読有り]
Sakakibara I, Fujino T, Ishii M, Tanaka T, Shimosawa T, Miura S, Zhang W, Tokutake Y, Yamamoto J, Awano M, Iwasaki S, Motoike T, Okamura M, Inagaki T, Kita K, Ezaki O, Naito M, Kuwaki T, Chohnan S, Yamamoto TT, Hammer RE, Kodama T, Yanagisawa M, Sakai J
Cell metabolism   9(2) 191-202   2009年2月   [査読有り]
Shimosawa T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   31(9) 1679-1680   2008年9月   [査読有り]
田中 雅美, 宿谷 賢一, 菅野 信子, 横田 浩充, 下澤 達雄, 菊地 良直, 福嶋 敬宜, 矢冨 裕
医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology   57(8) 1063-1065   2008年8月
Matsui H, Ando K, Kawarazaki H, Nagae A, Fujita M, Shimosawa T, Nagase M, Fujita T
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   52(2) 287-294   2008年8月   [査読有り]
田中 雅美, 宿谷 賢一, 三島 由祐子, 菅野 信子, 横田 浩充, 下澤 達雄, 矢冨 裕
医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology   57(7) 979-981   2008年7月
Wang H, Shimosawa T, Matsui H, Kaneko T, Ogura S, Uetake Y, Takenaka K, Yatomi Y, Fujita T
Journal of hypertension   26(7) 1453-1462   2008年7月   [査読有り]
Marumo T, Hishikawa K, Matsuzaki Y, Imai N, Takase O, Shimosawa T, Okano H, Fujita T
European journal of pharmacology   573(1-3) 216-220   2007年11月   [査読有り]
Hirano Y, Tsunoda M, Shimosawa T, Fujita T, Funatsu T
Biological & pharmaceutical bulletin   30(11) 2178-2180   2007年11月   [査読有り]
Shimosawa T, Gohchi K, Yatomi Y, Fujita T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   30(9) 831-837   2007年9月   [査読有り]
Yamauchi Y, Fujikura T, Shimosawa T
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   56(2) 171-177   2007年6月   [査読有り]
Liu J, Shimosawa T, Matsui H, Meng F, Supowit SC, DiPette DJ, Ando K, Fujita T
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   292(4) H1714-21   2007年4月   [査読有り]
Hirano Y, Tsunoda M, Shimosawa T, Matsui H, Fujita T, Funatsu T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   30(3) 269-278   2007年3月   [査読有り]
Moriya J, Takimoto Y, Yoshiuchi K, Shimosawa T, Akabayashi A
Psychoneuroendocrinology   31(9) 1057-1061   2006年10月   [査読有り]
Shimosawa T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   29(9) 643-644   2006年9月   [査読有り]
Matsui H, Shimosawa T, Uetake Y, Wang H, Ogura S, Kaneko T, Liu J, Ando K, Fujita T
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   48(2) 225-231   2006年8月   [査読有り]
田中 雅美, 宿谷 賢一, 戸塚 実, 下澤 達雄, 矢冨 裕
医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology   55(7) 846-849   2006年7月
Kushiyama A, Shojima N, Ogihara T, Inukai K, Sakoda H, Fujishiro M, Fukushima Y, Anai M, Ono H, Horike N, Viana AY, Uchijima Y, Nishiyama K, Shimosawa T, Fujita T, Katagiri H, Oka Y, Kurihara H, Asano T
The Journal of biological chemistry   280(51) 42016-42025   2005年12月   [査読有り]
Ando K, Takahashi K, Shibata S, Matsui H, Fujita M, Shibagaki Y, Shimosawa T, Isshiki M, Fujita T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   27(12) 985-992   2004年12月   [査読有り]
安東 克之, 下澤 達雄, 冨永 容子, 藤田 敏郎, 高亀 昴二
日本循環器管理研究協議会雑誌 = Journal of the Japanese Association for Cerebro-cardiovascular Disease Control   32(2) 109-114   1997年10月
中尾 睦宏, 野村 忍, 久保木 富房, 末松 弘行, 下澤 達雄, 藤田 敏郎
行動療法研究   21(2) 71-78   1995年9月
高血圧患者10名を対象にパイオフィードバック療法による白衣高血圧症の降圧効果の検討を行なった。治療前の自己血圧値と医師測定値が収縮期において25mmHg以上差があった者を白衣高血圧群(以上W群;5名),それ以外の者をN群(5名)とした。治療は週1回計4回行なった。治療による自己血圧の低下はわずかであったが,医師測定血圧は,収縮期でW群18mmHg,N群11mmHg,拡張期圧でW群11mmHg,N群8mmHg低下し,W群の降圧が著しかった.また,暗算負荷テストによる血圧上昇もW群の方が治療に...
下沢 達雄, 桑島 巌, 鈴木 康子, 金子 晶子, 蔵本 築
日老医誌   29(9) 661-666   1992年
老年者高血圧例10例, 正常血圧者10例に食事負荷, 経口糖負荷, 水負荷試験を行い, 血圧, 脈拍数の変化および体液性因子の変化について検討した.<br>1. 食事負荷試験後, 高血圧患者では食前収縮期血圧と食後収縮期血圧の較差が-12.0±4.1mmHgで正常血圧者の+4.0±3.2mmHgに比して有意に大であった.<br>2. 食後血圧の時間的経過では食後30, 45, 60分後において食前に比し有意の血圧下降を示したが, 正常血圧者では食後血圧変化はみられなかった.<br>3. 食...
下沢 達雄, 桑島 巌, 鈴木 康子, 星野 智, 金丸 晶子, 蔵本 築
心臓   24(5) 541-546   1992年
老年者高血圧性心胞大(LVH)例における血圧日内変動の特徴を知る目的で,降圧剤を服用していない本態性高血圧患者38例を心肥大群(HT1群)15例(76.7±5.1歳)と肥大のない群(HT2群)23例(72.8±6.1歳)に分け,さらに正常血圧者群(NT群)11例(73.2±5.8歳)を対象とし,非観血的に24時間血圧を測定し,収縮期血圧(SBP)について24時間,日中(5:30-21:00),夜間(21:30-5:00)の平均を求めた.また等尺運動負荷前後の血圧変化についても検討した.LV...
下沢 達雄, 大山 俊郎, 蔵本 築, 江崎 行芳, 桑島 巌, 大川 真一郎, 広瀬 尚子, 金丸 晶子, 星野 智, 鈴木 康子, 千田 宏司, 坂井 誠
心臓   23(6) 679-684   1991年
症例は77歳,女性.昭和59年,紅斑,四肢筋力低下,微熱あり,筋電図,CPK高値,皮膚,筋肉生検から皮慮筋炎と診断された.プレドニン,アザチオプリンなどにて症状は安定.平成元年7月7日,体重減少,動悸,炎症所見の進展,CPK上昇のため当センター入院.入院時心電図は正常洞調律.7月25日よりII度房室ブロック.その後,急速に完全房室ブロックへ移行したため,8月4日,永久ペースメーカー植え込み術施行.8月15日,呼吸停止,ペーシング不全状態で発見されたが,蘇生術によりペーシングは良好となった....

Misc

 
Shimosawa T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   41(10) 783   2018年10月   [査読有り]
【高血圧の最新診断・治療-ガイドラインから個別予見医療へ-】 新規バイオマーカー 高血圧治療における検査診断の意義 バイオマーカー
下澤 達雄
日本臨床   76(8) 1409-1412   2018年8月
【高血圧:エビデンスと推奨-日常診療への提言】 高血圧の成因 食塩
下澤 達雄
腎と透析   85(2) 126-130   2018年8月
【老年医学(上)-基礎・臨床研究の最新動向-】 高齢患者へのアプローチ 老年医学的評価法 高齢者の検査値の評価
下澤 達雄
日本臨床   76(増刊5 老年医学(上)) 317-321   2018年6月
血圧計を使い分ける
下澤 達雄
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   7回 154-154   2018年5月
腎臓特異的DNAメチル化を尿中マーカーとした糖尿病性腎症の尿細管障害診断法
丸茂 丈史, 下澤 達雄, 河原崎 和歌子, 西本 光宏, 鮎澤 信宏, 広浜 大五郎, 上田 浩平, 佐藤 敦久, 渥美 義仁, 星野 純一, 乳原 善文, 藤田 敏郎
日本腎臓学会誌   60(3) 331-331   2018年4月
保存期腎不全における酸化型・還元型アルブミンの検討
仲谷 慎也, 森 克仁, 仲谷 あゆ美, 都井 律和, 山田 真介, 津田 昌宏, 下澤 達雄, 石村 栄治, 安川 恵子, 矢冨 裕, 稲葉 雅章
日本腎臓学会誌   60(3) 423-423   2018年4月
酸化型アルブミンの基準範囲の設定 糖尿病関連疾患における臨床的有用性の検討のために
安川 恵子, 野尻 卓宏, 吉川 直之, 増戸 梨恵, 甲斐 三与子, 大池 裕美子, 山崎 力, 下澤 達雄, 池田 均
糖尿病   61(Suppl.1) S-273   2018年4月
腎pendrinの発現機構と血圧調節における役割の解明
広浜 大五郎, 鮎澤 信宏, 上田 浩平, 西本 光宏, 河原崎 和歌子, 渡邉 篤史, 下澤 達雄, 丸茂 丈史, 柴田 茂, 藤田 敏郎
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1377-1377   2017年12月
LC/MS解析による血中CRP複合体についての検討
小倉 彩世子, 下澤 達雄, 中山 智祥
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1389-1389   2017年12月
下澤 達雄
腎・高血圧の最新治療 = Current topics of kidney and hypertension : 腎・高血圧治療の今を伝える専門誌   6(1) 24-27   2017年
Shimosawa T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73(11) 1833-1835   2015年11月   [査読有り]
下澤 達雄
循環器ナーシング : 基礎知識から最新トピックスまで!ハートナースとコメディカルのための循環器看護専門誌   6(3) 16-22   2016年3月
[Hypertension: The Points of Management of Hypertension for All Physicians--Based on the JSH 2014 Hypertension Guidelines--.Topics: II. Primary examinations for hypertensives].
Shimosawa T
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   104(2) 211-217   2015年2月   [査読有り]
下澤 達雄
日本毒性学会学術年会   42(0) S19-4   2015年
死因の第一位をしめる高血圧の発症要因には遺伝的背景のみならず環境要因が重要であることが知られており、これらが複雑に絡み合うモザイクモデルが提唱されて久しい。高血圧症のうちとくに塩分摂取により血圧が上昇する食塩感受性高血圧症は狭心症、心筋梗塞、脳卒中などを発症しやすく生命予後が不良である。古くから交感神経活動や胎生期の母体内のストレスが成人後の食塩感受性高血圧に関与することが動物実験や疫学調査から知られていた。そこで、我々はカテコラミン毒性やストレス応答ホルモンによる遺伝子変化と食塩感受性高...
田中 雅美, 宿谷 賢一, 森田 賢史, 久末 直子, 影山 祐子, 大久保 滋夫, 下澤 達雄, 矢冨 裕
医学検査   64(6) 749-754   2015年
シスメックス株式会社(以下,シスメックス社)より開発された多項目自動血球分析装置XN-550による髄液細胞数算定の基礎的検討を行った。再現性,直線性,最小検出感度,目視法との相関性は良好な結果が得られた。しかし,変性した細胞を含むドレナージ検体では,目視法との乖離が認められ,これらの細胞は側方蛍光強度の低い位置にプロットされた。本装置は簡便かつ迅速な結果報告が可能で,スクリーニング検査に有用であると考えられる。
Shimosawa T
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   61(3) 263-270   2013年3月   [査読有り]
Uetake Y, Shimosawa T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   69 Suppl 1(0) 197-200   2011年1月   [査読有り]
Ogura S, Shimosawa T
Current hypertension reports   16(8) 452   2014年8月   [査読有り]
Shimosawa T
Nihon Jinzo Gakkai shi   51(4) 438-441   2009年5月   [査読有り]
Jimbo R, Shimosawa T
International journal of hypertension   2014 381082   2014年   [査読有り]
Shimosawa T, Kaneko T, Uetake Y, Miyamoto Y, Matsui H, Wang H, Mu S, Saito R, Ogura S, Yatomi Y, Fujita T
Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics   45(3) 287-290   2008年5月   [査読有り]
上竹 勇三郎, 下澤 達雄
診断と治療   101(3) 367-371   2013年3月
下澤 達雄
Annual review. 糖尿病・代謝・内分泌   171-173   2013年
下澤 達雄
医学のあゆみ   243(7) 587-590   2012年11月
小倉 彩世子, 下澤 達雄
内分泌・糖尿病・代謝内科   35(5) 432-436   2012年11月
Shimosawa T, Mu S, Shibata S, Fujita T
Current hypertension reports   14(5) 468-472   2012年10月   [査読有り]
下澤 達雄, 穆 勝宇, 藤田 敏郎
化学と生物   50(4) 250-254   2012年4月
塩分摂取により高血圧が発症するメカニズムには遺伝的背景,ホルモン環境,腎機能などが関与することが知られていたが,最近,&beta;2アドレナリン受容体刺激を介してヒストンがアセチル化されることが明らかになり,その結果グルココルチコイド受容体の作用が亢進し,腎臓でナトリウムを再吸収するチャネル (NCC) の発現が亢進することがそのメカニズムの一つであることが示された.得られた成果がエピジェネティクス制御を介した新たな治療法の開発につながることが期待される.
下澤 達雄, 穆 勝宇, 藤田 敏郎
内分泌・糖尿病・代謝内科   34(4) 347-352   2012年4月
下澤 達雄, 藤田 敏郎
循環器専門医   19(1) 3-7   2011年
下澤 達雄, 矢冨 裕, 藤田 敏郎, 金子 知代, 上竹 勇三郎, 宮本 有成, 松井 宏光, 王 紅, 穆 勝宇, 斎藤 りか, 小倉 彩世子
日老医誌   45(3) 287-290   2008年
Shimosawa T, Fujita T
Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics   41(2) 141-149   2004年3月   [査読有り]
Shimosawa T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   75(2) 270-271   2011年   [査読有り]
下澤 達雄
日本体質医学会雑誌   72(1) 37-40   2010年2月
小倉 彩世子, 下澤 達雄, 沢村 達也, 上竹 勇三郎, 王 紅, 穆 勝宇, 森 典子, 藤田 敏郎
血管   32(3) 61-64   2009年10月
下澤 達雄, 盛田 和治, 矢冨 裕
臨床検査   53(3) 329-332   2009年3月
下澤 達雄
日本内分泌学会雑誌   83(4)    2008年3月
[Adrenomedullin gene].
Shimosawa T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   64 Suppl 5 399-402   2006年7月   [査読有り]
[Ion channel and blood pressure].
Shimosawa T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   64 Suppl 5 203-207   2006年7月   [査読有り]
下澤 達雄
日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy   39(2) 97-98   2006年2月
[Antiatherosclerotic hopes of calcium channel blockers].
Uetake Y, Shimosawa T
Clinical calcium   15(10) 1689-1694   2005年10月   [査読有り]
下澤 達雄
臨床化学   34    2005年6月
[Increasing oxidative stress in aging].
Shimosawa T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   63(6) 994-999   2005年6月   [査読有り]
上竹 勇三郎, 下澤 達雄
ホルモンと臨牀   53(3) 281-286   2005年3月
[Renin-angiotensin system and oxidative stress].
Shimosawa T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   63 Suppl 3 96-101   2005年3月   [査読有り]
[Magnesium and N-type calcium channel].
Shimosawa T, Fujita T
Clinical calcium   15(2) 239-244   2005年2月   [査読有り]
J Hum Hypertens   19:259-66    2005年
Adrenomedullin as a potent antioxidative and antiatherosclerotic substance.
Timely Top Med Cardiovasc Dis.   9:E15    2005年
[Translational research on adrenomedullin].
Shimosawa T, Fujita T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   62 Suppl 9 290-295   2004年9月   [査読有り]
[Adrenomedullin-knockout mouse].
Shimosawa T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   62 Suppl 9 207-210   2004年9月   [査読有り]
Adrenomedullin in vascular diseases.
Ando K, Shimosawa T, Fujita T
Current hypertension reports   6(1) 55-59   2004年2月   [査読有り]
藤田 恵, 下澤 達雄, 安東 克之, 藤田 敏郎, 桑木 共之
日本生理学会大会発表要旨集   2004(0) S99-S99   2004年
Central sympathetic activation is one of the mechanisms of salt-sensitive hypertension and reactive oxygen species (ROS) has been proposed to play a key role in it. We examined whether adrenomedullin (AM), an antioxidant peptide, might contribute ...
下澤 達雄, 藤田 敏郎
日老医誌   41(2) 141-149   2004年
アドレノメデュリンは我が国で発見された降圧ペプチドであるが, 最近では抗酸化作用を含めた pleiotropic effect が注目されている, 各種基礎検討特にノックアウトマウスの解析から, アドレノメデュリンの臓器保護作用や生殖系への作用を有することが明らかとなった. さらにホモロジー検索から新たなペプチドが発見されている. SNP解析も行われており, 疾患との関連性が明らかにされることが期待される. さらに, 最近では臨床応用として体液量の指標としての測定意義や, 動物実験で証明さ...
下沢 達雄, 藤田 敏郎
血管   26(3) 79-85   2003年9月
下澤 達雄, 松井 宏光, 王 紅, 藤田 敏郎
日本内分泌学会雑誌   79(2)    2003年9月
下澤 達雄
ホルモンと臨牀   51(8) 731-738   2003年8月
藤田 敏郎, 一色 政志, 長瀬 美樹, 安東 克之, 下澤 達雄
循環器専門医   11(1) 133-140   2003年
藤倉 輝道, 下澤 達雄, 薬王 郁久, 松田 通明
アレルギー   49(2)    2000年
藤倉 輝道, 秋元 利香, 佐地 富砂子, 下澤 達雄, 薬王 郁久
耳鼻咽喉科免疫アレルギー   17(2) 72-73   1999年8月
下澤 達雄, 藤田 敏郎
ホルモンと臨牀   47(8) 87-90   1999年8月
下沢 達雄, 藤田 敏郎, 叶澤 孝一, 御手洗 哲也, 磯田 和雄, 長澤 龍司, 板倉 行宏
Japanese circulation journal   63(1)    1999年3月
一色 政志, 高橋 克敏, 下沢 達雄, 安東 克之, 藤田 敏郎, 安藤 譲二, 是永 理佐, 神谷 瞭
Japanese circulation journal   62(0)    1998年2月
高橋 克敏, 林 道夫, 安東 克之, 下沢 達雄, 長瀬 美樹, 一色 政志, 藤田 敏郎
Japanese circulation journal   62(0)    1998年2月
島田 潔, 下澤 達雄, 井上 主子, 山崎 正雄, 岡部 富士子, 安東 克之, 高橋 克敏, 藤田 敏郎
Japanese circulation journal   62(0)    1998年2月
藤倉 輝道, 下澤 達雄, 薬王 郁久
アレルギー   47(9)    1998年
一色 政志, 下沢 達雄, 高橋 克敏, 伊東 康, 小野 歩, 安東 克之, 藤田 敏郎, 是永 理佐, 安藤 譲二, 神谷 瞭
Japanese circulation journal   61(0)    1997年3月
中尾 睦宏, 荒記 俊一, 野村 忍, 下澤 達雄, 藤田 敏郎
Japanese circulation journal   61(0)    1997年3月
安東 克之, 下澤 達雄, 冨永 容子, 藤田 敏郎, 高亀 昴二
日本循環器病予防学会誌   32(2) 109-114   1997年
高齢者 (65歳以上) の心血管合併症発症における高血圧の意義について, 東京都北区にある桐ヶ丘団地診療所で1991年から1995年まで定期健康診断を継続して受けている高齢者を対象として検討を行った。対象者は血圧160/90mmHg未満の正常者163名, 降圧薬投与を受けている高血圧患者111名であった。高血圧患者はさらにコントロール良好群 (収縮期血圧160mmHg未満, n=89) とコントロール不良群 (収縮期血圧168mmHg以上, n=22) に分類した。その結果, 正常群では1...
下沢 達雄, 藤田 敏郎
現代医療   28(11) 2893-2896   1996年11月
下澤 達雄, 伊東 康, 安東 克之, 小野 歩, 一色 政志, 長瀬 美樹, 藤田 敏郎, 北村 和雄, 寒川 賢治
Japanese circulation journal   59(0)    1995年3月
小野 歩, 安東 克之, 下沢 達雄, 一色 政志, 長瀬 美樹, 伊東 康, 藤田 敏郎, 桑木 共之, 熊田 衛
Japanese circulation journal   59(0)    1995年3月
中尾 睦宏, 野村 忍, 久保木 富房, 末松 弘行, 下澤 達雄, 藤田 敏郎
心身医   35(3) 244-245   1995年
中尾 睦宏, 野村 忍, 吉内 一浩, 久保木 富房, 末松 弘行, 下澤 達雄, 藤田 敏郎
心身医   35(6) 463-471   1995年
The purpose of this paper is to discuss the application of the blood pressure (BP) biofeedback system (the direct method) to the treatment of essential hypertension. The subjects of this study were 10 outpatients with essential hypertension (5 men...
下沢 達雄, 安東 克之, 長瀬 美樹, 一色 政志, 小野 歩, 藤田 敏郎
Japanese circulation journal   58(0)    1994年3月
中尾 睦宏, 野村 忍, 下澤 達雄, 藤田 敏郎
Japanese circulation journal   58(0)    1994年3月

書籍等出版物

 
生理学
下澤達雄
医歯薬出版   2018年   
症例で学ぶ栄養学
下澤達雄
建帛社   2017年   
高血圧学会と循環器病の予防と管理
下澤達雄
社会保険研究所   2016年   
心血管合併症を有する高血圧の管理
神保りか,下澤達雄
医薬ジャーナル社   2016年   
糖尿病診療ガイドライン2016
下澤達雄
南江堂   2016年   

講演・口頭発表等

 
ダメ親父の塩育
下澤達雄
第41回日本高血圧学会総会   2018年   
長く続く生活習慣改善指導、服薬指導
下澤達雄
第41回日本高血圧学会総会   2018年   
血圧計を使い切る
下澤達雄
第7回臨床高血圧フォーラム   2018年   
高血圧とプレシジョンメディシン
下澤達雄
第22回日本心血管内分泌代謝学会学術総会   2018年   
CKDの発症ならびに進展予防のための検査
下澤達雄
第24回日本未病システム学会学術総会   2017年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
血管拡張障害による食塩感受性高血圧発症メカニズムの解明
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 下澤 達雄 国際医療福祉大学, 医学部, 教授 (90231365)
生活習慣病の高血圧/臓器障害における糖質・鉱質コルチコイドの役割と新規治療探索
科研費: 基盤研究(S)
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 藤田 敏郎 東京大学, 先端科学技術研究センター, 名誉教授 (10114125)
心腎連関における炎症とキニン系、アンジオテンシン系の役割
学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2016年 - 2017年
交感神経によるエピジェネティック制御と心腎連関
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 下澤 達雄 東京大学, 医学部附属病院, 講師 (90231365)
生活習慣病による進行性腎障害に関わるエピジェネティック異常の解明と診断・治療への応用
科学技術振興機構: CREST
研究期間: 2011年 - 2016年    代表者: 藤田 敏郎 東京大学, 先端科学技術研究センター, 名誉教授 (10114125)
虚血性脳損傷による血液脳関門機能破綻に対する抗酸化ペプチドの保護作用
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 卜部 貴夫 順天堂大学, 医学部, 教授 (60291663)
睡眠時無呼吸症候群動物モデルにおける心血管病変の解析
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 永井 恒志 東京大学, 医学(系)研究科(研究院), 助教 (60600369)
エピジェネティック制御からみた食塩感受性高血圧のメカニズムと診断法の開発
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 下澤 達雄 東京大学, 医学部附属病院, 講師 (90231365)
虚血性白質障害におけるインスリン抵抗性の関与と抗酸化ペプチドの保護作用
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 卜部 貴夫 順天堂大学, 医学部, 教授 (60291663)
RAMPによる代謝、血管制御メカニズムの解明と、代謝異常、血管合併症治療への展開
科研費: 基盤研究(B)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 新藤 隆行 信州大学, 医学系研究科, 教授 (90345215)
メタボリックシンドロームにおける多臓器障害発症メカニズムと治療法の開発
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 下澤 達雄 東京大学, 医学部附属病院, 講師 (90231365)
キメラマウスによる多機能ペプチド、アドレノメデュリンと関連因子の全組織包括的解析
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 桜井 敬之 信州大学, 大学院・医学系研究科, 准教授 (80317825)
白金ナノコロイドを用いたメタボリックシンドロームの臓器保護作用の検討
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 下澤 達雄 東京大学, 医学部・附属病院, 講師 (90231365)
酸化ストレスをターゲットにしたメタボリックシンドロームの新規治療法の開発
科研費: 基盤研究(A)
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 藤田 敏郎 東京大学, 医学部・附属病院, 教授 (10114125)
メタボリックシンドロームの臓器障害治療における抗酸化ペプチドの可能性
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 下澤 達雄 東京大学, 医学部附属病院, 講師 (90231365)
遺伝子工学を用いた動脈硬化形成とその防御機構の解析―LOX-1とPPARγの役割
科研費: 萌芽研究
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 藤田 敏郎 東京大学, 医学部附属病院, 教授 (10114125)
動脈硬化の形成におけるLOX-1の意義とPPARγの防衛機構における役割
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 安東 克之 東京大学, 保健管理センター, 講師 (60184313)
アドレノメデュリンの臓器保護作用の検討、ノックアウトマウスを用いた検討。
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 下澤 達雄 東京大学, 医学部附属病院, 助手 (90231365)
糸球体硬化症発症・進展過程における酸化LDL/LOX-1系の意義
科研費: 基盤研究(B)
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 藤田 敏郎 東京大学, 医学部附属病院, 教授 (10114125)
アドレノメデュリンの分子生物学的及び発生工学的研究
科研費: 特定領域研究
研究期間: 1998年 - 2002年    代表者: 藤田 敏郎 東京大学, 医学部附属病院, 教授 (10114125)
発生工学を用いた食塩感受性高血圧発症機序及び臓器障害進展の研究
科研費: 萌芽的研究
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 藤田 敏郎 東京大学, 医学部・附属病院, 教授 (10114125)
プロアドレノメデュリンN末端20ペプチド(PAMP)の交感神経系に与える影響、慢性及び内因性PAMPの効果
科研費: 奨励研究(A)
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 下澤 達雄 東京大学, 医学部・附属病院分院, 助手 (90231365)
血管構成細胞P38MAPK活性制御とその血管生物学的役割の解析
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 高橋 克敏 東京大学, 医学部・附属病院, 助手 (00292863)
マグネシウムの血管拡張作用における内皮由来血管拡張物質の役割
科研費: 一般研究(B)
研究期間: 1991年 - 1993年    代表者: 藤田 敏郎 東京大学, 医学部(分), 助教授 (10114125)
食塩感受性高血圧
その他の研究制度
研究期間: 2008年 - 2010年
腎臓でのナトリウムハンドリングにかかわるイオンチャンネル制御の検討
メタボリックシンドロームとNASHの発症
補助金
研究期間: 2008年 - 2010年
メタボリックシンドロームモデル動物におけるNASH発症メカニズムを酸化ストレスの面から解明する。