河村 正二

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/16 21:58
 
アバター
研究者氏名
河村 正二
 
カワムラ ショウジ
eメール
kawamuraedu.k.u-tokyo.ac.jp
URL
http://www.jinrui.ib.k.u-tokyo.ac.jp/kawamura-home.html
所属
東京大学
部署
大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 人類進化システム分野
職名
教授
学位
理学博士(東京大学), 理学修士(東京大学)
科研費研究者番号
40282727
ORCID ID
0000-0003-0350-6050

プロフィール

東京大学・大学院新領域創成科学研究科・先端生命科学専攻・人類進化システム分野、教授。理学博士。1991年、東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士課程を修了。その後、東京大学および米国シラキュース大学での博士研究員、東京大学大学院理学系研究科助手、東京大学大学院新領域創成科学研究科助教授(准教授)を経て、2010年より現職。

進化学的視点に立ってヒトという生物種を理解することはたいへん有用です。非モデル生物の野生集団における遺伝的多様性とその生態への関連性を明らかにしていくことは、現在のヒトの遺伝的多様性の進化学的意義を再評価する上で必須の情報となります。視覚をはじめとする感覚系遺伝子の進化多様性の研究は近年の機能解析系の発展を背景としてその研究モデルとして大変優れています。

こうした問題意識の下に、私たちは分子生物学(集団DNA配列決定、遺伝子発現解析、in vitro 機能アッセイ)、生化学、集団遺伝学、分子進化学、行動生態学にまたがる学際的アプローチによって、次の研究プロジェクトを追求しています。

1.ヒト色覚多様性の起源とその進化学的成因の探究
2.新世界ザルをモデルとした霊長類3色型色覚の進化学的研究
3.魚類をモデルとした色覚進化の適応的柔軟性の検討
4.霊長類におけるケミカルセンスと視覚の共進化の検証

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京大学 先端生命科学専攻 専攻長
 
2010年10月
 - 
現在
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 教授
 
1999年4月
 - 
2007年3月
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 助教授
 
1996年9月
 - 
1999年3月
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 助手
 
1992年1月
 - 
1996年8月
米国シラキュース大学生物学 Shozo Yokoyama研究室 ポストドクトラル研究員
 
1991年4月
 - 
1992年7月
東京大学 大学院理学系研究科 人類学専攻・植田信太郎研究室 日本学術振興会特別研究員(PD)
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1991年3月
東京大学 大学院理学系研究科 博士課程 人類学専攻
 
1986年4月
 - 
1988年3月
東京大学 大学院理学系研究科 修士課程 人類学専攻
 
1984年4月
 - 
1986年3月
東京大学 理学部 生物学科人類学課程
 
1982年4月
 - 
1984年3月
東京大学 教養学部 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本学術振興会  学術システム研究センター専門研究員(生物系科学専門調査班)
 
2016年1月
 - 
現在
日本霊長類学会  Primates誌 編集委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
独立行政法人大学評価・学位授与機構  国立大学教育研究評価委員会 専門委員
 
2016年1月
 - 
2018年8月
日本進化学会  副会長
 
2016年
 - 
2018年
Korean Society of Integrative Biology  Animal Cells and Systems, Advisory board member
 
2015年1月
 - 
2016年12月
日本遺伝学会  評議員(関東地区)
 
2015年
   
 
第69回日本人類学会大会実行委員会、委員
 
2015年
   
 
第17回日本進化学会大会実行委員会、委員
 
2014年12月
 - 
現在
Genetic Society of Korea  Genes & Genomics, Editorial Board member
 
2014年9月
 - 
2015年8月
日本進化学会2015大会実行委員会  委員
 
2014年1月
 - 
2015年12月
日本進化学会  事務幹事長
 
2014年1月
 - 
2015年12月
日本進化学会  評議員
 
2011年7月
 - 
2013年6月
日本霊長類学会  理事 保全・福祉担当
 
2012年1月
 - 
2013年12月
日本進化学会  評議員
 
2013年4月
 - 
現在
日本人類学会  評議員
 
2013年7月
 - 
2015年6月
日本霊長類学会  評議員
 
2013年7月
 - 
2015年6月
日本霊長類学会  理事 保全・福祉担当
 
2012年
 - 
現在
日本進化学会  学会賞選考委員
 
2011年4月
 - 
現在
京都大学霊長類研究所  運営委員会、委員
 
2011年7月
 - 
2013年6月
日本霊長類学会  評議員
 
2011年
   
 
第27回日本霊長類学会大会準備委員会、委員
 
2011年
   
 
Domestic Organization Committee, Annual Meeting of Society for Molecular Biology and Evolution at Kyoto (SMBE 2011 Kyoto)
 
2010年4月
 - 
2012年3月
京都大学霊長類研究所  共同利用専門委員会、委員
 
2010年4月
 - 
2013年3月
日本人類学会  Anthropological Science論文奨励賞選考委員
 
2010年
   
 
Committee of Program and Symposia, International Primatological Society XXIII Conference Kyoto 2010
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本霊長類学会  高島賞(学術奨励賞)選考委員
 
2005年4月
 - 
2015年3月
日本霊長類学会  Primates誌 諮問委員
 
2004年4月
 - 
現在
日本人類学会  Anthropological Science誌 編集委員
 
2000年
   
 
第54回日本人類学会大会実行委員会、委員
 

受賞

 
2006年
第78回日本遺伝学会Best Papers賞
 
2006年
第8回日本進化学会優良ポスター賞
 
2006年
Gordon Research Conferences: Visual System Development, Best Image Award
 

論文

 
*Kalbitzer, U., Bergstrom, M. L., Carnegie, S. D., Wikberg, E. C., Kawamura, S., Campos, F. A., Jack, K. M. and Fedigan, L. M.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(8) 1892-1897   2017年2月   [査読有り]
Koganebuchi, K., Haneji, K., Toma, T., Joh, K., Soejima, H., Fujimoto, K., Ishida, H., Ogawa, M., Hanihara, T., Harada, S., Kawamura, S. and *Oota, H.
American Journal of Human Biology   29(2) e2293   2017年3月   [査読有り]
*Melin, A. D., Khetpal, V., Matsushita, Y., Zhou, K., Campos, F. A., Welker, B. and Kawamura, S.
Ecology and Evolution   Online(5) 1421-1434   2017年2月   [査読有り]
*Wikberg, E. C., Jack, K. M., Fedigan, L. M., Campos, F. A., Yashima, A. S., Bergstrom, M. L., Hiwatashi, T., Kawamura, S.
Molecular Ecology   26(2) 653-667   2017年1月   [査読有り]
Tsutsui, K., Otoh, M., Sakurai, K., Suzuki-Hashido, N., Hayakawa, T., Misaka, T., Ishimaru, Y., Aurel, F., Melin, A. D., *Kawamura, S. and *Imai, H.
BMC Evolutionary Biology   16 208   2016年10月   [査読有り]
*Kawamura, S., Kasagi, S., Kasai, D., Tezuka, A., Shoji, A., Takahashi, A., Imai, H. and Kawata, M.
Vision Research   127 67-73   2016年10月   [査読有り]
Katsumura, T.†, Fukuyo, Y.†, Kawamura, S. and *Oota, H.
Journal of Physiological Anthropology   35 21   2016年9月   [査読有り]
*Sargeant, E. J., Wikberg, E. C., Kawamura, S., Jack, K. M. and Fedigan, L. M.
American Journal of Primatology   78(6) 659-668   2016年6月   [査読有り]
Sakai, Y., Ohtsuki, H., Kasagi, S., Kawamura, S. and *Kawata, M.
BMC Evolutionary Biology   16 106   2016年5月   [査読有り]
*Melin, A. D., Wells, K., Moritz, G. L., Kistler, L., Orkin, J. D., Timm, R. M., Bernard, H., Lakim, M. B., Perry, G. H., Kawamura, S. and *Dominy, N. J.
Molecular Biology and Evolution   33(4) 1029-1041   2016年4月   [査読有り]
*Sargeant, E. J., Wikberg, E. C., Kawamura, S. and Fedigan, L. M.
Behaviour   152(12月13日) 1841-1869   2015年10月   [査読有り]
Mitchell, D. M., Stevens, C. B., Frey, R. A., Hunter, S. S., Ashino, R., Kawamura, S. and *Stenkamp, D. L.
PLoS Genetics   11(8) e1005483   2015年8月   [査読有り]
Nakagome, S., Sato, T., Ishida, H., Hanihara, T., Yamaguchi, T., Kimura, R., *Mano, S., *Oota, H., Omoto, K., Tokunaga, K., Saitou, N., Kawamura, S., Tanabe, H., Umetsu, K., Tajima, A., Osada, N., Yamamoto, T., Ohashi, J., Suto, Y., Nishida, N., Sakate, R. and Sawai, H.
Molecular Biology and Evolution   32(6) 1533-1543   2015年6月   [査読有り]
*Kasagi, S., Mizusawa, K., Murakami, N., Andoh, T., Furufuji, S., Kawamura, S. and Takahashi, A.
Gene   556(2) 182-191   2015年2月   [査読有り]
Katsumura, T., Oda, S., Nakagome, S., Hanihara, T., Kataoka, H., Mitani, H., Kawamura, S. and *Oota, H.
Proceedings of the Royal Society B   281(1797) 20142259   2014年12月   [査読有り]
Infanticides during periods of social stability: kinship, resumption of ovarian cycling, and mating access in white-faced capuchins (Cebus capucinus)
*Schoof, V. A. M., Wikberg, E. C., Jack, K. M., Fedigan, L. M., Ziegler, T. E. and Kawamura, S.
Neotropical Primates   21(2) 192-196   2014年12月   [査読有り]
Tezuka, A., Kasagi, S., van Oosterhout, C., McMullan, M., Iwasaki, W. M., Kasai, D., Yamamichi, M., Innan, H., *Kawamura, S. and *Kawata, M.
Heredity   113(5) 381-389   2014年11月   [査読有り]
*Wikberg, E. V., Jack, K. M., Campos, F. A., Fedigan, L. M., Sato, A., Bergstrom, M. L., Hiwatashi, T. and Kawamura, S.
Animal Behaviour   96 9-17   2014年10月   [査読有り]
Matsumoto, Y., Hiramatsu, C., Matsushita, Y., Ozawa, N., Ashino, R., Nakata, M., Kasagi, S., Di Fiore, A. Schaffner, C. M., Aureli, F., Melin, A. D. and *Kawamura, S.
Molecular Ecology   23(7) 1799-1812   2014年4月   [査読有り]
*Takezawa, Y., Kato, K., Oota. H., Caulfield, T., Fujimoto, A., Honda, F., Kamatani, N., Kawamura, S., Kawashima, K., Kimura, R., Matsumae, H., Saito, A., Savage, P. E., Seguchi, N., Shimizu, K., Terao, S., Yamaguchi-Kabata, Y., Yasukouchi, A., Yoneda, M. and Tokunaga, K.
BMC Medical Ethics   15 33   2014年4月   [査読有り]
*Melin, A. D., Hiramatsu, C., Parr, N. A., Matsushita, Y., Kawamura, S. and Fedigan, L. M.
International Journal of Primatology   35(1) 258-287   2014年2月   [査読有り]
Matsushita, Y., Oota, H., Welker, B. J., Pavelka, M. S. and *Kawamura, S.
International Journal of Primatology   35(1) 71-87   2014年2月   [査読有り]
*Fedigan, L. M., Melin, A. D., Addicott, J. F. and Kawamura, S.
PLoS One   9(1) e84872   2014年1月   [査読有り]
Suzuki, S. C., Bleckert, A., Williams, P. R., Takechi, M., Kawamura, S. and *Wong, R. O. L.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110(37) 15109-15114   2013年9月   [査読有り]
*Aureli, F., Di Fiore, A., Murillo-Chacon, E., Kawamura, S. and Schaffner, C. M.
American Journal of Physical Anthropology   152(1) 86-95   2013年9月   [査読有り]
Fang, W., Bonaffini, S., Zou, J., Wang, X., Zhang, C., Tsujimura, T., Kawamura, S. and *Wei, X.
Gene Expression Patterns   13(5月6日) 150-159   2013年6月   [査読有り]
*Melin, A. D., Matsushita, Y., Moritz, G. L., Dominy, N. J. and *Kawamura, S.
Proceedings of the Royal Society B   280(1759) 2130189   2013年5月   [査読有り]
Koganebuchi, K., Katsumura, T., Nakagome, S., Ishida, H., Kawamura, S., *Oota, H. and The Asian Archival DNA Repository Consortium
Anthropological Science   120(3) 199-208   2012年12月   [査読有り]
Japanese Archipelago Human Population Genetics Consortium: Jinam, T., Nishida, N., Hirai, M., Kawamura, S., Oota, H., Umetsu, K., Kimura, R., Ohashi, J., Tajima, A., Yamamoto, T., Tanabe, H., Mano, S., Suto, Y., Kaname, T., Naritomi, K., Yanagi, K., Niikawa, N., *Omoto, K., *Tokunaga, K. and *Saitou, N.
Journal of Human Genetics   57(12) 787-795   2012年12月   [査読有り]
*Li, Y. N., Tsujimura, T., Kawamura, S. and Dowling, J. E.
The Journal of Comparative Neurology   520(16) 3786-3802   2012年11月   [査読有り]
Nakagome, S., Mano, S., Kozlowski, L., Bujnicki, J. M., Shibata, H., Fukumaki, Y., Kidd, J. R., Kidd, K. K., Kawamura, S. and *Oota, H.
Molecular Biology and Evolution   29(6) 1569-1585   2012年6月   [査読有り]
Katsumura, T., Oda, S., Tsukamoto, K., Sekiya, Y., Yamashita, T., Aso, M., Hata, M., Nonaka, M., Mano, S., Ishida, H., Mitani, H., Kawamura, S. and *Oota, H.
Anthropological Science   120(1) 81-89   2012年4月   [査読有り]
Wu, P. C., Chen, J.-B., Kawamura, S., Roos, C., Merker, S., Shih, C.-C., Hsu, B.-D., Lim, C. and *Chang, T. W.
Immunogenetics   64(4) 279-287   2012年4月   [査読有り]
*Melin, A. D., Moritz, G. L., Fosbury, R. A. E., Kawamura, S. and *Dominy, N. J.
American Journal of Primatology   74(3) 185-192   2012年3月   [査読有り]
Hiwatashi, T., Mikami, A., Katsumura, T., Suryobroto, B., Perwitasari-Farajallah, D., Malaivijitnond, S., Siriaroonrat, B., Oota, H., Goto, S. and *Kawamura, S.
BMC Evolutionary Biology   11 312   2011年10月   [査読有り]
*Miyazaki, T., Nakata, M., Kasagi, S., Iwami, T., Yamauchi, M. and Kawamura, S.
Polar Biology   32(2) 235-242   2011年2月   [査読有り]
Tsujimura, T., Hosoya, T. and *Kawamura, S.
PLoS Genetics   6(12) e1001245   2010年12月   [査読有り]
*Allison, W. T., Barthel, L. K., Skebo, K. M., Takechi, M., Kawamura, S. and Raymond, P. A.
The Journal of Comparative Neurology   518(20) 4182-4195   2010年10月   [査読有り]
Matsukusa, H., *Oota, H., Haneji, K., Toma, T., Kawamura, S. and Ishida, H.
American Journal of Physical Anthropology   142(2) 211-223   2010年6月   [査読有り]
*Melin, A. D., Fedigan, L. M., Young, H. C. and Kawamura, S.
Current Zoology   56(3) 300-312   2010年6月   [査読有り][招待有り]
Nakagome, S., Takeyama, Y., Mano, S., Sakisaka, S., Matsui, T., Kawamura, S. and *Oota, H.
Annals of Human Genetics   74(2) 126-136   2010年3月   [査読有り]
Hiwatashi, T., Okabe, Y., Tsutsui, T., Hiramatsu, C., Melin, A. D., Oota, H., Schaffner, C. M., Aureli, F., Fedigan, L. M., Innan, H. and *Kawamura, S.
Molecular Biology and Evolution   27(2) 453-464   2010年2月   [査読有り]
*Melin, A. D., Fedigan, L. M., Hiramatsu, C., Hiwatashi, T., Parr, N. and *Kawamura, S.
International Journal of Primatology   30(6) 753-775   2009年12月   [査読有り][招待有り]
*Kimura, R., Yamaguchi, T., Takeda, M., Kondo, O., Toma, T., Haneji, K., Hanihara, T., Matsukusa, H., Kawamura, S., Maki, K., Osawa, M., Ishida, H., Oota, H.
The American Journal of Human Genetics   85(4) 528-535   2009年10月   [査読有り]
Katsumura, T., Oda, S., Mano, S., Suguro, N., Watanabe, K., Mitani, H., *Oota, H. and Kawamura, S.
Gene   443(1) 170-177   2009年8月   [査読有り]
Hiramatsu, C., Melin, A. D., Aureli, F., Schaffner, C. M., Vorobyev, M., and *Kawamura, S.
Animal Behaviour   77(6) 1421-1426   2009年6月   [査読有り]
Matsumoto, Y., *Oota, H., Asaoka, Y., Nishina, H., Watanabe, K., Bujnicki, J. M., Oda, S., Kawamura, S. and *Mitani, H.
BMC Research Notes   2 88   2009年5月   [査読有り]
Takechi, M., Seno, S. and *Kawamura, S.
The Journal of Biological Chemistry   283(46) 31625-31632   2008年11月   [査読有り]
Hiramatsu, C., Melin, A. D., Aureli, F., Schaffner, C. M., Vorobyev, M., Matsumoto, Y. and *Kawamura, S.
PLoS ONE   3(10) e3356   2008年10月   [査読有り]
*Kozmik, Z., Ruzickova, J., Jonasova, K., Matsumoto, Y., Vopalensky, P., Kozmikova, I., Strnad, H., Kawamura, S., *Piatigorsky, J., Paces, V. and *Cestmir, V.
Proceedings of the National Academy of Sciences USA   105(26) 8989-8993   2008年7月   [査読有り]
*Melin, A. D., Fedigan, L. M., Hiramatsu, C. and *Kawamura, S.
Behavioral Ecology and Sociobiology   62(5) 659-670   2008年3月   [査読有り]
*Fukamachi, S., Kinoshita, M., Tsujimura, T., Shimada, A., Oda, S., Shima, A., Meyer, A., Kawamura, S. and Mitani, H.
Genetics   178(2) 761-769   2008年2月   [査読有り]
Tsujimura, T., Chinen, A. and *Kawamura, S.
Proceedings of the National Academy of Sciences USA   104(31) 12813-12818   2007年7月   [査読有り]
*Kawata, M., Shoji A., Kawamura, S. and Seehausen, O.
BMC Evolutionary Biology   7 99   2007年6月   [査読有り]
*Melin, A. D., Fedigan, L. M., Hiramatsu, C., Sendall, C. and *Kawamura, S.
Animal Behaviour   73(1) 205-214   2007年1月   [査読有り]
*Wei, X., Zou, J., Takechi, M., Kawamura, S. and Li, L.
Experimental Eye Research   83(1) 31-44   2006年6月   [査読有り]
Matsumoto, Y., Fukamachi, S., Mitani, H. and *Kawamura, S.
Gene   371(2) 268-278   2006年4月   [査読有り]
*Saito, A., *Mikami, A., *Kawamura, S., Ueno, Y., Hiramatsu, C., Widayati, K. A., Suryobroto, B., Teramoto, M., Mori, Y., Nagano, K., Fujita K., Kuroshima, H. and Hasegawa, T.
American Journal of Primatology   67(4) 425-436   2005年12月   [査読有り]
Hiramatsu, C., Tsutsui, T., Matsumoto, Y., Aureli, F., Fedigan, L. M. and *Kawamura, S.
American Journal of Primatology   67(4) 447-461   2005年12月   [査読有り]
*Saito, A., *Kawamura, S., *Mikami, A., Ueno, Y., Hiramatsu C., Koida, K., Fujita, K., Kuroshima, H. and Hasegawa, T.
American Journal of Primatology   67(4) 471-485   2005年12月   [査読有り]
*Kawamura, S., Takeshita, K., Tsujimura, T., Kasagi, S. and Matsumoto, Y.
Comparative Biochemistry and Physiology, Part B   141(4) 391-399   2005年8月   [査読有り]
Nagao, K., Takenaka, N., Hirai, M. and *Kawamura, S.
Gene   352 82-91   2005年6月   [査読有り]
Takechi, M. and *Kawamura, S.
The Journal of Experimental Biology   208(7) 1337-1345   2005年4月   [査読有り]
Chinen, A., Matsumoto, Y. and *Kawamura, S.
Molecular Biology and Evolution   22(4) 1001-1010   2005年4月   [査読有り]
Chinen, A., Matsumoto, Y. and *Kawamura, S.
The Journal of Biological Chemistry   280(10) 9460-9466   2005年3月   [査読有り]
Hiramatsu, C., Radlwimmer, F. B., Yokoyama, S. and *Kawamura S.
Vision Research   44(19) 2225-2231   2004年9月   [査読有り]
Kim, I.-C., Kim, Y. J., Yoon, Y.-D., Kawamura, S., Lee, Y.-S. and *Lee, J.-S.
Marine Environmental Research   58(2) 125-129   2004年8月   [査読有り]
*Kawamura, S. and Kubotera, N.
Journal of Molecular Evolution   58(1) 1-8   2004年3月   [査読有り]
*Kawamura, S. and Kubotera, N.
Gene   321 131-135   2003年12月   [査読有り]
Takechi, M., Hamaoka, T. and *Kawamura, S.
FEBS Letters   553(1) 90-94   2003年10月   [査読有り]
Chinen, A., Hamaoka, T., Yamada, Y. and *Kawamura, S.
Genetics   163(2) 663-675   2003年2月   [査読有り]
Hamaoka, T., Takechi, M., Chinen, A., Nishiwaki, Y. and *Kawamura, S.
Genesis   34(3) 215-220   2002年11月   [査読有り]
*Kawamura, S., Takenaka, N., Hiramatsu, C., Hirai, M. and Takenaka, O.
FEBS Letters   530(1) 70-72   2002年10月   [査読有り]
*Kawamura, S., Hirai, M., Takenaka, O., Radlwimmer, F. B. and Yokoyama, S.
Gene   269(1) 45-51   2001年5月   [査読有り]
Kawamura, S., Blow, N. S. and *Yokoyama, S.
Genetics   153(4) 1839-1850   1999年12月   [査読有り]
*Yokoyama, S., Radlwimmer, F. B. and Kawamura, S.
FEBS Letters   423(2) 155-158   1998年2月   [査読有り]
*Sumiyama, K., Kawamura, S., Takenaka, O. and Ueda, S.
Anthropological Science   106(1) 31-39   1998年1月   [査読有り]
Kawamura, S. and *Yokoyama, S.
Vision Research   38(1) 37-44   1998年1月   [査読有り]
Kawamura, S. and *Yokoyama, S.
Vision Research   37(14) 1867-1871   1997年7月   [査読有り]
Kawamura, S. and *Yokoyama, S.
Gene   182(1) 213-214   1996年12月   [査読有り]
Kawamura, S. and *Yokoyama, S.
Vision Research   36(18) 2797-2804   1996年9月   [査読有り]
Kawamura, S. and *Yokoyama, S.
Journal of Molecular Evolution   40(6) 594-600   1995年6月   [査読有り]
Kawamura, S. and *Yokoyama, S.
Gene   149(2) 267-270   1994年11月   [査読有り]
Kawamura, S. and *Yokoyama, S.
FEBS Letters   323(3) 247-251   1993年6月   [査読有り]
Kawamura, S. and *Ueda, S.
Genomics   13(1) 194-200   1992年5月   [査読有り]
Kawamura, S., Saitou, N. and *Ueda, S.
The Journal of Biological Chemistry   267(11) 7359-7367   1992年4月   [査読有り]
Kawamura, S., Tanabe, H., Watanabe, Y., Kurosaki, K., Saitou, N. and *Ueda, S.
Molecular Biology and Evolution   8(6) 743-752   1991年11月   [査読有り]
Kawamura, S., Omoto, K. and *Ueda, S.
Journal of Molecular Biology   215(2) 201-206   1990年9月   [査読有り]
Kawamura, S., Omoto K. and *Ueda, S.
Nucleic Acids Research   17(16) 6732   1989年8月   [査読有り]

Misc

 
河村正二
日本進化学会ニュース   17 3-1   2016年11月   [査読有り][依頼有り]
この人に聞く「動物によって色の世界はいろいろ」
河村正二
広島市安佐動物公園機関誌「すづくり」   45(4) 10-11   2016年10月   [依頼有り]
Kawamura, S.
Genes & Genomics   38(9) 779-791   2016年9月   [査読有り][依頼有り]
特集:第8回賛助会員の集い講演「霊長類の色覚の由来から見たヒト色覚の多様性の意味」
河村正二
Season in the CUDO   17(夏) 1-2   2016年9月   [依頼有り]
河村正二
月刊みんぱく2016年1月号   7-8   2016年1月   [依頼有り]
河村正二
日本進化学会ニュース   15(3) 1-2   2014年11月   [査読有り][依頼有り]
河村正二
化学と生物   50(5) 325-336   2012年5月   [査読有り][依頼有り]
河村正二
東京大学大学院新領域創成科学研究科 広報誌 創成   14 5   2009年9月   [依頼有り]
河村正二
比較生理生化学   26(3) 110-116   2009年8月   [査読有り][依頼有り]
(訳者ノート)霊長類の色覚:3色型が進化した理由は?
河村正二
日経サイエンス   39(7) 72-73   2009年7月   [依頼有り]
河村正二
別冊日経サイエンス   157 27-29   2007年9月   [依頼有り]
色覚用光センサー錐体視物質の多様性と生息光環境:魚類と霊長類に注目して.
河村正二
細胞工学   26(8) 872-877   2007年8月   [査読有り][依頼有り]
河村正二
日経サイエンス   36(10) 53-55   2006年10月   [依頼有り]
河村正二
脳21   6(4) 381-385   2003年10月   [査読有り][依頼有り]
河村正二
霊長類研究   16(2) 111-124   2000年10月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
Evolution of genes for color vision and the chemical senses in primates. In: Evolution of the Human Genome I: The Genome and Genes (Saitou, N. ed.)
*Kawamura, S. and *Melin, A. D. (担当:分担執筆, 範囲:in press)
Springer, Tokyo   2017年   
Polymorphism and adaptation of primate colour vision. In: Evolutionary Biology: Mechanisms and Trends (Pontarotti, P. ed.)
*Melin, A. D., Hiramatsu, C., Fedigan, L. M., Schaffner, C. M, Aureli, F. and *Kawamura, S. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 225-241)
Springer-Verlag, Berlin Heidelberg   2012年9月   
第8章コラム:霊長類型3色型色覚をめぐる「謎」. In: 進化:生命のたどる道 (長谷川眞理子 日本語版監修: 原著:Carl Zimmer (2010). The Tangled Bank: An Introduction to Evolution, Roberts and Company Publishers, Greenwood Village, Colorado)
*河村正二 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 208-209)
岩波書店   2012年5月   
Polymorphic color vision in primates: evolutionary considerations. In: Post-Genome Biology of Primates (Hirai, H., Imai, H. and Go, Y. eds.)
*Kawamura, S., Hiramatsu, C., Melin, A. D., Schaffner, C. M, Aureli, F. and Fedigan, L. M. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 93-120)
Springer, Tokyo   2012年4月   
第8章 色の生理 §5 動物の色覚. In: 新編色彩科学ハンドブック 第3版
*河村正二 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 373-379)
東京大学出版会   2011年4月   
Evolutionary diversification of visual opsin genes in fish and primates. In: From Genes to Animal Behavior: Social Structures, Personalities, Communication by Color
*Kawamura, S. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 329-349)
Springer, Tokyo   2011年1月   
Evolution of the immunoglobulin alpha gene in primates. In: Primatology Today (Ehara, A., Kimura, T., Takenaka, O. and Iwamoto, M. eds.)
Kawamura, S., Tanabe, H., Watanabe, Y., Kurosaki, K., Omoto, K. and *Ueda, S. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 623-626)
Elsevier, Amsterdam   1991年   
Hominoid immunoglobulin alpha genes: multiple recombinational events in their hinge regions. In: Molecular Evolution (Clegg, M. T. and O'Brien, S. T. eds.)
*Ueda, S. and Kawamura, S. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 13-18)
Alan R. Liss, Inc., New York   1990年   

講演・口頭発表等

 
新世界ザル3科6種に対するOR、TAS2R、TAS1R遺伝子レパートリー探索の報告
河村正二
第4回ケモビ研究会(Chemosensation and Behavior Workshop 2016)   2017年2月17日   
新世界ザル色覚・嗅覚・味覚遺伝子のターゲットキャプチャーと採食果実の物性分析 [招待有り]
河村正二
京都大霊長類研究所 共同利用研究会「霊長類の食性の進化」   2017年2月4日   
Sensory genetics, ecology and evolution: Color vision of primates and fish, and study extension to chemical sense in primates [招待有り]
Kawamura, S.
The International Alliance Research Internship (IARI) Symposium   2017年1月30日   
Color vision study of New World monkeys in Santa Rosa: the genetic perspective [招待有り]
Kawamura, S.
Linda Marie Fedigan Festschrift Symposium 2016   2016年12月1日   
眼の起源と脊椎動物の進化から見たヒトの色覚多様性 [招待有り]
河村正二
第57回日本視能矯正学会   2016年10月15日   
新世界ザル3科6種に対するターゲットキャプチャーによる嗅覚受容体レパートリーの網羅的比較解析
河村正二、直井工、蘆野龍一、新村芳人、東原和成、Melin, A. D.
第70回日本人類学会   2016年10月8日   
新世界ホエザル属と旧世界霊長類の3色型色覚に対する選択圧の違い:L-Mオプシン遺伝子間塩基相違を基にした考察
松下裕香、竹?直子、Melin, A. D.、河村正二
第88回日本遺伝学会   2016年9月7日   
視物質の再構成によるグッピーの色覚多様性をもたらす仕組みの考察
河村正二、笠木聡、河西大輔、手塚あゆみ、正路章子、高橋明義、今井啓雄、河田雅圭
第88回日本遺伝学会   2016年9月7日   
新世界ザル類におけるL/Mオプシンのアリール頻度構成の偏りとその成因
河村正二、松下裕香
第18回日本進化学会   2016年8月25日   
Color vision and age affect fruit foraging rates of wild white-faced capuchins (Cebus capucinus) in sector Santa Rosa
Walco, E. R., Chiou, K. L., Kawamura, S., Fedigan, L. M. and Melin, A. D.
Joint meeting of the International Primatological Society and the American Society of Primatologists   2016年8月21日   
Infant survival in relation to female social bonds and alpha male replacements in wild white-faced capuchin monkeys
Kalbitzer, U., Bergstrom, M. L., Carnegie, S. D., Kawamura, S., Wikberg, E. C., Campos, F. A. and Fedigan, L. M.
Joint meeting of the International Primatological Society and the American Society of Primatologists   2016年8月21日   
How reliable are color and softness as fruit nutritional cues? Integrating food properties and foraging data from Costa Rican capuchins in a dry tropical forest
Williamson, R. E., Rothman, J. M., Kawamura, S. and Melin, A. D.
Joint meeting of the International Primatological Society and the American Society of Primatologists   2016年8月21日   
Parallel dispersal and its effect on the kin composition of wild white-faced capuchin (Cebus capucinus) groups in Costa Rica
Wikberg, E. C., Campos, F. A., Sato, A., Bergstrom, M. L., Hiwatashi, T., Jack, K. M., Fedigan, L. M. and Kawamura, S.
Joint meeting of the International Primatological Society and the American Society of Primatologists   2016年8月21日   
Behavioral ecology and sensory genomics of white-faced capuchin monkeys (Cebus capucinus) in a comparative context
Melin, A. D., Orkin, J. D., Garrett, E. C., Montague, M. J., Bankoff, R., Perry, G., Warren, W. C. and Kawamura, S.
Joint meeting of the International Primatological Society and the American Society of Primatologists   2016年8月21日   
Changing views on selective advantage, diversity and evolution of trichromatic color vision in primates via genetic and field studies
Matsushita, Y. and Kawamura, S.
Joint meeting of the International Primatological Society and the American Society of Primatologists   2016年8月21日   
感覚系遺伝子の進化生態遺伝学 (Sensory genetics, ecology and evolution) [招待有り]
河村正二
国立遺伝学研究所研究集会「分子進化学の現状と今後の展望」   2016年8月20日   
グッピーの色覚多様性をもたらす仕組みの理解に向けた視物質再構成と吸収波長の直接測定
河村正二、笠木聡、河西大輔、手塚あゆみ、正路章子、高橋明義、今井啓雄、河田雅圭
第19回日本光生物学協会年会   2016年7月28日   
ノドジロオマキザル採食果実の匂い成分分析による霊長類採食行動に寄与する感覚の検討
遠藤瑞輝、白須未香、Williamson, R. E.、Nevo, O.、Melin, A. D.、東原和成、河村正二
第32回日本霊長類学会   2016年7月15日   
色覚多様性の顕著な新世界ザル類に対する嗅覚受容体レパートリーの種間比較解析
直井工、蘆野龍一、Veilleux, C. C.、Garrett, E. C.、松井淳、新村芳人、Melin, A. D.、東原和成、河村正二
第32回日本霊長類学会   2016年7月15日   
多様な色覚・食性を持つ新世界ザル類に対する苦味受容体遺伝子レパートリーの種間比較解析
林真広、蘆野龍一、Veilleux, C. C.、Garrett, E. C.、Melin, A. D.、今井啓雄、河村正二
第32回日本霊長類学会   2016年7月15日   
霊長類の色覚の由来から見たヒト色覚の多様性の意味 [招待有り]
河村正二
カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)賛助会員の集い   2016年5月28日   
Sensory genetics, ecology and evolution: Vision and chemical sense in humans, wild primates and fish [招待有り]
Kawamura, S.
Department of Anthropology and Archeology Seminar   2016年3月8日   
オオサンショウウオの色覚:視覚オプシン遺伝子から明らかにする両生類の色覚進化 [招待有り]
蘆野龍一、河村正二
第2回オオサンショウウオ共同研究シンポジウム 〜オオサンショウウオの今とこれから〜   2016年1月24日   
Color vision diversity and significance in primates inferred from genetic and field studies [招待有り]
Kawamura, S.
International Conference of the Genetics Society of Korea, 2015 (GSK2015)   2015年12月4日   
霊長類の色覚の由来から考えるヒト色覚の多様性の意味 [招待有り]
河村正二
人間総合科学大学 第27回心身健康科学サイエンスカフェ   2015年11月27日   
多様性豊かな新世界ザルのケミカルセンサーと採食果実のケミカルシグナルから探る霊長類の感覚生態の進化
河村正二
第3回ケモビ研究会(Chemosensation and Behavior Workshop 2015)   2015年11月13日   
次世代シーケンサーによる北海道アイヌの全ゲノム配列解析
松前ひろみ、小金渕佳江、木村亮介、田嶋敦、河村正二、清水健太郎、太田博樹、尾本惠市
第69回日本人類学会大会   2015年10月10日   
サバンナに生息するアヌビスヒヒ集団に対する捕食圧の推定
松本晶子、國松豊、Wikberg, E. C.、松下裕香、河村正二
第69回日本人類学会大会   2015年10月10日   
Howler monkey foraging ecology suggests convergent evolution of routine trichromacy as an adaptation for folivory
Khetpal, V., Welker, B., Matsushita, Y., Kawamura, S. and Melin, A. D.
Midwest Primate Interest Group Conference   2015年10月9日   
Sensory ecology of wild capuchins: Integrating fruit signals, nutrition, and foraging behavior [招待有り]
Melin, A. D., Shirasu, M., Matsushita, Y., Venkataraman, V., Rothman, J. M., Touhara, K. and Kawamura, S.
The 17th Annual Meeting of the Society for Evolutionary Studies, Japan: Symposium "Sensory genetics, ecology and evolution of primates" (Symposium organized by S. Kawamura and H. Imai)   2015年8月20日   
Significance of color vision diversity in primates inferred from genetic and field studies
Kawamura, S.
The 17th Annual Meeting of the Society for Evolutionary Studies, Japan: Symposium "Sensory genetics, ecology and evolution of primates" (Symposium organized by S. Kawamura and H. Imai)   2015年8月20日   
Variation of absorption spectrum and gene expression pattern of red opsins under different light environments and its effect on behavioral spectral sensitivity in guppies, Poecilia reticulata
Sakai, Y., Kasagi, S., Kawamura, S., Ohtsuki, H. and Kawata, M.
15th congress of the European Society for Evolutionary Biology   2015年8月10日   
果実の物性と採食行動の関連から見た野生オマキザル(Cebus capucinus)の果実採食に有効な感覚の再考
河村正二、Melin, A. D.、白須未香、松下裕香、櫻井児太摩、Bergstrom, M. K.、Fedigan, L. M.、東原和成
第31回日本霊長類学会大会   2015年7月18日   
Evolutionary diversity of colour vision in primates: implications from field and genetic studies [招待有り]
Kawamura, S.
The 23rd Symposium of the International Colour Vision Society (ICVS 2015)   2015年7月3日   
Prevalence of dichromacy and anomalous trichromacy in a wild population of spider monkeys (Ateles geoffroyi) in Yucatan, Mexico
Pablo-Rodr?guez, M., Matsushita, Y., Schaffner, C. M., Aureli, F., Hern?ndez-Salazar, L. T. and Kawamura, S.
El V Congreso Mexicano de Primatolog?a   2015年6月29日   
Alternative routes to reproductive success may explain male cooperation in a primate population (Cebus capucinus) with high reproductive skew
Wikberg, E. C., Jack, K. M., Campos, F. A., Sato, A., Bergstrom, M. L., Hiwatashi, T., Kawamura, S. and Fedigan, L. M.,
The 84th Annual Meeting of the American Association of Physical Anthropologists   2015年3月25日   
Examining the links among fruit signals, nutritional value, and the sensory behaviors of wild capuchin monkeys (Cebus capucinus)
Melin, A. D., Shirasu, M., Matsushita, Y., Myers, M. S., Bergstrom, M. B., Venkataraman, V., Rothman, J. M., Fedigan, L. M., Touhara, K. and Kawamura, S.
The 84th Annual Meeting of the American Association of Physical Anthropologists   2015年3月25日   
グッピーにおいて生息光環境の変化がオプシン遺伝子発現量と色覚に与える影響
酒井祐輔、大槻朝、笠木聡、河村正二、河田雅圭
第62回日本生態学会大会   2015年3月18日   
新世界ザルの苦味受容体応答の種間差
筒井圭、尾頭雅大、櫻井児太摩、鈴木-橋戸南美、早川卓志、Welker, B. J., Aureli, F.、Schaffner, C. M.、Fedigan, L. M.、河村正二、今井啓雄
第59回プリマーテス研究会   2015年1月31日   
レトロトランスポゾン R2Olの5'UTRに存在するリボザイム配列の機能解析
芝典江、紙あづさ、石塚明、河村正二、藤原晴彦
第37回日本分子生物学会   2014年11月25日   
Male cooperation despite high reproductive skew may be explained by reproductive queuing in white-faced capuchin monkeys [招待有り]
Wikberg, E. C., Jack, K. M., Kawamura, S. and Fedigan, L. M.
2014 NAKFI Conference   2014年11月13日   
Interspecific variation of ligand sensitivity and evolution of bitter taste receptors TAS2R1 and TAS2R4 in New World monkeys
Tsutsui, K., Otoh, M., Sakurai, K., Suzuki-Hashido, N., Hayakawa, T., Welker, B. J., Aureli, F., Schaffner, C. M., Fedigan, L. M., Kawamura, S. and Imai, H.
12th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms ofTaste and Olfactory Perception   2014年11月2日   
Interspecific variation in ligand sensitivity of G-protein-coupled bitter taste receptors in New World monkeys
Tsutsui, K., Otoh, M., Sakurai, K., Suzuki-Hashido, N., Hayakawa, T., Welker, B. J., Aureli, F., Schaffner, C. M., Fedigan, L. M., Kawamura, S. and Imai, H.
16th International Conference on Retinal Proteins   2014年10月5日   
Interspecific variation of ligand sensitivity and evolution of bitter taste receptors TAS2R1 and TAS2R4 in New World monkeys
Tsutsui, K., Otoh, M., Sakurai, K., Suzuki-Hashido, N., Hayakawa, T., Welker, B. J., Aureli, F., Schaffner, C. M., Fedigan, L. M., Kawamura, S. and Imai, H.
The 52nd Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan   2014年9月25日   
Activity patterns, diet and the evolution of color vision in "Archonta"
Melin, A. D., Moritz, G. L., Wells, K., Danosi, C., Matsushita, Y., Kistler, L., McCracken, G. F., Perry, G., Kawamura, S. and Dominy, N. J.
The 37th Annual Meeting of the American Society of Primatologists   2014年9月12日   
グッピーにおいて光環境がオプシン遺伝子の発現量の変化におよぼす影響
酒井祐輔、大槻朝、笠木聡、河村正二、河田雅圭
第16回日本進化学会   2014年8月21日   
日本列島ヒト集団におけるモヤモヤ病感受性遺伝子RNF213 の遺伝的多様性の検討
小金渕佳江、石崎直也、河村正二、木村亮介、石田肇、城圭一郎、副島英伸、藤本一眞、佐藤公俊、安井美江、隈部俊宏、藤井清孝、秋山辰穂、埴原恒彦、太田博樹
第16回日本進化学会   2014年8月21日   
薬物代謝酵素の遺伝的多型がメダカの性的二型に与える影響とその進化学的考察
勝村啓史、尾田正二、三谷啓志、河村正二、太田博樹
第16回日本進化学会   2014年8月21日   
Functional diversity of bitter taste receptors in new world monkeys
Tsutsui, K., Otoh, M., Sakurai, K., Suzuki-Hashido, N., Hayakawa, T., Welker, B. J., Aureli, F., Schaffner, C. M., Fedigan, L. M., Kawamura, S. and Imai, H.
The 25th Congress of the International Primatological Society (IPS 2014)   2014年8月11日   
Male reproductive success in white-faced capuchins
Wikberg, E. C., Jack, K. M., Fedigan, L. M., Campos, F. A., Sato, A., Bergstrom, M. L., Hiwatashi, T. and Kawamura, S.
The 25th Congress of the International Primatological Society (IPS 2014)   2014年8月11日   
Novel L/M opsin alleles create unique color vision in Mexican spider monkeys
Matsushita1, Y., Pablo-Rodr?guez, M., Schaffner, C. M., Ramos-Fernandez, G., Aureli, F. and Kawamura, S.
The 25th Congress of the International Primatological Society (IPS 2014)   2014年8月11日   
Towards understanding evolutionary diversity of chemical sensors in New World monkeys with polymorphic color vision
Kawamura, S., Tsutsui, K., Otoh, M., Matsushita, Y., Sakurai, K., Suzuki-Hashido, N., Hayakawa, T., Shirasu, M., Melin A. D., Bergstrom M. L., Welker B. J., Schaffner, C. M., Aureli, F., Fedigan, L. M., Touhara, K. and Imai, H.
The 25th Congress of the International Primatological Society (IPS 2014)   2014年8月11日   
新世界ザル苦味受容体機能の種間差
今井啓雄、筒井圭、尾頭雅大、櫻井児太摩、鈴木-橋戸南美、早川卓志、Aureli, F.、Schaffner, C. M.、Fedigan, L. M.、河村正二
第30回日本霊長類学会   2014年7月4日   
Male reproductive success in white-faced capuchins
Wikberg, E. C.、Jack, K. M.、Fedigan, L. M.、Campos, F. A.、佐藤亮子、Bergstrom, M. L.、樋渡智秀、河村正二
第30回日本霊長類学会   2014年7月4日   
メキシコユカタン半島Punta Laguna地域のクモザル野生集団に見出した新規L/Mオプシンアレルと新たな色覚多様性
松下裕香、Pablo-Rodriguez, M.、Schaffner, C. M.、Ramos-Fernandez, G.、Aureli, F.、○河村正二
第30回日本霊長類学会   2014年7月4日   
Retinoic acid signaling regulates expression of the tandemly duplicated LWS1 and LWS2 genes in zebrafish
Stenkamp, D. L., Stevens, C. B., Frey, R. A. and Kawamura, S.
2014 Annual Meeting of The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO 2014)   2014年5月4日   
Infanticides during a socially stable period in wild white-faced capuchin monkeys (Cebus capucinus)
Schoof, V. A., Wikberg, E., C., Fedigan, L. M., Jack, K. M., Ziegler, T. E. and Kawamura, S.
The 83rd Annual meeting of the American Association of Physical Anthropologists (AAPA)   2014年4月8日   
Bide your time: Method of alpha male replacement, infant deaths, and time to conception in Cebus capucinus
Jack, K. M., Brasington, L. F., Ritchotte, K., Wikberg, E. C., Kawamura, S. and Fedigan, L. M.
The 83rd Annual meeting of the American Association of Physical Anthropologists (AAPA)   2014年4月8日   
モヤモヤ病原因遺伝子RNF213の琉球諸島・北部九州ヒト集団における遺伝的多型
小金渕佳江、中込滋樹、間野修平、石崎直也、河村正二、木村亮介、石田肇、城圭一郎、副島英伸、藤本一真、佐藤公俊、安井美江、隈部俊宏、藤井清孝、秋山辰穂、埴原恒彦、太田博樹
第67回日本人類学会   2013年11月1日   
ヒト色覚多型の起源解明を目指したL-Mオプシン遺伝子間塩基相違度のexon・intron領域による違い方の集団間及び種間比較
栗山友理子、石崎直也、白井裕介、福世裕貴子、Kidd, K. K.、太田博樹、手島康介、河村正二
第67回日本人類学会   2013年11月1日   
Functional diversity of bitter taste receptors TAS2R1 and TAS2R4 in New World monkeys
Tsutsui, K., Otoh, M., Sakurai, K., Suzuki-Hashido, N., Hayakawa, T., Aureli, F., Schaffner, C. M., Fedigan, L. M., Kawamura, S., Imai, H.
The 11th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception (YR Umami Forum 2013: ISMNTOP 2013)   2013年10月31日   
Functional diversity of bitter taste receptors TAS2R1 and TAS2R4 in New World monkeys
Tsutsui, K., Otoh, M., Sakurai, K., Suzuki-Hashido, N., Hayakawa, T., Aureli, F., Schaffner, C. M., Fedigan, L. M., Kawamura, S., Imai, H.
The 51st Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan   2013年10月28日   
Naturally occurring variation of CYP xenobiotic enzyme alleles in medaka sheds a new light on sexual dimorphism variation among human populations
Katsumura, T., Oda, S., Mitani, H., Kawamura, S., Oota, H.
19th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting   2013年9月20日   
Functional complementation between two classes of green sensitive opsin genes in teleost fish
Ashino, R., Kasagi, S., Okuda, H., Kawamura, S.
19th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting   2013年9月20日   
L-Mオプシン遺伝子間塩基相違度のexon・intron領域による違い方を集団間及び種間で比較することでヒト色覚多型の起源を探る
栗山友理子、石崎直也、白井裕介、福世裕貴子、Kidd, K. K.、太田博樹、手島康介、河村正二
第85回日本遺伝学会   2013年9月19日   
色覚・食性の異なる新世界ザル種間における苦味受容体TAS2R1及び4のリガンド感受多様性
尾頭雅大、筒井圭、櫻井児太摩、鈴木-橋戸南美、早川卓志、Aureli, F.、Schaffner, C. M.、Fedigan, L. M.、今井啓雄、河村正二
第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会   2013年9月6日   
Parallel dispersal and its effect on the kin composition of groups in a gregarious primate (Cebus capucinus)
Wikberg, E. C.、Campos, F. A.、佐藤亮子、Bergstrom, M. L.、樋渡智秀、Jack, K. M.、Fedigan, L. M.、河村正二
第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会   2013年9月6日   
霊長類における定向的色覚進化モデルの反証としてのホエザル属3色型色覚の多様性の実証
松下裕香、太田博樹、Welker, B.、Pavelka, M.、河村正二
第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会   2013年9月6日   
クモザル亜科L/Mオプシン多型の進化的改編による果実と背景葉の色識別能の向上
河村正二、松本圭史、平松千尋、松下裕香、小澤範宏、蘆野龍一、中田真紀子、笠木聡、Di Fiore, A.、Schaffner, C. M.、Aureli, F.、Melin, A.
第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会   2013年9月6日   
メダカ地域集団でみられる性的二型の地域差に関連するCYP遺伝子多型の進化学的考察
勝村啓史、尾田正二、三谷啓志、河村正二、太田博樹
第15回日本進化学会   2013年8月28日   
真骨魚類における2種類の緑型オプシンの相補的遺伝子重複による感受中波長域の拡大
蘆野龍一、笠木聡、奥田紘子、河村正二
第15回日本進化学会   2013年8月28日   
ホエザル属3色型色覚の多様性実証による霊長類における定向的色覚進化モデル妥当性の検討
松下裕香、太田博樹、Welker, B.、Pavelka, M.、河村正二
第15回日本進化学会   2013年8月28日   
クモザル亜科にみられるL/Mオプシン多型の進化的改編がもたらした果実と背景葉の色識別能の向上
河村正二、松本圭史、平松千尋、松下裕香、小澤範宏、蘆野龍一、中田真紀子、笠木聡、Di Fiore, A.、Aureli, F.、Schaffner, C. M.、Melin, A.
第15回日本進化学会   2013年8月28日   
Functional complementation between two classes of green sensitive opsin genes in teleost fish
Ashino, R., Kasagi, S., Okuda, H. and Kawamura, S.
Annual Conference of the Society for Molecular Biology and Evolution 2013 (SMBE 2013)   2013年7月7日   
Variability of trichromatic color vision in howler monkeys by L/M hybrid opsin genes
Matsushita, Y., Oota, H., Welker, B., Pavelka, M. and Kawamura, S.
Annual Conference of the Society for Molecular Biology and Evolution 2013 (SMBE 2013)   2013年7月7日   
Possible mesopic origin of primate trichromatic color vision inferred from L/M opsin polymorphism of ancestral tarsiers
Kawamura, S., Matsushita, Y., Melin, A. D., Mortiz, G. L. and Dominy, N. J.
Annual Conference of the Society for Molecular Biology and Evolution 2013 (SMBE 2013)   2013年7月7日   
真骨魚類における2タイプのオプシン遺伝子の相補的な進化による幅広い中波長感受性の獲得
蘆野龍一、笠木聡、奥田紘子、河村正二
第13回 東京大学生命科学シンポジウム   2013年6月8日   
マツカワおよびヒラメの眼球に発現する視物質遺伝子の機能解析
笠木聡、矢野尚紀、水澤寛太、村上直人、安藤忠、河村正二、高橋明義
平成25年度日本水産学会春季大会   2013年3月26日   
魚類をモデルとした色覚進化の適応的柔軟性の検討 [招待有り]
河村 正二
シンポジウム 「色覚・光受容機能の多様性・環境応答とその応用」   2013年1月23日   三重大学COE-A(世界に誇れる世界トップレベルの研究拠点)「魚類をモデルとした生物多様性と次世代型ポストゲノム教育研究拠点」
色覚多型を示す新世界ザル野生集団における苦味受容体遺伝子群の種内変異と採食果実の香気成分分析
河村正二、櫻井児太摩、白須未香、松下裕香、Melin, A.、Bergstrom, M.、今井啓雄、東原和成、太田博樹、Aureli, F.、Fedigan, L.
第66回日本人類学会   2012年11月2日   
琉球諸島と北部九州におけるクローン病の遺伝と環境の相互作用に関する人類学的考察
中込滋樹、間野修平、知念寛、伊良波淳、金城福則、藤田次郎、石田肇、木村亮介、竹山康章、向坂彰太郎、松井敏幸、Kidd, J. R.、Kidd, K. K.、森田英利、Said, H. S.、須田亙、河村正二、服部正平、埴原恒彦、太田博樹
第66回日本人類学会   2012年11月2日   
ゲノムワイドSNP データに基づく琉球列島の人々の集団構造
佐藤丈寛、川口亮、石田肇、山口徹太郎、山本健、河村正二、中込滋樹、間野修平、埴原恒彦、太田博樹、渡辺千晶、山口今日子、木村亮介
第66回日本人類学会   2012年11月2日   
ヒトとメダカ共通に観察された地域集団間の性的二型の程度の違いに関与する遺伝的多型
勝村啓史、尾田正二、三谷啓志、埴原恒彦、河村正二、太田博樹
第66回日本人類学会   2012年11月2日   
常染色体およびY 染色体STR 多型もとづく『アイヌ.沖縄同系論』の検証
太田博樹、小金渕佳江、勝村啓史、河村正二、中込滋樹、石田肇、アジア人古収集DNA レポジトリーコンソーシアム
第66回日本人類学会   2012年11月2日   
NOD2遺伝子座におけるクローン病原因変異の地域特異性
中込滋樹、間野修平、Kozlowski, L.、Bujnicki, J. M.、柴田弘紀、服巻保幸、Kidd, J. R.、Kidd, K. K.、河村正二、太田博樹
第57回日本人類遺伝学会   2012年10月24日   
夜行性メガネザル3種のL/Mオプシン遺伝子と共通祖先に維持された色覚多型の検討
河村正二、松下裕香、Melin, A.、Moritz, G.、Dominy, N.
第84回日本遺伝学会   2012年9月24日   
霊長類の自然集団に注目した感覚関連遺伝子の多様性の探索と適応進化の検証
河村正二、笠木聡、蘆野龍一、松下裕香、石崎直也、櫻井児太摩、尾頭雅大、栗山友理子、太田博樹、手塚あゆみ、河田雅圭
2012年度「ゲノム支援」拡大班会議   2012年8月29日   
色覚オプシンの種内多様性と環境適応
河村正二、笠木聡、手塚あゆみ、河田雅圭
2012年度「ゲノム支援」拡大班会議   2012年8月29日   
新世界ザル野生集団における苦味受容体遺伝子群の種内変異と採食果実の香気成分分析
河村正二、櫻井児太摩、白須未香、松下裕香、Melin, A.、Bergstrom, M.、今井啓雄、東原和成、太田博樹、Aureli, F.、Fedigan, L.
第14回日本進化学会   2012年8月21日   
グッピーにおけるLWSオプシン遺伝子の多型と遺伝子発現量及び長波長光感受性との関連
酒井祐輔、大槻朝、手塚あゆみ、笠木 聡、河村正二、河田雅圭
第14回日本進化学会   2012年8月21日   
Improvement of chromatic resolution of L/M opsin alleles in atelid New World monkeys
Kawamura, S., Matsumoto, Y., Matsushita, Y., Ozawa, N., Nakata, M., Kasagi, S. and Hiramatsu, C.
The 24th Congress of the International Primatological Society (IPS 2012)   2012年8月12日   
Assessment of bitter taste receptor gene variation and dietary fruit odorants in natural populations of color-vision polymorphic New World Monkeys
Kawamura, S., Sakurai, K., Bergstrom, M., Shirasu, M., Matsushita, Y., Melin, A., Imai, H., Touhara, K., Oota, H., Aureli, F. and Fedigan, L.
The 24th Congress of the International Primatological Society (IPS 2012)   2012年8月12日   
Possible anomalous trichromacy of color vision by hybrid L/M opsin genes in wild howler monkeys, Alouatta
Matsushita, Y., Oota, H., Welker, B., Pavelka, M. and Kawamura, S.
The 24th Congress of the International Primatological Society (IPS 2012)   2012年8月12日   
Visual pigments, treeshrews, and the origins of primates
Melin, A. D., Moritz, G. L., Wells, K., Kawamura, S. and Dominy, N. J.
The 24th Congress of the International Primatological Society (IPS 2012)   2012年8月12日   
Male immigration in spider monkeys?
Schaffner, C. M., Murillo, E., Di Fiore, A., Kawamura, S. and Aureli, F.
The 24th Congress of the International Primatological Society (IPS 2012)   2012年8月12日   
新世界ザル野生集団における苦味受容体遺伝子群の多様性と採食果実の香気成分分析
河村正二、櫻井児太摩、白須未香、松下裕香、Melin, A.、Bergstrom, M.、今井啓雄、東原和成、太田博樹、Aureli, F.、Fedigan, L.
第28回日本霊長類学会   2012年7月6日   
メガネザル3種のL/Mオプシン遺伝子解析による共通祖先色覚多型の検討
松下裕香、Melin, A.、Moritz, G.、Dominy, N.、河村正二
第28回日本霊長類学会   2012年7月6日   
Mutations improving chromatic resolution of L/M opsin alleles in atelid New World monkeys
Kawamura, S., Matsumoto, Y., Matsushita, Y., Ozawa, N., Nakata, M., Kasagi, S. and Hiramatsu, C.
The 20th Annual Meeting of the Society for Molecular Biology and Evolution 2012 (SMBE 2012)   2012年6月23日   
Color vision variation of trichromacy by L/M hybrid genes in wild populations of New World howler monkeys
Matsushita, Y., Oota, H., Welker, B., Pavelka, M. and Kawamura, S.
The 20th Annual Meeting of the Society for Molecular Biology and Evolution 2012 (SMBE 2012)   2012年6月23日   
Medaka (Oryzias latipes) as a population model for studying functional differences between the alleles of human polymorphisms
Katsumura, T., Oda, S., Mitani, H., Kawamura, S. and Oota, H.
The 20th Annual Meeting of the Society for Molecular Biology and Evolution 2012 (SMBE 2012)   2012年6月23日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究(16K14818)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 河村 正二
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 松本 晶子
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B)) (海外学術調査) (15H05242)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 今井 啓雄
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(A)) (一般) (15H02421)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 河村 正二
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B)) (海外学術調査) (24405018)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 今井 啓雄
Fruit-Frugivore Interactions: From the Genes to the Community
National Geographic Society: National Geographic Standard Grant (Asia 67-16)
研究期間: 2017年2月 - 2018年2月    代表者: Shoji KAWAMURA
24,700.00 USD
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B)) (海外学術調査) (23405016)
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 松本 晶子
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(A)) (一般) (22247036)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 河村 正二
コスタリカ共和国グアナカステ自然保護区サンタロサ地区において、ヒトと同様な恒常的3色型覚をするとされる新世界ザルのホエザルと2色型と3色型の多型的色覚を有する新世界ザルのオマキザル及びクモザルから糞サンプルを収集した。また、乾季においてオマキザルの採食する果実を収集した。糞サンプルからはDNAを抽出し、赤-緑オプシン遺伝子のエクソン3及び5のPCR増幅と一部の塩基配列決定を行なった。味覚受容体の味覚受容体TAS2R1、TAS2R4、TAS2R40についてシロガオオマキザル4群、チュウベイク...
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) (23657164)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 河村 正二
遺伝子重複による視覚オプシンの進化が顕著な魚類と霊長類に注目し、重複オプシン遺伝子の発現分化と吸収波長分化の観点から解析を行なった。同定したゼブラフィッシュの視覚オプシン制御領域を利用し、特定の視細胞を可視化することで網膜形成の理解に貢献した。グッピーの重複オプシンLWS遺伝子に野生集団の遺伝的分化を見出した。霊長類の重複L/Mオプシン遺伝子間に遺伝子変換による均一化、ハイブリッド遺伝子形成、浄化淘汰による吸収波長の差異の保護を見出した。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究) (細胞感覚・公募研究) (21026007)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 河村 正二
視覚オプシンの遺伝子重複と重複オプシン遺伝子間の吸収波長の分化及び発現パターンの分化は視覚系進化の重要なステップである。しかし、発現パターンの分化のメカニズムの理解は吸収波長の分化のメカニズムに比べて非常に遅れている。ゼブラフィッシュ(Danio rerio)は2つの赤型錐体オプシン遺伝子LWS-1とLWS-2を持つ。これらはゲノム中で順方向に隣接して並んでおり、共に網膜の複錐体長形細胞(long member of double cones(LDCs))に特異的に発現している。網膜の中央...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究) (比較ゲノム・公募研究) (20017008)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 河村 正二
ゼブラフィッシュの重複RH2オプシンについて発現制御機構の進化過程の一端を明らかにすることができた。この成果は重複遺伝子の発現分化研究に貢献し、中でも魚類の視物質オプシンにおいては初めての報告となり色覚進化研究に重要な貢献となる。また、メダカとゼブラフィッシュはともにゲノム研究が進んだ優れた実験モデル生物であり、その利点を生かした遺伝子制御領域の進化研究は優れたモデルケースになりえる。さらにメダカは東〜東南アジアに広く分布し、オプシン遺伝子の網膜での発現パターンを近縁種間で比較できる利点を...
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(A)) (一般) (19207018)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 河村 正二
多型的色覚を有する新世界ザルの野生集団に対して糞DNAを収集し赤-緑オプシン遺伝子の塩基配列多型性を調査し海外研究協力者とともに行動観察を実施した。結果は意外にも3色型色覚個体は果実採食においてさえ2色型色覚と採食効率が変わらず、色カモフラージュした昆虫の採食においてはむしろ2色型色覚の方が高い採食効率を示した。また、色度及び明度において葉とコントラストの低い果実に対しては、色覚型によらず果実の匂いを嗅いで取捨選択しており、嗅覚が採食行動において重要な役割を果たしていることを明らかにした。...
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C)) (一般) (19570226)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 太田 博樹
ゲノム情報からヒトにおいて環境適応に関連してきた可能性のある多型が見つかる。これらについて(1)機能解析を行うための実験モデル生物としてメダカ(Oryzias latipes)が有望であることが明らかになった。また(2)ゲノム中で人類集団間での対立遺伝子(アレル)頻度が大きく異なることが知られていたアルコール脱水素酵素(ADH)遺伝子クラスターについて、全ヒト多様性のうち、東アジアにおいて正の自然淘汰の強い証拠が検出された。これらの成果はヒトゲノム多様性の進化的意義を知る上で有用な知見である。
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B)) (一般) (18370009)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 河田 雅圭
本研究では、グッピー(Poecilia reticulata)の赤型オプシン遺伝子の維持気候の解明に向けて研究を行った。この研究によってグッピーの視物質遺伝子をすべて同定し、LWS-B, C. D以外の吸収波長を特定した。さらに、沖縄に生息する移入個体を用いて、光感受性を調べる行動実験を行い、LWS-BとLWS-Cから同定できる遺伝子型の違いが緑波長領域の感受性の違いに影響を与えていることが示された。また、グッピー原産地のトリニダッド2集団の個体をLWS-BとLWS-Aの配列を決定し、集団...
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B)) (海外学術調査) (16405015)
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 河村 正二
1.飼育オマキザルを用いてその赤-緑オプシン遺伝子型を調べ、それらに対する色覚刺激弁別実験を行い、遺伝子型と表現型が一致することをヒト以外の霊長類ではじめて示した2.2色型色覚は色カモフラージュを見破る能力に優れており、それにより自然界で色覚型によりニッチの棲み分けが可能であるという仮説があった。しかしヒト以外の霊長類で2色型色覚の色カモフラージュを見破る視覚能力を検証した研究はなかった。そこでオマキザルの2色型と3色型、旧世界ザルのカニクイザルと類人猿のチンパンジーに極低頻度にそれぞれ見...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究) (15657005)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 河村 正二
視物質にサブタイプをもつことは魚類に特徴的であり多様な水中光環境への適応進化と考えられるがサブタイプのレパートリーが完全に解明されている魚種はゼブラフィッシュをはじめわずかである。ゼブラフィッシュは緑型視物質に4種類ものサブタイプをもちそれらの吸収波長は10〜20nm間隔で分化しているだけでなく網膜中の発現領域/時期も分化している。本研究で私はそれらの祖先視物質を再構成して吸収波長分化の過程を明らかにし、そこに関わるアミノ酸置換を同定した。さらにGFPをレポーターとした遺伝子導入魚の解析か...
日本学術振興会: 科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究) (13874105)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 河村 正二
霊長類に関して:フサオマキザル13頭リスザル7頭ケナガクモザル1頭の糞DNAにおいて赤緑視物質遺伝子の第3及び第5エクソンをPCR法で増幅することができた。その際、糞DNAは糞塊サンプルより糞表面を綿棒でなぞって採取したサンプルの方が、PCR増幅されやすい傾向があることがわかった。また、塩基配列はPCR増幅DNA断片から直接決定することができた。遺伝子型は視物質タンパク質の180番目、277番目、285番目のアミノ酸が何であるかで決定されるが、それら3カ所のうち2カ所以上でヘテロ接合状態で...
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B)) (一般) (12440243)
研究期間: 2000年4月 - 2003年3月    代表者: 河村 正二
ゼブラフィッシュに関して:ゼブラフィッシュの赤型視物質遺伝子と緑型視物質遺伝子がそれぞれ2種類(LWS-1,LWS-2)及び4種類(RH2-1,RH2-2,RH2-3,RH2-4)ずつ存在し、青型(SWS2)、紫外線型(SWS1)、桿体型(RH1)は1種類のみであることを明らかにした。また、これらのうちLWS-2,RG2-2,RH2-3は新規遺伝子であることを示した。また、視物質再構成実験と吸収光波長測定によりこれらのサブタイプ間及びタイプ間に最大吸収波長(λmax)の大きな分化が生じてい...
日本学術振興会: 科学研究費補助金(萌芽的研究) (11878160)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 河村 正二
マウスは2種類の錐体視物質を同一の錐体細胞で発現していることが明らかとなり、新規視物質遺伝子の導入による色覚高次化機構の解明には適さないことが明らかになった。そこで対象をゼブラフィッシュのみに絞ることとした。ゼブラフィッシュの桿体視物質遺伝子についてgreen fluorescent protein(GFP)レポーター遺伝子を用いてプロモーター解析をおこなった。桿体視物質遺伝子については隣接上流DNA領域4.2、2.5、1kbを用いてGFP発現誘導能を調べた。各発現コンストラクトをゼブラフ...
文部省: 科学研究費補助金(基盤研究(B)) (展開) (09554056)
研究期間: 1997年4月 - 2000年3月    代表者: 河村 正二
総計14種の霊長類からRNAパネルを作成した。内訳は類人猿6種、チンパンジー(Pan troglodytes)、ボノボ(Pan paniscus)、ゴリラ(Gorilla gorilla)、オランウータン(Pongo pygmaeus)、フクロテナガザル(Hylobates syndactylus)、クロテナガザル(Hylobates concolor);旧世界ザル4種、ブルーサイクス(Cercopithecus mitis)、パタスモンキー(Erythrocebus patas)、ハヌマ...
文部省: 科学研究費補助金(奨励研究(A)) (09740647)
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 河村 正二
新世界ザルであるコモンマーモセットとヨザルは従来の仮説と異なり複数の赤緑視物質遺伝子をもつことが前年度に示唆された。そこでこのことを検証するために各々のオス個体よりゲノムライブラリーを作成し赤緑視物質遺伝子の単離を試みた。そしてこれら2種において実際に複数の異なる赤緑視物質遺伝子の単離に成功した。コモンマーモセット赤緑視物質遺伝子にはp561、p556、p543の3表現型が知られているが、単離された遺伝子は塩基配列からp561とp543をコードしていることがわかった。コモンマーモセット計3...
文部省: 科学研究費補助金(基盤研究(B)) (一般) (09440282)
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 平井 百樹
メガネザルはインドネシアとフィリピンに分布する小型で極めて特異的な原猿である。メガネザルの系統的位置づけは形態学的研究では決め手がない。そこで分子生物学的研究が必要である。本研究では、新しい分子細胞遺伝学的手法を用いて染色体レベルでの研究を行い、次のような研究成果を得た。(1)インドネシアに生息するニシメガネザル(T.bancanus)雄の血液細胞の培養により、複製バンド染色体標本を作製し、ニシメガネザルの染色体模式図を作成した。(2)腎臓細胞の初代培養から2年間継代を続け、増殖を続ける細...